Middle %e5%b7%b1%e5%b7%b3

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、太古の中国が発祥の地で、過去・現在・未来から予見する運命学です。生年月日を四つの柱(年柱、月柱、日柱、時柱)に見立てて占うことから四柱推命と名づけられた占術です。 東洋の占術の中でも最も習得が難しく、その的中率と信頼性の高さから別名「運命学の帝王」と呼ばれているほどで、個人が生まれながらに持つ性格、能力、素質を陰陽五行説を基に後天的な運命までも予測することができます。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

四柱推命の元になるものが、陰陽五行説の思想による千支・十千十二支です。十干は(甲、乙、丙、丁、戊、庚、巳、辛、壬、癸)からなり、十二支は(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)からなります。 このふたつを合わせたものが六十干支といい、年、月、日をすべて組み合わせた数は60種類にもなります。一年は60年、一月は60ヶ月、一日は60日で一巡します。

十支の「己」の意味

十干の6番目己は、陰陽五行説の陰の土です。田園の湿った土を意味し、若芽が起き立つ時期にあたり草木を発育させることができます。人としては、繊細で規律に厳しく経済に富んでいますが気の小ささから疑う気持ちを強く持ってしまいます。

十支の「巳」の意味

十二支6番目巳は、陰陽五行説の陰の火です。主に研究や情熱を意味し、水が豊富な田んぼに良い稲を育てるために研究に余念がなく活動するといったことから体力も強い干支です。人としては、頭の良い象徴で考えることが得意。そのため教養ある人格が多いでしょう。

己巳女性の性格は?

明るく活発な頑張り屋

己巳女性は、明るくて活発なだけでなく、どんな逆境でもその中に自分なりの生きがいを見つけられ乗り越えられる素質を持っています。そのうえ、たとえ心労を抱えていても人前ではそれを決して顔に出さない配慮ができる人です。

派手に見えても実は倹約家

己巳女性は、いっけん雰囲気がゴージャスなので派手好みに見られますが、実際は真逆で贅沢をすることなどほとんどない倹約家です。ゴージャスに見えるのは、己巳がもともと醸し出す雰囲気がそう見せているだけで、本人は安易に世間の流行に流されることはありません。

お節介な世話焼き

己巳女性は、普段はそれほどやかましくはありませんが、親しい仲になれば親切心が強くなり、口うるさくなる傾向があります。しかも、結局取り越し苦労で終わることも少なくありません。基本的に親切で悪気はありませんが、意外に先走ってしまい失敗することあるので注意しましょう。

己巳男性の性格は?

頑固で律儀な正直者

己巳男性は、見た目穏やかでおっとりした印象です。人に対しては律儀で正直に接しますが、人から命令されたり頭ごなしに言われることを極端に嫌います。そのため融通の利かない頑固者と思われがちです。

集団の中では仕切りたがり屋

いっけん穏和な印象の己巳男性ですが、集団の中ではリーダーシップをとりたがる傾向にあります。このように何でも自分で仕切らないと安心できない性格が災いして、気づけば孤立していたなんてことも多々あるので注意しましょう。

真面目で誠実

己巳男性は、基本的に真面目で誠実な性格です。そのため、早くから親の援助を受けずとも自立してる人が多くいます。己巳男性は、それだけ自分に厳しく律することができる人ということですが、他人にも厳しいところが株を下げています。親切心からとはいえ、相手には伝わっていないようです。それよりも、相手の身になって考えられる寛大さを持てばなりたい自分に近づけるでしょう。

己巳男性&女性の恋愛傾向は?

熱しやすく冷めやすい

恋愛には興味津々で、好きになると夢中になりますが、ある程度相手を知ると冷めてしまう傾向にあります。そのため、相手がその気になったときにはもう遅く、自己満足型の恋愛といえるでしょう。そこからもう一歩踏み込むことができれば本当の恋愛に発展します。

感情を抑えすぎて伝わらない

己巳の人は、自分の感情を隠すのが得意です。そのため恋愛感情が相手に伝わりません。そのくせ相手には、愛情表現を求めたり、嫉妬するところが相手にはますます意味不明と思われます。

結婚はかかあ天下と亭主関白

己巳の人の結婚生活は、女性はかかあ天下、男性は亭主関白になりやすいです。これは、リーダーシップを取りたがる性格からですが結婚は相手がいることです。自分勝手で短気な面が強くなると離婚になりやすいので注意しましょう。

己巳の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「甲申」が相性抜群!

甲申は、己巳の性格をきちんとコントロールできる人です。賢い知恵と考え方で己巳が思う理想に導いてくれるでしょう。ただし、いい気になって甲申にまかせっきりでは上手くいくものもいかなくなります。たまには感謝の気持ちを伝えることが大切です。

「癸丑」は相性が◎

癸丑は、誰に対しても人当たりが良い印象で、いったん気持ちを開いた相手に対しても必要以上に図々しく踏み込みません。そのため、己巳の自尊心を傷つけることもなく己巳は一緒にいて楽に感じます。しかし、それをいいことに癸丑を放置していると猛反撃されることもあるので注意しましょう。

「己亥」は相性最悪!

己亥は、プライドが高く人に合わせるのが苦手な性格です。性格的に己巳と似ているところが多いのでぶつかりやすいでしょう。人との関りについては己巳はリーダーでありたい人ですが、己亥はそもそも孤独を愛するクールな人。この二人が上手くいくことは難しいといえるでしょう。

己巳の2017年運勢&総合運は?

己巳の総合運

2017年の総合運は良好で運気が上昇する暗示です。しかし、だからといって何事も上手くいくとは限らないので注意してください。悪い運を避けるためには人を思いやる行動をとりましょう。例えばボランティア活動などがおすすめです。なぜなら、人の役に立つ行いは悪い運が浄化されるからです。

己巳の金運

2017年、金運に関しては安定しているでしょう。というのは、仕事運が良いので黙っていても収入が増える可能性があるからです。ただし、入ってくる分出費も多くなります。しかし、これは後で生きてくるお金です。惜しまずに気前よく出しましょう。

己巳の恋愛運

2017年、己巳の恋愛運は安定しているでしょう。ただし、本気で恋人が欲しいのなら積極的に出会いの場所を探す努力が必要です。特に、連休などの人手の多いときがねらい目です。すでにパートナーがいる人は、アウトドアのデートがマンネリ化を防ぎ運気をあげてくれるのでおすすめです。

己巳の仕事運

2017年の運勢では仕事運が最高に飛躍します。しかもこの運気は今年だけではありません。今年は来年大きくスキルアップするための準備期間だと思ってください。まずは、今までの仕事のやり方を見直しましょう。もっと要領よくできるやり方がきっとあるはずです。また、自分自身の体のメンテナンスも忘れずに。せっかく巡ってくる幸運も健康じゃなければ無駄になってしまいますよ。

己巳のまとめ

いかがでしたか?己巳は、少し我が強く自尊心が強いところがあるようです。しかし、それは欠点ではありません。ほんの少し相手の気持ちを考慮することができれば、それも長所に変わるからです。そのためには、まず自分を知ることがその第一歩です。そうすることで自分に合った生き方をみつけられれば、今よりももっと幸せな人生をおくることができますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。