INDEX

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした、人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。

人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため、四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。

十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「壬」の意味

壬は十干の九番目、陰陽五行説では水性の陽に当てはまります。糸を巻く糸まきの象形文字から来ていて、そこから「腹がふくれる」、「収穫して蔵がふくれる」という意味合いがあります。芽を出そうと膨らんでいる植物のイメージも。そのイメージ通り、食べることが大好きな、のんびり屋さんが多いのが特徴です。

また、壬が表すのは、大河や大海のイメージになります。流れる水のように自由で縛られない、穏やかさを持つ人です。

十干支の「申」の意味

申は十二支では九番目にあたり、陰陽五行説では金性の陽に当たります。季節は秋、月は7月、時刻は15・16・17時、方角は南西を表します。

「申」という字は「電光(稲妻)」を表す象形文字。まっすぐに伸びきると言う意味を持っています。また、日本では稲妻は、稲の成熟をもたらすと言われています。

植物の成長になぞらえると、作物は伸びきり、果物は熟し固まっていく状態を表しているのです。申の人は、猿のイメージ通り賢くて器用、臨機応変。行動的な人が多いのが特徴です。

壬申女性の性格は?

社交的な人気者

海を意味する壬と、秋を表す申の性質を併せ持つ壬申女性。美しく輝く初秋の海のように、第一印象は聡明でどこか冷たいイメージを与えます。

けれど、申の明るく人懐っこい性質も強く、実は社交的!おしゃべりで、いつも周りを明るくしようとするムードメーカーです。自然と人に愛される、生まれつきの人気者と言えるでしょう。

負けず嫌いで男勝り

猿は、とても頭が良い動物ですよね。壬申女性もそのイメージ通り、聡明なのが特徴です。そして実は、負けず嫌いで勝ち気!男勝りなところがあり、常に努力を惜しまない女性です。

ときに口うるさくなったり、周りを巻き込んでしまったりすることも。けれど、普段から明るく楽しい壬申女性ですから、みんなついついそのペースに巻き込まれてあげてしまうようです!

神経質

人が支えてあげたくなる魅力の壬申女性ですが、本当は自分から人に頼ったり甘えたりするのは大の苦手。明るく見せていても、神経質でナイーブな内面を隠し持っているのです。

ですので、ストレスを溜めやすく、体を壊してしまいがち。大らかで信頼できるパートナーを見つければ、うまくやっていけるようになるでしょう。

壬申男性の性格は?

能力に恵まれた人

壬申男性は、才能にあふれ優秀な人が多いのが特徴です。聡明で臨機応変、頭の回転が早いはず。また、金性である申は、冷静に物事を見極める鋭い観察眼を持っています。ですのでミスが少なく、スピーディーに仕事をこなしていけます。

海の「壬」と秋の「申」の性質を持ち、「美しく輝く初秋の海」のイメージである壬申男性は、見た目もクールでスマート。女性にモテてしうのも頷けます。

社交的でお調子者

聡明でスマートな印象の強い壬申男性ですが、申の明るさ、人懐っこさも持ち合わせています。おしゃべりで、とても社交的!常に周りに人が集まる、人気者です。

ときに「お調子者」「軽い」とも捉えられますが、それは頭の回転が早く判断力があるため。さらに行動力もあるので、物事に見切りをつけたらすぐに辞めてしまうからなのです。

軽くて頼りない

有り余る能力に恵まれている壬申男性ですが、神経質で心配性な一面があるため、ここぞというときには頼りなくなってしまいます。また、チョコチョコ動き回る猿のように、ドッシリと構えていられないところも。

なので誰か懐の深い人の隣にいて、片腕として働くことができれば、その才能をいかんなく発揮できるようになるでしょう。

壬申の恋愛傾向は?

壬申女性の恋愛傾向

「美しく輝く初秋の海」のイメージの壬申女性。知的でクール、女性らしさにあふれた外見の人が多いでしょう。さらに明るく社交的ですので、黙っていても恋多き女性になってしまいます。そのままで、誰からも愛される女性です。

ただし、気が強く負けず嫌いの面が出てしまうと、パートナーに指図をしたり、自分のペースに巻き込んだりしてしまいがち。心に余裕を持ち、一歩引けるようになれば、さらに愛されます。

壬申男性の恋愛傾向

壬の表す大海のように、包容力があり深い愛情を注ぐ壬申男性。社交的でスマート、頭も良く人気者ですから、そんな彼から一途に愛される女性は幸せ者でしょう。

ときにチョコチョコと頼りなく、自己中心的になってしまうことも。そんなときに、ドッシリと彼を包んであげられる、強い女性が似合います。

壬申の相性は?

恋愛・結婚の相性が最高なのは戊子(つちのえね)

土性の「戊」と冬の「子」を併せ持つ戊子は、まさに真冬の山のイメージ。厳しい環境でも動じずひるまない精神力、落ち着きが特徴です。

明るく社交的、内面に弱さを持つ壬申とはある意味で正反対。お互いにないところを補い合い、支え合うことのできる二人は、人生のパートナーとしてピッタリです。

相性が良いのは丙子(ひのえね)

火性の陽の「丙」を持つ丙子は、太陽のように明るく正義感にあふれた人。さらに「子」の穏やかで懐深い性質も持ち合わせています。明るく楽しく意気投合でき、さらにここぞというときに支えてくれる丙子は、良き親友となれる関係です。

相性が悪いのは己酉(つちのととり)

土性の陰「己」を持つ己酉。頑固で一直線、寡黙にコツコツと物事に取り組む人です。努力家である点は同じですが、壬申はスピーディーに動き回り、軽い印象を与えます。まるで正反対の気質を持つ二人は、なかなか意見が合わず、相入れない関係となるでしょう。

壬申の2018年運勢は?

総合運

悩みが多く、試練の年となりそうです。けれどそれは、逆に言えば一回り成長できる良い年であるともとれます。何が起こっても落ち着いて、全力で対応するよう心がければ、最終的には素晴らしい結果を得ることができるでしょう。成果を焦らないこと。そして、一人で悩まず人に相談することがカギとなります。

金運

金運は、絶好調です!一年を通して不思議とお金に困ることがなく、さらに臨時収入など意外なところからお金が入ってきます。けれど、ここで傲慢になると運は逃げてしまいます。リスクのある投資は厳禁。自己投資など、手堅く将来に備えた使い道を選びましょう。

恋愛運

恋愛運に関してはモテ期に突入します。至るところで良い出会いが期待できる年。積極的に人の集まる場所へ向かうようにしましょう!

特定の相手がいる場合、2017年は相手の隠された一面が見える時期となります。それは、かなり意外な顔かもしれません。そんな相手を受け入れるかどうかはあなた次第。けれど、その問題を乗り越えたら、二人の愛は一層深まります。

仕事運

好調です。今取り組んでいる仕事は無事成功するはず。新しいスタートを切る場合も、問題なくスムーズに発展していくでしょう。とんとん拍子に事が運んで浮かれてしまうこともありそうですが、落ち着いてコツコツ努力する姿勢、周りの人への感謝も忘れずに。

壬申のまとめ

水性の陽「壬」と、金性の陽「申」を併せ持つ壬申。「美しく輝く初秋の海」のように奥深いクールな顔の裏に、明るく社交的、頭の良い申の顔を持っています。

人気者でよくモテる反面、ナイーブで頼りない面も。けれど経験を積めば、心の余裕や度胸は徐々に身に付きます。普段からそんな尊敬できる人と一緒にいれば、怖いものなしです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。