Middle %e5%a3%ac%e5%af%85

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした、人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。 人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため、四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。 十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「壬」の意味

壬は十干の九番目、陰陽五行説では水性の陽に当てはまります。糸を巻く糸まきの象形文字から来ていて、そこから「腹がふくれる」、「収穫して蔵がふくれる」という意味合いがあります。芽を出そうと膨らんでいる植物のイメージも。そのイメージ通り、食べることが大好きな、のんびり屋さんが多いのが特徴です。 また壬が表すのは、大河や大海のイメージ。流れる水のように自由で縛られない、穏やかさを持っています。

十干支の「寅」の意味

寅は十二支では三番目にあたり、陰陽五行説では木性の陽に当たります。季節は春、月は2月、時刻は3・4・5時、方角は北東を表します。 寅という漢字の由来は「演」。演はもともと「のびる」と言う意味を持ち、草木がのびのびと生える春を表しているとされています。また、種子から矢のように勢いよく芽を出すイメージも、寅に当てはまります。 種から芽を出す草木のように、しっかりと立ち上がる、勇気や力強さを持っているのが特徴です。

壬寅女性の性格は?

自由人

壬寅のイメージは、「春の雪どけ水」と言われています。水のように自由に流れる人が多いのが特徴です。束縛されることを嫌い、常に好きなように気ままに生きていたいと考えています。おっとりしていて、楽しいことが大好きです。 ですので、人の下につき命令されたり、ルールでがんじがらめになるような場所からは、逃げ出したくなるかもしれません。

男勝りなアネゴ肌

雪どけ水は、ときに激しく勢いがあり、留まることを知りません。壬寅の女性は、一見小川のように穏やかなのに、内面はそんな激しさを持っています。実はプライドが高く負けず嫌いなので、その二面性に驚かれることも多いでしょう。 どちらかと言うと男性的で、一度スイッチが入るとアネゴ肌的存在に。テキパキと働き動き回る、完全な仕事人間です。(たまにおっとり度が高くなると、怠け心が出てしまいますが・・・。それを自分で律しているのです)

直感力がある

壬寅女性は、頭の回転早く直感力がある人が多いのも特徴です。勘が鋭い上に、損得勘定も怠らないキッチリしたところもあるため、商売が上手な人です。 そのため、不思議とお金には困らなかったり、運が強いと感じることもあるでしょう。それは、ただ運だけの力ではなく、壬寅女性が持つ天性の才能なのかもしれません。

壬寅男性の性格は?

センスが良い

壬寅男性の特徴は、芸術のセンスがあるということ。特に絵画のセンスがあると言われています。絵画をやっていないとしても、オシャレだったり、どことなくクリエイティブな雰囲気を醸し出しているはずです。 水のように臨機応変、スマートなイメージを持っているので、女性にもよくモテるでしょう。

世渡り上手

器によって、様々な形に変化適応する水。壬寅男性は、そのイメージ通り、様々に姿を変えて自分を適応させていく、世渡り上手な一面があります。 普段は人当たり柔らかに接しますが、実は内面は計算高く現実的。激流のような激しさ、短気さも持っています。それを自制して表に出さないのは、彼なりの哲学やプライドがあるからなのです。

努力家

壬寅のイメージは、「春の雪どけ水」。一見穏やかで爽やかですが、激しく溶ける雪どけ水は留まることを知らない激流となります。 壬寅男性は、まるで雪どけ水のように前しか見ていません。目標に向かってがむしゃらに、留まることなく突っ走ります。エネルギーあふれる努力家として、成功する人が多いでしょう。

壬寅の恋愛傾向は?

壬寅女性の恋愛傾向

恋愛に関しては一直線の壬寅女性。この人と決めたら、情熱的に、ときに駆け引きをして男性を誘惑しようとします。男性的な面があり、自分が主導権を握りたがるタイプです。 結婚後も、家庭に収まらず動き回るか、夫を陰から支配するような力を発揮する人も。彼が息苦しくならないよう、ときにはゆるやかな態度を心がけると良いでしょう。

壬寅男性の恋愛傾向

誰にでもオープンな態度で接する壬寅男性。スマートな雰囲気と人当たりの良さで、黙っていてもモテます。自分から積極的に女性を誘うわけではありませんが、人が良く断れないので、八方美人に見られがち。 また、仕事にまい進する反面遊びも派手であり、女性に優しく接します。けれど、彼の本心は水のように捉えどころがありません。その他大勢から一歩抜きんでるためには、そんな彼を叱咤できるような強さを見せることです。

壬寅の相性は?

恋愛・結婚の相性が最高なのは丁亥

火性と水性の隠の性質を併せ持つ丁亥は、独自の世界を持つミステリアスな人。また、頭が良く、コツコツまい進する努力家で、壬寅と似たところを持っています。お互いを心から理解し合える貴重な存在。一緒にいれば、穏やかな気持ちでいられます。 壬寅がリードし、丁亥が支え、お互いをフォローし助け合うカップルになるはずです。

相性が良いのは丙午

火性の陽の性質二つを併せ持つ丙午は、サバサバ明るく、ハッキリ物を言うリーダータイプ。壬寅とはマイペースで自立心の強い似た者同志ですが、反発し合うことはありません。お互いを奮起し合うことのできる関係です。 壬寅はときに楽な方に流されてしまうこともありますが、丙午といると身が引き締まるのです。

相性が最悪なのは壬申

明るく社交的で、誰とでも仲良くなれる才能の持ち主、壬甲。同じ壬でありながら、壬申は周囲を巻き込むタイプなので、束縛されることを嫌う壬寅にとっては、うっとうしいと感じることが多そうです。 壬甲にとっても、あったらしてきる反面激しさを持つ壬寅は、掴みどころがない「よく分からない人」かも。

壬寅の2017年運勢は?

総合運

2017年は、最後には成功や成果を手にすることができる年。けれどそこに辿り着くまでには、心折れるような出来事もあるでしょう。体力はありますので、持ち前の情熱で乗り切れるかどうかが、ポイントとなります。 キーワードは「人」。普段から人と心を通わせ、人に感謝することを忘れないようにしましょう。窮地から救ってくれるのは、人からの意外な支援がキッカケとなるはずです。

金運

人からの支援を受けて、収入をあげるキッカケが掴める年です。コツコツと地道な成果を上げれば、仕事で認められ昇進し、結果的に金運が上がる可能性があります。人へ感謝を伝えるためなら、惜しみなくお金を使いましょう。 投資やギャンブルなどには、縁のない一年。うまい話には乗らない方が賢明です。

恋愛運

前半はこう着状態ですが、後半になると徐々に運気は上向きに。良い出会いが期待できますので、積極的に行動を起こしてください。 人からの支援が幸運を呼びます。信頼できる人からの紹介なら、良い人と出会えるはずです。

仕事運

2017年は、変化を求めず守りに徹したいとき。転職などは考えず、今の仕事をひたむきに続けましょう。すぐに成果が出なくても、焦ってはいけません。地道にやればやるほど、最後には素晴らしい成長を遂げるでしょう。

壬寅のまとめ

水性の陽の壬、木性の陽の寅を併せ持つ壬寅。水のような気ままな自由さの裏に、木の強さを隠し持っているのが特徴です。 「春の雪どけ水」は、激しくも様々な形に変化するもの。そのときどきの状況に適応しながらも、自由にのびのびといられる場所に身を置くようにしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。