Large thumb shutterstock 230230795

初心者でもOKな100均の手作りイヤリングの作り方!パーツを揃えて簡単DIY♪

更新:2020.07.31

DIY初心者にとって、100均の材料でアクセサリー作りをスタートできたら嬉しいですよね!今回は、DIY初心者必見の、100均の材料を使った手作りイヤリングの作り方と、手作りアイデアをご紹介します。基本の材料を揃えて、お手軽にイヤリングを手作りしましょう。

【レジン】100均パーツで手作りするイヤリングの作り方

①鉱石風イヤリング

レジン型でパーツを作ると、鉱石を使ったような自作のイヤリングを作ることができます。シリコン型にレジンを入れて固めるだけなので、DIY初心者でも安心です。イヤリングパーツと組み合わせれば、イヤリングが完成します。

【材料】鉱石風イヤリング

  • イヤリング金具(丸カン付き)
  • UVレジン液•シリコン型
  • シェルフレーク
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)
  • ハンドドリル
  • UVライト(あれば)

【作り方】鉱石風イヤリング

  1. UVレジン用シリコン型に、レジン液を半分程度流し込む。
  2. 気泡を爪楊枝などで潰してから、シェルフレークを混ぜる。
  3. 再びレジン液を流し込んで、シェルフレークを入れて混ぜる。
  4. UVライトや日光で、レジンを硬化する。固まったら、ハンドドリルで穴を開ける。工具類を使って、丸カンでレジンパーツとイヤリングパーツを繫げたら完成!

レジンは正しい使い方すれば、簡単に作品作りに取り入れることができます。関連記事では、100均レジン液の使い方を解説しています。参考にしてください。

②メタルフレーム レジンイヤリング

フレームにレジンを流し込むと、透明感のあるイヤリングパーツが完成します。フレームの金具と、レジンのクリアな組み合わせが素敵なイヤリングになりますよ。大小のフレームを重ねてレジンを流し込むと、穴を開ける手間がなくなり簡単です。レジンは色をつけて、華やかに仕上げましょう。

【材料】メタルフレーム レジンイヤリング

  • イヤリング金具(丸カン付き)
  • スクエアフレーム(大•小2つずつ)
  • レジン液
  • レジン用着色料
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)
  • UVライト(あれば)
  • マスキングテープ

【作り方】メタルフレーム レジンイヤリング

  1. マスキングテープを敷き、内側に小さいスクエアフレーム、外側に大きいスクエアフレームを重ねてレジン液を流し込む。
  2. UVライトや日光で硬化する。
  3. 硬化したら着色して、再びレジンを流し込んで硬化する。グラデーションを作る場合は、この工程を繰り返す。
  4. レジンパーツの小さいスクエアフレームの穴を利用して、工具類でイヤリングパーツを繋ぐ。同様にもう一つ作ったら完成!

③レジンキットのイヤリング

いきなりレジンに挑戦するのが不安な方は、レジンキットを使った手作りイヤリングがおすすめです。別売りのレジン液を購入すれば、既製品のようなイヤリングを作ることができます。作り方は、セットの金具やイヤリングパーツと、用意したレジン液で作ったパーツを組み合わせるだけです。説明書に沿って作ってみましょう!

【材料】レジンキットのイヤリングの材料

  • UVレジンキット
  • キットに記載されたレジン液
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【ビーズ】100均パーツで手作りするイヤリングの作り方

①ドロップフープイヤリング

ドロップフープの部品を使うと、手作りのフープイヤリングが完成します。ビーズの大きさや、色をお好みで変えると、自分好みのイヤリングに仕上げられますよ。フープ部分は、ビーズを通して作ります。フープパーツをイヤリングと接続すれば、揺れるシルエットが素敵なフープイヤリングの完成です。

【材料】フープイヤリング

  • イヤリング金具(丸カン付き)
  • ドロップフープ
  • ビーズ(極小4•小12•大2)
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】フープイヤリング

  1. ドロップフープに、極小1•小3•大1•小3•極小1の順でビーズを通す。
  2. イヤリングパーツと、フープパーツを工具類を使って丸カンで接続する。同様にもう一つ作って完成!

②チェリー風イヤリング

チェリー風イヤリングは、お好みのデザインビーズを使って作ります。耳元でビーズが光るので、ロングヘアの隙間から見えるとおしゃれですよ。作り方は、丸カンのついたイヤリングパーツに、Tピンを使ってチェリーのように2つのビーズを付けるだけです。大きいビーズを使えば存在感が増して、おしゃれ度もアップしますよ。

【材料】チェリー風イヤリング

  • イヤリング金具(丸カン付き)
  • Tピン(2本)※長いものがおすすめ
  • ハートや星など、大きめのデザインビーズ(2つ)
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)
  • 接着剤

【作り方】チェリー風イヤリング

  1. Tピンにビーズを通す。(ビーズを固定させたい場合は、Tピンに接着剤を付けると固定されます)
  2. Tピンの長さを残したまま、ビーズと反対側の先端を9の字に曲げる。
  3. イヤリングパーツの丸カンと、ビーズを通したTピン2つを工具類を使って接続する。同様にもう一つ作って完成!

③揺れるビーズイヤリング

Tピンや9ピンの使い方に慣れたら、デザインビーズを繋げるイヤリングがおすすめです。ビーズそのもののデザインを生かしたデザインなので、ビーズを繋げるだけでおしゃれなイヤリングが完成します。デザイン性のある大きめのビーズを一番下に配置すると、デザインがまとまるのでおすすめです。

【材料】揺れるビーズイヤリング

  • イヤリング金具(穴付き)
  • 9ピン(2本)•Tピン(2本)
  • ビーズ(小さいサイズを2種類)
  • デザインのあるビーズ(2つ)
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】揺れるビーズイヤリング

  1. 9ピンに小さいビーズを2つ通す。工具類を使って先端を曲げて、9の字にする。これを2本作る。
  2. Tピンにデザインのある大きめビーズを通す。工具類を使って先端を曲げて、9の字にする。これを2本作る。
  3. 1と2のパーツ同士を、工具類を使って接続する。もう一つも同様に接続する。
  4. 完成したパーツを、イヤリングパーツと接続して完成!

【パール】100均パーツで手作りするイヤリングの作り方

①連パールイヤリング

パールとビーズ、金具のパーツを連ねると、女性らしい揺れるイヤリングが完成します。長めの9ピンを使えば、工具類を使って金具を曲げる手間が減るので時短でできる作品です。おすすめは、3つ以上のパールとビーズを組み合わせるアイデアです。存在感が増して、デート向けなイヤリングになりますよ。

【材料】連パールイヤリング

  • イヤリング金具(穴あり)
  • パールビーズ(小さめを長く連ねると可愛く仕上がります)
  • 透かしパーツ(2枚)
  • 9ピン(長めを2本)
  • ビーズ(あれば)
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】連パールイヤリング

  1. 9ピンにパールビーズを通す。(5つ程度)お好みで、そのほかのビーズを挟んで通してもOK。
  2. 9ピンの先端を工具類を使って、9の字に丸める。
  3. 透かしパーツと、パールのパーツを工具類を使って接続する。
  4. 完成したパーツと、イヤリングパーツを接続する。同様の工程でもう一つ作ったら完成!

②一粒パール風イヤリング

パール

簡単なのに、高級感が出るのが一粒パール風イヤリングです。工具類や金具を使わないので、ハンドメイドに初めて挑戦する方でも安心な作品ですよ。作り方は、皿付きのイヤリングパーツに、接着剤でパールを貼るだけです。様々な色•大きさ•素材のパールが販売されているので、お好みのパールでDIYしてください。

【材料】一粒パール風イヤリング

  • イヤリング金具(皿付き)
  • 大きめのパールビーズ
  • 接着剤

【作り方】一粒パール風イヤリング

  1. 皿付きのイヤリングパーツに、接着剤でパールを付ける。
  2. 同様にもう一つ作ったら、一粒パール風イヤリングの完成!

③パール×タッセルイヤリング

パールはタッセルとの相性もよく、2つを合わせるときれいめ過ぎないイヤリングになります。パールもタッセルも、100均で既製品の材料を買えばイヤリングのDIYが簡単です。繋げるだけの作り方アイデアなので、タッセルやパールの色を変えて、色違いをいくつも作ることも可能ですよ。日替わりでオシャレを楽しめます!

【材料】パール×タッセルイヤリング

  • 樹脂製イヤリングパーツ(穴あり)
  • パールビーズ(2つ)
  • タッセル(2本)
  • 丸カン(2つ)
  • 9ピン(2本)
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】パール×タッセルイヤリング

  1. 9ピンに1つか2つ、パールビーズを通す。工具類を使って、先端を9の字に曲げる。
  2. タッセルの上部に、工具類を使って丸カンを付ける。
  3. タッセルの丸カンと、パールパーツを接続する。同様の工程で、パーツをもう一つ作る。
  4. 完成したパーツと、樹脂イヤリングパーツを接続して完成!

【リボン】100均パーツで手作りするイヤリングの作り方

①リボンイヤリング

リボンとワニカンという金具のパーツを使うと、オシャレなイヤリングが仕上がります。お店ではあまり見かけないデザインなので、DIYならではのアイデア作品です。パーツは、短く切ったリボンをワニカンで挟んで作ります。レースを加えても可愛く仕上がりますよ。

【材料】リボンイヤリング

  • イヤリング金具(丸カン付き)
  • ワニカン(2つ)
  • リボン
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】リボンイヤリング

  1. リボンを好みの長さにカットして、リボンの折り目をワニカンで挟む。※お好みで、レースリボンを一緒に挟むのもOK。同様にもう一つ作る。
  2. 工具類を使い、リボンパーツと丸カンのついたイヤリングパーツを接続して完成!

②サテンリボンイヤリング

シンプルな材料で完成するのが、チュールリボンを使った作り方アイデアです。材料は、たったの2つなのでコスパ良く、可愛いイヤリングを作りたい方におすすめします。作り方は、丸カンのついたイヤリングパーツにチュールリボンを結ぶだけです。不器用さんでも挑戦できる、シンプルな作り方アイデアですね。

【材料】サテンリボンイヤリング

  • イヤリングパーツ(丸カン付き)
  • チュールリボン
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】サテンリボンイヤリング

  1. 工具類を使って、イヤリング金具に丸カンをつける。
  2. 丸カンにカットしたリボンを蝶々結びする。同様にもう一つ作って完成!

③デコリボンイヤリング

既製品のデコリボンを、そのまま使う作り方です。簡単なのに、リボンの存在感がある可愛いイヤリングになりますよ。作り方は、デコリボンの中心に丸カンをつけて、イヤリングパーツと繋ぐだけです。もっと華やかにしたい場合は、中心の丸カンにパールやビーズを一粒付けるのもおすすめです。

【材料】デコリボンイヤリング

  • イヤリング金具(穴あり)
  • デコリボン(2つ)
  • 9ピン(2本)
  • 丸カン(2つ)
  • 工具類(丸ヤットコ•平ヤットコ•ペンチ)

【作り方】デコリボンイヤリング

  1. デコリボンに、工具類を使って丸カンをつける。
  2. 9ピンにお好みのビーズを通して、工具類を使って先端を9の字に丸める。
  3. リボンにつけた丸カンと、ビーズを通した9ピンを接続する。同様のパーツをもう一つ作る。
  4. 完成した飾りパーツに、イヤリングパーツを接続して完成!

100均の材料を使った手作りイヤリングのDIYアイデア

①ピアスキットでイヤリングを作る

100均のピアスキットをアレンジすれば、イアリングにDIYが可能です。気に入ったキットがピアスだとしても、購入を諦める必要はありません!アレンジ方法は、キットのピアスパーツを、別で売っているイヤリング金具に変えるだけです。キットとしての作り方は変わらないので、初心者でも安心のアイデアですよ。

②イヤリングコンバーターでDIY

イヤリングコンバーターは、ピアスを差し込むとイヤリングに変換できるパーツです。既製品のピアスをアレンジすれば、時短でイヤリングを手作りできます。さらにパーツをプラスすれば、オリジナルのイヤリングにDIYできますよ。金具のものも、樹脂製のものもあるので、金属アレルギーの方も挑戦できるアイデアです。

③キーホルダーをイヤリングにする

キーホルダーのパーツを取り外して、イヤリングの材料にするアイデアです。キャラクターやモチーフをイヤリングにできるので、作るのは難しい形を材料にしたいときに便利ですよ。イヤリングの金具に接続しやすいように、穴のあるキーホルダーを選びましょう。

100均の材料で手作りイヤリングを作ろう!

100均には、イヤリング作りに使える材料が豊富に揃っています。レジンやビーズ、パールやリボンは扱いやすいものが多く、初心者にもおすすめです。慣れてきたら自分でデザインを考えてDIYを楽しみましょう!関連記事では、手作りイヤリングのアイデアや、必要な道具、材料も紹介しています。合わせてご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。