INDEX

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に⽣まれた陰陽思想と五⾏思想が発展した「陰陽五⾏説」を ベースとした⼈間の恋愛や仕事や財産といった命運を占いになります。

⼈が⽣まれた年、⽉、⽇、時を それぞれ「年柱」「⽉柱」「⽇柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った 占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

⼲⽀・⼗⼲⼗⼆⽀(六⼗⼲⽀)とは?

陰陽思想と五⾏思想が結びついたことにより、⼗⼲と⼗⼆⽀が組み合わさって⼗⼲⼗⼆⽀(六⼗⼲⽀、 天⼲地⽀)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に⼗⼲⼗⼆⽀があると思っていただけ たらと思います。

⼗⼲は甲から始まり癸の計10個で終わり、⼗⼆⽀は⼦から始まり亥の計12個で終わ ります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が⼲⽀の終わりとなり、10と12の最⼩公倍数である60 が⼲⽀の数になります。

⼗⼲の「戊」の意味

戊(つちのえ)は⼗⼲の5番⽬であり、陰陽五⾏説では土性の陽に当てはまります。「戊」は「茂」という字に通じ、植物が元気よく茂らせるための地盤となる土や山がドンと構えている様子を表しています。

難しい言い方をしましたが、簡単に言えば「戊」にくさかんむりをつければ「茂」になります。つまり草の下にあるものは土、というわけです。「戊」が「つちのえ」と読むのもこれで納得です。 戊を持つ⼈は広く大きな心を持っていて、物事を行うための地盤はしっかりとしています。

しっかりとした地盤を持ち、努力して自分を磨いた人はいずれきれいな花を咲かせ成功を収めることができますが、努力を怠ってしまうとせっかくの地盤を生かすことなく、花はもちろんのこと草すら生えない残念な人生となってしまうでしょう。

⼗⼆⽀の「辰」の意味

辰(たつ)は⼗⼆⽀では5番⽬にあたり、陰陽五⾏説では土性の陽に当たります。季節は春先の4⽉、時刻は 朝日が昇る6時ころから8時くらいまで、⽅⾓は東南東よりやや南寄りを表します。「辰」は二枚貝から足が出ている現実にはいない生物を表す象形文字です。

そのため、現実にはいない龍に「辰」の文字を当てたと言われています。辰は⼗⼆⽀の中ではとてもプライドが高く、リーダー的存在の人が多いです。

戊辰⼥性の性格は?

社交的な人

おおらかな性格で、誰に対しても分け隔てなく接する人です。とても寛大なので、戊辰の女性のことを慕う人も多いです。

強い意志を持っている人

辰の性格があらわれて、おおらかな中に強い信念を兼ね備えています。何かを決断しなければいけないときには、じっくりと考え、出した結論を曲げることはありません。

責任感が強い人

自分で決めたことややらなければいけないことに対しては、強い信念をもって成し遂げます。決して途中であきらめたり、他の人に押し付けたりすることはありません。

戊辰男性の性格は?

好き嫌いがはっきりしている人

基本的には人当たりがよいのですが、自分に合わないと思った人と無理して付き合おうという気持ちはありません。そのためあっさりと付き合いをやめてしまうことも戊辰の男性にとっては普通のことのようです。

負けず嫌いの人

人の上に立ちたいという辰の気質から、負けず嫌いの人が多いです。そのため、常に自分磨きを怠りません。はたから見ると、努力の人という印象が強いです。

堅実な人

リーダーとしての理想像を求め、常に成功を収めていたいと思う気持ちが強いので、物事に対して努力を惜しみません。また、緻密な計画のもとに行動するので失敗をすることはほとんどなく、周囲からは堅実な人と思われています。

戊辰男性&⼥性の恋愛傾向は?

戊辰⼥性の恋愛傾向

とてもおおらかで優しいイメージなのですが、芯にあるものはとても知的で自分の意思がしっかりとしているので、相手にも同じように知的さを求めます。そして、自分のことを束縛せず尊重してくれる男性を好みます。

理想の男性に出会うと、戊辰の⼥性は恋愛にのめりこみます。自分が相手を面倒見てあげたいとリーダーシップをとる気持ちが芽生えるのでかかあ天下のような関係になります。

戊辰男性の恋愛傾向

恋愛に対してもとても理想が高く、ロマンティックな雰囲気を求めるので、理想の相手と出会うまでに時間がかかります。自分の理想を押し付けてしまい、相手に理解してもらえないこともあるのでその点を注意すれば頼りがいのある男性として恋愛もうまくいくでしょう。

戊辰の相性を徹底解明!

理想の恋⼈&結婚相⼿は?

壬戌(みずのえいぬ)の人は頭がよく自由を求めているので、お互い干渉を嫌う戊辰と相性が合います。

相性抜群な相手は?

丙子(ひのえね)の人は気分屋さんなので、グループに属するとリーダーシップをとるということはありません。しかし、頭がよくいろいろなアイデアで満ち溢れているので戊辰の人がそこを理解してあげると、丙子の人をグループの中で重要な存在に引き上げることができます。

さらに、戊辰の人にとっても丙子の人のアイデアは良い影響をもたらしてくれるので、このふたりがタッグを組めば向かうところ敵なしな関係になります。

相性最悪な相手は?

甲辰(きのえたつ)の人は戊辰同様リーダーシップをとりたいと思っています。戊辰の人と違うところは、戊辰の人が努力の人であるのに対し、甲辰の人は天性の才能があるということです。そのため、同じような性格のふたりが何かを一緒にやろうとしても衝突してしまうのです。

戊辰の2017年運勢&総合運は?

戊辰の総合運

戊の2017年は来年に向けての準備の年です。来年は飛躍が期待できるので、それに向けて自分磨きを行うとよいでしょう。一方、辰の2017年はチャンスが期待できる年です。

いつチャンスがやってきてもいいように、努力を怠らないようにするとよいでしょう。 これらのことから、戊辰の2017年は自分自身を向上させるための努力を怠らないことが一番のポイントになるでしょう。途中で壁にぶつかってもあきらめずに努力し続けることで運気が向上していきます。

戊辰の⾦運

戊の金運は可もなく不可もなく、大きな出費や収入はなさそうですが、辰は今までに出費した分が戻ってきたり、思わぬ臨時収入がありそうな予感です。もし臨時収入などがあったら自分磨きのための投資に使うとさらに運気がアップします。資格を取ってみたり、勉強をし直してみたりなどに使うとよいでしょう。

戊辰の恋愛運

2017年の戊の人はの目上の人からかわいがられるでしょう。そのため恋愛運はお付き合いしている相手よりもその両親や祖父母などとの縁が深まります。結婚を考えている場合は相手はもちろんのこと、その両親や祖父母とのお付き合いも大切にしましょう。

恋愛の相手を探しているという人は、両親や親戚からの紹介を受け入れてみましょう。お見合いなどで思わぬ出会いがあるかもしれません。

戊辰の仕事運

戊は2018年に運気が向上していきます。そのため2017年は準備期間に当たり、仕事運に関しても2018年の成功のために地盤をしっかりと固めておく期間と言えます。辰の仕事運は人との関わりによって向上していくでしょう。

辰の2017年は周りからの助けが期待できます。これらをまとめると、戊辰の仕事運は2017年の間に人との関わりを大切にし、自分磨きを怠らないことで2018年の運気向上につなげていくことができるでしょう。

戊辰のまとめ

いかかでしたか?戊辰の人は広い心を持ちリーダーとしての素質があります。思い当たる人もたくさんいたのではないでしょうか。

2017年は努力の温存期間です。2018年の運気向上にむけて1歩先を見て過ごすことが今年の課題と言えるでしょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。