Large thumb shutterstock 386663509

2020|梅雨に食べたい人気レシピ15選!さっぱり系&スタミナ系が鍵!

更新:2020.04.20

ジメジメと暗く重たい梅雨は、やる気やパワーが落ちて、食欲まで低下してしまいます。簡単に作れて食べやすく、元気になれるお料理で梅雨を元気に乗り切りましょう。主食やおかず、デザートまで、今すぐ食べたい簡単人気レシピをご紹介します!

さっぱり系|梅雨に負けないおすすめレシピ3選

①レタスのさっぱり炒飯

炒飯

シャキシャキした野菜の歯ごたえがさわやかで、食欲のない梅雨でも美味しく食べらる主食です。鶏がらスープの素の代わりに、、中華や和風の出汁でも一味違う炒飯が楽しめます。濃いめの味がお好みの方は、オイスターソースを加えると風味が増します。レタスの代わりに水菜を刻み入れてもOKです。

材料(4人分)

  • 卵2個
  • レタス1/2玉
  • ごはん茶碗4杯分
  • 鶏がらスープの素大さじ1
  • サラダ油大さじ2
  • しょうゆ大さじ1
  • 塩こしょう少々

作り方

  1. レタスを適当な大きさにちぎる
  2. フライパンに油を熱し溶き卵を炒り、ごはんを入れ手早く炒め、鶏がらスープの素を入れ混ぜる
  3. 1のレタスを加え軽くまぜ、香りが立つようしょうゆを鍋肌から注ぎ入れ、塩こしょうで味を調えて出来上がり

②梅豚コンビうどん

豚うどん

豚肉のコクと梅干しの酸味がジワッと美味しい麺の元気食です。梅雨の疲れた身体に染み込みます。野菜不足を感じる時は、小松菜やホウレン草を加えて調理しましょう。トッピングに、ジャコやかつお節をプラスすれば簡単にカルシウムも補給できます。

材料(1人分)

  • 冷凍うどん1袋
  • 豚肉100g
  • 梅干1個
  • 麺つゆ300ml
  • ねぎ適量

作り方

  1. 麺つゆ(水割後)を300ml沸騰させ、豚肉を茹でる
  2. 豚肉に火が通ったら、冷凍うどんを入れて1分ほど茹でる
  3. うどんの上に豚肉を盛り付け、梅干しをのせて、小口切りにしたねぎをトッピングで完成

③大葉とポン酢の豆腐ハンバーグ

ジューシー豆腐ハンバーグは、こどもから大人までが満足の人気の料理です。刻み込んだ大葉のさっぱりした風味が食欲アップします。タネ作りに乾燥芽ひじきを加えてもいいですね。梅雨で弱った身体に元気回復素材を届けてあげましょう。

材料(2人分)

  • 牛豚合挽肉300g
  • 豆腐半丁
  • 卵1個
  • パン粉大さじ4
  • 玉ねぎ1個
  • 大葉10枚
  • 塩胡椒ナツメグ少々
  • タレ用ポン酢と大根おろし

作り方

  1. 豆腐を水切りしておき、パン粉に溶き卵を入れしっとりさせておく
  2. 大葉、たまねぎはみじん切りして、大きめのボウルにタネの材料を全て入れ、粘りが出るまでよくこねる
  3. お好みの形に整えて焼く
  4. 大根おろしを小山に盛り、ポン酢をかけて完成

スタミナ系|梅雨に負けないおすすめレシピ3選

①塩麴で豚キムチ丼

梅雨の健康増進に最強のスタミナ丼です。塩こうじ効果を積極的にお料理に取り入れてガツン!と美味しい元気を届けましょう。梅雨疲れ回復には、パンチのきいたボリュームあるスタミナ料理がおススメです。

材料(2人分)

  • ごはん2人分
  • 豚バラ薄切り肉120g
  • 塩こうじ大さじ1
  • ごま油小さじ1
  • キムチ適量
  • 温泉卵2個
  • 小ねぎ適量

作り方

  1. 豚バラ肉を食べやすい大きさに切り、塩こうじを揉みこみ冷蔵庫で30分~1時間漬け込む
  2. フライパンにごま油を熱し、1の豚肉を炒め、キムチを加えてサッと炒め合わせる
  3. 器に盛りつけたごはんの上に炒めた素材を乗せ、小ねぎと温泉卵をトッピングで完成

②ズッキーニのスタミナぴり辛冷奴

ズッキーニ

ズッキーニの食感とパンチのきいた味付けが、梅雨に疲れた身体を元気にしてくれます。脂質が気になる場合は、ひき肉をミックスベジタブルや豆に変更して、さっぱり味のヘルシーおかずにしてみましょう。罪悪感なくモリモリ食べられる料理になります。

材料(4人分)

  • 豆腐2丁
  • ズッキーニ1本
  • 豚ひき肉200g
  • にんにく・生姜・コチュジャン(チューブタイプ)各5㎝
  • 酒・みりん・醤油各大さじ1
  • ごま油少々
  • 白ごま・長ねぎ・唐辛子お好み

作り方

  1. ズッキーニは1cm角の角切り、長ねぎは薄く輪切りにする
  2. 熱したごま油でひき肉を炒め、合わせた調味料を入れる
  3. 煮立ってきたらズッキーニを加え、絡めながら中火で炒める
  4. 豆腐はそのまま器に入れ、炒めた具材を熱々のまま盛り付ける
  5. 白ごまと長ネギをトッピングで完成(お好みで唐辛子も)

③きゅうりのスタミナ系おかず

きゅうり

梅雨バテに最適なスタミナ系料理です。バテてしまう原因は水分やミネラルの不足、食欲低下により体力消耗することです。きゅうりのさわやかな食感のお料理にしっかり味付けされています。食欲が刺激され、美味しく元気を補給できます。

材料(4人分)

  • きゅうり2本
  • かまぼこ1本orちくわ大2本
  • いりごま適量
  • A塩小さじ1/3
  • Aオイスターソース小さじ1/2
  • Aめんつゆ小さじ1/2
  • Aすりおろしにんにくチューブ1㎝
  • Aゴマ油小さじ1/2

作り方

  1. きゅうりを少し厚めの斜め千切りにする
  2. かまぼこやちくわも同じように千切りにする
  3. フライパンに油を熱し、中火で具材を軽く炒める
  4. Aの調味料を加えて手早くからめて火を止める
  5. 器に盛り付けいりごまをトッピングで完成

時短料理|梅雨に負けないおすすめレシピ3選

①豆腐丼

具材を冷やした豆腐にかけてさっぱり感を味わうのも、熱々ごはんに乗せて食べるのも人気のメニューです。具材を餡かけにすると一層美味しく味の絡んだ料理になります。鶏ささ身の代わりに、えのき、しめじ、シイタケなどのキノコ料理にすると、更に簡単に仕上がります。

材料(4人分)

  • ごはん4膳
  • 豆腐1丁
  • 鶏ささ身2本
  • 舞茸1パック
  • 卵2個
  • 白だし適宜
  • カイワレ・ねぎ適宜
  • 水500 ml

作り方

  1. 豆腐を好みの大きさに割りほぐし、舞茸は適度にばらす
  2. 鶏ささ身の筋を取り、斜め細切りにする
  3. 鍋に水と白だしを入れ、1の鶏ささ身を5分ほど煮込む
  4. 2に舞茸を加え中火で2分ほど煮る(「温」料理は豆腐も一緒に入れる
  5. 味が整ったら、溶き卵を細く流し入れて火を止め、カイワレやねぎを散らす
  6. 「冷」料理では豆腐を冷えたまま器に盛る(煮た具材をかけて食べる)
  7. ごはんにかけて丼にしても、そのままおかずとして盛り付けてもOK

②枝豆と昆布のご飯

コストも手間もかからない簡単な料理です。見た目もさっぱりと涼し気で、塩昆布の旨みが梅雨疲れを癒してくれます。刻みショウガや大葉を加えると、香り高い大人の人気メニューにもなります。野菜不足の身体には、青汁をかけてお茶漬け風にアレンジしても良いですね。

材料(4人分)

  • ごはん4膳分
  • 塩昆布適量
  • 皮むき冷凍枝豆一握り程度
  • ごま適量

作り方

  1. 冷凍枝豆を軽く解凍しておく
  2. 大き目のボウルにごはんを取る
  3. 塩昆布、ごま、枝豆を入れて混ぜたら完成

③レンジで簡単ゴーヤ料理

長引く梅雨にグッタリ。そんな時は旬を迎える野菜、ゴーヤをレンジで簡単調理です。ゴーヤの苦みと塩昆布の優しいコクが身体に染みる美味しさです。苦みのある野菜を調理する時に、とろけるチーズを乗せてトースターで焼き色を付けると、子どもにも人気のおかずに変身します。

材料(4人分)

  • ゴーヤ1本
  • 厚揚げ200g
  • 豚こま切れ肉150g
  • 塩昆布適量
  • Aサラダ油大さじ1
  • A濃縮めんつゆ小さじ2
  • A黒こしょう適量
  • 溶き卵1個分
  • かつお節

作り方

  1. ゴーヤはタテ半分に切り、種とワタを取って薄くスライス
  2. 厚揚げをマッチ箱程度の大きさに切り分ける
  3. 耐熱容器に、ゴーヤ、厚揚げ、豚肉、塩昆布の順に重ね入れる
  4. Aの調味料を加えフワッとラップをかけ、電子レンジで5分ほど加熱する
  5. 一度取り出して溶き卵を回し入れ、再びフワッとラップをかけて1分加熱する
  6. しんなり熱が通っていたらOK。仕上げにかつお節をトッピングして完成

元気回復系|梅雨に負けないおすすめレシピ3選

①ニラと鶏ささみの梅おかず

ニラは疲労回復に人気の野菜ですね。身体の組織作りに欠かせない、鶏ささ身を使った料理で元気を取り戻しましょう。たっぷり入れた梅干しのクエン酸が身体の毒素をやっつけてくれます。口当たりさっぱりの一品です。

材料(4人分)

  • ニラ1束
  • 鶏ささ身3本
  • もやし1袋
  • A濃縮めんつゆ大さじ2
  • A豆板醤小さじ1
  • A梅干したたき5粒分
  • A白ごま適量

作り方

  1. 鶏ささ身をラップして、レンジで2分加熱後一口大にほぐす
  2. 沸騰したお湯でニラを1分程茹で、水気を絞って5cm程の長さに切る
  3. もやしも沸騰したお湯で1分茹で、ザルに空けて流水で粗熱を取り水気を絞る
  4. ボウルにAを入れ、鶏ささ身と茹でた野菜を混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成

②鶏胸肉と野菜のスープ

トマトベースの野菜たっぷり簡単スープです。香り高い野菜が萎えかけた食欲を増進してくれます。ミネストローネ風の味わいでパンにも合わせやすく、もち麦ご飯にかけてリゾット風にするのもおすすめです。

材料(4人分)

  • 鶏胸肉1枚
  • 1玉ねぎ1個
  • 2セロリ(葉も使う)1本
  • 3赤パプリカ1個
  • 4しめじ1株
  • 5ほうれんそう2株
  • トマト缶1缶
  • コンソメスープの素適量
  • 水(トマト缶の空き缶を使う)2杯
  • オリーブオイル大さじ2
  • ブラックペッパー少々

作り方

  1. オリーブオイルを熱した鍋で鶏胸肉を炒める
  2. 適度な大きさに野菜を切り、番号順に鍋に入れ軽く炒める
  3. 野菜がしんなりしたらトマト缶を入れる
  4. トマト缶の空き缶で水を2杯入れる
  5. コンソメスープの素を入れ蓋をして弱火で15分ほど煮込む
  6. コンソメやブラックペッパーで味を整えて完成

③キムチスープ

Dスープ

ほぼ材料が適量で、簡単調理のデトックススープです。キムチの美容健康パワーを梅雨バテの身体にINして元気回復しましょう。エリンギにもデトックス効果があるので、たっぷり使って食べごたえのあるスープに仕上げて下さい。

材料(2人分)

  • キムチ適量
  • エリンギ適量
  • 白滝200g
  • 豆腐1パック
  • 卵1個
  • 鶏がらスープ適量
  • 醤油適量

作り方

  1. 鍋500ml程度の水に、キムチとエリンギを入れて沸騰させる
  2. アク抜きした白滝を入れて中火で3分程煮る
  3. 鶏がらスープと醤油で味を調え、豆腐を入れ1分ほど煮込む
  4. 溶き卵を流し入れて火を止め、蓋をして1分ほど置いて完成

人気デザート系|梅雨に負けないおすすめレシピ3選

①スィーツトースト

デザートトースト

さっぱりスイーツトーストです。爽やかな酸味と優しい甘さが大人気の一品で、流行りの腸活にも一役かってくれます。スッキリしない梅雨の朝、元気補給の朝食にもぴったりです。ライ麦パンやバケットでも美味しくアレンジできます。

材料(4人分)

  • ベーグルorイングリッシュマフィン4個
  • お好みのヨーグルト適量
  • 缶みかん1缶(季節のフルーツでもOK)

作り方

  1. ベースのパンを半分にスライスしてトースターで焼く
  2. 焼き面に、お好みのヨーグルトをたっぷり盛る
  3. 缶みかんや季節のフルーツを並べてトッピングしたら完成

②ジンジャーエールのカクテル寒天

金色に輝くシュワシュワさっぱり爽快デザートです。寒天の食物繊維がお腹に優しくアプローチしてくれます。固めた寒天を細かい賽の目に切って、焼菓子にトッピングすれば人気のお洒落オヤツに!色々なアレンジ料理に使ってみて下さい。

材料(4人分)

  • お好みのフルーツ適量
  • A粉寒天4g
  • A水150㏄
  • A常温のジンジャーエール350ml
  • A砂糖30g
  • 冷やしたジンジャーエール350ml

作り方

  1. お好みの器やグラスにフルーツを入れる
  2. Aの材料を鍋に入れて中火にかける
  3. 沸騰したら弱火にし、時々かき混ぜながら2分程度煮る
  4. 3の鍋に常温にしたジンジャーエールを泡だてないように静かに入れて混ぜる
  5. 平たい容器に4を移し粗熱を冷ましてから冷蔵庫で冷やす
  6. 固まった炭酸寒天をスプーンで崩して1のフルーツの上に盛る
  7. 冷やしたジンジャーエールをひたひたまで注ぎ入れて完成

③涼やかキラキラ簡単ゼリー

キラキラゼリー

キラキラ涼やかなゼリーで梅雨疲れをリフレッシュしましょう!色や味のある炭酸飲料でもOKです。炭酸のさっぱりした口当たりが人気のデザートです。火を使わない調理方法なので、お手元の炭酸飲料で簡単にお楽しみ頂けます。

材料

  • 炭酸飲料500ml(ペットボトル)
  • ゼラチン5g
  • 水大さじ3
  • (色付け用)かき氷シロップ適量

作り方

  1. 水にゼラチンを入れてふやかしておく
  2. 500ml炭酸飲料を3分の2程度残してコップなどに出す
  3. ふやけたゼラチンをレンジで30秒ほど加熱して溶かし、ペットボトルの中に静かに注ぎ入れる
  4. 色や甘さを足す場合、かき氷シロップを大さじ1程度入れる
  5. ペットボトルの蓋を閉め、ゆっくり3~4回かたむけて混ぜ、冷蔵庫で3時間程度冷やし固める
  6. グラスや器に、ペットボトルからゼリーを押し出して盛り付けて完成

梅雨にはさっぱり系やスタミナ系の人気レシピに挑戦しよう!

梅雨に食べたい、作りたい元気レシピに出会えたでしょうか。どれも簡単に作れて、大人から子供まで人気のあるお料理です。野菜やフルーツもたっぷり摂ってキレイに健やかにお過ごし下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。