Middle %e8%be%9b%e6%9c%aa

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした、人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。 人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため、四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。 十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「辛」の意味

辛は十干の八番目、陰陽五行説では金性の陰に当てはまります。この字は、受刑者に入墨をするための針を表す象形文字。痛い、辛いといった意味合いを持っています。 また、小刀を表す象形文字で、刀で切り取るという意味合いを持つという説も。植物の成長になぞらえると、成長した植物を刈り取る時期を表しています。 金性の陰が表すのは、宝石や砂金などの加工された金属。堅くて頑固、周囲に流されず意志を貫き通すタイプです。宝石のように、気高く自意識の高い人が多いでしょう。

十干支の「未」の意味

未は十二支では八番目にあたり、陰陽五行説では土性の陰に当たります。季節は夏、月は6月、時刻は13・14・15時、方角は南西を表します。 この字は、木の枝が繁茂している様子を表しているという説と、まだ伸びきっていない未熟な木の枝を表しているという説があります。植物の成長になぞらえると「果実が熟しきっていない成長途中」「これから熟し、渋みが増してくる時期」と考えられています。 温和で控えめ、人のためになることをしたいという情にあつい人。気品があり、誰からも好かれる社交的なタイプです。

辛未女性の性格は?

控えめだけれど気高い

宝石を表す金性の陰「辛」と土性の陰「未」を併せ持つ辛未女性。例えるならば、「土の中に埋もれる宝石」です。 地味で控えめ、忍耐強くコツコツ努力家ですが、それは泥臭いということではありません。むしろその姿は気高く、ちょっと近寄り難いほどスマート!また平和主義で穏やかなので、「大人な女性」という印象を持たれるでしょう。

実はワガママな女の子

「大人な女性」という表面とは裏腹に、仲良くなってくると徐々に「ワガママ少女」が顔を出してきます。実は芯が強く頑固、何でも思い通りにしないと気が済まないという一面があるのです。 ぱっと見は穏やかで母のように懐深く、「癒されたい」と思って近付いた人も、実は「妹」のようだという事実に驚くことが多いでしょう!とは言え、上手に人を頼り甘えられるので、悪い気はしないはずです。

隠れたボランティア精神

人のためになることをしたい未を持つ辛未女性は、実は奉仕の心を持つ人。ボランティアを進んで行うタイプです。気高くスマート、そしてワガママな面からは、想像しにくいかもしれません。辛未は宝石を地中に隠し持っているため、美しい面がなかなか目立たないのでしょう。 頑固に自分を通すことをやめれば、自ずと真の心の美しさが知れ渡っていくはずです。

辛未男性の性格は?

オシャレでクール

宝石を表す金性の陰「辛」と土性の陰「未」を併せ持つ辛未男性。例えるならば、「土の中に埋もれる宝石」です。普段は大人しく地味、派手な行動をとって目立つタイプではありません。けれどその控えめさこそ、辛未男性の気高さ! 落ち着きがありクール、そして物静かで気品があります!さらに辛を持つ男性は、オシャレなのも特徴。洗練されたスマートな雰囲気で、隠れファンも多いことでしょう。

控えめでつかみどころがない

気高くオシャレ、近寄り難そうな印象の辛未男性ですが、接してみると意外と気さくでフランク。誰からも万遍なく好意を持たれます。それなのに、特定の友人がなかなかできない人も多いようです。 それは、辛未男性があまりに平和主義で事なかれ主義のため、他人に心を開かないから。ニコニコしていながらも、人とは一定の距離を保ちます。それが礼儀正しくスマートにも見えるのですが、控えめすぎて「つかみどころがない」と感じられることも。

影の実力者

芯が強い金性の陰「辛」を持つ辛未男性は、内面はとても頑固!さらに土性の陰「未」は、好き嫌いが激しく気性激しい一面も持っています。控えめでアッサリしているように見えて、実は情熱あふれる人です。 大人しく自己主張をしないので、決断力や判断力がないと思われがち。けれど実は頭の回転が早く、有能な人が多いのも特徴です。リーダーを影から支え支配する、真の実力者なのです!

辛未の恋愛傾向は?

辛未女性の恋愛傾向

気高く大人、オシャレな印象の辛未女性。さらに控えめで穏やかなので、「守ってあげたい」と思う男性からのアプローチが後を絶たないでしょう。けれど心を開くに従い、甘えん坊な面が目立ってくるはず。ワガママを言い過ぎず、控えめに可愛く甘えるのがポイントですよ。 実は家事など細かなことが苦手だったり、人との付き合いもマイペースだったりするため、家庭に収まるのは性に合いません。独身を貫く人が多いのも辛未女性。結婚しても、仕事に集中するべきです。焦らず、良さを認めてくれる相性の良い男性をじっくり見極めるようにしましょう。

辛未男性の恋愛傾向

辛未男性の恋愛のキーワードは「慎重、堅実、誠実」。外見よりも誠実で真面目な人柄を重視し、じっくりとパートナー選びに時間をかけます。駆け引きや軽い遊びなどは、もってのほか!常に女性には真面目に接するでしょう。 大人しく見えて実は支配欲が強い人ですので、彼のリードを喜んで受ける、素直な女性が似合います。

辛未の相性は?

恋愛・結婚の相性が最高なのは壬午(みずのえうま)

「壬」の海のような懐の深さと「午」の明るさを併せ持つ壬午。根っから明るく素直、熱しやすく冷めやすいという天真爛漫さも持っています。 人を支え引っ張りたいという思いの強い辛未は、ちょっぴり危なっかしい壬午を、ずっと支えていきたいと感じるのです。

相性が良いのは丙午(ひのえうま)

「丙」も「午」も火性の陽、そんな二つを併せ持つ丙午は、まさに燃える灼熱の太陽のような人。力強く明るく、周囲を巻き込む存在です。 控えめな辛未とはある意味正反対ですが、内に秘めた情熱にシンパシーを感じます。お互いに認め合える良いライバルとなれるでしょう。

相性が悪いのは丁丑(ひのとうし)・辛丑(かのとうし)

土性の陰「丑」を持つ丁丑、辛丑。丑はおっとりと穏やか、大人しいけれど芯の強い人です。そして「丁」も「辛」も、何ともマイペースで独特の個性を持っていいます。 実はワガママで人をリードしたい辛未にとって、奥深く自分の世界を持つ丁丑と辛丑は、うまくやれない相性なのです。

辛未の2017年運勢は?

総合運

2017年は、最高の幸運が味方する1年です。特に今まで何かをコツコツと続けてきた人にとっては、「満を持して」といった環境になります。自分のテーマとしてきたことが、ついに完成されるのです。 もちろん、これから何かを始めるのにも良い時期。この1年はパワフルで、ちょっとした失敗も跳ね返してしまいます。恐れずに、何でも挑戦してみましょう。

金運

金運も最高の1年です。特に今まで頑張ってきた成果が、価値あるものとしてかえってきます。それは、ある意味「偶然」のような形かもしれません。投資がうまくいったり、人との縁によって引き寄せられたリ。けれどそれは、今までの自分自身の力で手に入れるものなのです。 交際費など出費はかさむかもしれませんが、思い切ってこれからのために使ってしまって正解です。

恋愛運

恋愛運だけは、少し停滞気味。仕事や交際などに忙しく、恋愛にまで首が回らないのかもしれません。2017年は、恋人とはいかなくても異性の友人が増える可能性があります。まずは友人として仲良くなるよう、心がけて。 カップルの人は、今までの数年間のお付き合いの成果が試されるとき。誠実なお付き合いをしてきたのなら、結婚の話が出るかもしれません。

仕事運

強運が味方し、驚くほどの躍進が期待できます。特に重大なターニングポイントが訪れる可能性が高く、例えば重要なポジションに昇進したり、転職や独立を果たすことになったりするかもしれません。 そのチャンスが大きければ大きいほど、プレッシャーに押しつぶされそうになるもの。けれど、2017年は体力も気力も充分なとき。思い切ってチャレンジを。

辛未のまとめ

金性の陰「辛」と、土性の陰「未」を併せ持つ辛未。「土の中に埋もれる宝石」のごとく、クールで控えめな印象の裏に人間らしさ、人のために尽くす美しい心を隠し持っています。 時折現れるワガママな面、リードしたがる感情をコントロールし、周りの人に心を開きましょう。そうすれば、本来の良さがもっと周りに知られていくはずですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。