INDEX

お中元とお歳暮の意味や起源とは?

お中元は夏の挨拶

すいか

お中元の意味は、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈る夏のご挨拶です。もともとは中国の道教で祭日とされている三元(上元・中元・下元)の1つ、中元からきています。さらに中国では中元と同じ日に、仏教の行事「盂蘭盆会(うらぼんえ)が行われていたため、行事が一体化していました。

日本に仏教が伝わると盂蘭盆会はお盆の行事として定着し、お盆の風習として「盆礼」がおこなわれるようになりました。盆礼とは、江戸時代になってお盆の風習が盛んになり、親族や知人の家を訪問して贈り物をすることです。このお盆の習慣の盆礼がお中元の起源とされています。

お歳暮は一年間のお礼

プレゼント

お歳暮の意味は、お世話になった方へ一年間のお礼や感謝の気持ちを表すものです。起源はお正月に先祖の霊を迎える御礼祭りのお供え物で、お正月に向けて福を呼び込むための贈り物でした。その後、商人が年末に贈り物を持参し挨拶回りをしていたことから広まり、明治30年代には現在のお歳暮の形が定着しました。

お中元とお歳暮の時期の違いは?

お中元の時期はお盆

カレンダー

お中元はお盆の時期の贈り物です。地域によってお中元を贈る時期には違いがあり、東日本は7月初旬~7月15日まで、西日本は7月中旬~8月15日までが一般的になっています。一般的な時期と違いがある九州や沖縄などに、お中元を贈る時には注意しましょう。

お中元の時期
地域 期間
北海道 7月15日~8月15日まで
東北・関東 7月初旬~7月15日まで
北陸 北海道と同じ地域、関東と同じ地域に分かれる
東海・関西・中国・四国 7月中旬~8月15日まで
九州 8月1日~8月15日まで
沖縄 8月中旬~9月初旬頃(旧暦の7月15日前後)

お歳暮の時期は年末

師走

お歳暮はお正月前の贈り物です。一般的には12月13日~12月20日までですが、お中元同様、地域によって時期に違いがあります。お歳暮を贈る際にも、いつ贈るのか地域の時期を確認しましょう。ただしお正月に合うギフトは、なるべくお正月近くに届くようにした方が良いでしょう。

お歳暮の時期
地域 期間
北海道 12月13日~12月20日
東北 12月13日~12月25日
関東 12月初旬~12月31日
北陸 12月13日~12月20日
関西 12月13日~12月31日
東海・中国・四国 12月13日~12月25日
九州・沖縄 12月13日~12月20日

お中元とお歳暮の相場とは?

お中元|3,000円~5,000円

財布

お中元の相場は、3,000円~5,000円が一般的とされています。親戚や知人などへの贈り物は3,000円、目上の方への贈り物は5,000円を目安にしてお中元ギフトを選びましょう。特別にお世話になった方へは、5,000円~10,000円という場合もありますが、高額すぎないように気を付けましょう。

お歳暮|お中元より2~3割高め

お札

お歳暮の相場は、お中元のギフトの価格よりも2~3割高めを選ぶことが多いようです。お中元と違いお歳暮は一年間のありがとうという感謝を伝える贈り物であるため、お中元より少し高めのギフトを選ばれることが多くなります。

お中元とお歳暮の贈り物の違いは?

お中元|夏らしい涼をとれるギフト

アイス

お中元は夏場に贈るギフトのため、夏らしく涼をとれる食べ物や食欲がない時でも美味しく食べられるものが良いでしょう。例えば、アイスクリームやゼリー、すいかなどもおすすめです。また、日持ちするギフトのそうめんやビールなども人気があります。

お中元に人気の贈り物
  • アイスクリーム
  • ゼリー
  • すいか
  • メロン
  • そうめん
  • そば
  • うどん
  • ビール

暑い夏に贈るお中元には、高級アイスクリームがおすすめです。下記の記事で、お中元にアイスクリームを選ぶ時のポイントや最新のアイスクリームギフトを紹介しています。夏のお中元にアイスクリームを考えている方はぜひ参考にしてください。

Small thumb %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0
関連記事 【2020】これはおすすめ!お中元の人気アイスクリームギフト17選!

お中元にアイスクリームを贈りたいけど、たくさんのアイスクリームギフトの

お歳暮|高級感のあるギフト

酒

お歳暮は年の暮に贈るギフトのため、年末年始やお正月に、家族で楽しめるような高級感のある贈り物が良いでしょう。例えば、お鍋のセットや海鮮、高級ハムや肉などもおすすめです。また、お正月の祝いに合う日本酒なども人気です。

お歳暮に人気の贈り物
  • 鍋セット
  • 海鮮
  • 高級ハム
  • 魚の干物
  • 日本酒

お中元とお歳暮を贈る時の基礎知識やマナー

①お中元とお歳暮は両方贈る

箱

お中元とお歳暮は、両方贈るのが一般的です。ただし、必ず贈らなければいけないということではありません。お中元とお歳暮の両方は難しいという時には、一年間の感謝を表すお歳暮を贈るようにしましょう。両方を贈る際には、お歳暮の予算を2~3割ほど高めに設定しましょう。

②一度贈ったら続ける

ギフト

お中元やお歳暮は、毎年贈ることを前提にしましょう。一度きりではなく、長く付き合いしたい方や感謝を伝え続けたい方へのギフトになります。さらに、贈ることで相手に負担がかからないかなどの配慮も必要になります。

③相手の好みや家族構成に合わせる

コーヒー

お中元やお歳暮を贈る時には、贈る相手の好みや家族構成を事前に調べておきましょう。お酒が飲めない方にビールを贈ってしまったり、コーヒーが苦手な方にコーヒーセットを贈ってしまったりということがないように、相手の好みや家族構成に合わせてギフトを選ぶのが大切です。

④喪中の時期でも贈れる

暦

贈る方と受け取る方のどちらが喪中であっても、お中元とお歳暮は贈って良いとされています。ただし、熨斗紙や贈る時期は気を付けなければいけません。相手に負担がかかる四十九日を避けたり、慶事を表す紅白の水引は使用せず、白無地の奉書紙と黒白の水引にしたりという配慮も必要です。

⑤時期が過ぎたら表書きを変えて贈る

マーク

お中元はお盆の時期、お歳暮は年の暮というのが一般的です。しかしやむを得ない事情で一般的な時期を過ぎてしまった時は、熨斗紙の表書きを変えて贈るようにしましょう。例えば、お中元の時期を過ぎてしまったら「暑中見舞い」「残暑見舞い」、お歳暮の一般的な時期を過ぎた場合は「寒中見舞い」などと変えて贈ります。

お中元の表書きの例
  • お中元:時期に合わせて贈る時
  • 暑中御見舞:7月15日を過ぎた時
  • 残暑御見舞:立秋を過ぎた時
お歳暮の表書きの例
  • 御歳暮:時期に合わせて贈る時
  • 御年賀:時期を過ぎて1月7日まで
  • 寒中御見舞:立春まで

お中元やお歳暮を受け取った時の基礎知識やマナー

①お礼状を書く

手紙

お中元やお歳暮は贈る時だけでなく、受け取った時もマナーがあります。贈り物を受け取ってから、なるべく早くお礼状を書くようにしましょう。時候の挨拶や贈り物に対するお礼、そしてこれからの活躍を願う言葉を書くのが一般的です。

②お返しは不要

ストップ

お中元やお歳暮に対してのお返しは不要です。お返しすることで相手に気を遣わせてしまうことがありますので、感謝の気持ちはお礼状で伝えるようにします。どうしても品物でお返ししたい場合には、相手に負担がかからないように、暑中見舞いや残暑見舞いとして時期をずらして贈りましょう。

お中元やお歳暮は喜ばれるギフトを贈りましょう

贈る

お中元やお歳暮は、大切な方やお世話になった方へのありがとうという感謝を伝えるための大切な行事です。しかしマナーが守られていないと、相手に不快な思いをさせてしまったり、感謝が伝わらなかったりする可能性もあります。お中元やお歳暮の基礎知識やマナーを覚えて、相手に喜んでもらえるような贈り物を選びましょう。

今回はお中元とお歳暮の違いやマナーをご紹介しましたが、下記の記事でもお中元の期間やマナーを解説しています。地域ごとの最適なお中元の時期やマナー、注意点も詳しく紹介されていますのであわせてご覧ください。

Small thumb %e5%af%92%e5%a4%a9%e3%82%bc%e3%83%aa%e3%83%bc2
関連記事 お中元の期間っていつからいつまで?贈り物に関するマナーも解説!

お中元を贈ったことはありますか?なんとなく夏に贈るイメージはあっても、

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。