Large thumb shutterstock 574625677

今年の父の日は言葉を贈ろう。もらって嬉しい手作りカードの作り方11選!

更新:2020.05.25

今年の父の日には手作りのメッセージカードを贈りたい!と思ってる人に必見です!カードの作り方を超初級から上級までのレベルごとに解説しています。人気のシャツカードや、ポップアップカードの簡単な作り方や、切り絵や砂絵もご紹介しています。ぜひ、参考にしてください!

【超初級者編】父の日の手作りカードの作り方4選

①筆ペンで書く

父の日に、手作りカードを作ってみようと思っている人におすすめなのが、墨ペンで書いたメッセージカードです。作り方も簡単で、準備や時間もかかりません。筆ペンで気持ちを伝えてみてください。

最後に赤ペンでオリジナルマークを入れると、作品のような仕上がりになります。このまま飾ってもおしゃれですね。用意するポストカードは、墨がにじまない和紙素材のものを使用してください。

用意するもの

  • ポストカード
  • 筆ペン
  • 赤ペン

②スタンプを押す

お父さんの趣味をテーマにしたスタンプや、ありがとうのメッセージスタンプを押すだけでできる、父の日の手作りメッセージカードです。用意するポストカードはスタンプのインクをはじかない紙質を選んでください。

用意するもの

  • ポストカード
  • スタンプ
  • スタンプ台
  • メッセージ用のペン

③イラストを描く

父の日にふさわしい、オリジナルのイラストを描けば、おしゃれなメッセージカードの出来上がりです。ネクタイを描くだけで、今、人気のシャツ型カードも簡単ステキに仕上がります。

シャツなどのプレゼントに添えて、さりげなく渡してみるのはいかがでしょうか。黒ペンだけを使用して、モノトーンで仕上げるのもおしゃれですし、軽く色を塗ればワンランクアップしたカードに仕上がります。

用意するもの

  • ポストカード
  • イラストや、メッセージ用のペン
  • 色を塗る道具(お好みで)

父の日のプレゼントにおすすめの、ポロシャツブランドをご紹介します。カジュアルからフォーマルまで、色々なシーンで活躍するアイテムです。まだ、お父さんにあげるプレゼントが決まっていない人は、ぜひご覧ください。

④シールを貼る

お父さんが喜びそうな趣味などのシールをポストカードに貼るだけで、おしゃれなメッセージカードの出来上がりです。作り方は簡単ですが、選ぶシールのデザインによって、おしゃれに仕上がります。

用意するもの

  • ポストカード
  • お好みのシール
  • メッセージ用のペン

【初級者編】父の日の手作りカードの作り方3選

①シャツカード

父の日のメッセージカードとして定番になってきたシャツ型カードです。ネクタイ付きのシャツ型カードが一番人気です。一度作り方を覚えてしまえば、簡単に作ることができますよ。本物のYシャツと一緒にプレゼントするのもいいですね。好きな柄のマスキングテープを、ネクタイ型に切り抜いて、おしゃれに仕上げてください。

用意するもの

  • 色画用紙 9センチ×25センチ(B5サイズ半分程)
  • はさみ
  • マスキングテープ
  • メッセージ用のペン

作り方

  1. 色画用紙を半分に折ります。
  2. 上から1センチほどのところを左右に1/3ずつ切り込みを入れます。
  3. シャツのえりになるように折ります。
  4. マスキングテープまたは折り紙でネクタイを作って貼り付けます。
  5. メッセージを書いたら完成です。

父の日のプレゼントにおすすめの、Tシャツブランドをご紹介します。男性のアイテムとして必須とも言えるTシャツは、貰って困る人はいないですよね。プレゼントに困っている人も、ぜひご覧ください。

②ハート型 ポップアップカード

ポップアップカードの中でも、作り方が簡単な初級者向けのメッセージカードです。カード部分と、ハート部分をつなぐ土台をしっかり作るのがポイントで、その他の作業はさほど難しくありません。用紙のサイズをわかりやすく指定しましたが、自分の好きなサイズで作っても大丈夫です。

用意するもの

  • 色画用紙(ハート用、カード用、軸用)
  • はさみ
  • のり
  • えんぴつ
  • 消しゴム

作り方

  1. 色画用紙(ハート用)を5センチ×5センチのサイズにカットします。
  2. 1.を半分に折ります。
  3. えんぴつで半分のハートを描いてください。
  4. 3.で描いた部分をカットします。
  5. 4.で描いたえんぴつのラインを消します。
  6. 画用紙(軸部分)を2センチ×5センチにカットします。
  7. 縦に半分に折ります。
  8. 片側だけ斜めにカットします。(開くと矢型になるイメージ)
  9. 一回開き、折った部分両側ともそれぞれ1センチほどカットします。
  10. 一旦閉じて、カットした部分4箇所を外側に折ります。※矢型の部分は少し斜めに折ってください。
  11. 矢型の部分にのりをつけて、ハートの中央に付けます。
  12. 色画用紙(カード部分)を20センチ×15センチのサイズにカットします。
  13. カットした色画用紙を半分に折ります。
  14. カードの中央にハートを付けた軸を貼ります。
  15. メッセージを書いて完成です。

③階段型 ポップアップカード

階段型のポップアップカードです。作り方も簡単で、切り込みを入れるだけなので、ポップアップ未経験の人にも楽しく作れると思います。アイデア次第でおしゃれにしたり、かわいくしたりとバリエーションも様々です。画用紙を2枚用意しますが、色違いにしたり、手前の画用紙の方を少し小さくすると、よりおしゃれです。

用意するもの

  • 色画用紙2枚
  • マスキングテープまたは折り紙
  • はさみ
  • のり
  • じょうぎ
  • えんぴつ

作り方

  1. 画用紙を真ん中で半分に折ります。
  2. カットする部分に鉛筆で印をつけます。
  3. 印をつけたところをカットします。
  4. カットした部分を、表裏両方とも折り目をつけます。
  5. 鉛筆で印をつけた部分を、消しゴムで消します。
  6. カットした部分を山折りにします。
  7. マスキングテープや、折り紙で飾りつけをします。
  8. もう1枚の画用紙の周りにのりをつけて貼り付けます。
  9. 好きなメッセージを書いてください。

【中級者編】父の日の手作りカードの作り方2選

①カリグラフィ

ちょっとだけ練習が必要なカリグラフィーのメッセージカードです。しかし、一度テクニックを覚えてしまえば、今後もきっと役に立ちますよ!ぜひこの機会にカリグラフィーの技術をマスターしてください。今回は、カリグラフィーの見本をトレースするやり方をご説明しますが、できる人は直接カードに書いてみてください。

用意するもの

  • ポストカード
  • カリグラフィー用のペン
  • メッセージ用のペン
  • トレーシングペーパー
  • 見本になるカリグラフィー
  • スプレーのり(水のりやスティックのりは紙が歪むのでおすすめしません)

練習方法

  1. トレーシングペーパーの下にカリグラフィーの見本を敷いてください。
  2. 見本の通りに専用のペンで字を書いてください。
  3. 書き終わったトレーシングペーパーをポストカードに貼ってください。
  4. メッセージを書いて完成です。

おしゃれなカリグラフィー文字の書き方に興味がある人はこちらの記事をおすすめします。カリグラフィーに必要な道具や、おしゃれな作品もご紹介しますので、ぜひご覧ください!

②花束 ポップアップカード

人気の花束ポップアップカードです。作り方の行程を見ると、少し難しく思うかもしれませんが、ひとつひとつの行程は簡単です。花をたくさん作って、カードいっぱいに散りばめると、とっても豪華でボリュームのある花束ポップアップカードに仕上がります。葉っぱやハート、リボンなどを作って貼るのもおすすめです。

用意するもの

  • A4コピー用紙
  • おりがみ(花用)7.5センチ×7.5センチ
  • おりがみ(花中央用・葉っぱなど)
  • はさみ
  • パンチ
  • のり

カード部分の作り方

  1. A4コピー用紙を半分に折ります。
  2. 2枚とも半分にカットします。
  3. 2.でカットした2枚を半分に折ります。
  4. 1枚だけ輪になっている方を下にして置きます。
  5. 左から6センチくらいのところに6センチほど切り込みを入れます。
  6. 右から1.5センチくらいのところ1.5ンチほど切り込みを入れます。
  7. 左の切りこんだ部分から、右の切れ込みの1センチほど左側に向けて折ります。
  8. 右の切りこんだ部分から、1センチほど左に折ります。
  9. 一度用紙を広げます。
  10. 8.で折った部分の折線を山折りにして形を整えます。
  11. 3.で使わなかったもう一枚の用紙の端にのりをつけて10.を貼ります。
  12. 作っておいた花をのりで貼ります。
  13. メッセージを書いて完成です。

花の作り方

  1. おりがみを4等分にカットします。
  2. カットしたおりがみを三角に3回折ります。
  3. 2.で折ったおりがみが縦長になるように三角に折ります。
  4. 3.の中心部分を持って花びらの形にカットします。(難しければ半円にカットするだけでもOKです)
  5. パンチで花の中央部分を作ります。
  6. 5.で作った花の中央部分を花びらの真ん中にのりで貼ります。
  7. メッセージを書いて完成です。

ポップアップをもっと知りたいという人におすすめの記事です。レベルアップにチャレンジする人に設計図の描き方もご紹介しています。ぜひご覧ください!

【上級者編】父の日の手作りカードの作り方2選

①切り絵を手作り 父の日のバラ

M keep aspect 51fooxogb1l. ac
INAZUMA Original works 切り絵キット オリジナルポストカード 「ローズガーデン」
Amazonで商品の詳細を見る

切り絵を使ったメッセージカードは、少し難易度が高めですが、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。切り絵カードを飾る用に、フレームも一緒にプレゼントすれば、ステキなプレゼントになりますね。難しすぎるという人は、簡単に作れるDIYキットをどうぞ。

用意するもの

  • カッティングボード
  • カッター
  • えんぴつ
  • 切り絵用の画用紙
  • 下絵用の用紙(絵を描くのが難しい人は、画像をプリントアウトしてください)
  • ポストカードまたは、画用紙などの紙
  • のり(スプレーのりが便利です)

作り方

  1. 下絵用の用紙に下絵を書きます。
  2. 下絵と切り絵用の紙を合わせます。(ホッチキスなどで留めておくとズレないです)
  3. 下絵の通りにカットしていきます。
  4. カットが全て終わったら、下絵の用紙をはがします。
  5. 切り絵にのりをつけてポストカードに丁寧に貼ります。
  6. メッセージを書いて完成です。

初級者から上級者まで楽しめる、切り絵の作り方をご紹介します。切り絵に必要な道具や、切り絵のおしゃれなアレンジ方法をわかりやすく説明しています。ぜひ、ご覧ください。

②砂絵をプレゼント 父の日のバラ

M keep aspect 612gbl9uukl. ac sl1060
Koeido-hobby Koeido-hobby サンドアートセット(砂絵) バラ
Amazonで商品の詳細を見る

お父さんに、砂絵でメッセージカードを贈ってみるのはいかがですか?キラキラのラメ入りの砂を使えば、おしゃれに仕上げることができますよ!砂絵のDIYキットを使えば、さほどテクニックがなくても、立派に仕上がります。フレームに入れてプレゼントするのもいいかもしれませんね!

用意するもの

  • 砂絵ボード
  • 砂絵用の砂
  • カッター
  • えんぴつ
  • 色鉛筆
  • 画用紙
  • メッセージ用のペン

作り方

  1. 砂絵ボードに下絵を描きます。
  2. 下絵を描くときに色を塗っておくと、砂をつけるときに便利です。
  3. 下絵の通りにカッターでカットします。
  4. 色の濃い砂の部分から砂絵ボードの上紙をはがし、選んだ砂をまきます。
  5. シールに貼りつかなかった砂は、色ごと都度捨ててください。
  6. 全ての色をまいたら、砂絵は完成です。
  7. 砂絵の裏に画用紙を貼りメッセージを書いたら完成です。

【番外編】父の日の手作りカードに載せたい贈る言葉3選

ここまで、メッセージカードの作り方を見てきましたが、番外編として、「お父さんが娘から言われたい言葉」をご紹介します。いつも想っていることを父の日の手作りカードで伝えましょう。

感謝の気持ちを贈る

ハートのありがとう

「ありがとう」の言葉は、素直に嬉しいです。今までお父さんに「ありがとう」を伝えられていなかった人や、いつ「ありがとう」って言ったか忘れてしまった人は、ぜひこの機会にお父さんに「ありがとう」の気持ちを伝えてみてください。

激励の言葉を贈る

ハートのリボン

いつもお仕事を頑張ってくれているお父さんも、仕事に疲れてヤル気が出ない時もありますよね。娘から「頑張って!応援してるよ!」と言われたら、また、明日から頑張ろうって思えるかもしれませんね。

普段言えない言葉を贈る

プレゼントを贈る

今まで言えなかったことや、普段は恥ずかしくて言えないことはありませんか?いつも忙しそうなお父さんに、「一緒にゴハンを食べよう!」と誘ってみたり、お父さんの誕生日のプレゼントを「一緒に買いに行こう」と誘ってみるのもいいですね。きっとお父さんも喜んでくれハズです。

父の日に手作りカードを贈りましょう!

残念ながら、母の日に比べて、父の日は人気がないのが現実です。世の中のお父さんたちは、明らかに父の日の存在に諦めムードなのではないでしょうか。いつも頑張ってくれているお父さんに、今こそ自分の想いを贈りませんか?簡単なメッセージカードでもいいので、大好きなお父さんを喜ばせてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。