INDEX

繊細な人の性格・特徴10選

繊細な人の性格・特徴①変化に気づきやすい

異変に気づく女性

繊細な人は髪を切った、服装の雰囲気が変わったなどといった見た目の変化だけでなく、いつもとは違う匂いや雰囲気を察しやすいのが特徴です。ちょっと変化によく気づく、細かいミスがないといった細やかな視点は繊細な人ならではの特徴とも言えます。

繊細な人の性格・特徴②五感が鋭い

考える女性

繊細な人は五感が鋭いので、鼻がよく利いたり耳が良い傾向があります。五感で受け取る情報が多く、いろいろな音や匂い、味覚などを察知するのこと得意です。

繊細な人の性格・特徴③刺激に弱い

痛がる女性

先述したとおり繊細な人は五感が鋭いので辛いものや炭酸など刺激物が苦手だったり自分に合わない生地の服だとかゆみが伴ったりとなにかと刺激に弱い方も多くいます。刺激が多い環境だと神経が高ぶりやすく、疲れやすくなってしまうのも特徴です。

繊細な人の性格・特徴④人に優しい

手をつなぐdな女

繊細な人は様々な刺激に敏感な分、その痛みを共感しやすいので人に対して優しい人も多いです。ちょっとしたことでも気が利いたり相手の不調に気づいたりと人のために行動できるのも繊細だからこそです。

繊細な人の性格・特徴⑤暴力的な表現の映画やドラマなどが苦手

殴られる男性

繊細な人は暴力的な映画やドラマなどの創作物を見ると自分自身は暴力を受けていないのにまるで本当に暴力を受けたかのように感じてしまう共感力があります。なので暴力的な表現が多いドラマや映画が苦手だと言う人は繊細である可能性が高いです。

繊細な人の性格・特徴⑥他人の感情や気分に左右されやすい

親ノケンカにイライラする子供

同じ職場の人や家族など同じ空間を共有している人が不機嫌だったりイライラしがちだと自分自身もその不愉快な雰囲気に飲み込まれてしまうのも繊細な人の特徴です。繊細な人は他人との境界が薄いので、自分自身のことではなくても他人の感情の影響も受けやすいのです。

繊細な人の性格・特徴⑦空想にふけることがよくある

空想世界

繊細な人は感受性が豊かなので想像力が発達しやすい特徴もあります。ふとした瞬間に過去を思い出したり、空想世界でいろんなことを思い浮かべたりしているので、小さな頃からボーッとしていると言われたことがある方はこの特徴に当てはまっている可能性があります。

繊細な人の性格・特徴⑧感動しやすい

感動する女性

繊細な人は感受性が豊かなので音楽や美術に触れて感動することも多いです。作者の思いや作品に込めたメッセージなどを読み取ることができるので、芸術に触れるのが好きな方や映画やドラマを観ると涙もろくなってしまう方が多いのも特徴です。

繊細な人の性格・特徴⑨他人の言葉を真に受ける

会話する男女

繊細な人は普通の人よりも言葉を重く受け止めたり真に受ける傾向があります。「こうしないと立派な人間になれない」と言われてしまうとそのとおりにならなければいけないと強く思い込みすぎてしまって、うまくいかないと落ち込むことも多いのです。

繊細な人の性格・特徴⑩霊感がある

おばけ絵画

非現実的な話ではありますが、人間の目に見えないパワーやエネルギーは常に飛び交っていて科学では証明できないことも多く発生しているのです。そういったスピリチュアルなことに惹かれやすいのも繊細な人の特徴です。

霊感があったり、誰もいないのに気配を感じる、心霊写真がよく撮れるといった方は繊細である可能性が高いです。目に見えないけど感じることは繊細さにつながるのです。

HSPの意味とは

人一倍敏感である人を指す

頭を抱える男性

hspはHighly Sensitibe Personの頭文字をとったもので「超敏感な人」と言う意味を表します。1990年代半ばにエレイン・N・アーロン博士によって提唱された言葉で、今もhspについての研究が続けられています。また、人口全体の20%(5人に1人)程度の人がhspであるとされています。

hspは誤解を受けやすく、hspに対して間違った認識を持っている人も多く存在します。上記のような特徴を持っていると感じている方はhspである可能性が高いです。

hspは性格や見た目の印象と無関係

本を読む男性

hspは時折臆病者やシャイで内向的な印象を受けがちですが、hspでも外向的で積極的に物事に挑戦できる人もいます。見た目の印象で判断できるものでもないので、自分自身がhspであることに気がつかない人も多くいるのです。

人一倍敏感である性質は生まれつきのものですが、性格は後天的要素なので考え方次第で変えていくことができます。どんなに繊細であっても自分なりの対処法があれば恐怖に臆せず挑戦できることも増えます。

病気ではないので完全に敏感さを治すのは不可能

カルテ

時折hspはうつ病などの精神の病気と混同されることが多いですが、病気ではないので薬や治療で治るものではありません。生まれつきのものなので完全に治すよりはうまく対処するということが大切になります。

主にhspの人が救いを求めるものが病院と宗教です。しかし先述した通り病気ではないので病院で治すものではないですし、宗教も一時の安心は得られますが根本的な解決につながるものではありません。hspを活かしつつも少しでも生きやすくするための対策を以下にまとめたので参考にしてみてください。

HSPの対策・改善方法は?

hsp対策の第一歩は自分の敏感さの把握

推奨

ちょっとしたことで動揺してしまう、周りの人は大丈夫そうだけど自分は大丈夫じゃないと言った具合に繊細な人とは違う感覚があると仲間はずれにされているかのような感覚に陥ります。

しかし今まで過剰に人より驚いてしまったり過敏だったのが敏感な性質のせいだとわかると少しだけでも心が楽になります。心当たりがある方はぜひHSPの診断テスト等を受けてみましょう。

こまめな休息をとる

休息を取る女性

繊細な人は様々なことに敏感すぎるあまり疲労がたまりやすかったりストレス過多になりがちです。短時間でもいいのでこまめに休息をとったり静かな場所で深呼吸したり、休んで充電することを心がけましょう。

お酒や遊びでの憂さ晴らしは一時的に刺激をシャットアウトできますが、そこから離れると一気に現実に戻ってしまいます。できれば刺激の少ないゆったりとした空間で一人の時間を楽しむがオススメです。

100%を目指さない

起こる女性

仕事でも家事でもあまりにも完璧を目指そうとすると、完璧でないところに目がいってしまって時間があまりにもかかりすぎたり余計なストレスを抱えたりすることがあります。それを避けるには100%が一番いい選択肢であるという考え方を捨てる必要があります。

例えば苦手な仕事を頼まれたとき、繊細な人は断ると信頼が崩れるかもと心配しがちな人も多いです。そういった時に全部引き受けるたり完全に断るのではなく、「ここは難しいですが、ここはできます」という交渉するやり方もあるのです。まずはできるかもしれないことに目を向けて、できないことは避けるのが賢明です。

前向きな言葉を口にする

ハートを持つ女性

言霊という言葉があるように言葉にもパワーが秘められています。実は人の性格や考え方はセルフトーキングによって決まることも多く、「自分は○○できない」と考える人よりも「自分は○○はできないけど××はできるかもしれない」とポジティブな言葉を頭で考えている人の方がストレスも少ないのです。

繊細な人は言葉で大きな傷を負うことも多いですが、逆に言葉によって救われることも多くあるのです。ぜひ積極的に本や歌詞など言葉と触れ合ってみましょう。関連記事のポジティブな思考法も参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 157498331
関連記事 悩まないで!人生成功の秘訣は「なんとかなるさ」ポジティブ思考法9選

ポジティブな気持ちになるだけで、仕事や人間関係に抱えていた様々なお悩み

繊細な人が向いている仕事5選

繊細な人の適職①カウンセラーなどの接客業

話し合うカップル

繊細な人は人の気持ちや感情をいち早く察知することができるので、接客業に向いています。特に不特定多数を相手にする接客よりもカウンセラーなど1対1で人と接する職業に適性があります。繊細な人は共感力が強いので、相手の悩みに寄り添えることも接客業に向いているポイントです。

繊細な人の適職②健康・福祉関係

介護する女性

HSPならではの共感力の高さは痛みが分かるので健康や福祉方面の仕事でも役に立ちます。また、整体師やマッサージ師、鍼灸師などといった体に実際に触れて体の異常を察知する仕事も適職と言えるでしょう。

繊細な人の適職③動物と関わる仕事

猫と遊ぶ女性

繊細な人の共感力は何も人間だけに向けたものではありません。動物とも心を通わせたり些細な異常に気づくことができるので、獣医やトリマー、ペットシッターなども向いています。

繊細な人の適職④芸術関係など娯楽を生み出す仕事

絵を書く

芸術関係というと画家や音楽家を想像しがちですが、デザイナーや企画開発などクリエイティブな能力を必要とする仕事も含まれます。繊細な人ならではのアイデア力や感性の高さを活かせます。

また、そういったデザイン関係だけでなく、文章力を必要とする作家やライターなども繊細な人ならではの感性の高さが生きてきます。

繊細な人の適職⑤秘書など人を支える仕事

秘書

繊細な人はどちらかというと先頭に立って人を率いるよりも参謀として人を支える仕事の方が向いています。秘書や専業主婦(夫)、事務職など一見地味でも縁の下の力持ちとして繊細な人ならではの能力を活かすのも向いています。

\ POINT /

レア職業との相性がいいhsp

探偵、占い師、鑑定士、聖職者、アスリートなどレアな職業はHSPならではの繊細さが活かせる仕事が多くあります。些細なことにも気がつき、相手の気持ちに寄り添えるのでこういった仕事も視野に入れてみると意外な転職が見つかるかもしれません。

繊細な人が他人と上手に関わっていく方法は?

広く浅くより狭く深く

ハグするカップル

人脈の大切さが叫ばれる昨今ですが、繊細な人は他人の感情に共感しすぎるので広すぎる人間関係は疲労の原因になります。お互い理解し合えるような信頼の深い関係を大切にしましょう。

友人の少なさを叫ぶより目の前の人間関係を大切にするよう意識してみましょう。無理に広めるよりまずは狭い範囲を深くすることのほうが繊細な人にとっては重要なポイントです。

信頼できる人に自分の敏感さを伝えてみる

話し合うカップル

hspは全体の20%程度しかおらず、なかなか理解してもらえないことが多いです。しかし1人でも理解者がいると精神的な負担は随分と軽くなります。新しく知り合った人ではなく、自分が信頼できると思った人には自分の敏感さを伝えてみましょう。

もしかしたらあなたの敏感さに薄々気づいている人も中にはいるかもしれません。まずは家族や長年の友人など近しい人にHSPのことを伝えてみるのがオススメです。

他人との距離を取る

海を眺める女性

繊細な人はほかの人が怒られているのに自分が怒られているかのように感じたりするため、他人との境界が薄くなりがちです。なのであえて意識的に距離を取った方が結果的にちょうど良い距離感になることも多々あります。

「私は私、他人は他人」と区別することでお互いのパーソナルな部分を尊重できるメリットもあります。他人と距離を取ることは冷たいと思いがちですが、繊細な人にとってはそのくらいがちょうど良いのです。

合わない人からは逃げる

逃げる男性

一般的に「逃げは甘え」との認識が強いですが、繊細な人は普通の人よりも過敏なので自分を守ることを一番に考えましょう。この人とは合わない、自分が攻撃されているように感じる人からは積極的に逃げましょう。

例えば職場にいつもイライラしているタイプの人がいて自分にもそのイライラが伝わってきてツラいといったことは繊細ではない人からしたら大したことではないように思えますが、繊細な人にとっては大問題です。すぐトイレなど静かな所に逃げ込んで脳を鎮静させるだけでもストレスの具合が随分違ってきます。

自らの繊細さを活かして人生をより充実させよう

hspは全体の20%の人が当てはまると言われており、全体的には少数派の存在です。だからこそ、世間で言われている成功哲学や背中を押してくれる名言、一般論などがカッチリとはまらないことも多く、自分はダメなんじゃないかと落ち込んでしまうことも多いです。

hspが20%程度しかいないということは残り80%の人はその感覚を体験したことがないということです。あまり理解されない悩みかもしれませんが、逆にhspの特性を活かせばより充実した人生を生きていくことは可能なのです。ぜひ当記事を参考に人の繊細さについての理解が深まると幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

/