Middle %e7%94%b2%e8%be%b0

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「甲(こう)」の意味

甲辰(こうしん)は、十干の木性の陽の「甲(きのえ)」と、干支の「辰(たつ)」が重なって成り立っている41番の干支です。「甲」は十干では1番目で五行は木性で陰陽は陽を表しています。「甲」はカニやエビ、亀の甲殻類の生き物の堅い外被を意味します。亀の背中は甲らとも呼ばれます。また、十干の甲、乙、丙などは順番を意味する1、2、3に相当し、甲は1番目で乙は2番目に相当します。契約書にも、「甲は~」、「乙は~」、というように区別に使用されるので、なじみ深い文字でもあります。

十二支の「辰(たつ)」の意味

「辰」は5番目の干支で龍(りゅう)を意味し、陰暦の3月に当たります。陰陽五行説では土性の陽で、季節は春、月は3月、時刻は7~9時、方向は南東微北を表します。辰は、漢書によると振(しん)のことで、「ふるう、ととのう」の意味です。草木の姿が整ってきた状態を表しているのです。この干支を覚えやすくするために、神話に出て来る龍が当てられました。大空を駆け巡る辰(龍)は、干支で唯一の架空の動物です。龍は力強く大きなエネルギーを秘めた動物で、存在感と行動力に圧倒される干支です。

甲辰女性の性格は?

感性に優れる

甲辰の女性は、芸術性に優れて感性豊かな女性です。性格的には素朴な感じで、他人の言葉を信じやすい傾向にあります。ありのままを大事にして自然を愛する性格です。社交性については普通ですが、会話をする時も決して相手を刺激するような言葉は選びません。人には逆らわず、その場の雰囲気を和らげる存在です。

精神的に強い

甲辰の甲の性格の通り、硬い甲らに覆われたような強い意志を持っています。何が起こっても平然としており、多くの修羅場を越えて来たような雰囲気があるのです。無理難題を突き付けられても、龍のごとく強いパワーで解決してしまう運勢を持っているのです。しかも、天空を駆け巡るように、素早く対応してしまう能力を持っています。しかし、欠点もあるのです。それは、異性に対する免疫が足らないのです。恋愛に無頓着で、思わせぶりな態度を取ってしまい、相手に誤解され易いので、異性には注意が必要です。

自立心が強い

甲辰の女性は、芯が強く負けず嫌いなところもあります。他人に頼むよりは、自分でさっさと処理してしまうことも多いようです。それと、龍は大空を好き勝手に飛び回る性格ですから、束縛されることも大嫌いです。世界の隅々まで知り尽くしたような、グローバルな考えも備えています。若い時から自立心が強いのです。

甲辰男性の性格は?

先輩を尊敬する

辰は土性の陽(太陽)ですから、大地にどっしりと根を下した安定感のある性格です。根から枝葉も成長して緑豊かな草木に整えます。広大な自然を大事に敬う性格で、信仰心も厚いのです。両親や先生、先輩を敬う意識も強く、自分より優れた人や先輩を尊敬する性格なのです。

恵まれた素質

甲辰男性の性格は穏やかで、社交性はよくありません。精神的には、甲らのような堅い外被で覆われているので、頑固でプライドが高いところもあるのです。甲辰男性は、目立たないところで、ひとりでコツコツと努力を重ねていく性格です。心を開いた親友とは、楽しく会話も弾み、楽しく過ごすこともできます。甲辰男性は、能力的には恵まれた素質を持つ穏やかな性格です。

着実に成長

甲辰男性は、控え目で消極的な性格です。しかも、生まれ持っている恵まれた才能のため、他人に力を借りなくてもしっかり仕事を完遂することができるのです。大地から生え出た草木が自然に整うように、アナタの仕事や恋愛についても、成長していく過程で整っていく運命なのです。着実に成長して成果が上がっていきます。

甲辰男性&女性の恋愛傾向は?

甲辰女性の恋愛傾向

甲辰女性は、いつも控え目で先頭に出てこない性格です。しかし、後方からしっかりと見つめているのです。物腰も柔らかく、丁寧な口調で話をします。こちらから聞かないと答えてくれません。そんな甲辰女性なのですが、実は男性陣からは人気があるタイプです。その理由は、あどけない表情で男性に甘えるような瞳で相手を見つめるからです。男性を虜にする色気も備えているのです。

甲辰男性の恋愛傾向

甲辰男性は、女性を楽しませるテクニックはあまりないようです。人前では口数も少なくて慎重なので、女性を口説くということは下手なタイプです。何かのきっかけで打ち解けて話す機会が増えると、口数も増えて楽しく会話に加わります。人見知りするような感じです。だから、甲辰男性は自分で恋愛対象の女性を探すよりも、友達か知人に紹介してもらうことが賢明です。

甲辰の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「甲子(こうし)」

甲子は、60種類の干支の中の1番目なのです。先頭を走るという宿命を背負っているのです。先頭に立つということは、一番目立ってしまうのです。女性なら容姿端麗で、男性なら性欲絶倫のワンマンです。甲辰の人も、同じように十干の先頭に位置する甲の性格を引き継いでいるのです。甲辰も甲子も、どちらも先頭を走る運勢に導かれるので、甲辰と甲子は相性が良いと思います。

「己酉(きゆう)」が相性抜群!

己酉は、土性の陰の己(つちのと)と、秋の干支の酉(とり)が重なり合った干支です。 己酉は秋の大地をイメージしますが、農作物の収穫を終えて翌年までに栄養を蓄える準備をしています。収穫が終わったので、しずかに時を待っている状態です。あまり無駄口をたたかずにジッと出番を待っている状態でもあります。甲辰のアナタもジッと耐えて密かに努力する性格です。甲辰も己酉も、どちらも才能を秘めながら出番を待つ性格は同じで、甲辰と己酉は相性も良いことでしょう。

「壬戌(じんじゅつ)」は相性最悪!

壬戌は、水性の陰の壬(みずのえ)と、秋の干支の戌(いぬ)が重なって成り立っている59番の干支です。壬は大河や大海を意味し、大河を流れる水は洪水で氾濫したり自由奔放に暴れ回る性格です。壬戌の人は、自由奔放で束縛を嫌う性格なのです。これは、おとなしくてありのままに生きている自然な性格の甲辰とは、タイプが異なるようです。甲辰と壬戌とは、相性が悪いようです。 [kanren postid="8842"]

甲辰の2017年運勢&総合運は?

甲辰の総合運

甲辰の2017年の総合運は、新しい仕事や新しい恋人、人脈に恵まれる年です。干支の辰の性格から、地上に芽が出て草木が成長し整うような状況になるのです。当面は、慣れないことが続きどうしたら良いか困ってしまうこともありますが、その時には周りの人達がカバーしてくれるのです。新しい人脈を大事にして交流を深めていてください。困難を乗り越えたところには、素晴らしい世界が開けるはずです。

甲辰の金運

甲辰の2017年の金運は、今年後半に開けてくるかも知れません。今までは、財布は甲の堅い殻に守られていましたが、今年前半の目先の事情によって浪費気味で来たようです。新しい人との交際費など増えていませんか?忙しく動き回っていたようですが、一度手を止めて考える時間を作ります。後半から仕事が順調に回りますから、金運も開けてくるでしょう。

甲辰の恋愛運

甲辰の2017年の恋愛運は、波乱に満ちた年になります。というのも、総合運で書きましたが今年はたくさんの人脈ができる年です。そのため、刺激的な恋愛が続きます。多様な種類の人との出会いや別れがあるのです。その中に、きっと甲辰のアナタが気に入るお相手が現れてくると思います。辰の方角である南東からの恋愛は大事にすることです。

甲辰の仕事運

2017年の仕事運は、すこし苦労が多いようです。難題も増えるし無駄な仕事に追われることも起こります。今年は、多くの人脈ができる年でもあり、今は無駄になるかも知れませんが、今年後半に役に立つことも起こり得るかも知れません。できるだけ多くのパートナーを作り、いざという時には協力を頼むことです。今年後半は、仕事も順調に回転することと思います。

甲辰のまとめ

甲辰のアナタは、2017年は勢いもあるので、仕事に恋愛にと多忙な日々が続くことでしょう。いつもは慎重なアナタが、つい手を抜くか中途半端な決断を下し、後で反省をすることもあるようです。これまでにない新しいことが続く年ですから、焦らずにチャンスをうまく利用すれば素晴らしい年になるでしょう。チャンスが来た時の、アナタの決断が求められる年です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。