INDEX

手相が濃い人薄い人の意味や特徴とは?

手相のしわが濃い人

手相が濃い人は、主に男性に多い傾向にあることが特徴です。この手相は、自分の人生に充実していると感じていたり、自信かであることを意味しています。つまり現状に満足している人がこの手相になりやすいことが特徴ですが、手相が濃い人はその濃さがどれくらいかによって意味が異なってきます。

基本的に手相が濃いと言うのは、良い意味ではあります。しかし濃すぎる人は、自信か過ぎる傾向にありますので注意が必要です。そのため、ついつい周囲への意見に耳を傾けようとしなかったり、他人を信頼できないような傾向にあります。

手相のしわが薄い人

手相が薄い人は、どのように薄いかによって意味や特徴が異なります。ある線だけ薄い人は、その線を意味する要素に関して弱い部分を持っている可能背が高いことを意味しています。そういった理由から、なにかしら大きな悩みや不安を抱えている人が多かったり、意志薄弱な面を持っていることが特徴として挙げられます。

それとは別に、薄く細かい線が、あちこちにちらばっている手相は、その人が頭脳派であることを表しています。特に記憶力に優れていることが特徴で、補佐役として活躍しやすいでしょう。しかし思考の回転がはやいために、少々考えすぎてしまう傾向にあり、ストレスを抱え込みやすい傾向にあります。

生命線の手相がはっきりしている・濃い人が持つ意味は?

手相において生命線は健康状態や人生を表す

生命線は、健康状態など命に係わる線です。その人が備え持っているスタミナや体力を知ることが出来るだけでなく、肉体労働に関する適性を調べることが出来る線でもあります。また、この線は特に太さや長さといいっただけでなく濃さや薄さも大きく意味を持つ線でもあります。

手相は基本的に太さや長さ、濃さでそれぞれ別々の意味を持ちます。そのため、特に生命線濃い人というのは「スタミナが溢れている」人であることを意味する要素です。こういった特徴から、特にスポーツ選手などに出やすい手相となっています。

生命線が濃い人は価値観がしっかりしている

生命線が濃さは、特に人生や今までの生き方に関して強い意味を持っている要素です。そういったことから、生命線が濃い人は今までの人生経験において価値観を明確にするような確かな生き方をしていることがわかります。そのため、自身の世界観が確立している人が多いでしょう。

つまり生命線濃い人というのは、身体的にも精神的にもパワーに満ち溢れている人です。もし濃いだけでなく線がうっすら赤みを帯びてくっきりと見えていた場合には、健康状態も絶好調であることを表しています。そのため、日々をパワフルに過ごすことができるでしょう。

生命線以外のしわにも注目しよう

生命線以外にも手相全体のしわが濃い人は、親方気質な性格であることを意味しています。そのため、リーダー気質に溢れているでしょう。逆に生命線のみ濃い人は、とにかくスタミナ気質であることを表しています。頭よりも体を動かすことを得意としているので、そういった仕事に適しています。

生命線の手相が薄い人が持つ意味は?

生命線の薄さが大きな意味を持つ

先にも触れたとおり、生命線は長さや太さといった要素だけでなく濃いか薄いかも意味を大きく左右する大きな要素となっています。しかしだからといって、一概に命にかかわるような重大な意味を持つものばかりではありません。また、寿命などにも直接的な影響はないと言われています。

特に生命線は、薄かったり短いと短命というイメージを持つ人が多い傾向にあります。実は単に薄いから、短いからというで短命を意味することはあまりありませんし、実際に長生きしている人も多くいます。基本的に生命線の薄さは、健康運を表していることを理解しておきましょう。

健康運に注意

他の線は濃いけれど、生命線が薄い手相は「スタミナが弱く、疲れやすい」といった意味を持っています。そのため、虚弱体質であったり、なかなか根気が続かない傾向になりやすいことが特徴です。また、体力的なものだけでなく、精神面においても弱いところがあり、自信を持てない人もいます。

特に生命線の終わりが枝分かれしている人は、大病にかかる可能性が高いことを表しているので健康管理には注意してください。そのタイミングは今すぐというわけでなく、その位置に関係する年齢の時にかかる可能性が高いことを表しているケースもあります。



基礎体力を身につけよう

生命線が薄いというのは、命を脅かすような脅威となる要素ではありませんが、心身ともに弱まっていることを表しています。そのため、運動をしたり、身体を鍛えるなどして基礎体力をつくることに励みましょう。手相は定期的に変化していくものなので、改善を図れば段々と色濃くなっていきます。

運命線の手相がはっきりしている・濃い人が持つ意味は?

運命線が濃いのは良い意味ばかりではない

手相の基本的な意味として、しわや線の濃さは良い意味を持っています。しかし運命線においてはそれは例外で、運命線が濃ければ濃いほど自分ではどうにもならないような運命を強いられる可能性が高いことを示しています。そのため、自分の能力を社会の貢献のために注ぐ場面が必ず出てくるでしょう。

この運命線は、特に社会で活躍している男性が濃くなる傾向にあります。また、女性の場合はキャリアウーマンに出やすいのが特徴で、家庭より仕事を重視している人や、家庭に入ったとしても仕事を続ける人が多い傾向にあります。

運命に翻弄されることで苦労しやすい

運命線が濃い人は、自身の力ではどうにもならないような境遇に陥りがちです。そのため、苦労人の人が多い傾向にあります。もし太陽線や財運線といった線が一緒に刻まれている場合は、成功を収める可能性が高いと言えます。しかし逆にそういった線がない人は社会的地位が低くなりがちな傾向にあります。

また、特に女性が運命線が濃い場合は「働きに出る可能性が特別に高い」ことを表しています。特に家庭を持っている人は、夫や子どもなどの代わりに働きに出る可能性が高い傾向にあります。

太陽線・財運線がある人は特に注意

先にも触れた通り、太陽線や財運線といった線が一緒にある人は、苦労が積み重なることでなにかしら成功を収めることが出来るでしょう。しかし同時に、こういった線が手相にある人は、周囲との対人運に注意してください。家族や仕事仲間をないがしろにしがちなので、トラブルを起こす可能性が高いでしょう。

運命線の手相が薄い人が持つ意味は?

運命線は特に薄くなりやすい

実は手相のなかでも運命線は、特に薄い人が多いことが特徴の線です。なかには、運命線が全く見えない人もいます。特に若い人は薄くなりやすい線と言われているので、生命線が薄い手相というのは決して珍しいことではありません。これはつまり、まだ目標ややりがいを探している途中であることを意味しています。

だからといって、それは悪い意味を持っているわけではなく「自分が持っている才能を発揮できていない状態」であることも意味しています。運命線が薄い人もまた、秘めたる力を開花させることで社会的に成功を手にする可能性は十分に高いと言えるでしょう。

特に日本人が薄くなりやすい理由

実は日本人は特に運命線が薄くなりやすいと言われています。理由としては日本人特有の謙虚で控えめな性格が大きく左右していると言われています。つまりそういった性格を意味している線でもあります。ですからそういった理由から見ても、運命線が薄いということはよくある手相パターンのひとつだと言えるでしょう。

対人運に注意して

運命線が薄いこと自体は決して珍しくありませんが、ある程度の成熟した大人になってもそういった手相の場合は「依存心が高かったり、人との交流を避けている」ことを意味します。また、基本的に内向的な性格でマイペースな人が多いので、人の評価に左右されないような仕事で能力を発揮します。

そういった性格は、一見すると流されやすい性格に思われてしまいがちです。しかし逆に協調性が高いという長所がありますから、組織で順応しやすいという能力を持っています。そのため、特に女性は家庭において家族を支える力を強く持っているのが特徴です。

手相で自分の未来を読み解こう!

今回は、手相の濃い人と薄い人に関して説明を行いました。運命線や生命線といった要素は、薄い濃いなどの違いによって意味が異なることがわかります。しかしだからといって、不安に感じる必要はありません。しわはその人自身の内面を表します。まずはその理由をしっかり読み解いて、未来のヒントを掴みましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。