Middle %e5%b7%b1%e6%9c%aa

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十支の「己」の意味

己未は、十干の土性の陰である「己(つちのと)」と、干支の8番目の「未(ひつじ)」が重なってできている56番の干支です。己は、近年では「おのれ、じぶん」の意味を持つ漢字として知られています。己の漢字の成り立ちは象形文字で、糸を巻き付ける「糸巻き」を表しています。糸を巻き付けるように「選り分ける、おさめる」の意味があったようですが、最近ではその意味では使われなくなりました。干支の語源では、選り分ける、おさめるという意味です。

十二支の「未」の意味

「未」は8番目の干支で羊(ひつじ)を意味し、陰暦の6月に当たります。陰陽五行説では土性の陰で、季節は夏、月は6月、時刻は13時~15時、方角は南西南を表します。未は象形文字で、大地を覆う木に若い枝が生えた形なので、「若い、小さい、いまだ、まだ」を意味する漢字になりました。また、果実が熟して滋味(じみ:栄養豊富でうまい味)が生じた状態を表しているとされ、「味(み、あじ)」の意味もあります。己未という干支は、己も未も共に土性の陰で成り立っており、夏の土性ということで「砂漠の砂」のイメージです。

己未女性の性格は?

勝気な性格

己未は、優しくて人の世話をすることが好きな性格です。そこで、普段は地味であまり目立たない存在ですが、自分の意見はしっかり持っています。己未の土性は、自然界の土の意味で、実った作物を収穫する場所でもあります。いろんな作物を育てるために、苦労をいとわない勝気な性格が備わっているのです。己未女性は、勝ち気で頑固なところがあるのです。

面倒見が良い

己未女性は、相手との情報交換が得意です。これも土性の性質のひとつですが、土で作物を育てるために、必要な栄養を土と作物とで分け合います。これは対人関係でもお互いの運気も交換しながら成長していくのと同じです。他人の面倒見も良く、信頼されます。このことが、新しい異性や仕事との出会いに繋がるのです。

思い込みが激しい

己未女性は、己の干支の特徴であるいろんな情報を整理して、糸巻きのように選りわけておさめることも得意です。対人関係でも、多様な人を自分なりに選り分けて、自分に必要かどうかを判別するのです。その時に、独自の判断で選り分けますが、その時には他人の意見を聞くのが苦手です。そのために、時々思い込みが激しい時があるのです。己未女性は、少々頑固なところが短所と言えます。

己未男性の性格は?

負けず嫌いで頑固者

己(つちのこ)は、「おのれ」とも呼ばれ自己を大切にします。頑固な性格も、「おのれ、自分」を大事にするあまり、人の意見や助言、忠告を無視する時があります。他人からは、己未男性は、天狗になっているとも揶揄(やゆ)されることもあります。

真面目に取り組む

己未男性は、己と未の両方が揃って土性の陰であり、土地に対する執着心は半端ではありません。土地とは、今の仕事内容や生活のベースのことでもあり、仕事が変わったり生活が変化することには抵抗があるのです。新しい事へのチャレンジ精神は希薄です。しかし、今の生活には真面目に取り組むのです。

柔軟な思考の持ち主

己未男性は、生まれつきいろんな経験をしてきました。そのため、いろんな出来事も砂漠に水をこぼすように、たちどころに吸収して跡形もなく消してしまいます。己未男性は、様々な意見や困難も柔軟に処理できるのです。柔軟な思考の持ち主でもあります。

己未男性&女性の恋愛傾向は?

己未女性の恋愛傾向

己未女性は、開放的な性格で恋愛も積極的です。表情は穏やかですが、内面は勝気で負けず嫌いなのです。男性に対しても、自分が正しいと思うと、決してゆずりません。まして、命令口調で話し掛けたり傲慢な態度なら、恋愛は即座に挫折するでしょう。己未の女性が好むのは、従順でおとなしい男性か、アナタの勢いや積極性に好感を持つ男性かのどちらかです。どちらを選択するかは、アナタの決断次第です。

己未男性の恋愛傾向

己未男性も、己未女性と同じ傾向で、負けず嫌いで頑固なところがあるのです。そして、今の自分に満足せずに、自身の信念に基づいて献身的に努力をするところがあるのです。これは、己未男性の恋愛にも通じるところがありますが、己未の男性は、アナタの理想と思う女性を見つけると、他の女性には見向きもせずにその女性「命」として真剣に惚れ込んでしまうのです。女性から見ると、すこし強引な求愛ですが、このようなたくましい精神の男性を好む女性なら、ハッピーエンドになると思います。

己未の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「丁卯(ていぼう)」

丁卯の丁(ひのと)は、丙(へい)と同じように火性ですが、丙の陽(火の兄)に対して丁は陰(火の弟)で、火の兄が「太陽」ならば丁はより小さな炎で「月」のような存在です。丁卯の女性は、生まれながらに容姿端麗で控え目です。己未と丁卯との相性は、土性の陰である己未の人の地に足を付けた落ち着いた性格と、丁卯の広大な砂漠を照らす月の光で、二人の道は明るく照らされることでしょう。相性は良いのです。

「甲午(こうご)」が相性抜群!

甲午は、甲(きのえ)の木性の陽と、干支の午(うま)の火性の陽が重なって成り立っています。午は5月の夏の干支で、夏の日差しを浴びて樹木が生い茂る勢いが感じられます。このように、甲午の人は個性があって人の目を引く素敵な人です。己未の人は、相手を選り分けることが得意でも、甲午の人にはきっと心を引かれることでしょう。

「壬子(じんし)」は相性最悪!

壬子は、壬(みずのえ)の水性の陽と、干支の子(ね)の水性の陽が重なって成り立っています。子の月は11月で冬の干支です。壬も子もどちらも大きな水の性格を持っているのです。従って、壬子の人は、強い運勢を備えた自由奔放な性格です。このことは、自己中心で「己(おのれ)」を大切にする己未の人の性格と対立するのです。己未と壬子とは、相性が悪いのです。

己未の2017年運勢&総合運は?

己未の総合運

己未のアナタの2017年の総合運は、仕事も恋愛も新しいステップに踏み出す年です。試練の年と言えます。これまでの経験や実績をもってしても、あまり役に立たない場面に出くわします。仕事は試行錯誤に追われ、恋愛もスムーズに進まずに詰まることも多いようです。窮地を脱するために、新しい能力を身につけたり、自分磨きに徹する時間が必要です。精神的に疲れますが、この苦しみは今年後半には、大きな大地から芽が吹きだすように実りが訪れます。

己未の金運

2017年の己未の人の金運はごく普通です。今年に、大金が舞い込んでくる運勢ではないようです。地道に働くことが好きなので、普通の暮らしではお金に困らないでしょう。お金の使い道は、計画的に考えるタイプです。この生活を真面目に続けることによって、己未の女性は玉の輿に近づく運気を引き寄せることもできます。晩年は蓄財も可能と思われます。

己未の恋愛運

2017年の己未の恋愛運は、ひとことで言うと好調です。1年を通して、新しい異性との出会いが続きます。これは、未婚の女性にとっては、楽しい時間を過ごせるチャンスが増えますが、既婚の女性や男性にとっては少し危険な兆候です。自分では気が付かないうちに、不倫に陥ってしまう危険があるからです。アナタがそのつもりでなくても、悪い噂がSNSで流されてしまうかも知れません。

己未の仕事運

2017年の己未のアナタには、たくさんの仕事が舞い込んできます。大地に様々な作物が成長して来るのです。しかし、対応力が足らなくなり処理が追い着きません。そのため、自分の能力不足を痛感するかも知れません。そんな己未のアナタには、応援の手を差し伸ばしてくれる仲間がいます。積極的に交流して力を借りる年です。

まとめ

己未の基本的な性格は、己も未もどちらも土性の陰ということからも、安定した大地に恵まれた運勢の持ち主です。今まで、地道に努力してきた人には、2017年は開花の勢いが感じられます。仕事も恋愛も、チャンスが広がります。己未の人は、チャレンジ精神に欠けるところがありますから、今年は大事なことを決断する年になります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。