Middle noimage

目次

ブルーの狼の性格は?

自分の道を迷わず進む

ブルーの狼の人は自分の信じた道をわき目もふらず一直線に突き進みます。自分が「こうしたい」と思ったことに対してひたむきに努力をし、その方向に行けるように努力することができます。 やろうと思えば何でもこなすことができるのですが、それが逆に裏目に出て一通りこなせるけれども極めるまでにはいかないという器用貧乏に陥りがちなので注意が必要ですよ。 「いつも通り」には満足することなく、常に変化を求めているので同じことの繰り返しには抵抗を感じるようです。

集団行動が苦手

とにかく集団行動が苦手。その傾向は子供のころから出ていて、グループで活動したり群れて遊ぶのは苦手です。ただ苦手というだけで決して人が嫌いなワケではありません。 束縛も嫌うので、特定の友達だけで交流するというよりは、自由に動いてどんな人とも浅く関わるというスタンスが多いでしょう。人間関係を築くのは得意ではないので、積極的にコミュニケーションを取ることはありません。 しかし、自分のことを受け入れてくれる存在には愛情深く付き合います。

奇人変人と言われることも

自分の道を突き進むオレンジの狼の人は、調子の良いことは言わないので不愛想な印象を抱かれやすいようです。社交性もあまりないので、人との付き合いを優先することはほとんどありません。 遊びの誘いも気が乗らなければ断るため、人によっては奇人変人扱いをしてくる場合があります。でもこのマイペースさが持ち味の一つだと言えるでしょう。その反面、情に厚いので頼まれるとイヤとはいえず、ついつい引き受けてしまうことも多いようです。

ブルーの狼の恋愛は?

男性なら社交的な女性がタイプ

ブルーの狼の男性は自身が人付き合いが上手ではないため、社交的で人付き合いが上手な女性にときめきやすいと言えるでしょう。その能力を使って助けてもらえたらその場で恋に落ちる可能性もぐんと高くなります。 自分の個性を受け止めてくれて、なおかつ恋愛以外の趣味や友達との時間を楽しめるような自立した女性だとうまくいきやすいでしょう。 ときどきふらっとどこかに遊びに行ってしまうこともあるので、携帯をガンガン鳴らすことなく「まぁ、いつかは帰ってくるでしょ」と待っていられる女性ならば関係を長く続けることができそうです。

女性なら包容力のある男性が好み

ブルーの狼の女性も個性が強いほうなので、それを受け止めてくれる包容力のある男性がタイプです。気の向くままに行動するので居場所が把握できないことも起こりえますが、そういったことにも動揺せずどんと構えていられる人ならなおさら良し。 行動を常に把握しておきたい、自分の言う通りにさせたいと考える男性だと、自分のペースで動きづらくなるため、関係を長く続けるのは至難の業と言えるでしょう。イヤと言えない気の弱さがありますが、関係を清算する勇気もときには必要になりそうです。

恋愛中もマイペース

恋愛に関してもマイペースなブルーの狼の人。男女ともにやはり束縛を嫌うため、「恋人を優先してほしい」「常に一緒にいたい」というタイプの人とはあまり恋は長続きしないでしょう。 一人になる時間を与えられるよな度量のあるタイプの人だとうまくいきますよ。自分を理解してくれる相手には愛情深く付き合うことができます。 一度好きになると関係は長続きするタイプですが、自分のペースを乱される日々が続くとストレスを溜めてしまう可能性があります。

ブルーの狼との相性

【相性良】オレンジの黒豹(情熱的な黒豹)

社交的で人付き合いがうまく、リーダー気質のオレンジの黒豹の人は、人付き合いが上手くできないブルーの狼の人とも気さくに話すことができます。

【相性悪】オレンジのヒツジ(協調性のないヒツジ)

マイペースに動きたいブルーの狼の人と、相手に合わせようとするオレンジのヒツジの人とはまさに正反対の存在だと言えるでしょう。

ブルーの狼【男性】

長所:独創的な発想の持ち主

ブルーの狼の男性は自分の信念を持っている人。信念に基づいて忠実に行動するのが特徴です。決して好き嫌いや気分によって意見が変わることはありません。 独創的な発想を持っていて、着眼点が人とは違うのもブルーの狼の男性の持ち味だと言えるでしょう。「普通」という言葉を受け入れることはなく、ありふれたことには満足・妥協はしません。発想力だけでなく行動力も兼ね備えています。

短所:愛想はあまりないかも

束縛を嫌うので相手に媚びるようなことはせず、夢とロマンを追い求めています。悪気はないのですが愛想を振りまくことがないので相手から「私、なんだか嫌われてる…?」といった誤解を受けることもあるようです。 愛想はないものの、人情があり頼まれるとイヤと言えないタイプでもあり、自分のことを理解してくれる相手であればとことん付き合ってくれますよ。

ブルーの狼【女性】

長所:気さくで明るい

ブルーの狼の女性は気さくで明るい性格の持ち主。自分目線で物事を捉えるので独自のやり方を見つけることができるタイプです。強い信念と向上心を持っているので、目標を達成するべく努力することができます。 また、何か不思議な力に守られているのか、大きなトラブルに見舞われることは少ないようです。

短所:飽きっぽい

マイペースで飽きっぽいところがあります。なかなか一つのことを長続きさせることができず、職場も転々としがちです。周りを気にしないので、人に対する気遣いは少し欠けてしまうかも。 個性が強いものの頼まれるとイヤとは言えずに引き受けてしまう傾向があるので、察してもらうよりお願いしたほうがスムーズに進むでしょう。

ブルーの狼の仕事は?

ファッションや音楽関係の仕事が◎

ブルーの狼の人の持ち味と言えば、誰も思いつかないようなアイデアがひらめく点だと言えるでしょう。その感性を活かせる仕事がまさに適職。ファッション業界や音楽業界はあなたの感性を遺憾なく発揮することができるでしょう。 ヘアアーティストや画家などもおすすめですよ。一人でできる仕事も合っているので、喫茶店などを経営してみたり、弁護士として活動するのも良いでしょう。自分のペースで自分のアイデアを活かしながら仕事をすることができますよ。

伝統的な仕事は合わないかも…

これまでになかったことを思い付いたり作り出すなど変化をもたらすブルーの狼の人は、これまで築き上げてきた伝統を守り、受け継いでいくという形にははまらないでしょう。そのため、華道や茶道、伝統工芸系の仕事は合わないようです。 また、集団行動やまわりの人と協力して物事を薦めるのも苦手なので、事務職や公務員、看護師などの仕事は適職とは言えないようです。 組織として動いていて、なおかつ縦の関係が強い警察官や自衛官などの仕事もブルーの狼の人にとっては過酷な環境だと言えるでしょう。

まとめ

ブルーの狼(放浪の狼)についてまとめてみましたが、参考になりましたか?ブルーの狼の人は人とのコミュニケーションが苦手ですが、一度心を開けばそのあとはずっと付き合っていくことができます。 人の気持ちに配慮する気配りは少し足りないところもありますが、ストレートにお願いをすれば引き受けてくれることが多いので、思い切って話しかけてみると良いでしょう。 独自の発想を持っていて個性的ですが、そこから繰り出すアイデアは目から鱗のものもあり、新鮮に感じることができますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。