Large thumb noimage

バーベキューのおすすめステーキレシピ!絶品を生む焼き方のコツは3つだけ!

更新:2020.09.11

あなたは、バーベキューのステーキレシピをいくつ知っていますか ?この記事では、おすすめのステーキレシピを詳しくご紹介していきます。また、絶品ステーキを生む焼き方のコツや、火加減についても解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

【シンプル】バーベキューのおすすめステーキレシピ・下ごしらえ

①必要な材料

シンプルなステーキのレシピで必要な材料は、牛肩ロース約450g、塩胡椒のみです。一番基本的でシンプルなステーキなら、必要なのは牛肉ステーキ自体と味付け用の塩胡椒のみで簡単に作ることができます。塩胡椒は、ステーキ肉についてくるステーキコショウを使用することもできます。もちろん、市販のものでもOKです。

シンプルなステーキレシピに必要な材料

  • 牛肩ロース約450g
  • 塩胡椒適量

②下ごしらえ

エプロン

下ごしらえは、まず包丁での筋切りから始まります。筋切りは、牛肉の変形や焼き縮みを防ぐ目的で行います。肉の両面に、包丁で薄く切り込みを入れましょう。次に、塩胡椒をたっぷりお肉の両面にかけます。この時、「かけすぎ過ぎかもしれない」と思うくらい、しっかり塩胡椒で味付けを行うのがポイントです。

シンプルなステーキレシピの下ごしらえのステップ

  1. 肉の両面に包丁で薄く切り込みを入れ、筋切りする
  2. 肉の両面にたっぷりの塩胡椒で味付けをする

③焼き方

最後に、BBQ用コンロで強火に設定した部分にお肉を乗せ、両面に焼き色をつけます。火が弱い場合は、うちわなどを活用して火力を調整します。この時、お肉が焦げ付かないようにするのがポイントです。美味しいお肉に仕上げるために、必要だと感じればここで再び塩胡椒で味付けをします。

その後、コンロの弱火部分にお肉を移動させ、自分の好みの焼き加減になるまでじっくり時間をかけて焼いていきます。焼き過ぎないように注意し、赤身部分が残るくらいの焼き加減にすると美味しいステーキになります。盛り付けたい場合は、包丁で食べやすい大きさにカットして、お皿に盛りつけます。これで完成です。

シンプルなステーキレシピの焼き方と調理ステップ

  1. 強火でお肉の両面を焼く
  2. 弱火で自分の好きな焼き加減になるまでじっくり焼く
  3. 盛り付ける

【玉ねぎソース】バーベキューのおすすめステーキレシピ・下ごしらえ

①必要な材料

玉ねぎソースのステーキに必要な材料は、好きな部位と量の牛ステーキ肉、玉ねぎ、塩と胡椒、酒です。味付けには4つの食材しか必要ない、仕込みも非常にシンプルで簡単なうれしいレシピです。お好みで、野菜や魚介類などを用意しても良いでしょう。

玉ねぎソースのステーキに必要な材料

  • 好きな部位と量の牛ステーキ肉
  • 玉ねぎ(ステーキ肉500gで玉ねぎ半分)
  • 塩・胡椒 適量

②下ごしらえ

主婦

下ごしらえは、まずステーキ肉を包丁で叩くことから始めます。あれば肉叩きで肉の両面を叩きます。その後、包丁で両面を筋切りします。次に玉ねぎをすりおろし、それをステーキ全体にまんべんなくなじませます。その後、それを容器に入れて、1~3時間漬け込みます。長く漬ければ漬けるほど、美味しいステーキになります。

玉ねぎソースのステーキの下ごしらえのステップ

  1. ステーキ肉の両面を包丁か肉叩きで叩く
  2. 両面を筋切りする
  3. 玉ねぎをすりおろし、それを肉にまんべんなくなじませる
  4. 3を1~3時間冷蔵庫の中で漬け置きする

③焼き方

焼く際には、お肉に塩胡椒を適量ふり、強火にした炭火で両面を焼いていきます。この時、何度も肉をひっくり返さないのがコツです。何度もこれを行うと、肉のうま味が逃げてしまいます。両面に焼き色がついたら、好みの焼き加減になるまでそのまま焼いていきます。

玉ねぎソースのステーキレシピの焼き方と調理ステップ

  1. 肉の両面に塩胡椒を適量ふる
  2. 強火にした火で肉の両面を焼く
  3. 好みの焼き加減になるまで焼く

【牛塊肉】バーベキューのおすすめステーキレシピ・下ごしらえ

①必要な材料

牛塊を使った蒸し焼きカルパッチョには、400gの牛モモ肉の塊、塩胡椒、焼き肉のタレが必要です。この他にも一緒に玉ねぎなどのお好みの野菜をグリルして、ヘルシーで美味しいBBQに仕上げることも可能です。意外と簡単にできてしまう、おすすめのレシピです。

蒸し焼きカルパッチョに必要な材料

  • 牛モモ肉かたまり 400g
  • 塩 小さじ2/3
  • 胡椒 適量
  • 焼肉のタレ 大さじ5

②下ごしらえ

準備

用意した牛モモ肉に塩胡椒をまぶします。これを、アルミホイルで包むだけで下ごしらえは完成となります。味付けのコツとしては、たっぷりの量の塩胡椒を使って味付けすることです。「ちょっと多いかな」と思うくらいが適量、と覚えておきましょう。

蒸し焼きカルパッチョの下ごしらえのステップ

  1. 牛モモ肉に塩胡椒をまぶす
  2. 1をアルミホイルで包む

③焼き方

焼き方は、中火に火加減を設定し、4分間肉の両面をグリルします。その後、最後の味付けとして熱した焼き肉のタレを用意し、肉とからめながらとろみがつくまで煮ます。肉をカットするまで、30分くらい待つのが美味しいお肉にするためのコツです。ユニークなステーキレシピを試してみたい方はトライしてみましょう。 

蒸し焼きカルパッチョレシピの焼き方と調理ステップ

  1. 中火で肉の両面を4分間焼く
  2. 焼き肉のタレを熱し、1を入れる
  3. タレにとろみがつくまで煮る
  4. 最低30分ほど待って、肉をカットして盛り付ける

下記関連記事では、バーベキューで使える「美味しいサイドメニューレシピ」を分かりやすくまとめています。バーベキューでステーキ以外のおすすめのレシピを知りたい方にぜひおすすめしたい内容です。興味のある方は、ぜひこちらの記事内容も参考にしてみてください。

バーベキューで絶品ステーキを生む焼き方のコツとは?

①牛肉を常温から焼く

まず、牛肉を常温から焼くというコツが挙げられます。長い間冷蔵庫で保存しておいたお肉は、肉の温度が低いため内側に火が通りにくくなっています。そのため、火の通りも遅く、外側が焼けても、内側は全く焼けない、という状態になりやすいのです。

これを避けるために、調理の少し前からお肉を冷蔵庫から出し、常温に戻しておきましょう。こうすることで、火加減調整も容易になり、焼き方にも苦労せずに済みます。肉が傷まない程度に、事前に常温に戻す方法がおすすめです。

②味付けは直前に

味付け

漬けなどのレシピ以外の牛ステーキの味付けは、調理の直前に行いましょう。特に、塩胡椒は肉の締まりを加速させます。このため、あまり早くからお肉にふっておくと、お肉が固くなりすぎてしまいます。

塩胡椒などの味付けは、できるだけ調理時間直前に行いましょう。そのために調理時間を設定して、時間を逆算しておくのもおすすめです。直前の味付けで、肉の弾力もコントロールすることが可能となり、美味しいステーキに仕上げることが可能です。

③牛肉を網の上で移動させる

牛肉を網の上で移動させる、というのもコツです。ステーキを焼く際は、まずは強火の網部分で肉の両面をしっかり焼きます。その後、焦げ目がある程度ついたら、中火から弱火の網の部分に移動させるのが重要です。こまめに網の上でお肉を移動させることで焦げ付きを防ぎ、中までしっかり火が通るようにします。

この焼き方を守るだけで、適度に弾力のある美味しいステーキにすることができます。また、過度にパサついたり、肉が固くなったりなどを防ぐこともできます。バーベキューでは、「肉を網の上で移動させるのが鍵」と覚えておくと役立つでしょう。

バーベキューでステーキを焼く際の火加減のコツとは?

①炭の量で火加減をコントロールする

まず、炭の量で火加減をコントロールしましょう。具体的には、炭の量を増やして強火に火加減を設定するゾーンと、炭の量を減らして中火から弱火にするゾーンを分けておきます。こうすると、肉の部位によって焼く場所を変えたり、時間によって焼き場を工夫することが可能になります。

それぞれのゾーンで置く炭の目安としては、弱火ゾーンにはほぼ炭を置かないことを目安に、中火ゾーン・強火ゾーンでは少しずつ炭の数を増やします。この炭の量の調整によって、火加減をしっかりコントロールしてみてください。

②調理温度を測る

調理温度を測る、というのもコツの一つです。温測機があればそれを活用しますが、ない場合は網から15cmほど離れた場所で、自分の掌を使って測定できます。強火ゾーンでは約3秒、中火ゾーンでは約6秒、弱火ゾーンでは約10秒ほど掌をかざせるはずです。これらの秒数を大体の温度の目安にしてみてください。

しかし、ここに示した秒数はあくまでも目安です。人によって火の温度への感度は異なります。自分の掌を測定する場合は、掌を火に近づけすぎないことをしっかり守り、やけどなどしないように注意しましょう。

③牛肉の容量に合わせた火加減にする

肉の容量に合わせた火加減にする、というのもコツです。肉の容量や大きさに合わせて、使用するグリルやコンロの大きさ、それに伴う火加減も調節しましょう。自分の理想のステーキの焼き方や焼き加減を実現するために、肉の容量と火加減のバランスを考えることが重要です。

バーベキューで絶品ステーキを堪能しよう!

バーベキューで絶品ステーキを楽しむための方法やレシピには、数多くのものが存在します。味付けもシンプルなものから、凝ったものまで多岐に渡ります。ステーキを調理する上で一番重要なのは焼き方ですが、これも何度かバーベキューを重ねるうちに慣れてきて、上手くできるようになります。

最初はバーベキューの火加減や焼き方に苦労するかもしれませんが、コツを掴めば簡単です。コツをマスターした後は、自宅で仲間や家族と美味しいステーキが堪能できます。あなたも、ぜひ当記事の内容を参考にして、バーベキューで絶品ステーキを堪能してみてください。

下記関連記事では、「絶対に盛り上がる変わり種食材」をご紹介しています。バーベキューに意外性のアクセントを加えられる、おもしろい食材が盛り沢山です。変わり種食材を持ち込んでその場を盛り上げたい人、バーベキューで使えるユニークなアイディアを探している方におすすめです。ぜひチェックしてみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。