四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「戊」の意味

戊午(ぼご)は、土性の陽の「戊(つちのえ)」と、夏の十二支の「午(うま)」が重なってできた55番目の干支です。戊は十干の5番目で、陰陽五行説では土性の陽に当てはまります。戊の意味は、どっしりとした雄大な山のイメージで、誰もが思わず頼りにしてしまうような安定感のある性格なのです。また、美しい立派な山は、自然に人が集まるような存在感があり、カリスマ性を持つようになります。戊の字は「茂」と関連しており、植物の成長が真っ盛りである状態を表します。方位も中央で、十干も中央の5番目に当てられているのです。

十二支の「午」の意味

午(うま)は干支では7番目に当たり、陰陽五行説では火性の陽に当たります。季節は夏で月は5月、時刻は11~13時、方向は南を表します。 午は「忤」(ご)「つきあたる」「さからう」の意味で、草木の成長が限界を超して衰え始める状態を表しています。午の文字は、餅をつく時に使う「きね」の象形文字で、二人でかわるがわる手にした杵(きね)で餅をつく形を表しています。交互に餅をつくことから、陰陽の交差する十二支の7番目に位置して、午の時刻とは1日の中央の12時です。この時刻を正午と言うのです。

戊午女性の性格は?

人の面倒をよく見る

戊午女性は、周りにいる人の面倒を見るのが好きなのです。困っている人には手助けをしたり、うまく行っている人にもアドバイスを送るのです。周囲の人にとって、大変ありがたい存在なのです。思いやりがあって腰が軽い性格なのです。少しぐらい痛い目に合ってもトラブルに巻き込まれても、決してへこたれない性格です。本質的に人との交流が好きで、社交的でもあります。

積極的

人の面倒見が良いので、戊午女性の周りにはいつの間にか多くの人が集まってくるのです。また、戊午女性は人と同じことをしたり、後からついて行くことはできません。常に先頭に立って引っ張っていく性格なのです。困難にもめげずに向かっていくタイプです。積極的に思い通りに行動するので、小さい時から親の言うことも聞かない性格です。いつしか、仲間のボス的な存在になって行きます。

根性がある

戊午女性は、周りの人の面倒を見ながら先頭を走っていくので、かなりの根性を持っています。戊のイメージは、土性の陽で雄大な山脈のことです。堂々としてビクとも動かない山なのです。戊午女性は、どんな問題が降りかかってきても慌てることなく、大騒ぎをものともしない根性を持っているのです。結婚して家庭に入ると、夫が窮地に陥ってしまっても、慌てず支え続けることができる良妻なのです。

戊午男性の性格は?

大胆に行動する

戊午男性は、仕事も恋愛も一生懸命に尽くすのです。何をやっても悠然と落ち着いていて、周りの人も彼の仕事ぶりを尊敬しています。初めてのことでも思い切った行動ができるのです。目標を大きく掲げて挑戦するスタイルで、特異な能力も知性も備えている運勢なので、何も恐れない度胸を持っています。このように、戊午男性は、大胆に行動するのが特徴です。

負けず嫌いでプライドが高い

戊午の男性は、親の命令も平気ではねのける根性も持っているのです。特に、精神論には全く興味がなく、現実的で合理的な考えを持っています。ライバルに負けることが大嫌いで、どんなことでも勝負には目を吊り上げて挑むのです。負けた時には動揺が激しいみたいで、口も利かないで孤立するのです。戊午男性を部下に持つと、気難しいので扱いに困ることもあるようです。戊午の男性には、頭ごなしに命令するのではなく、論理的に説明してから指示を出すようにします。戊午男性は、とても負けず嫌いでプライドが高いのが特徴です。

リーダー志向が強い

戊午男性には、たくさんの仕事も女性も見つかる強い運勢を持っています。しかし、仕事も恋愛も、自分の思うままに一直線に進めるので、相手の気持ちをうまく掴むことができないのです。適当に妥協することが苦手なので、孤立してしまうのです。自分の意見を素直に聞いてくれる仲間を作りたいのです。つまり、リーダー志向が強いのです。しかし、戊午男性は、目の前にある事には一生懸命なのですが、長期的な計画を立案するのは苦手です。リーダーシップを取りたいのですが、思いがまとまらなくてバラバラになってしまうのです。リーダー志向は強いのですが、結局は個人プレーになります。すると、独立志向が湧いてきて、個人で事業を始めることになるのです。

戊午男性&女性の恋愛傾向は?

戊午女性の恋愛傾向

戊午女性は、どっしりと落ち着いて存在感があります。午の時刻が正午であるように、戊午女性の恋愛時期は今ちょうど真っ盛りになっているのです。戊午女性の魅力は頂点に差しかかっている状態です。多くの男性が集まってきます。戊午女性は積極的な性格なので、相手に近づくことは簡単です。思い切ってあなた好みの男性にアプローチしてみる時期です。

戊午男性の恋愛傾向

戊午男性は、プライドが高すぎることが欠点です。仕事も女性もアナタのところに集まってくるという強い運勢を持っているのです。そこで、相手を選別する時に、アナタの意見に従わない女性を、むやみに切ってしまわないように注意が必要です。相手の意見もしっかり聞いて、彼女の心の中を確認してから大胆にアプローチして行けば、最愛の彼女をゲットすることができます。

戊午の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「丙寅(へいいん)」

丙寅とは、火性の陽の「丙(ひのえ)」と、3番目の十二支で木性の陽の「寅(とら)」が重なってできた干支です。この人の干支でのイメージは、「大きな樹木」である寅を、暖かい太陽の丙が照らしているのです。太陽の光は生きるためのエネルギーであり、周りを平等に照らすのです。分け隔てなく明るく接することができる丙寅は、どっしりとした山である戊午とは、相性が良いのです。

「癸未(きび)」が相性抜群!

癸未は、水性の陰である「癸(みずのと)」と8番目の十二支の「未(ひつじ)」が重なってできた干支です。水性の陰の癸のイメージは、大地を濡らす雨で、植物にとっては大きく育つために必要な水分なのです。成長を暖かく見守る母親のような存在なのです。負けず嫌いでプライドが高い戊午の人にとっては、癸未は安心できる存在なのです。戊午と癸未は、信頼し合える関係で相性が良いのです。

「丙子(へいし)」は相性最悪!

丙子は、火性の陽の「丙」と、冬の水性の陽の「子(ね)」が重なってできた干支です。丙子のイメージは、真冬の冷たい海の上に輝く「丙」の太陽の光なのです。丙子の人の性格は、冷たい感情と暖かい感情が混ざっている神経質な性格なのです。また、どちらの干支も人間がコントロールできる性格ではないのです。自分の思うとおりにならないと嫌がる戊午の人と、コントロールできない丙子とは、相性が悪いのです。

戊午の2017年運勢&総合運は?

戊午の総合運

戊午の2017年の総合運は、後半にかけて上昇して行きます。大きな目標に向けて活動している時ですが、その努力が報われてくるのです。植物が成長して花開く時に差しかかっているのです。恋愛も仕事も、何事も信念を持って行動することが大切な年です。

戊午の金運

2017年の戊午の金運は、徐々に上昇していくことでしょう。仕事の成果も上がっていき、財テクで思わぬ報酬も手に入れることもあるかも知れません。金運のつぼみが膨らんで、開く寸前です。つぼみを壊さないように地道な努力に精を出すことと、大きな賭けごとは失敗しないように控え目にしてください。

戊午の恋愛運

戊午の女性なら、恋愛や結婚でも前面に出る勝気さに注意が必要です。相手が気の強い男性ならば、絶えず意見がぶつかり合います。どちらかが折れないと収まりませんが、双方とも無理なことでしょう。 戊午女性は、家庭に収まってジッとできない性格なので、結婚するならおとなしくて尽くしてくれる男性が良いでしょう。戊午の男性も、従順な優しい女性に心を惹かれることでしょう。

戊午の仕事運

2017年の戊午の仕事運は、好調な年です。良い仕事も相変わらず舞い込んで来る強い運勢を持っているからです。ただ、将来のことに関して判断することが苦手なので、長期計画を立てられないことが欠点です。得にならない仕事ばかりを受けてしまい、余計な時間を浪費することになります。一度冷静になって客観的に見てみることです。

戊午のまとめ

戊午のアナタは、恋愛も仕事も前向きで、決められたことを一生懸命に努力する性格です。この性格は、周囲の人から尊敬されて、いつしかリーダー的な立場になって行く運命です。2017年は、今までの努力が実を結ぶ時期に差しかかっている年なのです。恋愛も、好きな人と結ばれる運勢です。自信を持って積極的に行動を起こしてください。

記事が気に入ったらシェアしてね!