今回は四柱推命の一種である干支(六十干支、十干十二支)の「乙丑(いっちゅう)」の性格、相性、運勢を見ていきます。乙丑男性や乙丑女性の性格やどの干支と相性が良いのか必見です!

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「乙」の意味

乙丑は、木性の陰の「乙(きのと)」と、干支の「丑(うし)」が重なって成立している2番目の干支です。この乙は、十干の中では甲に続く2番目を意味する漢字です。二つの内のどちらが1番かを判断する時に「甲乙つけがたい」とも表現します。邦楽の世界では、通常の高さの「甲」の音に対して一段低い音を「乙」と表します。江戸時代には「乙」の音は変な音と言われていたが、明治時代になると「シャレている」とか「趣がある」という意味で使われるようになりました。最近のネット用語では、「乙」の一文字で「お疲れ様!」という意味でも使われているようです。

十二支の「丑」の意味

丑は、干支の中では2番目の位置にあります。丑は牛(うし)を意味し、陰暦の12月に当たり、陰陽五行説では土性の陰で、季節は冬、月は12月、時刻は1時~3時、方角は北東微北を表します。丑は、漢書によると「紐(ちゅう)」で「ひも」「からむ」の意味です。紐の漢字は、「糸」と「ねじる」「曲げる」を意味する「丑」から成り立っています。干支に割り当てられた牛の意味は、畑を耕す時にはその力を借りて、その肉は食料に使われるなど、人間にとっては大切な動物です。乙丑の干支は、粘り強さと誠実さの象徴となっています。

乙丑女性の性格は?

社交的でない

乙丑の女性は、穏やかな性格でおっとりしています。人見知りするタイプで、必ずしも社交的ではないようです。陰陽五行説での丑は冬の土性の陰なので、寒い大地で春を待つ辛い性格です。生活面でも地道に粘り強く生きていく性格でもあります。華やかな表舞台には出て行かない裏方の仕事を好み、社交的な振る舞いは苦手なようです。

鋭い観察力

乙丑女性は控え目な性格で、仲間と共に先頭グループで活動することはほとんどありません。しかし、細かいところまで気配りできる人で、観察力や洞察力に優れているのです。一歩下がっていますが、後方から冷静な目で見つめて、人を見分ける能力は優れたものがあります。乙丑女性は、鋭い観察力を備えています。

サポート役に向いている

いろんな場面でも、十分に気配りができるのが乙丑女性特有の性格です。そのために、実は日頃から情報を集めて、人一倍研究しているのです。自分の立場を理解して、今やるべきことは何かを良く考えることができる能力も持っているのです。そのために、準備も怠りません。縁の下の力持ちのような働きが得意です。信頼も厚くて、参謀のようなサポート役に向いているのです。

乙丑男性の性格は?

専門的な知識が豊富

乙丑男性は、好き嫌いが激しいので、他人には厳しい性格です。他人の仕事にもよく口を差しはさみます。手抜きの仕事や中途半端な情報には満足しない性格です。そのために、専門的な知識もコツコツと独学で学び、仕事仲間とも意見交換することも得意です。他人の領域にまで口を挟むことができるほど、専門的な知識が豊富なのです。

堂々と意見が言える

乙丑男性は、穏やかで地味な印象を与えますが、本音は華やかさを好む性格です。他人に対しても、堂々と意見が言えるのです。人との駆け引きもうまく、知識も豊富なのでいつしか相手を納得させてしまう性格です。ただ、テンションが高くなると、口調も激しくなり相手に悪い印象を与えてしまうこともあるのです。

裏方の仕事も全力投球

自分が納得すると、裏方の仕事でも全力で対応する性格です。実は、頑固でプライドが高いのです。周りの人から、無理だと言われると、逆に発奮するのです。土性の陰の特徴とも言えます。日陰を苦にしない性格なのです。裏方の仕事も全力投球するので、仕事では上司の信頼は厚いのです。

乙丑男性&女性の恋愛傾向は?

乙丑女性の恋愛傾向

乙丑女性は、感情的に豊かで芸術性にも優れています。自分では気付かないのですが、仕草も繊細で女性の色気も感じさせるのです。異性と話す時に、瞳を輝かせて相手を見つめる仕草は、少女のような印象を与えるのです。乙丑女性は、忍耐強いことから、好きになった相手にはトコトン尽くしていく性格です。一途な恋に発展していくことも多くなります。

乙丑男性の恋愛傾向

乙丑男性も、物腰が柔らかく人当たりも良い性格です。忍耐強く裏方の仕事が得意だと自覚しているので、派手な態度は取らない性格です。乙丑男性は、恋愛にもどちらかというと奥手で、自分から好きな異性にアプローチすることは少ないようです。友人や仲間に異性を紹介されると、二人きりで慣れてくると素直に会話もできるのです。社交的には向いていない性格ですが、結婚すると家庭内では亭主関白になるようです。

乙丑の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「甲子(こうし)」

甲子は、60の干支の1番目と説明しましたが、これは物事の始まりの意味で、古い慣習を見直して新しい時代を作っていく宿命の干支なのです。恋愛でも素敵な相手を見つけると、他の人に負けないよう目標めがけてまっすぐに進んでいく性格なので、丑(牛)のように忍耐強く真面目な性格の乙丑とは相性が良いのです。

「庚子(こうし)」が相性抜群!

庚子は、金性の陽の庚(かのえ)と、冬の干支の子(ね)が重なって成り立つ干支です。庚の意味は、刀のような堅い金属をイメージしています。子は水性の陽で金属を錆びさせる作用があるため、庚と子は相対する性格のアンバランスな関係ですが、大変活性な干支です。この活発で地道な努力家の庚子の性格は、同じく忍耐強い真面目な性格の乙丑とは相性が良いのです。

「癸未(きび)」は相性最悪!

癸未は、水性の陰の「癸(みずのと)」と土性の陰の「未(ひつじ)」が重なってできている20番の干支です。未の季節は陰暦6月の夏で、癸未は母性を感じられる性格です。大地に水をまいて植物を育てるように、人を育てるのも得意な性格です。ただ、興味のある異性を育てることにも得意で、異性との話題が絶えないようです。これと決めたら一途な乙丑の人にとっては、浮気っぽい軽い性格と見られるため、癸未と乙丑とは相性が合わないようです。

乙丑の2017年運勢&総合運は?

乙丑の総合運

乙丑の性格は、養分を蓄えて寒い冬をしのぎ、暖かい春を辛抱強く待つ土のような性格とも言えます。コツコツと下積みの努力を重ねて栄養を蓄えてきたので、いよいよ芽を出して枝葉を広げる時期に来たようです。2017年は、何かのキッカケで運勢が上昇する気配の年です。

乙丑の金運

乙丑の人は、しっかりした金銭感覚をもつ特徴があります。普段から、無駄な支出や浪費を嫌い、常に倹約を心掛けています。2017年は、日頃の地道な努力で仕事も恋愛も好調に推移し、貯えも増えていきます。晩年は、地位が上がるに連れて金運も安定していきますので、今年はそのスタートとなる大事な年です。

乙丑の恋愛運

乙丑の人は、異性に対しては少し奥手で、恥ずかしがり屋的な面があります。口もそんなにうまくないので、異性へのアプローチが苦手ですが、紹介してもらった相手と親しくなると、アナタの性格も理解されて恋愛も発展していきます。ただ、慌てないで取り組んでください。早婚は避けて堅実に考え、むしろ晩婚の方が祝福されるでしょう。

乙丑の仕事運

乙丑の人は、仕事に取り掛かるまで慎重です。仕事の内容について、じっくり思考するタイプです。途中で予想外の事態に遭遇して倒れないように、慎重に計画とシミュレーションを重ねます。しかし、いざスタートすると、きちっと成果を出すことは間違いありません。2017年も、安定した成績を残すことでしょう。ただ、スピードを要望される仕事関係には、向いていません。

乙丑のまとめ

乙丑は、粘り強く堅実に進んでいく性格です。派手さはないのですが誠実さは十分備わっています。仕事も、縁の下の力持ちというように、脇役が得意なのです。大きなプロジェクトでも、リーダーよりは参謀の立場が似合うのです。結婚すると、乙丑の女性は相手のサポート役に徹して、夫婦円満な家庭を築き、将来は地位と財を掴む運勢です。2017年は、そのスタートの年と言えます。

記事が気に入ったらシェアしてね!