Large thumb shutterstock 736972462

ナツメグの代用品9選!ハンバーグやロールキャベツに使って美味しいのはどれ?

更新:2021.01.08

ハンバーグに使うナツメグを切らしてしまったとき、便利な代用品があると嬉しいですね。実は、自宅によくあるものでも代用可能なので、詳しくご紹介していきます。ナツメグを使った代表的な料理にピッタリの代用品も分かるので、ぜひ目を通してみてください。

スパイス系|ナツメグの代用品3選

①ターメリック

スパイス系の調味料で代用品として使いやすいのは、ターメリックです。ターメリックとは、ウコンの地下茎を原料にした香辛料になります。カレーのスパイスの一つとしても、ターメリックは有名ですね。

ターメリックは、挽き肉との相性が良く、風味自体もあまり強くないという特徴があります。ハンバーグを作る際に、ナツメグの代わりにターメリックを用いても、違和感を覚えることは少ないでしょう。ただし、黄色の色素を含むため、ハンバーグなどの色味がやや黄色っぽくなる点には注意が必要です。

②オールスパイス

オールスパイスも、ナツメグの代用品として選ばれやすい香辛料です。色々な香辛料をミックスさせた調味料のようなイメージがありますが、実はジャマイカ原産の植物の果実だけを原料としています。乾燥させた果実は、一種類だけでシナモン・ナツメグ・クローブの香りを発するため、オールスパイスと名付けられました。

つまり、オールスパイスの香りの中には、ナツメグのものも含まれていることになりますね。ナツメグと同じ役割を果たすことができるので、ハンバーグなどでオールスパイスを使ってみると良いでしょう。

オールスパイスを始めとしたナツメグの代用品となるスパイスについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。代用品として紹介された種類も含めて、色々なスパイスがまとめられているので、参考になりますよ。

③胡椒

胡椒も、ナツメグに似た効果を持つことから、代用品として選ばれやすい香辛料です。ハンバーグのレシピには、ナツメグと一緒に胡椒が記載されていることも多いのですが、胡椒だけでもOKだと言われています。

胡椒には、白胡椒や黒胡椒といった種類がありますね。ナツメグの代用品には、より香りや辛味が強い黒胡椒が良く選ばれます。ブラックペッパーという別名で販売されていることもありますね。

生野菜系|ナツメグの代用品3選

①生姜

生野菜系では、生姜のすりおろしがナツメグの代用品となります。ナツメグの代わりとなる働きをしてくれるので、挽き肉にほんの少量混ぜて使うと良いでしょう。

ただし、強い風味を持つ野菜なので、入れすぎてしまうと料理の味が負けてしまいます。生姜風味の強いハンバーグは、違う料理になりかねないので注意してくださいね。

②ニンニク

ニンニクのすりおろしも、ナツメグの代用品として使えます。ニンニク自体の香りが、挽き肉の臭みを抑えてくれますよ。少量を加えてハンバーグを焼くと、食欲をそそる風味が生まれます。ただし、生姜のすりおろしと同じように、入れすぎは厳禁です。料理の味のバランスを崩さない程度に留めておきましょう。

③玉ねぎ

玉ねぎも香りが強い野菜です。ハンバーグやメンチカツといった、挽き肉を用いる料理は、材料として含まれていることも多いですね。

玉ねぎは、レシピに記載されている量よりも多めに入れることで、ナツメグの代わりになってくれます。挽き肉3に対して、玉ねぎ2の割合で試してみてください。玉ねぎの旨味が追加されて、ジューシーな仕上がりになりますよ。

その他|ナツメグの代用品3選

①赤ワイン

赤ワインは、少し変わったナツメグの代用品になります。赤ワインは、ナツメグと同じ役割を果たすだけでなく、肉を柔らかくするという効果も併せ持ちます。料理に赤ワイン特有のコクも追加されるので、試してみてくださいね。

赤ワインをナツメグの代用品とする場合は、少量加えるだけにしておきましょう。液体なので、入れすぎると挽き肉の形成が難しくなってしまいます。パン粉などに赤ワインを含ませて使用すると良いですよ。封を切った赤ワインは、出来上がった料理と一緒にいただいてしまいましょう。

②牛乳

牛乳も、ナツメグの代用品として使うことが可能です。挽き肉を使った料理のレシピでも、ナツメグの代用として紹介されているケースがあります。

赤ワインと同様、液体の代用品なので入れすぎには注意してください。牛乳を使う場合は、挽き肉250gに対して、牛乳大さじ6ほどの量を目安にすると良いですよ。料理に加えるときも、赤ワインと同じように、パン粉に含ませておくと便利です。

③ハーブ各種

特有の香りが特有のハーブも、ナツメグの代用品にできます。とくに挽き肉と相性が良いハーブを選ぶと、風味がアップして美味しくなりますよ。

おすすめのハーブは、バジルにセージ、ローズマリーにタイムです。オレガノといったハーブも選ばれますね。ハーブを使った挽き肉料理は、より本格的な味に近づくとも言われているので、色々試して贅沢な味わいの一品にしてみるのも良いでしょう。

ナツメグの代用品にならない要注意の食材は?

①シナモン

ナツメグの代用品として選ばれやすい各種スパイスですが、シナモンはNGとなります。シナモンは、ナツメグに似た香りを持つため、代用品として間違えられることが多い香辛料です。香りはともかく、風味が全く異なるのでシナモンはおすすめできません。シナモンの甘い風味と挽き肉の相性は、かなり悪いので注意しましょう。

シナモンを使って挽き肉料理を作ることは可能ですが、仕上がりは全くの別物になってしまいます。シナモンはお菓子に使用して、美味しくいただくようにしてください。

②クミン

クミンも、ナツメグの代用品に適さない要注意の香辛料です。カレーのスパイスとして、ナツメグやターメリックと一緒に使われることが多いので、間違えられやすいのですね。クミンは、ナツメグとは異なり、少量でも強い香りを与えます。

また、ナツメグと同じ役割を果たす効果もないので、代用品として使わないよう注意してください。ハンバーグなどに入れてしまうと、かなりエスニックな風味になってしまいます。ただし、味わい自体は美味しいので、エスニック風料理と割り切るのであれば使ってみるのも良いでしょう。

③パン粉

挽き肉を使った料理と非常に相性が良いパン粉ですが、残念ながらナツメグの代用品として使うことはできません。玉ねぎの量を増やしてナツメグの代用とすることが可能なので、パン粉も利用できそうですが、逆効果になってしまいます。

風味を良くするどころか、硬い食感になってしまうので注意してくださいね。パン粉の増量ではナツメグの代わりにならないので、他の代用品を使うようにしましょう。

料理におけるナツメグと代用品の役割は?

①臭みを消す

3種類のスパイス

料理におけるナツメグの主な役割は、臭みを消すことにあります。そのため、挽き肉料理で頻繁に用いられるのですね。味のバランスを崩しかねない臭みを消すことで、料理をより美味しく仕上げてくれます。魚や乳製品の臭み消しにも効果的ですよ。

もちろん、ターメリックやオールスパイスといったスパイス系や、生野菜系などの代用品も臭みを消すという役割が果たせます。臭みを消すためのナツメグが切れてしまった場合は、ご紹介した全ての代用品が役に立つので活用してくださいね。

②甘味を引き出す

玉ねぎとニンニク

ナツメグが果たす役割には、甘味を引き出すというものもあります。とくに野菜の甘味を引き出すことに長けていますよ。ナツメグを必要とする挽き肉料理は、玉ねぎを一緒に使うことが多いですね。玉ねぎの甘味を引き出すという意味もあって、ナツメグが選ばれているのでしょう。

しかし、野菜の甘味を引き出す役割を果たす代用品は、あまり多くありません。臭みを消すという点では、ご紹介した全ての代用品が役に立つのですが、甘味という観点では限られてきます。甘味を重視する場合は、ターメリックを代用品として選ぶと良いでしょう。オールスパイスや胡椒にはない、甘味を引き出す力を持ちます。

③香りを高める

ハーブ各種

ナツメグには、料理全体の香りを高めるという役割もあります。強く主張しすぎず、料理の風味をアップさせるのですね。少量の使用であれば、牛乳以外の代用品でも果たせる役割となります。ハーブ類がとくにおすすめですね。ただし、量を入れすぎると違和感を覚える可能性も上がるので、適量を見極めるよう注意しましょう。

ナツメグを使う代表的な料理に合う代用品の選び方は?

①ハンバーグ

ハンバーグは、挽き肉をメインとして楽しむ料理ですね。そのため、代用品を選ぶのであれば、臭み消しを重視すると良いと言われています。挽き肉の余計な臭みを消すことで、お肉をより美味しく楽しめるようになりますよ。

臭み消しとして使える代用品は多いので、プラスアルファの要素で選ぶのも良いですね。例えば、ナツメグに近い香りを求めるのであればオールスパイス、スパイシーな味わいを楽しみたいときは胡椒、香りを重視するならハーブ類などが選べます。好みに合わせて選んでいきましょう。

②ロールキャベツ

挽き肉の旨味と一緒に、スープの香りも楽しめるロールキャベツは、香りを高める効果を重視して代用品を選んでみましょう。高級感のあるコクと香りが楽しめる赤ワインや、バリエーション豊富な風味が楽しめるようになるハーブ類などがおすすめです。少量の生姜やニンニクで香りに変化をつけてみるのもおすすめです。

③メンチカツ

たっぷりの玉ねぎで作ると美味しいメンチカツは、甘味を引き出すことをメインに代用品を選ぶと良いでしょう。玉ねぎの増量で甘味をアップさせるのも良いですし、野菜の甘味を引き出す効果を持つターメリックを使うのもおすすめです。ジューシーかつ甘味溢れるメンチカツにしてみてくださいね。

ナツメグを使う料理は、他にも色々あります。他の代表的な料理をチェックしてみたい方は、こちらの記事を併せてご覧ください。ご紹介したもの以外のレシピもまとめられていますよ。

ナツメグの代用品で美味しい料理を作ろう

ナツメグの代用品は、バリエーションが豊富です。オールスパイスのように非常によく似た香りのものもあれば、牛乳のような意外なものもありましたね。臭み消しや香り付けなど、それぞれが果たせる役割も考慮しながら使ってみましょう。

ただし、代用品に間違えられやすいシナモンのようなものもあるので注意が必要です。代用品はよく吟味してから用いるようにしてくださいね。きちんと使いこなせば、美味しい料理が作れますよ。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。