INDEX

高校生の平均的なバスト(胸)の大きさは?

女子高生の平均的なバスト(胸)の大きさはB~C!

高校生の時期が一番成長ホルモンが活発なため、バスト(胸)の成長も著しい時期です。しかし株式会社ワコールの調査によると理想のカップ数はC〜Dカップというアンケート結果が出ています。最近スタイルアップのためジムでの写真をインスタに投稿する芸能人も多く、女子高生の間でもスタイルに気を使う子が増えています。

バスト(胸)が大きくなる時期

小学校4年生頃から高校生にかけて大人の体に近づく準備を始めるので、この時期がもっともバスト(胸)が大きくなりやすい時期です。この時期に自分に合ったサイズのブラジャーを着用することが、バストアップへの近道になります。

高校生くらいになると彼氏ができる子も多いのでは?彼氏がバスト(胸)の大きさについてどう思っているのかも気になるところですよね。そんな女子高生にはこちらの記事もおすすめです。

Small thub shutterstock 316321697
関連記事 彼女は巨乳な方がいい!?胸やおっぱいのサイズはどれくらいが好き?

彼女の胸は巨乳な方がいい!と思っている男性はどれくらいるのでしょうか?

バスト(胸)のサイズの正しい測り方

自分のバスト(胸)に合ったブラジャーを身に着けよう

高校生はまだまだ成長期です。自分の正しいバスト(胸)のサイズが分かっていないとしっかりとサポートできません。サイズが違っていたりブラジャーがずれてしまっていると女子高生のうちは特にバスト(胸)の成長に影響が出てしまいます。正しい測り方で自分のバスト(胸)に合ったブラジャーをつけましょう。

Small thub shutterstock 156996335
関連記事 ブラジャーのサイズ合っていますか?測り方と選び方でバストは変わる!

女性にとってなくてはならないブラジャー、ちゃんと付けられていますか?

ワイヤー入りのブラジャーでバスト(胸)を大きくしよう

スポーツブラなどワイヤーが入ってないブラジャーをつけて、走ったりすると胸が揺れて、胸の大事な筋が切れてしまいます。この筋をクーパー靭帯といい、このクーパー靭帯が一度切れてしまうともう元には戻りません。せっかくバスト(胸)が大きくなっても、バスト(胸)が垂れていたら残念ですよね。

高校生のバスト(胸)を大きくする方法6選|食べ物・食生活①

高校生のバストアップ方法1位はダントツ食生活!

食生活が一番バスト(胸)が大きくなる方法なんてびっくりですよね!でもまだまだ成長期の高校生の皆さんにとっては食べ物が何より大切なんです。バスト(胸)を大きくするためにいろいろがんばったところで、必要な栄養素が摂れていないとなんの意味もありません。まずは日頃の食生活を見直してみましょう。

高校生のバスト(胸)を大きくする食べ物①豆乳

なぜ大豆製品を食べるとバスト(胸)が大きくなるかというと、イソフラボンを摂取することで乳腺細胞を増やす女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す作用があるんです。エストロゲンの分泌が増えると乳腺が刺激され乳腺のまわりの脂肪が発達してバストアップに繋がります。毎日の食事に大豆製品を取り入れてみましょう。

バストアップだけでなく、お肌がツルツルになったり、髪の毛につやが出たり、満腹感も得られるので健康的にダイエット効果も期待できる万能食品です。高校生くらいになるとダイエットにも興味が出てきますよね。おやつにおからクッキーもおすすめです。小腹が空いた時に食べれば、バストアップできてお腹も満たされます!

一番手軽にイソフラボンを摂取できるのが豆乳です。200㎖飲めば1日の摂取目安量になります。豆乳といっても調整豆乳や味のついた豆乳などいろいろあります。ぜひこちらの記事も読んで豆乳を極めてみましょう。

Small thub shutterstock 243188278
関連記事 豆乳ダイエットのやり方は?飲むタイミングや量はいつがベスト?

豆乳ダイエットは飲むタイミングや量などルールを守れば健康的に痩せること

\ POINT /

POINT

イソフラボンの1日摂取目安量は70㎖~75㎖。摂りすぎもダメ!生理中は控える

イソフラボンが多く含まれる食品
  • 豆乳・豆腐・納豆・おからクッキー・味噌・きな粉・味噌汁

高校生のバスト(胸)を大きくする食べ物②りんご・キャベツ

高校生のバスト(胸)が大きくなるのに必要な栄養素ボロンがキャベツやリンゴに多く含まれています。 ボロンには、イソフラボンと同じく女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す作用があるんです。お肌がツルツルになるだけでなく、骨の形成をサポートし、カルシウムの排出を抑制する働きもあります。

バストアップのためにボロンを効果的に摂取するためには注意点がいくつかあります。1つ目はとても熱に弱いといこと。2つ目は調理後すぐ食べるということ。ボロンも摂りすぎると肌荒れしたり、生理不順になったりと逆効果になってしまいます。1日の摂取目安量は3㎎です。え?それってどのくらいと思われますよね!

リンゴなら1日3個、キャベツでいうと1日1玉です。そんなに食べれるわけない!しかも生で食べなきゃいけないのにと思われますよね。なので一番効率の良い食べ方は、食前に食べる・朝食に食べるのがおすすめです。空腹時の方が体の吸収率が高いので栄養素を摂取しやすくなります。1つの食材で摂るのは無理がありますね。

\ POINT /

POINT

生のまま食べる・調理後すぐ食べる・組み合わせて食べる

ボロンが多く含まれる食品
  • キャベツ・ブロッコリー・リンゴ・ぶどう・ナッツ類・レーズン・海藻・はちみつ

高校生のバスト(胸)を大きくする食べ物③鶏のささみ

バスト(胸)を支える土台となる大胸筋は、たんぱく質で出来ています。たんぱく質が不足すれば、大胸筋も衰えてしまいますのでバスト(胸)が垂れてしまう可能性があります。たんぱく質にも女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す作用もあります。その他に皮膚、筋肉、臓器なども形成する重要な栄養素です。

たんぱく質の1日の摂取量目安は、成人女性で40ℊです。摂りすぎると太ってしまったり体臭や便秘の原因になります。ささみは脂肪分が少ないのでたんぱく質がしっかり摂れて低カロリーなので特におすすめです。だからといって毎日ささみばかり食べていても他の栄養素が摂取できないのでバランスの良い食事を心がけましょう

\ POINT /

POINT

わさび・かぶ・唐辛子・さやえんどう・生姜・山芋・大根と一緒に食べるとより効率的にタンパク質を摂取できる!

たんぱく質が多く含まれる食材
  • ささみ・鶏肉・豚肉・牛肉・卵・チーズ・魚

高校生のバスト(胸)を大きくする方法6選|食べ物・食生活②

高校生のバスト(胸)を大きくする食べ物④緑黄色野菜

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAには新陳代謝を高め、バスト(胸)にハリと潤いを与えてくれるのでピンっと張ったバスト(胸)の形ができます。それだけでなく髪がつやつやになったり、皮膚、粘膜の機能を正常に保ってくれるのでお肌もツルツル。高校生のうちから美しさを保つためにも摂取するべき栄養素です。

バスト(胸)をおおきくするために必要な栄養素ビタミンAですが、少量で1日の必要摂取量が摂れます。今まで紹介してきた栄養素と違い、ビタミンAは加熱することで吸収率が上がります。ですが摂りすぎには注意が必要です。嘔吐・頭痛の原因にもなります。鶏レバーは焼き鳥1本でも1日の摂取量を超えるので注意が必要です

\ POINT /

POINT

レバーや内臓系は少なめに・温野菜を積極的に食べよう!

ビタミンAを多く含む食材
  • 海苔・レバー・うなぎ・とうもろこし・春菊・モロヘイヤ・かぼちゃ・にんじん・トマト・ピーマンなどの緑黄色野菜、ニラ、魚卵など

高校生のバスト(胸)を大きくする食べ物⑤豚ヒレ肉

バストアップに必要な栄養素ビタミンB1が多く含まれているのが豚ヒレ肉です。代謝を促進し、血行がよくなる事により、バストに栄養が運ばれやすくなります。シミ・そばかすにも効果があります。

1日の摂取目安量は1.1㎎ですが、水に溶けやすい性質を持っているので体にとどまりにくい栄養素です。そのため、多めに食べても1日の摂取目安量を摂取するのは難しい栄養素です。豚ヒレ肉は100ℊあたり0.94㎎のビタミンB1を含有していますが同量の栄養素を摂取できるわけではありません。

\ POINT /

POINT

1日の摂取目安量より少し多めに食べる!

ビタミンB1を多く含む食品
  • 豚ヒレ肉・ぬか漬け・生ハム・豚もも肉・たらこ

高校生のバスト(胸)を大きくする食べ物⑥レバー

バストアップに必要な食品、レバーに含まれるビタミンB2は血行を促進し、バスト(胸)を垂れにくくしてくれます。脂質をエネルギーに変えるため、ダイエットにも必要不可欠な栄養素です。また、高校生にはあまり必要ないかもしれませんが、抗酸化作用があるため老化の防止にも効果があります。

1日の摂取目安量は1.2㎎です。ビタミンB2も水に溶けやすい性質を持っているので、体内にとどめておけません。ただ、酸や熱に弱いわけではないので、料理方法によって減ってしまうことは、あまりありません。比較的多くの食品に含まれている栄養素なのでバランスの良い食事を心がけていれば自然と摂取できる栄養素です

\ POINT /

POINT

レバーが苦手な人は他の食品で代用しても大丈夫!

ビタミンB2を多く含む食品
  • レバー・卵・牛乳・海苔・納豆・にんじん・ほうれん草・うなぎ

高校生のバスト(胸)を大きくする方法6選|マッサージ・ストレッチ①

高校生のバスト(胸)を大きくする方法①リンパマッサージ

鎖骨の上にはリンパ液の最終出口があります。リンパ液の流れが悪くなると老廃物や毒素が体内に溜まりやすくなります。そうなるとバスト(胸)に必要な女性ホルモンがバスト(胸)に届きにくくなってしまいます。リンパ液の流れを良くしてバストアップできる体内環境を作りましょう。

リンパマッサージ①
  1. 1.右の鎖骨を3つに分けて端っこ・真ん中・端っこを指で強めにするように押します。
  2. 2.3回繰り返す、左も同様に行います。
  3. 3.右側の.あばら骨とあばら骨の間に指を置き手を添わせます。体の中心から脇へ指をすべらせます。(マッサージオイルがあれば、つけましょう)
  4. 4.体の中心から脇へややしっかりめの力を入れて、指をすべらせます。
  5. 5.3回繰り返し、左も同様に行います。
  6. 6.肩と鎖骨の間にある凹っとしたところを指で押さえます。
  7. 7.指で押さえていない方の腕を前後に力を抜いて揺らします。
リンパマッサージ②
  1. 1.鎖骨を指で挟み、肩のほうへ流します(マッサージオイルがあればつけましょう)
  2. 2.左右5回ずつ力を抜いて優しくさすります。
  3. 3.右腕を頭の上にあげ、左手で脇を包み込みます。
  4. 4.円を描くように10回回します。息を吐きながら優しくおこないましょう。
  5. 5.反対側も同様に行います。

高校生のバスト(胸)を大きくする方法②腕立て伏せ

うでたてふせ

バスト(胸)を大きくするための腕立て伏せは普通の腕立て伏せとは少し違います。ポイントは胸の真横に大きく腕を広げるだけ!手首と肘は一直線上に置きます。これを毎日20回3セット行います。膝をつけてもOKです!家でやる時間がないわという高校生には、立ったまま壁を使ってやる腕立て伏せもおすすめです。

壁を使った腕立て伏せ
  1. 1.壁に手をつきます。肩より少し広めに手をつき、手はハの字に置きます。
  2. 2.息を吸って壁に近づき、息を吐きながら腕を伸ばします。
  3. 3.これを1分間続けます。

高校生のバスト(胸)を大きくする方法③ツボ押し

高校生でも手軽にできる方法です。バスト(胸)が大きくなるのに効果的なツボは8つあります。ツボの位置を覚えて毎日実践してみましょう。親指を使って深呼吸をしながら息を吐くときに押します。ゆっくり呼吸して肩に力を入れずリラックスした状態で行うのがポイントです。

高校生のバスト(胸)を大きくする方法6選|マッサージ・ストレッチ②

高校生のバスト(胸)を大きくする方法④半身浴

胸が大きくなるのとあまり関係ないように感じる半身浴ですが、血流がよくなることにより女性ホルモンが正常に分泌されバストアップにつながります。高校生のうちから自分磨きに力を入れておけば大人になってからもスタイル美人になれますね!

半身浴は39度のお湯に20分~30分くらい浸かります。女子高生に人気の西野かなを聴きながら、半身浴なんていうのもいいですね!映画やドラマを観ながら半身浴するのもおすすめです。バストアップもできてダイエットにもなるなんて、これはもうやるしかないですね!

入浴後は乾燥しやすいのでしっかり保湿しましょう。女子高生のうちはまだお肌がツルツルなのでそんなに気にならないかもしれませんが、高校生のうちからスキンケアに気を付けていると30歳になったときの肌に大きく差が出ます!化粧水選びも重要です!ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 281827754
関連記事 肌美人が必ず選ぶ美容液の成分とは? 効果的な化粧水の選び方・使い方

スキンケアの基本は化粧水と美容液。美肌には保湿が欠かせません。保湿に必

高校生のバスト(胸)を大きくする方法⑤ストレッチ

とっても簡単なストレッチなので、高校生の皆さんでも毎日続けられるはずです。一番効果的なのはお風呂上りです。ちょっとした方法でバスト(胸)が大きくなれたら、うれしいですね。他にもバストアップできるストレッチがたくさんあるので、慣れてきたら追加していきましょう。

ストレッチ①
  1. 1.足を伸ばして、座ります。
  2. 2.足を伸ばしたまま、片手を真後ろに置きます。指先は外側へ向けます。
  3. 3.体をひねりながら、おしりは床につけずに胸を床につけます。
  4. 4.左右3回ずつ行います。
ストレッチ②
  1. 1.四つん這いになります。
  2. 2.両手をついて、頭を下げ、お尻を高くあげたまま20秒キープします。

高校生のバスト(胸)を大きくする方法⑥エクササイズ

エクササイズ

ちょっと覚えるまで時間がかかるかもしれませんが、エクササイズもバスト(胸)を大きくするためには大切な方法です。一度覚えてしまえば学校でもどこでもできちゃうエクササイズをご紹介します。

簡単バストアップエクササイズ
  1. 1.手を胸の前で合わせて手と手を押し合いながら、前に押し出します。息を吐きながら押し出し、吸いながら戻します。これを1分間続けます。
  2. 2.手を胸の前にのばして、交差します。手のひらは下に向けます。交差するときに吐いて吸ってのリズムで1分間おこないます。
  3. 3.肘を90度に曲げて、肘を肩の横に持ってきます。吸いながら腕で肩甲骨をぐっと寄せて、吐きながら手のひらを顔の前に持ってくるを1分間繰り返します。
  4. 4.頭の後ろで手を組みます。吐きながら、後ろに肘を持っていき、吸いながら戻すを1分間続けます。
  5. 5.手をバンザイした姿勢から、右左交互に上げます。1分間続けます。
  6. 6.手のひらを後ろに向けて気をつけの姿勢になります。腕を伸ばした状態で腕を後ろに持っていきます。これを1分間続けます。
  7. 7.手を真横に伸ばし、手のひらを上にします。肩甲骨を寄せるように息を吸って手を後ろに伸ばし、吐きながら前に戻すを1分間繰り返します。
  8. 8.息を吐きながらバンザイします。吸いながら気をつけの姿勢に戻ります。これを1分間続けます。

ナイトブラなどバストアップアイテム6選①

高校生のバスト(胸)を大きくするグッズ①ナイトブラ

Amazonで詳細を見る

Angeliir ふんわりルームブラ。形やデザインが少ないナイトブラのなかで、こちらの商品はカラーバリエーションが豊富でデザインも可愛いので、高校生にも抵抗なくつけられるブラジャーです。しかも夜だけでなくそのまま1日つけていてもOK!雑誌やインスタでもよく取り上げられている商品です。

ノーブラで寝ると楽ちんな気がしますが、実はナイトブラをつけずに横になると脇や背中にお肉が流れてしまいます。いろんな方向から重力がかかり、せっかくのバスト(胸)にあったはずのお肉が流れてしまい、バスト(胸)が小さくなるだけでなく垂れてしまったり、背中にいらないお肉がついてしまいます。

ナイトブラはノンワイヤーで締めつけることなく、脇や背中にお肉が流れないようにバスト(胸)を包み込むように設計されています。しかもノーブラで寝るよりナイトブラを着用したほうが安眠できると言われています。良質な睡眠はバストアップにも繋がります。

高校生のバスト(胸)を大きくするグッズ②育乳ブラ

こちらもナイトブラの一種ですが、1つ違うのが寝ている間にバスト(胸)を大きくするツボを5つ押してくれます。バスト(胸)を大きくする方法③でご紹介したツボ押しを寝ている間に勝手に押してくれる商品です。高校生のうちは勉強と遊び大忙しなので、面倒くさがりな方や時間のない方にもおすすめです!

他にも高校生でも買いやすい価格帯のナイトブラや育乳ブラがたくさん販売されているので、自分にあったものを見つけてみましょう。

高校生のバスト(胸)を大きくするグッズ③ダンベル

Amazonで詳細を見る

胸の筋肉を鍛えることにより、バストアップへの近道になります。必要な道具はダンベルと背もたれがないベンチだけです。ベンチがなければテーブルなどを代用してもOKです。ダンベルは3㎏~5㎏の物を使いましょう。友達を誘って一緒にやれば、高校生生活も楽しくなるし、バストアップもできて一石二鳥です!

ダンベルフライ
  1. 1.ベンチなど背もたれのない椅子にあおむけになります。
  2. 2.ダンベルを持ち、腕を胸の真上にまっすぐ伸ばします。
  3. 3.肘を少し曲げながら、腕を胸の真横に下ろし、10秒キープします。胸を広げることを意識します。
  4. 4.腕を上下に少し揺らします。20回繰り返します。
  5. 5.これを3セット繰り返します。
ダンベルプレス
  1. 1.ベンチなど背もたれのない椅子にあおむけになります。
  2. 2.ダンベルを持ち、肘を曲げて胸の横までダンベルを下ろし、10秒キープします
  3. 3.ダンベルを20回揺らします。
  4. 4.これを3セット繰り返します。

ナイトブラなどバストアップアイテム6選②

高校生のバスト(胸)を大きくするグッズ④バストアップクリーム

Amazonで詳細を見る

バスト(胸)を大きくする方法にマッサージがありましたね。何もつけずにマッサージをすると滑りがよくないのでついつい力が入ってしまいます。マッサージをするさいに力を入れすぎてしまうと逆効果なので、このバストアップクリームをつけることで滑りが良くなり、マッサージしやすくなります。

バストアップクリームをただ塗るだけでは効果は期待できません。しっかり毎日マッサージを続けることでただマッサージするよりも効果が期待できるものです。ただ高校生には少しお値段が高い商品が多いですね。まだまだ高校生は成長の途中です。無理のない程度に頑張りましょう。

高校生のバスト(胸)を大きくするグッズ⑤マッサージオイル

Amazonで詳細を見る

先ほど、ご紹介したバストアップクリームもとても良い方法ですが、ちょっと私には買えないかもという方や肌が敏感だから心配という高校生におすすめの方法がマッサージオイルです。敏感な高校生の体でも負担なくマッサージすることができます。たくさん市販されているので自分にあったものを見つけてみてください。

Small thub shutterstock 259609874
関連記事 マッサージオイルおすすめ12選!足痩せる?むくみ!効果とコスパを厳選!

痩せる効果やむくみ解消のあるオイルやトレンドのキャリアオイルも詳しく調

高校生のバスト(胸)を大きくするグッズ⑥DVD

Amazonで詳細を見る

ここまでいろいろバスト(胸)が大きくなる方法やグッズを紹介してきましたが、読んでも頭に入らない、手っ取り早くバスト(胸)を大きくしたい高校生の方におすすめなのがこのDVDです。バストアップのカリスマ日本ボディスタイリスト協会理事長大澤美樹先生が監修したDVDなので分かりやすく動画で説明してくれます。

高校生のバスト(胸)を大きくする為に絶対にしてはいけない習慣5つ!

高校生のバスト(胸)アップにNG習慣①睡眠不足

バスト(胸)を大きくするためにとても重要なのは良質な睡眠をとることです。寝ている間に女性ホルモンが分泌されます。睡眠不足だと女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。女性ホルモンが分泌されないとバスト(胸)にしっかりと栄養が届きません。せっかくいろいろ頑張ってもそれではすべてムダになってしまいます。

ただ寝るのではなく良質な睡眠が大切な方法です。できれば22時から2時の間寝ていられると望ましいのですが、高校生の皆さんにはなかなか難しいですよね。ポイントは、食後2時間以内に寝ないこと・最低でも7時間以上眠ることを意識してみましょう。

うつ伏せで寝るとバスト(胸)の形が崩れてしまうので、できるだけ仰向けで寝ると良いです。高校生から25歳までが一番女性ホルモンの分泌が多い時期なので、この時期がバスト(胸)が大きくなるチャンスの時期です。しっかり睡眠をとってバストアップしましょう。

高校生のバスト(胸)アップにNG習慣②過度なダイエット

ここまでいろいろとご紹介してきて、お気付きの高校生も多いかもしれませんが、1番大事なのは食生活です。バランスの取れた食事を摂ることが何よりも高校生のバストアップには必要な方法です。無理な食事制限は筋肉量を減らし、痩せづらい体質になり、一時的に体重が落ちたとしてもまたすぐリバウンドを繰り返すでしょう。

なによりも過度なダイエットをすることにより、バスト(胸)から小さくなってしまう女子高生も多いです。逆に健康的に過ごすことが思春期の高校生の皆さんにとって一番良いダイエットになるでしょう。

高校生のバスト(胸)アップにNG習慣③ストレス

ストレスを貯めてしまうと女性ホルモンの分泌が減ってしまうためにバスト(胸)は大きくなりません。高校生の皆さんもいろいろとストレスを貯めやすい世の中になっていますが、ぜひ自分流のストレス発散方法を見つけてノンストレスを心がけましょう。

Small thub shutterstock 272721998
関連記事 厳選リラックス方法18選!脳からリラックスしてストレス解消するには?

リラックス方法をいくつもっていますか?リラックスすることが必要、リラッ

高校生のバスト(胸)アップにNG習慣④猫背

パソコンやスマホを見る機会の多い高校生の皆さんですが、その時の姿勢を意識したことがありますか?猫背はバストアップの大敵である血行不良を引き起こします。またバスト(胸)を支える大胸筋が衰え、きれいな形を維持できなくなってしまいます。日頃から姿勢を意識しておきましょう。

足を組んで座ったり、立っているときに片足に重心をかけたりするのもしないようにしましょう。良い姿勢をするためのコツがこちらの記事に載っているのでチェックしておきましょう。

Small thub shutterstock 231045031
関連記事 姿勢を意識して正す!良い姿勢をすることで現れる効果は?

姿勢を正す事が良い!と言われていても、その効果を理解していないと、継続

高校生のバスト(胸)アップにNG習慣⑤バストアップサプリ

サプリ

たくさんバストアップサプリが販売されていますが、思春期の高校生の皆さんには必要ありません。むしろホルモンのバランスが崩れて体調を壊してしまうこともあります。まだまだ充分自分の力でバスト(胸)を大きくできる時期なのでバストアップサプリは飲まないようにしましょう。

高校生のバスト(胸)アップにNG習慣⑥ブラトップ

最近女子高生の間でも流行りのブラトップですが、バスト(胸)を大きくするためにはあまり着用をおすすめできません。これまで述べてきたようにしっかりバスト(胸)を支えることが大切です。ブラトップは楽ちんでよいのですが、バスト(胸)の形を形成する高校生の時期に着用してしまうとバストアップの妨げになります。

これだけ知っていれば貧乳女子卒業!

1番大切なことは無理なく続けることです。今バスト(胸)が小さいからと諦めることはありません。高校生の皆さんは規則正しく、バランスのとれた食事を摂ることがなによりのバストアップ方法です。すぐに効果は出ないかもしれませんが、焦って全部やろうとせず、自分にできることから始めてみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

/