Middle shutterstock 407903728

INDEX

リスクヘッジとは?|リスクヘッジの意味

元々は金融業界で用いられていた言葉

お金

「リスクヘッジ」とは、将来的に起こり得る様々な危険(=リスク)に備えて、あらかじめ体制を整えておくという意味です。単に「ヘッジ」と呼ばれる場合もあります。今でこそ様々なシーンで使われているリスクヘッジという言葉ですが、元々は金融業界で用いられていた株式用語の一つなのです。

 

「危険回避」という意味

ストップ

リスクヘッジには「危険回避」という意味が主に使われています。リスクという言葉には「危険」の意味以外にも、「恐れ」や「不確実性」などの意味としても用いられることがあります。ヘッジには本来「生垣」という意味がありますが、この他にも英語では「つないで損を防ぐ」という意味として使われることもあります。

物事を始める時だけでなく、日常生活においても危険や失敗は付き物であり、中には突発的に生じたものや予想外の出来事もあるかと思います。リスクヘッジとは、そんな「予測できない事態」に対して、何もせず逃げるのではなく、起きてしまう前に対策を立てることで回避するということです。

リスクヘッジの必要性について

仕事におけるミスを防ぐための手段

仕事中

「失敗は成功のもと」とは言いますが、ビジネスにおける損失は出来る限り軽減しておく必要があります。リスクヘッジができるかどうかは、その人の評価にもかかってくる可能性もあります。普段の仕事をするにあたって、確認や整理などの気遣いが仕事におけるミスを防ぐリスクヘッジにつながります。

特にビジネスおいては、自己中心的な考え方や自分の価値観だけにこだわっていると視野が狭くなってしまい、トラブルや非常事態が起こってしまった時に対処が遅れてしまったり、取り返しのつかないことになりかねません。

大きな仕事では準備のためにリスクヘッジが必要

調べる男性

日常生活や業務におけるリスクヘッジも大切ですが、大きな企画を始める時や、新しく何かに挑戦する時にもリスクヘッジが重要になってきます。特に、新しく何かに挑戦する時は、どの程度のリスクが発生するのかが予想しにくく、場合によっては失敗してしまう場合も考えられます。

何か大きなことにチャレンジするときは、あらかじめその分野について「どのような成功例があるのか」「注意すべき点は何か」などのリサーチをしておく必要があります。また、不測の事態に代替案や対策を考えておくこともリスクヘッジとして効果的です。

リスクマネジメントとは意味や使い方が違う

比べる

リスクヘッジと同じような意味合いとして「リスクマネジメント」という言葉がビジネスシーンなどで用いられることがあります。リスクマネジメントは、損失などを回避するためにリスクを組織的に管理(=マネジメント)することを意味します。

一見よく似ていますが、リスクヘッジが損失回避のために個人的に行うことであるのに対して、リスクマネジメントは組織全体のリスクを管理する言葉であり、リスク回避のプロセス全体を指します。リスクマネジメントでは主に、リスクの発見や評価、対策の実施と評価などが行われます。

リスクヘッジはこのプロセスにおいて、リスク対策の方法の一つとして用いられます。リスクマネジメントという大きな枠組みの中にリスクヘッジという言葉があると考えて良いでしょう。関連記事では、私生活や仕事でのトラブルに関する記事をまとめています。日常生活におけるリスクヘッジのために是非参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 565621294
関連記事 悩み事の解消法とは?悩みやトラブルを解決する効果的な方法をご紹介!

現代社会において、悩みやトラブルを抱えている人も少なくありません。そう

リスクテイクとの違い

リスクヘッジは「保守的」・リスクテイクは「挑戦的」な方法

考える女性

リスクヘッジと似た言葉に「リスクテイク」があります。リスクテイクもまたリスクヘッジと同じく、経済分野で用いられる言葉ではありますが、意味が大きく異なります。

リスクテイクとは、危険を承知であえて行動するという意味であり、為替投資などを行う際に損失の可能性があることを知りながら投資することです。一般的に、リスクテイクによる投資などは大きな損失に繋がりやすく、ハイリスクである分、成功した時の利益(=リターン)も大きい場合が多いといわれています。

リスクヘッジが損失や失敗による被害を最小限に留めようとする「保守的」な意味を持っているのに対して、リスクテイクは被害が出ることを知りながらもチャレンジする「挑戦的」な意味を持っているのです。

よく用いられる分野も少し違う

医者

リスクヘッジは経済分野で用いられている言葉ですが、リスクマネジメントはビジネスの他にも医療・介護現場にも用いられることが多いのです。

医療や介護現場では、サービスの提供にあたって、患者や利用者の命にかかわるリスクを防ぐために、職員のシフトや医療器具などをマネジメントする必要があります。同じリスクマネジメントという言葉でも、医療や介護現場では特に事故の発生に対するリスクマネジメントを言います。

リスクヘッジの使い方

ビジネスシーンでは社内会議や打ち合わせなどで使われる

ビジネスシーン

金融業界で用いられていたリスクヘッジという言葉ですが、ビジネスシーンでは特に社内会議や取引先との打ち合わせなどの会話の中で用いられることが多いです。またリスクヘッジという言葉は、話の内容や流れなどによって、使い方が異なる場合があります。以下の例文で考えてみましょう。

Q web

上司:「例のプロジェクトにおける【リスクヘッジ】は何がある?」 部下:「天候がもっとも心配です。また人員の確保にも不安があります」

引用元:Career Rules 理想の転職をするための成功ルール

この例文におけるリスクヘッジとは「想定される危険」のことを意味します。具体的な答えを聞かれた時のリスクヘッジは、このように危険となる要素自体を指すか、もしくは危険に対する対策方法を聞かれている場合が多いのです。

経済分野では投資などに使われる

硬貨

元々金融業界で使われていたリスクヘッジですが、現在でもメディアなどで用いられることが多い言葉の一つです。投資におけるリスクヘッジとは、投資する際に資産を分散してリスクを抑えることを意味します。また「卵は一つの籠に盛るな」という格言があるほど、投資の世界ではリスクヘッジが重要とされています。

例えば、株式投資を行う際に一つの投資先しかない場合、投資先の株価が下がってしまうと、その分だけ損失が出てしまいます。この時、出来る限り損失が出ないように複数の投資先を開拓し、分散投資することによって大きな損失を防ぐことができます。この方法を「リスクヘッジ」といいます。

ここで注意したいのが、リスクヘッジの意味がビジネスシーンと経済分野で使は異なるということです。ビジネスシーンで用いられるリスクヘッジは主に「トラブルやアクシデントに対する対策」という意味ですが、投資や株などの経済分野におけるリスクヘッジは具体的な対策方法が定まっています。

その他のリスクヘッジの使い方

文章を読む女性
Q web

また、自らからも少なくとも二ヶ月に1回程度は韓国に出かけている。 ただし、一人旅は好まず、リスクヘッジのため必ず友人・知人を同行させている。

引用元:Tap-biz

Q web

病院では、医療ミスなどが起こるなどのリスクヘッジとして、賠償責任保険への加入などが行われている。

引用元:Tap-biz

新聞やテレビなどをはじめとするメディアでは、上の例文のような使い方をすることがあります。専門的な分野で用いることが多いため、一見難しそうに思える言葉ではありますが、基本的に「危険回避」や「トラブル防止のための方法」の意味として考えるとよいでしょう。

会話におけるリスクヘッジの使い方には注意

会話

リスクヘッジはこの他にも、様々な使い方をすることがあります。実際のビジネスシーンなどでは、会話内容からどの意味になるかを考えるように心がけましょう。関連記事では、ビジネスシーンで用いられる言葉についての記事をまとめています。こちらも是非ご覧ください。

Small thub shutterstock 384131872
関連記事 カタカナ語・略語などビジネス用語37選!メールや会議で使える例文つき

今やビジネスマンにとって習得必須となったビジネス用語はカタカナ語、略語

日常におけるリスクヘッジとは?

生命保険や任意保険などの「保健」としての方法

介護

事故や病気から退職や転勤といったライフスタイルの変化など、生きていく中で突発的に起こるトラブルには様々なものが考えられます。それらの不確実な事態によって起こり得るリスクに対して備えるために加入するのが「保健」です。この保険も、日常生活におけるリスクヘッジの一つです。

へそくりや積立貯金などの「貯蓄」としての方法

貯金

日常生活におけるリスクヘッジの代表的なものの一つに「貯蓄」があります。将来の夢や特別な目的のためだけでなく、事故などで働けなくなった時や突然お金が必要になった時のための予備として貯金をするという人も少なくありません。このような貯蓄については日常生活におけるリスクヘッジの一つと言えるでしょう。

生活習慣の見直し

生活リズム

食生活の乱れや睡眠不足からストレスまで、病気の原因になり得る要因は生活習慣の中に潜んでいる場合が多くあります。これらの病気の原因になり得る要因を改善することで、病気によるリスクを予防することも生活におけるリスクヘッジの一つと言えます。

関連記事では、生活習慣の中でも特に注意しておきたい「食生活」についての記事をまとめました。病気のリスクヘッジの一環としてこちらも参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 635629901
関連記事 食欲が止まらない!生活習慣の中で食欲を抑える方法とは

食欲はダイエットの大敵。食事をとって食欲が止まらない、おやつを食べてし

恋愛におけるリスクヘッジとは?

パートナーの社会的ステータスに基づいた恋愛

ディナーの様子

恋愛においても、リスクヘッジ型の恋愛をする人も少なくありません。リスクヘッジの手段の一つに「社会的ステータスに基づいた恋愛」があります。相手の職業や年収をはじめとする、将来的な安定を中心にパートナーを選ぶ方法です。恋愛だけでなく、将来的なリスクヘッジの一つとして結婚をするという人も中にはいます。

また、恋愛において、年収や職業などといったパートナーの社会的ステータスは男性よりも女性の方か重要視する傾向があります。男性は女性を選ぶ際に、体型や性格などをはじめとする「見た目」を重視するのに対して、女性はパートナーと支え合って生活できる程度の収入をパートナー選びのポイントにする人が多いようです。

自分の性格に合わせてパートナーを選ぶという恋愛の方法

ラブラブ

恋愛におけるリスクヘッジには、社会的ステータスではなく精神的な安定を重視する人もいます。例を挙げると、自分のような性格の人間がタイプであるという人をパートナーに選んだり、自分の性格や癖を受け止めてくれるパートナーを探すという方法です。

恋愛においては、どうしても相手に合わせようと自分が無理をしたり、性格や考え方の不一致などからトラブルに繋がってしまうという場面に遭遇することもあります。このリスクヘッジの方法を取る人には、恋愛におけるトラブルを出来るだけ回避し、気楽に恋愛を楽しみたいという考えの人が多いようです。

関連記事では、結婚相手に求める条件やポイントについての記事をまとめています。恋愛におけるリスクヘッジについて考えるための参考として、こちらも是非ご覧ください。

Small thub shutterstock 123103753
関連記事 結婚相手に求める条件とは?妥協するべきポイント17選

今回は、結婚相手に求める条件と妥協しなければならない17選を併せてご紹

リスクヘッジで将来の不安を解消しよう!

リスクヘッジという言葉はビジネスシーンだけでなく、今や私達の日常生活においても身近なものといえる言葉になりつつあります。これから先の未来で起きる出来事は予測ができないことの方が多く、人々の「念のために」という気持ちが、リスクヘッジという言葉を生み出したと言えるでしょう。

もし仕事や日常生活におけるリスクヘッジについて不安なことがあれば、弁護士や専門家に相談するなど、外部機関の力を借りるのも方法の一つです。

「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、これから先に起こる可能性があるリスクやトラブルを出来るだけ回避するためにも、生活や仕事などをはじめとする様々な場面でのリスクヘッジ方法について、改めて考えてみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。