Middle noimage

目次

ブルーの猿の性格は?

どんな色の猿でも、性格は共通しています。みんなに乗せられやすく、褒められたりおだてられたりすると、一生懸命に頑張ってしまうのが特徴です。サービス精神が旺盛で、相手を喜ばせることに楽しみを見出す性格です。ちょっと面倒な仕事があったら、うまくおだてて猿の人にお願いするのです。

大きな志を持った猿!ブルーの猿の性格

ブルーの猿は、知性が高く大きな志を持った猿とも言われています。ともかく好奇心が旺盛なのが特徴で、興味を持ったら積極的に取り組んでしまいます。趣味が多くて活動範囲も広いので、周りからは好奇の目で見られるような性格のようです。 理解されない一面を持っているのです。ブルーの猿は男性も女性も、独立心が旺盛で起業家も多いようです。恋愛の面でも、密かに有名人とお付き合いをしたり、マスコミを喜ばすことにも得意な性格を持っています。

才能に恵まれている

物事の本質を素早く見抜く感性が鋭いのが特徴です。何かのテーマを与えられても素早く対応して仕上げてしまう性格です。コツをつかむセンスが鋭いのです。だから、ある人を紹介してもらっても、その人の考えていることや本音を素早く見抜く特徴も備えています。 恋愛の場面でも、相手との相性や性格もすぐに見抜いてしまいます。一時はおだてられて舞い上がってしまっても、冷静に考えすぎて恋愛も停滞してしまいがちです。初めてのゲームでもコツをすぐにつかみ、たちどころに高得点をあげるので驚かれてしまいます。

褒められると頑張ってしまう

知性が高く仕事が速いのが特徴で、みんなから一目置かれています。そのことから、ついおだてられて持ち上げられます。何か面倒なこともすぐに押し付けられる性格です。引き受けてから後悔しますが、持ち前の積極性で突破する行動力があるのが特徴です。 他人に迷惑をかけることが嫌な性格で、一生懸命に頑張ってしまいます。アナタは苦労とは思わないかも知れませんが・・・。

【女性】明るくて人気者

【長所】センスが良くておしゃれ

季節が移るたびに、洋服やアクセサリーなど身に付けるものに気を配る性格です。まわりの人から、センスが良くてオシャレと評判のはずです。頭の回転も速く臨機応変に対応できるので、大勢の前でもチャーミングに振る舞えるのが特徴です。 華やかな場所に出かけるのが好きで、友人も多くて顔も広いのです。アナタの感性やセンスに惚れて、いろんな職業の男性ともつながっているような素敵な性格です。

【短所】個性が強すぎるかも

じっくりと物事を考えるタイプではなく、ついつい短気に結果を求める性格です。ブルーの猿のアナタは、きっと感性や個性が強い性格なので、恋愛ではアナタの性格とは反対の静かで控えめな人が好みなのではないでしょうか? しかも、アナタの強い性格をしっかりと受け止めることができる、包容力のある年上の男性との相性が良いはずです。そんな素敵な人生のパートナーと巡り会うのに、少々時間が必要かも知れません。

機転が利くのでアナウンサーや俳優に向いているかも

個性が強くておしゃれセンスが良い性格のアナタは、みんなの目に留まるような職業に向いていることでしょう。仕事にも一生懸命に取り組み、細かいところに気配りができる性格は、客室乗務員やアナウンサー、俳優などのスポットライトが当たる職業に向いています。 個性が強い性格であるために、仲間とぶつかることもありますが、持ち前の忍耐力と一途な性格は、きっと希望を叶えてくれるはずです。ブルーの猿の魅力的な女優は、宮沢りえさんです。

【男性】個性的です

【長所】創造性が豊かで機転が利く

ブルーの猿の男性は、個性的で創造性が豊かな人で、大きな志を持つ性格と呼ばれています。しかも、明るくて頭の回転が速いのが特徴です。そのため、独立心が強く起業家として活躍する特徴があります。始めのうちは苦労が絶えませんが、オンリーワン企業を目指すことができる性格の持ち主なのです。

【短所】楽しくなければ進まない

ブルーの猿の性格としては、親しい相手に褒められたりするような動機がないと、頑張れないタイプが多いでしょう。大きな志があっても、目先の嫌な仕事や重い恋愛を、自分から進んで取り組むような性格ではありません。 もしもブルーの猿の男性を好きになった時は、誰か彼の友人に紹介してもらったら恋愛がもっと速く進行するかも知れません。気を付けることは、楽しいことが無ければ急にテンションが下がってしまう性格があります。

ひらめきの天才かも

ブルーの猿の男性は、小心者で目立ちませんが、実は内面はひらめきの天才ともいう性格の持ち主なのです。しかも、負けず嫌いで頑張り屋です。そんな彼氏との恋愛では、その才能を認めてあげて、長い目でお付き合いをする根気が必要です。 相性が悪くても、彼と共にお互いに愛を育てていける、困った時には手を差し伸ばしてくれる彼女を待っているのです。

ブルーの猿の恋愛は?

楽しいゲームをするように

恋愛も仕事も、楽しいことが大好きなのです。恋愛を育てるためには、デートは多くの人で賑わっている遊園地やイベント会場に誘ってみるのも良いでしょう。ブルーの猿は、遊び心を大切にする性格です。 ブルーの猿の男性は、相手が喜んでいる笑顔を見ることが最高の幸せと感じる性格なのです。楽しい共通の趣味などが共有できれば、楽しいゲームをするように、素敵な恋愛に展開することでしょう。

恋愛対象は同じカラーのひつじが理想

おだてられると頑張ってしまう性格のブルーの猿は、言い換えると大変な頑張り屋さんです。失敗にもめげずに燃焼し続ける性格なのです。そのような時に、冷静に支えてくれるのがひつじなのです。 特にブルーのひつじは、チャレンジ精神が旺盛な動物で、情報をつかむことに生きがいを感じている性格です。だから、頑張り屋のブルーの猿にとっては、多くの情報をもとにアドバイスをくれるひつじは、素晴らしいパートナーで相性が良いと言えます。お互いに干渉はしないけれど、精神的に理解しあっていける理想の恋愛の相手です。 ブルーの猿の女性の結婚相手は、ひつじの男性が理想で、ブルーの猿の男性の場合は、ひつじ以外ではライオン、ペガサス、ゾウといった太陽グループの女性が良いようです。

【相性良】オレンジの虎とは抜群!

動物占いの虎は、正義感が強く、体力的にも精神的にもタフで勢いのある性格です。虎の男性の場合の特徴は、ソフトで温厚で包容力があるしっかり者で、女性の場合の特徴は、強い精神力で人情家と言えます。 警戒心が強く小心者の猿は、包容力があり体力的にもタフな虎は、安心できる相性の良いパートナーです。おだてられてつい急いでのめり込む性格に対して、スピードよりも権威を大切にする虎は、心から信頼できる性格なのです。

【相性悪】オレンジの狼とイマイチ…

学者肌でクリエイティブな性格のオレンジの狼ですが、ブルーの猿とは相性が悪いようです。オレンジの狼は、才能も知恵も備えていますが、上から目線で相手を見るように、融通がきかない頑固な性格です。そこで、コツをつかむのが速く物事を進めていく性格の猿にとって、厄介な存在になるのです。 おまけに教養もあるので、仕事では先を越されてしまいます。後をついて行くのが得意な性格の猿ですが、自分の世界を作ってしまう頑固な虎には相性が悪いのです。恋愛でも、ブルーの猿のアナタは、融通が利かない虎の彼氏に愛想が尽きることになるのです。

まとめ

ブルーの猿は、楽しいことが好きですが、実は知性が高く精神力が強いのです。才能に恵まれている人が多いのですが、周りからは理解されていないことも多いのです。恋愛に関しては、楽しむことが共有できる人と巡り会うと、素敵な恋に結びつきます。 ブルーの猿の男性は、相手が喜ぶ顔を見るのが大好きな性格なので、相性の合う相手であれば、次から次に楽しませてくれるでしょう。ひらめきの天才と言われるほどですから、そんな彼氏は最高と言えます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。