INDEX

髪の内側の部分カラー(ポイントカラー)の注意点とは?

自分の髪色が明るければブリーチで明るくなりやすい

やりたい色によってセルフブリーチする明るさを決めていきます。1回のブリーチでイエローオレンジ〜イエローまで抜けます。この1回のブリーチの明るさは、レッド、濃いめのピンク、オレンジ、アッシュ系の色は1回のブリーチでキレイに染まります。

2回ブリーチするとイエローからペールイエローくらいまで抜けます。2回ブリーチが必要な色は、ペール系の薄い色、ブルー、シルバーなどはかなり明るいペールイエローまで抜く必要があります。自分でブリーチする場合の注意点は、今の自分の髪が明るめなら、ブリーチで明るくなりやすく、黒髪に近ければ抜けにくいです。

1回ブリーチしたらシャンプーとトリートメントを必ず行う

シャンプー

明るくなるスピードも、明るさの仕上がりも人それぞれです。1回ブリーチしたらシャンプー、トリートメントを、必ず行ってから、乾かして明るさのチェックをしましょう。理想の明るさになったら自分の好きな色みを入れていきます。

セルフブロッキング・ブリーチのやり方

セルフブロッキング

自分でやる時はブロッキングが大切になります。セルフブロッキングのやり方ポイントは、トップ、ミドル、ネープ、前髪この4つになります。トップはハチより上の髪、ネープは襟足の髪、ミドルはその間の髪、そして前髪です。この4つのポイントさえ分かればセルフインナーカラーは簡単にできます。

どこに入れたいか決まれば、インナーカラーを入れたい部分だけ下ろして、後はゴムで結んでしまいましょう。ネープに入れたいなネープ以外は全部ゴムで止めます。サイドに入れたいのであれば、トップの髪は止めてしまいます。

セルフブリーチ

インナーカラー

インナーカラーの入れたい部分が決まり、ブロッキングが出来たら次はブリーチです。ブリーチはいろんなタイプがあります。後ほどご紹介しますが、セルフでビビッドな色表現をしたい場合はクリーム系の1回でもしっかりと抜けるブリーチがおすすめです。

インナーカラーのブリーチは根元からきっちり塗る必要はありません。少し根元を開けて塗る方がキレイにおしゃれに染まります。インナーカラーはデザインを作るカラーなので、わざと根元を開けた方がより動いて見えます。

セルフダブルカラー(ツートンカラー)のやり方

セルフダブルカラー(ツートーンカラー)のやり方①

ダブルカラーやり方

セルフダブルカラーとは、ベースとなる髪の色にポイントカラーで別の色を入れます。2色以上の色を使ったカラーの事を言います。今回はそのカラーのやり方についてのご説明になります。ベースカラーは全体的な髪色の事をいいます。ベースカラーは全体の印象を決める色になります。

例えば全体を可愛くしたい場合は、ピンクブラウンやピンクベージュなどで全体をカラーします。クールな印象にしたい場合は、アッシュブラウンやアッシュベージュなどで全体をカラーします。ベースのカラーが終わったら次に部分染めを行います。この部分染めがセルフダブルカラー(ツートーンカラー)になります。

セルフダブルカラー(ツートーンカラー)のやり方②

ツートンカラーのやり方

ツートーンカラーの部分を理想の色を表現するには、髪の明るさをブリーチで整えてる必要があります。先ほど述べた通り、ピンク・レッド・ブルー・シルバーなど、ツートンカラー部分にどんな色を入れたいかでブリーチをどれくらいするかが決まります。

希望の明るさまでブリーチした後は、シャンプーとトリートメントをして希望の色でカラーをする手順になります。使用するブリーチ剤やカラー剤によって放置時間が変わってきます。購入した薬剤の使用方法をよく読んでから進めていく事をおすすめします。

前髪のセルフインナーカラー・ブリーチなし・セルフインナーカラーとは?

自分でできる前髪のセルフインナーカラーとは?

前髪のセルフインナーカラーはお顔の印象をガラリと変えてくれます。写真のような内側に暗めの色を入れると顔全体が引き締まり、小顔効果が生まれます。もしここに明るい色を入れたらお顔の印象が明るくなります。ピンクならキュートな印象に。イメージに合わせて色をチョイスするとなりたい自分になれます。

前髪のセルフインナーカラーのやり方は簡単!

ヘアカラー

やり方は簡単です。前髪の表面と内側を半分くらいに分けて、内側に明るさの差をつけたり色みの差をつけたりして、ポイントカラーでアクセントになるようなカラーをするだけです。

ブリーチなしでバレない・目立たないセルフインナーカラーとは?

ハイライト①

ブリーチ無しで目立たないようにインナーカラーを楽しむ為には、前髪と顔周りにはインナーカラーを入れないのがポイントです。お顔周りはいつもの印象で、内側に自然な明るさを出しているので、目立たないけど動きはしっかりあるデザインになります。

目立たないようにすると言っても、休日にはちゃんと楽しめる入れ方がいいですよね。インナーカラーを楽しむ為には、ベースはナチュラルブラウンにします。明るい毛先とベースとの差は4レベルほど差をつけるのがポイントです。明るさで差をつける時は、同系色が理想です。

ハイライト②

ブリーチ無しで差をつける方法はもう一つあります。色の差をつけるのがポイントです。例えば同じ赤系同士とかでは差がないので馴染んで見えます。例えば、表面はアッシュベージュだけど内側はバイオレッド系で違う色を使用しポイントカラーをします。

このように表面と内側で違う色を入れる事で、光の加減で色が変化する不思議なデザインになります。パッと目立つデザインではないけれど、さりげないオシャレ感が洗練された雰囲気を出してくれます。

自分で染める可愛いセルフインナーカラー8選

黒髪×ヘアカラー①

黒髪におすすめなセルフインナーカラーは、クールな色みがおすすめです。ブルーグリーンなどの色に黒髪は相性抜群です。サイドのポイントカラーでペールイエローまで2回ブリーチします。そこへブルーグリーンのビビッドな色を入れていきます。

自分でやったインナーカラーなのに、黒髪にブルーグリーンのポイントカラーとの組み合わせは、ハイセンスなモードスタイルになります。誰にも負けないヘアデザインを求める方にお勧めです。

黒髪×ヘアカラー②

黒髪でエッジの効いたインナーカラーを求める場合は、サイドとネープをペールイエローまでしっかりとブリーチしていきます。そこへ濃い目のイエローを入れていきます。そうする事で、エッジの効いたインナーカラーになります。

明るさで出したコントラストに、黒とイエローの組み合わせにすることで、さらにエッジの効いた個性的なコントラストが際立ちます。

ピンク③

ベースがブリーチで仕上がっている髪色ならピンク色を加えるだけでセルフインナーカラーが仕上がります。全体が明るいとスィートな、甘くて優しい仕上がりになります。トップの髪以外の内側をピンク色で染めるだけで可愛く仕上がります。

ベースが明るめのブリーチだからこそ、ハイトーンをソフトに見せてくれるベビーピンクが表現できます。やり方はトップの髪をゴムで結び、内側に自分で色を入れるだけです。それだけで簡単ベビーピンクに仕上がります。

ピンク④

おしゃれスィートな気分を味わいたい時はピンクでセルフポイントカラーをするのがおすすめです。やり方は簡単です。サイド部分をブリーチした後にピンクを入れています。

ベースの髪色はピンクブラウンで女性らしく仕上げるのがおすすめです。そこにサイドの髪だけを1回ブリーチします。ブリーチ後はシャンプーとトリートメントをしてピンク色をサイドのブリーチした部分に入れます。隙間からピンクが見える感じが、おしゃれ度をアップしてくれます。

赤⑤

エッジが効いているのに上品な大人のセルフインナーカラーのご紹介です。自分でやるのには比較的簡単に仕上がるデザインです。サイドの内側にポイントカラーを入れていきます。全体はダークなレッドブラウンのベースがおすすめです。

やり方はサイドにだけ1回のブリーチをしていきます。赤の中でも深みのあるワインレッドの色みを入れます。そうすることで、はっきりとした濃い目な色表現なのに、大人の上品な雰囲気にも出てくれます。ツヤ感も出やすい髪色です。

赤⑥

パンクロック風カラーはレッド系ではっきりした色表現がおすすめです。先ずはサイドをブリーチします。ビビッドな色表現は1回のブリーチで、しっかりと時間をおきます。この色表現は、1回のブリーチに30分必要です。明るくなったらシャンプーとトリートメントをします。そしてビビッドなレッド系を入れていきます。

高彩度のエッジを利かせたビビッドレッド系はパンクロック風のイメージにぴったりです。全体のベースの色をダークブラウンやブラックで仕上げると甘辛系のファッションに合いやすくなります。

青⑦

クールなブルーのポイントカラーは、トップ以外の内側にブルーの色を入れるのがポイントです。クールに決まるエッジの効いたインナーカラーのベースは、濃い目のブルーアッシュがおすすめです。やり方のポイントはブルーを入れる部分は2回ブリーチをします。しっかりとペールイエローまでブリーチするのがポイントです。

ブルー系はしっかりと明るさを出さないとブルーの色を入れてもグリーンに傾いてしまいます。ペールイエローまで明るくなったら紫シャンプーをして、ブリーチ後のイエローの色素を抑えます。そしてブルーの色を入れると鮮やかに発色してくれます。

青⑧

ネイビーカラーはそれだけでおしゃれ度がグンッとアップします。セルフポイントカラーをネイビーで仕上げる場合は、ベースカラーは明るめがおすすめです。サイドに大胆に入れたネイビーのカラーは耳かけすると動きがしっかりと出て、アクセントになってくれます。

ポイントカラーする部分はペールイエローまで明るくなったほうがキレイに発色してくれます。2回ブリーチがおすすめです。元々ベースが明るい場合は1回のブリーチでも大丈夫です。ブリーチ後は紫シャンプーが必須になります。紫シャンプーをしてネイビーの色みを入れましょう。

自分で染める可愛いセルフインナーカラー6選|ショート・ボブ・ロング

ショート・アクセサリー風インナーカラー①

ショートのセルフインナーカラーは、簡単にお顔の印象を変化させる事が出来る、おしゃれ度の高いヘアカラーです。ベースが明るい方は暗めの色やビビッドなカラーがおすすめです。ベースが暗めの方は、前髪の内側をブリーチしてビビッドな色を入れたり、金髪を楽しむのもありですね。

写真のカラーは、ベースはピンクブラウンで、ポイントカラーは明るめのベースにターコイズブルーを入れています。ピンクブラウンとターコイズブルーは反対色なのでより色同士が際立ちます。明るさと色の両方でエッジを利かせる事ができるので、アクセサリーのような仕上がりになります。

ショート・ネープにポイントカラー②

ショートスタイルだけの特權は、ネープのポイントカラーが目立ってくれるところです。ネープにポイントカラーをするだけでしっかりとデザインが際立ちます。ネープを1回軽くブリーチをするだけです。1回のブリーチは10分程度で、シャンプーとトリートメントをします。

そしてレッド系の色を入れるだけの簡単セルフカラーの出来上がりです。ボブやロングではこのデザイン表現はできません。ショートスタイルの方だけができるインナーカラーです。

ボブ・サイドインナーカラーで立体的に③

ふんわりボブスタイルには、サイドのセルフインナーカラーがベストマッチです。髪をかきあげたり、風でなびく髪の隙間からチラリと見える色がおしゃれ度をグンと上げてくれます。サイドの髪を間引くような感じで取り、ブリーチでポイントカラーをしていきます。ペールイエローまで抜くのがポイントです。

ブリーチ後はシャンプーとトリートメントをします。後はネイビー系の濃い目の色を入れるだけです。上品だけどエッジの効いたおしゃれ感がいいですよね。大人の女性もチャレンジしやすいインナーカラーです。

ボブ・シルバーグレイの毛先で遊ぶ④

ふんわりとしたガーリーボブには、辛口のシルバーグレイのセルフインナーカラーで遊び心を表現します。ベースはアッシュ系のカラーがおすすめです。やり方は、サイドの内側をしっかりとブリーチします。

2回ブリーチするのがおすすめで、ペールイエローまで抜くのがポイントです。紫シャンプーした後は、シルバーグレイの色みをのせるだけで出来上がります。

ロング・内側にイエローでポイントインナーカラー

ロングはベースの髪色はアッシュベージュで柔らかな髪色に仕上げます。インナーカラーは少しエッジを効かせるために、ネープを明るめにブリーチします。そしてイエロー系で仕上げます。そうする事でサラサラのストレートヘアなのにエッジの利いたデザインカラーに変身します。

ロング⑥さりげなくインナーカラー

ロングのポイントインナーカラーはサイドの髪をポイントで少し細めに明るくブリーチします。ベース色もブリーチの部分も、ブルーグレーの柔らかな髪色で仕上げます。そうする事でトーンの異なるブルーグレーの色が出来上がります。

派手な仕上がりではありませんが、さりげないインナーカラーが洗練されたオシャレ感を出してくれています。おしゃれに対するこなれ感が出るデザインです。

セルフインナーカラーにおすすめの市販カラー剤とは?

ベース作りの為のブリーチ剤

Amazonで詳細を見る

自分でブリーチをする場合は、出来るだけ何度もブリーチをしなくてもいいように、1度でしっかりと抜けるブリーチがおすすめです。何度も自分でやるとムラの原因になります。このメガメガブリーチはブリーチの中でもしっかりと明るくなってくれます。1度でしっかり抜けてくれるので安心です。

セルフブリーチ初心者や向け

Amazonで詳細を見る

ミストタイプのブリーチです。セルフのブリーチ初心者やあまり明るくしすぎたくない方にオススメのブリーチです。パワーは弱いですが、抜けすぎるのが怖い方にはお勧めです。普通のカラーよりは明るくなるけどクリームのブリーチのようにいきなり金髪にはなりません。

インナーカラーには必須の紫シャンプー

Amazonで詳細を見る

自分で明るめインナーカラーをする場合やセルフで明るめブリーチをする場合に紫シャンプーは必須です。特にシルバー、ブルー系、グレイ系をする時はブリーチ後の黄色くなった髪色が色表現を邪魔してしまいます。そんな時はこの紫シャンプーがあれば簡単に色表現を叶えてくれます。

もうひとつの使い方として、ブリーチしている髪に色を入れ1ヶ月くらい立った時はどうしても金髪になってしまいます。そんな時に応急処置として紫シャンプーをするとブリーチ後のギラギラした金髪が少しくすんで柔らかい色になってくれます。

エッジを利かせたカラーには

Amazonで詳細を見る

セルフカラーでピンク、レッド、ブルー、などビビッドなヘアカラーをしたい方は、断然このカラーバターがおすすめです。どの色も簡単にしっかりと色が表現できます。アクセサリー感覚のポイントカラーやサイドやネープにエッジの効いたカラーをする時におすすめのカラーです。

もちろんカラーバターにはシルバー系の色もあります。3週間くらい経てば色も落ちていきます。色がある程度落ちてくれたら色みチェンジをして別のお色みを楽しむことも可能です。

インナーカラーでもっとおしゃれを楽しもう!

今や市販のカラーも様々なバリエーションがあります。もちろん美容室に行ったほうがプロがしてくれるのでクオリティーは高く仕上がります。だけどそれに負けないくらい市販のカラーも色のバリエーションがあり、簡単に仕上がるようにできています。

いろんなおしゃれを誰よりも楽しむには、自分自身の手で自分だけのオリジナルのポイントカラーを表現してみてもいいのではないでしょうか。その時々の気分でいろんなカラーを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。