Middle %e6%88%8a%e7%94%b3

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、太古の中国が発祥の地で、過去・現在・未来から予見する運命学です。生年月日を四つの柱(年柱、月柱、日柱、時柱)に見立てて占うことから四柱推命と名づけられた占術です。 東洋の占術の中でも最も習得が難しく、その的中率と信頼性の高さから別名「運命学の帝王」と呼ばれているほどで、個人が生まれながらに持つ性格、能力、素質を陰陽五行説を基に後天的な運命までも予測することができます。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

四柱推命の元になるものが、陰陽五行説の思想による千支・十千十二支です。十干は(甲、乙、丙、丁、戊、庚、巳、辛、壬、癸)からなり、十二支は(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)からなります。 このふたつを合わせたものが六十干支といい、年、月、日をすべて組み合わせた数は60種類にもなります。一年は60年、一月は60ヶ月、一日は60日で一巡します。

干支「戊」の意味

十干第五番の戊は、植物の成長期の中の絶頂の状態を意味し、陰陽五行説では陽の土をあらわします。 自然界の中においては、大きな山や岩、堤防などに例えられることから貫禄のある重厚な性質を持っています。人間においては、性格的に説得力のある言葉を持ち、包容力が感じられることから対人関係面で優れた力を発揮するでしょう。

十二支「申」の意味

十二支9番目の申は、植物が成熟した状態をあらわし陰陽五行説では陽の木をあらわします。 人としては、活発で好奇心が旺盛、何事も積極的に取り組むバイタリティーあふれる性格を持っています。人の気持ちを察する能力に長けていますが、自分のことを探られることは極端に嫌います。

戊申女性の性格は?

情熱的だが穏和

表面的にはとても穏やかで穏和な印象の戊申女性は、内には秘めたる情熱があります。と、同時に繊細でガラスのハートの持ち主。そんな神経質な一面により気苦労が多くなるでしょう。

感受性が非常に強い

戊申女性は、感受性が強いので他人に対する警戒心が強く、そのため気苦労が多くなります。それは家族においても同じで、頻繁にイライラしがちで気持ちが休まることが少ないでしょう。

ヒステリーな一面も

戊申女性は普段は温和で柔らかい印象ですが、その分、ストレスを溜め込んでしまう傾向にあります。それらを時々爆発させてしまうことから周囲にはヒステリックな人として距離を置かれることもあるので注意しましょう。

戊申男性の性格は?

教養あふれる貴公子

戊申男性は、気品にあふれた知的さがありその姿はまるで貴公子を思わせます。しかし、表面は屈託のない風貌なので嫌味はなく、近寄りがたい人とかとっつき辛い人とは思われません。

飾り気のない行動派

戊申男性は、要領の良さがありすぐ行動に移すタイプです。しかし、意外と人懐っこさがあるため、権力や強いものには屈しない強い性格をもっていますが嫌われることはあまりありません。

一途な努力家

物事に対しては、謙虚で真摯な取り組みをする戊申男性です。しかも、それをアピールすることもなく地道で一途に物事を研究する努力家のため周囲の好感は良いでしょう。また、伝統や秩序には忠実で重んじる人でもあります。

戊申男性&女性の恋愛傾向は?

戊申女性の恋愛傾向

恋愛の恋の部分を大切にする戊申女性は、ずっと恋する気持ちを継続したいと思っています。もともとセンスが良いので、物語性が強い恋愛を好みますが感受性が強いため気苦労が多くなるでしょう。 男性の好みは尊敬できる人ということから、相手が既婚者であっても好きになってしまう傾向にあるので注意が必要です。

戊申男性の恋愛傾向

戊申男性の恋愛傾向は、その人が好きという感情よりも恋に恋する自分自身が好きという非現実的な傾向があります。 そのうえ、理想も高く相手がなかなか見つからないので恋愛経験は少なくなるでしょう。結婚後も相手に対して理想が高い分、注文が増えてしまい離婚、または別居しやすい傾向にあるので注意が必要です。

戊申の相性は?

戊申理想の恋人&結婚相手は「丙子」が相性抜群!

丙子は、人を輝かせる能力に長けています。しかし、丙子自体がそのことに気づいていないので嫌味がなく戊申を陰ながらサポートしてくれます。多少お天気屋なところがありますが、それくらいはご愛敬。そんなところも戊申をいつまでも飽きさせないでしょう。 [kanren postid="8469"]

「壬子」は相性が◎

壬子は、道を切り開く強さがあります。活発ではありますが、内面に弱さを持つ戊申にとって仕事関係や親友としては良い相性です。どちらも行動力があるのでたまにぶつかることはありますが、お互いが納得するまでぶつかればとても良い理解者となるでしょう。 [kanren postid="8788"]

「甲寅」は相性最悪!

甲寅には、戊申は自分とよく似た部分を感じます。甲寅の気持ちが手に取るようにわかりますが、それが逆に鼻につきシャクに触る相手となるでしょう。真面目で努力家な甲寅ですが、同じく真面目な努力家の戊申と張り合ってしまう傾向にあり衝突は免れない関係でしょう。 [kanren postid="7688"]

戊申の2017年運勢&総合運は?

戊申の総合運

2017年、戊申の総合運は今まで不調だったものが好調に変わってくる年です。悪い流れが良い流れに変わる時期に差し掛かっているといえるでしょう。 例えばトラブルが発生しても、今までならそのままトラブルに巻き込まれていましたが、2017年は運気の良さがそれを事前に回避、または苦労することなく乗り越えられる方向へと変えてくれます。自分では特に何もしていないのに不思議な感じがしますが、運気が良いほうに流れ始めるとそんな現象が起こりやすくなります。 今年は今までに蒔いた種の芽が出てきたと捉えましょう。それを育てるために何をすべきかを考えてください。

戊申の金運

戊申の2017年金運は上昇します。年始にはまだ運気の上昇を感じられなくても徐々に実感できるはずです。そして夏以降には大きな変化が起こるでしょう。 人とのつながりからもたらす金運が多いので、連絡はマメにすることを忘れずに。積極的に連絡先の交換をお願いするなどしておけば後々良い話が舞い込む予感です。

戊申の恋愛運

恋愛においても良い変化が期待できる戊申の2017年です。しかし、ここで注意することは良い相性が必ずしも自分の理想の人ではないことです。あまりに理想を追い求めすぎて、良い相性の相手を逃してしまっては良い運が逃げてしまいます。 良い相性の人は、あなたの感性に触れるものを持っている可能性があります。とりあえず、友人として付き合ってみると良いでしょう。

戊申の仕事運

戊申の仕事運は、とても明るい兆しが見えます。今まで感じていたプレッシャーから解き放たれて、本来のあなたらしさが出た仕事をすることができるでしょう。その結果、周囲からの信頼も得ることができ、あなたのスキルはアップします。 ただし、注意することがあります。のりにのってるときにはその状態を維持するために無理をしても仕事をしてしまいがちです。しかし、こんなときこそ適度な休暇を取ってください。

戊申のまとめ

戊申は、内面に繊細な気持ちを秘めている感受性の強い人です。しかし、芯は強く自分を曲げない人でもあります。そんな戊申の2017年は、今までの努力が実るために良い運気の風が吹くでしょう。 花を咲かせるためにはまだ気を抜かずに変わらぬ努力を続けましょう。そうすれば、2017年はきっと素敵な一年が約束されますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。