Middle shutterstock 527744284

目次

既婚男性と不倫するメリット6選

お互いの時間を大切にできる

 不倫ということはパートナーが既婚、もしくは双方が既婚の状態になります。不倫とは違う、お互いフリーの普通の恋愛は、お互いの時間を自由に使うことができますが、不倫の場合はそうはいきません。 

まず家庭を最優先にしながらその傍らで不倫することになります。その不自由さがかえってお互いの時間を作ってくれることになります。 その結果として自分の時間を持つことができることになり、不倫生活を円滑に進めてくれることにもなります。

家庭がある相手だから過剰な束縛はない

 

一般的な恋愛の場合、どちらか気持ちの強い方が束縛する傾向が強まり、その束縛から破局へと向かっていく場合も多々あります。 しかし、パートナーが既婚男性との不倫の場合ならそんな心配はありません。

それは過剰に束縛する理由がないからです。また束縛しているヒマがないのです。 家庭を守りながら不倫をしていくと、どうしても不倫は二の次になってしまいます。自分は家庭を持ちながら相手にだけ過剰に束縛しようとしてもそれは通らない話になるからです。

時間制限があるからこそ燃え上がる恋

 

前の項目でも述べましたが、自分の時間を大切にできるのが不倫です。それはつまり時間の制限があるということでもあります。「会いたい時に会えない」これが不倫の代表的な状況でしょう。 会いたい時に会えるならだんだん一人になりたいという気持ちが芽生えやすくなりますが、既婚男性特有の状況から会えないことが続くと寂しさも倍増します。

 しかし、会えない時間を乗り越えて会えることができた時のトキメキもまたいつもの数倍になります。不倫でしか味わうことのできない燃え上がる恋心というものがあります。

お互いの都合を最優先にできる

 

通常の恋愛であれば相手の都合に合わせて自分の仕事や休日の予定などを変更することもあるでしょう。しかし、パートナーが既婚男性である不倫ならその苦労は少なくなります。 それは、既婚男性であるパートナーは家庭というものを最優先させているのですから、こちらも恋愛は2番目に考えれば良いのです。 自分の都合を最優先にしながらも、いつもと違った恋愛を楽しめる。これも不倫のメリットの一つと言えるでしょう。

会いたいけど会えない気持ちが恋を加速させる

 

不倫は一般的にタブーであるということをお話ししましたが、そのため「いつかはやめないといけない」という気持ちが付きまといます。 しかし、やめたいけどやめられないのが不倫の特徴でもあります。なぜでしょうか?それは、前述しましたが「会いたいけど会えない」ことに原因があります。 

思うようにいかないことが続く中で、思うようにいくことがあれば人間のモチベーションはかなり上昇します。 それが恋愛であればなおさらのことで、ずっと会えなかったパートナーとやっと会えたなら、それまでの寂しさを吹き飛ばすほどの大きな幸福感を味わえます。 それを繰り返すうちに不倫という事実はぬきにして恋する気持ちはどんどん加速していくのです。

恋愛における経済的な負担が少ない

 

既婚男性とわかっている上で不倫に陥ってしまう女性の多くは、パートナーのどこに魅力を感じて不倫してしまっているのでしょうか。 容姿や性格という場合も多いと思いますが、それに付随して「経済力」に魅かれて不倫してしまうという女性もそれ以上に多いと思います。 つまり、多くの不倫パートナーには経済的な心配がないということになります。

通常の恋愛は多かれ少なかれお金がかかるものです。 しかし、不倫の場合は相手の経済力に頼ることができるので、経済的な負担の少ない恋愛ができることもメリットの一つです。

不倫の別れにおけるメリット4選

いつでも幕引きができる

 

やめないといけないとわかっていてもやめられないのが不倫です。それは既婚男性をパートナーに選んでしまった人の宿命のようなものでもあります。しかし、「いつでもやめられる」のが不倫でもあります。 理由は、幕引きができる理由はいつもそこにあるからです。それは「不倫」であり、「パートナーが既婚男性である」ことそのものです。

 「あなたは結婚しているからもう終わりにしたい」いつでも相手からこういった内容の事を言われても仕方のないことですし、これを受け入れる必要があるでしょう。また、既婚男性が不倫をする場合は常にそういった覚悟が必要です。

相手が既婚だから恋愛は自由

 

不倫だから時間の制限が少ないことは前述しましたが、それは不倫中の他の恋愛にも言えることです。 不倫の最中に独身側の人が恋愛することはもちろん自由ですし、気持ちの大きさはあるとしても、不倫相手は既婚男性ですからパートナーと同じことをするだけのことです。 

もちろん既婚男性側から見ても、自分は家庭を持ちつつ不倫しておきながら相手に自分以外の相手との恋愛を禁止することはできないはずです。 いつでも不倫パートナー以外の独身男性との恋愛を楽しむチャンスはありますし、不倫を終わらせて独身同士の恋愛を始めることも自由なのです。

結婚を意識しない前提だからいつでも幕引きができる

 

基本的な一般論で例外もありますが、既婚男性をパートナーに選んでしまった場合、そのパートナーが家庭を捨てて(あるいは離婚して)不倫相手のもとに来ることはないと思っておいて間違いありません。 これは、見方を変えれば将来の結婚をまったく意識せずに不倫そのものを楽しめることでもあります。と同時にいつでも終わりにすることもできます。

結婚を恋愛のゴールとするならば、不倫というものはゴールのない恋愛です。 ゴールのない恋愛をしているわけですから、将来を思って疲れたらいつでもリタイヤできるのです。

恋愛を最優先にする必要がない

 

若い世代の方は特に、恋愛を最優先に生活をするという人が多い傾向にあります。しかし、恋愛の優先順位が高すぎて仕事や友人とのつきあいなど、恋愛以外のことがうまくいかなくなったという経験を持つ人も少なくないでしょう。 そして、恋愛が終わってしまった時になんとも空しい気分になることもあります。そんな心配をしなくてもいいのが既婚男性との不倫です。 

パートナーは基本的に家庭を最優先に考えていますから、不倫・恋愛を最優先には考えません。それはこちらも同じことで、不倫を最優先に考えてもなかなかうまくはいきません。 不倫という恋愛を最優先にする必要がないことで恋愛以外の大切にすべきこともしっかりとこなすことができます。

将来がないからこそのメリット3選

略奪愛が成功する可能性が少ないからこそのメリット

 

不倫には基本的に「ハッピーエンド」はありません。特に不倫している既婚男性が離婚して不倫相手のもとにくる「略奪愛」の可能性は非常に低いです。これはパートナーである既婚男性に子供がいる場合は顕著です。 これはデメリットという捉え方もできますが、メリットとも捉えることができます。「略奪愛はない」という心構えでいることでとても気楽に不倫を恋愛として楽しむことができます。

一日一日を大切に過ごすことができる

 

なかなか思うようにいかないのが不倫の特徴の一つです。会いたい時に会えない。そんな状態が何日も続くことも考えられます。 その反面、恋に盲目になることなく、自分自身や将来の事、恋愛や仕事に対する姿勢などをゆっくりと考える時間を取ることができます。 不倫の日々を送る中で、自分やパートナーの背景を考えて、一日一日を大切に過ごすことができることも不倫のメリットの一つです。

結婚を疑似体験しながら結婚について勉強できる

 

お互いが既婚者で不倫中という「ダブル不倫」という場合もありますが、既婚男性をパートナーに選んで不倫をする場合、独身側の女性が結婚・離婚を経験している場合と未婚の場合があります。 このメリットは主に未婚女性の場合になりますが、既婚男性をパートナーにすることで結婚というものを疑似体験することができます。

 夢のような結婚生活を思い描いて結婚する女性も少なくないと思いますが、現実の結婚とはそういうものだけではないことがわかります。 既婚男性を不倫パートナーにしている時点でそれはわかるでしょう。不倫を続けていくなかで、結婚の現実というものを間接的に味わうことができます。 このことによって自分自身の結婚観も変わっていくことになります。将来、自分自身が不倫で家庭を壊されないようにする方法も見えてくるかもしれません。

既婚男性と不倫するデメリット4選

どんなに本気になっても離婚→結婚という選択肢はない

 

不倫はロウソクの炎のようなものです。いつかは終わりがくるものですし、その炎が何かのきっかけでいつ消えてもおかしくありません。ロウソクの炎は一定ではなく大きな時もあれば、風に吹かれて消えかけの小さな時もあります。 これは不倫という恋愛に対する気持ちに通じるものがあって、どんなに燃え上がってもいつか燃え尽きる時がきます。その時のために常に気持ちを整理しながら不倫する必要があります。

いつでも別れがくる可能性がある

 

例えば何かのきっかけで既婚男性の妻に不倫がばれた時、それは破局へのカウントダウンです。 ばれたからといってすぐ不倫関係を清算することは難しいことかもしれませんが、妻の警戒心が強くなるにつれてパートナーの行動は制限されていきます。

妻の立場からすればそれは当然のことです。 どんなきっかけで終わりがくるとしても、いつでも別れの可能性はあります。今日でも明日でも、いつでも終わりがくるという覚悟を持って不倫には臨む必要があります。

時間を無駄にする結果になることも

 

不倫はいつでも終わりにすることができる、いつでも終わりがくるものですが、5年・10年と既婚男性との不倫を続けていくことができます。 しかし、不倫が残すものは過ぎ去っていった空しい時間だけだった。ということも少なくありません。 

例えば27歳の独身女性が10年の不倫生活の後に破局。となった場合、相手は家庭に帰っていき37歳独身の自分に何が残ったのか…。 時期、期間が長いと周囲から取り残される場合も多いので、時間を無駄にしただけだった。となる可能性も大いにあります。

計画的に恋愛しないと独りぼっちに…

 

独身男性との不倫の刺激的な魅力に我を忘れて時間を過ごしていると、気が付けば独りぼっちだった…。ということもあります。不倫に没頭している期間に周囲の友人たちは次々と結婚し家庭を持っていく。 

既婚者の友人たちは子供にかかりきりで会うことも少なくなり、不倫を清算して我に返った時には誰も相手にしてくれなくなっていた。 その可能性も十分に考えられます。そうならないためには不倫という特殊な関係をしっかりと受け止め、考えていかなければなりません。不倫に限らず何事にも計画性が必要です。

不倫がバレた際のデメリット4選

ばれたらタダではすまない

 

不倫関係に終わりが来るきっかけとして多いのが妻に「ばれた」時です。かなり年配の既婚男性であればもしかしたら「不倫関係を清算するなら許す」となる場合も考えられますが、ほとんどの場合は修羅場が待っています。 

不倫相手である既婚男性の妻の考え方にもよりますが、夫だけを責めるということは考えにくいことです。当然夫の不倫パートナーである独身女性を犯罪者のように扱い、容赦なく攻めたててくることでしょう。 日本で不倫はタブーであるということをしっかり認識する必要があります。

不倫相手によっては職場を追われるかも!

 

妻にばれた時もそうですが、「職場にばれた」場合もお咎めなしとはいかないでしょう。職場内の不倫であればなおさらです。職場がとる処分として多いのは「どちらか(またはどちらも)が退職する」というものです。 職場にばれたということは遅かれ早かれ妻にもばれる可能性が高いので、家庭と職場でかなりの修羅場となることになります。

大きな金銭的負担を覚悟する必要がある

 

妻から見れば夫の不倫パートナーは家庭を壊す犯罪者です。刑事事件ではないので逮捕されるということはありませんが、民法に照らせば十分に訴訟を起こされる可能性が考えられます。 民事で訴えを起こされた場合、それを清算・解決できるものはお金ということになります。不倫には大きな金銭的負担のリスクがあるということも忘れてはいけません。

予期せぬ別れからの空虚感

 

恋愛は初期段階が最も楽しい時期ですが、これは不倫も同じことです。特に1年目や2年目は最も心ときめいて幸せな時期でしょう。 しかし、前述したように既婚男性をパートナーに選んでしまった場合、いつでも終わりが来る可能性があります。それは1年目でも3年目でも関係なく終わりがくるものです。 

最も楽しい時期に不倫関係が終わり、もう二度と会えなくなるということも十分にありえることです。不倫という特殊な関係であるがためにどんなに努力しても会えない、会わせてもらえない。 突然の別れからくる解決法のない空虚感。不倫をする以上これを味わうことも覚悟しなくてはなりません。

不倫はハイリスクだけど止められない

 

ダメだとわかっているけど…魅力的。既婚男性との不倫メリット・デメリット5選をご紹介しました。いかがだったでしょうか。既婚男性との不倫に限らず、どんな物事にもメリットとデメリットは存在します。 不倫は民法に抵触する可能性があるという点で大きなリスクも伴うことも覚えておかなければいけません。

 しかし、いつの時代も不倫をする男女が少なくないということは通常の恋愛とは違った「何か」があるということなのだと思います。 リスクがあるからこそスリルがあるのかもしれませんね。

いろいろとご紹介してきましたが、既婚男性パートナーとの不倫はタブー、これは誰もがわかっていることです。 しかし、恋愛感情とは特殊なものですから、簡単に抑えることができるものでもありません。大切なのは恋愛という特殊な感情の勢いにまかせずに常に状況を冷静に考えることだと思います。

不倫の悩みが本当に辛いと思う方へ

 

不倫相手の彼と愛し合っている時はなんとも言えな幸せを感じているのですが、彼と会えない時間が続くとなんとも言えない空虚感が襲ってきます。 けどその空虚感は結婚前の恋愛でも感じていた感覚とはまた違いますよね。だって夫にバレるリスクもあるし、彼も奥さんにバレるリスクもあるし...

不倫は常に落ち着いた恋愛ができないものです。 それに不倫の悩みって周りの人になかなか相談できないものですよね。私も周りに相談できる人がいなくて精神が不安定になってメンタルボロボロでした。そんな時は私は電話占いに出会って、辛い不倫の悩みから解決することができました。

不倫の悩みが相談できる電話占いとは?

電話占いとは占い師の先生が親身になって自分の悩みの相談にのってくれるサービスで、占いと言うよりはカウンセリングに近い感じです。私も半信半疑で占い師の先生に相談してみたところ、先生がズバズバと私の抱えている悩みを当てていきかなり驚いてしましました笑 

10分間の無料鑑定だったのですが、もうなんというか鑑定終了後には不倫の悩みがすっきり解消できてしましました。不倫相手の彼と会えなくても少しは平気になれましたし、夫にもなんだか優しさを持って接することもできるようになりました! 

なので私と同じように不倫の悩みを抱えている人は無料鑑定ができる電話占いピュアリをオススメします!最後に電話占いピュアリの3つのポイントを紹介しますね! 

電話占いピュアリの無料鑑定を受けてみる!

電話占いピュアリの3つのポイント

安心な料金設定・安全なサービス体制

先生の実績に応じて1分あたりの値段が200〜350円となっており、鑑定はここまでで良いと思ったらそこで終了できる、相談者にとって嬉しいモデルになっています。また自分のタイプにあった鑑定士を教えてくれたり、サービスのシステムのことで分からないことがあれば教えてくれる優秀なコンシェルジュも電話占いピュアリには在籍しています!

また二者間通話機能システムによりご相談者様と占い師がお互いの電話番号を相手に知られることなく鑑定ができます。このシステムですと電話番号が非公開だから安心でお互いのプライバシー、個人情報保護対策は万全です。

安心安全の電話占いピュアリって?

10分間(約4,000円分)の無料鑑定ができる(※期間限定)

電話占いのサービスは多くあるのですが、無料鑑定がお試しでできるサービスはそう多くありません。いきなりこう言ったサービスを使うのは少し勇気がいりますよね。けれど電話占いピュアリなら安心して無料鑑定ができます。なんか思ってたのと違うと感じればそこでやめるのが賢明だと思います。 

電話占いピュアリの無料鑑定を受けてみる!

占い師の質が高い

電話占い会社の中には素人の人を占い師と偽ってお悩み相談をするとこもあります。ですが電話占いピュアリ、電話占いヴェルニ、電話占いマヒナ、電話占いロバミミ、みんなの電話占いは占い師の採用や教育に力を入れており、非常にサービスの質が高いことで有名です。その中でも電話占いピュアリはなんと占い師の在籍人数が200名以上もおりサービスの質も高い上、無料鑑定をしてくれているのでとても良心的です。

またこちら電話占いピュアリの公式HPによると無料鑑定は期間限定だそうです!過去にも無料鑑定を最初に設けていた電話占い会社も多かったのですが、近年ではかなり少なくなってしまいましたね。急にこの無料鑑定が終わるということは考えられませんが、いつ終わるかということを考えるとちょっと興味があればこの機会に是非試してみるのはいかがですか?


A社B社電話占いピュアリ
値段400〜500円200円〜350円200〜350円
鑑定士の質
無料鑑定×(無料鑑定なし)◯(実質1,000円割引)◎(実質4,000円割引)

質の高いところはちょっと鑑定料が高く無料鑑定をしていなくて、質があまり高くないところは若干の割引をするという感じになります。しかし、電話占いピュアリは鑑定士の質が高く無料鑑定もあって、なおかつ通常の鑑定料金も抑えられていて良いですね!

電話占いピュアリの占い師をみてみる!

不倫の悩み相談してみませんか?

無料鑑定で十分にあなたの不倫の悩みは軽くなると思います。実際私もそうでしたから効果はあります!電話占いで無料鑑定を受けたい方は下のボタンをクリックしてみてください!そして最後までお読みいただきありがとうございました。あなたの幸せなライフを心より祈っています!

無料で不倫の悩みを解決してみる!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。