Large thumb shutterstock 437833375

バーベキューで作るバームクーヘン簡単レシピ!道具も材料も至ってシンプル!

更新:2020.11.17

しっとり甘くておいしいバームクーヘン。手作りすることはなかなか無いけど、自分でも焼いてみたい!そんな方のために、バーベキューで簡単に焼けるバームクーヘンのレシピをご紹介します。楽しく簡単にバームクーヘン作りで盛り上がってみませんか?ぜひ参考にして下さい!

バーベキューで作るバームクーヘンに必要な道具は?

①調理器具

調理器具

調理器具は、スムーズに作業を進めるために便利な道具です。ただ、バーベキューに使う道具で代用可能なら、無理に用意する必要はありません。下記を参考に、必要なものを選んで持って行きましょう。

バームクーヘン作りに使う「調理器具」

  • タッパー(横長の大きめなもの)
  • 泡だて器
  • お玉
  • フライパン
  • 包丁

横長の大きめのタッパーは、バームクーヘンの生地を「芯(棒)」にかける際にあると、とても便利な道具です。ボウルなどでも代用できますが、小さなボウルだと生地がこぼれてテーブルが汚れます。

そうなると、後片付けが大変になり、せっかく作った生地も、もったいないです。横長のタッパーやトレーなどを、準備するのがおすすめです。

②焼く道具

炭火

生地を焼く際に必要な道具は、バーベキューで使うものばかりです。バームクーヘンのためにわざわざ持って行くものはありません。ただ、手作りバームクーヘンは、焼けるまでに1時間半以上の時間がかかります。炭は少し多めに持って行くと良いでしょう!

生地を焼く際に必要な道具

  • 軍手
  • 炭火
  • 炭(追加の)
  • 椅子

手作りバームクーヘンを焼く際に、長時間立ちっぱなしで作業するのは大変です。楽しい時間を過ごすためにも、椅子に座ってゆっくりと作るのがおすすめです!

③バームクーヘンの「芯」

バームクーヘンを焼く際には、「芯」となる棒が絶対に必要な道具です。芯の材料は、下記の3つです。芯となる棒は、代用品が無いので、必ず事前に用意して忘れずに持って行きましょう!

「芯」の材料

  • 長い棒
  • アルミホイル

芯となる棒は、手に入りやすくカットしやすい「竹」がおすすめです。竹がなければ、木や鉄の棒などでも大丈夫です。芯の作り方は、とっても簡単です。竹を使う場合は、1ヵ所穴をあけておきましょう。(焼いている間に空気が破裂するのを防止するためです。)

長さは、焼き台よりも長くなるようにカットします。棒が長い方が、焼く際に回しやすいです。棒が短いと、やけどする危険があるので気を付けましょう。棒にアルミホイルを巻いて、油を塗ったら「芯」の完成です!

バーベキューで作るバームクーヘンに必要な材料は?

①ホットーケーキミックス600g

ホットケーキミックス

ホットケーキミックスは、ベーキングパウダーや甘い香りの香料などが、合わさった状態になっています。ホットケーキミックスを使うことで、材料を少なく簡単に手作りバームクーヘンの生地を作ることができますよ!

ホットケーキミックスは自家製で作ることもできます!自家製ホットケーキミックスの作り方は、小麦粉450g、砂糖120g、ベーキングパウダー大さじ2、塩ひとつまみを合わせるだけです。家に材料がある場合は、自家製ホットケーキミックスも簡単に作れるので試してみてくださいね。

②卵4個

卵は、Mサイズを用意しましょう。Sサイズを使う時は5個、Lサイズを使う時は3個にするなど、大きさによって量を調節しましょう。

③牛乳400ml

牛乳は普通牛乳、低脂肪乳、無脂肪乳、どれでも大丈夫です。生地は牛乳の量で硬さを調節します。分量よりも少し多めに準備しておくと安心です。

④砂糖200g

砂糖

砂糖は、甘さを決める重要なポジションの材料です。また、多すぎると生地の表面が焦げやすく、中は生焼け状態になります。分量をしっかり量っておくことが大切です。

⑤無塩バター150g

バター

バターはお菓子作りに使用される「無塩バター」を使うのがおすすめです。無塩がバターが手に入らなければ、有塩バターでも大丈夫です。

以上が基本の材料です。手作りバームクーヘンの生地は、普段のホットケーキを作るときの材料に、砂糖とバターをプラスするだけです。これだけで人気スイーツが手作りできるなんて、とっても簡単で覚えやすいですよね!ホットケーキの生地よりも少しゆるめの生地が完成します。

⑥アレンジ用の材料

ホットケーキミックスに、ココアや抹茶などを混ぜると色々な味の手作りバームクーヘンが楽しめます。生地を作る際、ココアや抹茶をホットケーキミックスに合わせておくと、上手に仕上がりますよ!

また、ホイップクリームやチョコレートソース、ジャムや果物など人気のトッピングを用意するとさらにおいしくいただけます!そのままでもおいしいですが、今回ご紹介するレシピにちょっとアレンジするだけで、人気スイーツ店のような華やかで豪華なスイーツに変身します。みんなで思い思いに盛り付けてみてくださいね。

バーベキューで作るバームクーヘンの簡単レシピ!

①生地の作り方

調理

生地の作り方は、材料を全て混ぜるだけでとっても簡単です。まずは、炭火で温めたフライパンに、バターを入れて溶かしましょう。バターが焦げないように注意してください。

次に、タッパーに卵を割り入れてよく溶きます。そして、牛乳、砂糖、バターを加えてよく混ぜます。最後にホットケーキミックスを2~3回に分けて混ぜ合わせましょう。生地の作り方は、これだけ!失敗なしの簡単レシピです。

②焼き方

いよいよバームクーヘンの作り方の中で、一番の楽しみである「焼き」の作業です。まず、用意しておいた「芯(棒)」に油を塗って、炭火で温めます。簡単なレシピですが、一つ一つの作り方の工程をしっかりと手を抜かずに行っていきましょう!

次に、芯に生地をかけます。炭火で温めた芯を生地の入ったタッパーの上に置いて、お玉で生地を芯にまんべんなくかけましょう。お玉の底で、余分な生地を落とし、生地の厚さを均一にします。生地がぽたぽたと落ちている時は、落ち着くまで待ちましょう!焼き台に置いて、芯を回しながら、しっかり焦げ目がつくまで焼きます。

あとは、生地をかけて焼く工程を、繰り返すだけです!とっても簡単なレシピですよね。芯を抜き、包丁でカットすれば人気スイーツ「バームクーヘン」の完成です!生地が焼きあがったら、慎重に芯を抜いていきましょう。芯が抜けたら、包丁でカットして、お皿に盛り付ければ人気スイーツ「バームクーヘン」の完成です!

バーベキューでバームクーヘン!失敗しない焼き方のポイントとは?

①生地の厚さは均一にする

生地をかける時は、毎回同じ厚さに均等になるようにしましょう!生地をかけた後に、お玉の底で均すと、厚さが均一になりますよ。

一度に沢山の生地をかけると、中が生焼けになったり、きれいな年輪模様になりません。形も歪んでしまい、失敗の原因になります。生地を焼いていくうちに、だんだん面倒になるかもしれません。一度に沢山の生地をかけたくなる気持ちをグッとこらえて、丁寧に作業しましょう。

②火力は強め

強火

強火だと、しっかりと焦げ目がつき、年輪模様がきれいに仕上がります。弱火だと生焼けになる心配があり、焦げ目も付きにくいです。また、もともと生地をかけて焼く工程を繰り返す、時間のかかるお菓子ですが、弱火だとさらに焼けるのに時間がかかります。

③焼き始めは早く回す

特に一回目は、生地がぽたぽたと落ちやすいです。炭火の上に置いたら、生地が炭に落ちないように、くるくると早く回しましょう。

最初の数回は、まだ細くて生地が落ちやすいので、早く回すことを意識しながら焼いていきましょう。何度か焼いていくうちに太くなってくれば、もう大丈夫です。

このポイントを抑えると、人気スイーツのバームクーヘンも失敗することなく上手にできますよ!3つのポイントをしっかり守ってくださいね。

バーベキューでバームクーヘンを焼いて盛り上がろう!

バームクーヘンのレシピは、意外と簡単なんです!バームクーヘンを作れるなんて、ちょっとした人気者になれるかもしれませんね!みんなで協力して作れば会話も弾み、楽しい時間を過ごすことができます。

あなたも、この簡単レシピでバームクーヘンを手作りしてみませんか?いつもとは違った、BBQの思い出になること間違いなしですよ!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。