Middle %e7%99%b8%e4%b8%91

INDEX

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に⽣まれた陰陽思想と五⾏思想が発展した「陰陽五⾏説」を ベースとした⼈間の恋愛や仕事や財産といった命運を占いになります。⼈が⽣まれた年、⽉、⽇、時を それぞれ「年柱」「⽉柱」「⽇柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った 占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

⼲⽀・⼗⼲⼗⼆⽀(六⼗⼲⽀)とは?

陰陽思想と五⾏思想が結びついたことにより、⼗⼲と⼗⼆⽀が組み合わさって⼗⼲⼗⼆⽀(六⼗⼲⽀、 天⼲地⽀)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に⼗⼲⼗⼆⽀があると思っていただけ たらと思います。⼗⼲は甲から始まり癸の計10個で終わり、⼗⼆⽀は⼦から始まり亥の計12個で終わ ります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が⼲⽀の終わりとなり、10と12の最⼩公倍数である60 が⼲⽀の数になります。

⼗⼲の「癸(みずのと)」の意味

癸(き、みずのと)は、十干の10番目であり、陰陽五行説では水性の陰に当てはまります。イメージされるのは静かな水の状態で、このことから癸の人はとても慎重で逆らうということはほとんどありません。流れに身を任せ、どんな状況にも適応することができます。
 

⼗⼆⽀の「丑(うし)」の意味

丑(うし、ちゅう)は十二支の2番目であり、陰陽五行説では土気の陰に当たります。季節は冬の終わり、月は1月、時刻は1・2・3時、方角は北北東を表します。じっくりと粘り強く、誠実に行動することを象徴しています。そのため丑年生まれの人は何事に対しても計画性をもち、辛抱強くじっくりと丁寧に取り組みますが、とても頑ななところがあり、自分の考えや意見を押し通すことがあります。

癸丑⼥性の性格は?

落ち着いている人

癸の穏やかな水のように、丑のじっくりと構えた姿のように癸丑の女性はとても落ち着いて行動しています。温和な人ですが、自分の気持ちを表現することはほとんどないので、落ち着きすぎていて何を考えているのかわからないこともあります。

人に優しい人

穏やかな性格で人に優しく接することができる人なので、癸丑の女性は人から好感をもたれます。癸丑の女性は守りのタイプで自分のことはもちろんのこと、家族や友達など自分の大切な人のことを守ろうと常に思っています。人に優しい穏やかな性格はまわりまわって自分や自分の大切な人を守るための性格なのでしょう。

意志が強い人

落ち着いていて人に優しい癸丑の女性は自分の意思が強くないのではないかと思われがちですがそんなことはありません。しっかりとした信念を持っていてそれに基づいて行動をしているのです。特に大切な人を守るという信念はとても強く、癸丑の女性の性格は守ることが中心になっていると言ってもいいでしょう。

癸丑男性の性格は?

思いやりがある人

癸丑の男性は人にも自分にも正直なので、人に対して思いやりをもって接することができ、それは決して嘘ではないので人から信頼されます。

行動派

癸丑の男性は何か思いついたら即行動を起こします。事前に考えたり計画を立てたりということはほとんどなく、自分がよしと思ったことに対しては本能的に行動を起こします。

周りの人がどう思っているのか気になる人

行動派である反面周りの人がどう思っているのか気になってしょうがないのが癸丑の男性の特徴です。一見行動派の性格と矛盾しているように思えますが、自分がよしとする物事の判断基準に周囲の人の反応も含まれてるのでしょう。そのため、行動を起こしたことに対して周囲の人も好意的に受け入れてくれることが多いようです。

癸丑男性&⼥性の恋愛傾向は?

癸丑⼥性の恋愛傾向

一見すると物静かで控えめですが、心に強い信念を持っているのが癸丑の女性です。そのため、相手の男性にも自分の意思をしっかりと持っていることを求めます。さらに癸丑の女性は束縛されることを嫌うので、自由にさせてくれる男性を好みます。癸丑の女性は人目を気にするので、一緒にいる男性に求める条件も厳しいものといえるでしょう。

癸丑男性の恋愛傾向

癸丑の男性は自分の直感を大事にして常に行動を起こし努力を怠りません。そして、人目を気にする性格なのでその努力を誰かに認めてもらえることを求めています。癸丑の男性に見合う女性は、努力を認め、きちんと評価をしてくれる人と言えるでしょう。

癸丑の相性は?

理想の恋⼈&結婚相⼿は「戊子(つちのえね)」

戊子の人は何事にも動じることなく、常に冷静に行動することができます。直感で思いついたら即行動の癸丑の人にとって戊子の人は不足している部分を補ってくれる大切な人なのです。戊子の人からすれば癸丑の行動力はとても魅力的で戊子の人にはないことなので、お互い不足部分を補ってくれる存在です。

「丁酉(ひのととり)」が相性抜群!

丁酉の人は癸丑の人と同じく行動派です。そのあとどうなるかということは考えません。後先のことは考えずに行動するものの、トラブルシューティングも上手なので癸丑の人と良く合います。

「戊戌(つちのえいぬ)」は相性最悪!

戊戌の人は負けず嫌いで神経質。口うるさく、自分が一番だといつも思っているところがあります。いつも誰かと一緒にいることが多く、複数の人が集まるところではリーダー的な存在になります。束縛を嫌い、自由に行動している癸丑の人とは正反対の性格で、相性はよくありません。

癸丑の2017年運勢&総合運は?

癸丑の総合運

今年はこれまでに培ってきたものが結果を出すでしょう。金運や恋愛運、仕事運どれを見ても今年は発展の年となることが期待できます。自分を信じて前向きに行動をしてみましょう。行動をおこすことで忙しくなることもあるかもしれませんが、立ち止まって考えるのではなく、流れに身を任せるのが大事です。

癸丑の⾦運

浪費はいけませんが、お金に固執せず有意義に使うことで金運がアップします。習い事や資格取得など、自分磨きのためにお金を使うのがベストでしょう。自分磨きに使ったお金は将来良い形で戻ってくるので、惜しまないようにしましょう。

癸丑の恋愛運

運命の人との出会いがあるかもしれません。いろいろと人生を考えるきっかけが恋愛の中から生まれる可能性があります。運命の出会いはひとりとは限りません。しかし、どの出会いにも順位をつけられなくらい真剣なので、複数の人との出会いに迷いが生まれるかもしれません。こういう時こそ衝動的な行動は禁物です。目の前にいる相手が本当に相性のいい相手なのか、将来のことを考えてしっかりと見極めることが必要です。

癸丑の仕事運

とても忙しく充実した1年になります。今までの成果が実ることも多いでしょう。自分がこれまで取り組んでいたことへの頑張りを信じて行動を起こしてみましょう。ただし、単独プレーはほどほどに。周囲の人々と協調性を持って行動をすることで、好意的にサポートを受けることができるでしょう。

癸丑のまとめ

いかがでしたか? 明るくて行動派の癸丑の人は人から信用されることが多く、頼りになる存在です。2017年は持ち前の行動力が運気をプさせてくれそうです。自分を信じて行動を起こしてみましょう。癸丑の人は人に優しくすることも自然にできるので、きっと応援してくれる人もあらわれます。自分の力と周囲からのサポートによって、飛躍の年となるでしょう。  

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。