INDEX

2018年のキャップのトレンドは?

スポーティーなデニムキャップが2018年夏のトレンド!

2018年のキャップのトレンドと言えばデニムキャップ!最近は幅広いブランドからもデニムキャップが販売されていますよね。デニムキャップにはシンプルで無地のもの・ブランドのロゴ入りなどがあり種類がとても豊富。デニムキャップは何といっても夏に合うどんなコーデにも簡単に合わせやすいキャップの種類です。

気に入った素材のキャップを手に入れて、新しい自分を表現してみませんか?そこで今回は、新しい自分を表現したい・ファッションの系統をガラッと変えてみたい!という方にもわかりやすいように夏に挑戦してみたいキャップコーデをご紹介したいと思います!

春夏秋冬どの季節もキャップの王道はシンプルキャップ

なんといっても、シンプルなキャップは場所を問わず、どんな場面でも被れるところが魅力ですよね。ちょっとしたお買い物に被ったりもできますし、気合を入れてお洒落をするときに被っても素敵です!流行りもなく、飽きもしないといった点では持っていて損はありませんし、何個持っていても使えるところも魅力ですよね。

スナップバックだとその日の髪型などでも大きさが調整できます。自分には帽子が似合わないと思っている人や、帽子に抵抗がある人でも身に着けやすいアイテムなので帽子が初めての方にもオススメです。シンプルなキャップは勘違いされがちですが、ガーリーなファッションにも合うアイテムなのでジャンル問わず着こなせます!

【2018年夏】キャップのおすすめ王道コーデ

23.デニムキャップ&白シャツ&グレーのレギンス

どんなコーデにも白は合いますが、デニムキャップにも白を合わせるのが定番です!どんな系統の服を着る方でも白は合います。やっぱり夏は涼しい色が良いですよね。黒ばかりだと少し暑苦しく見えてしまいがちですが、白をチョイスすることによりキャップとのコーデが調和され涼しい感じになりキャップも強調されます

少しのお出かけだけに着ても、お洒落に見える可愛いコーデになります!パンツなどのアイテムもキャップと同じ色調で揃えてみるのもオススメ。今年流行りのウエストポーチを持ってみたりすれば2018年にあったデニムキャップコーデに!このコーデの場合は灰色のレギンスを履くことで、より涼しい印象になっていますね。

22.黒のマリンキャップ&黒タンクトップ&フリンジの黒デニムパンツ

夏の服で必ず持っている黒のタンクトップや黒のパンツ。色の合わせ方が地味すぎるから嫌!という場合でも、派手なアイテムを少し取り入れながら色の一緒くたコーデをすると意外に可愛いなんてことも。ロングカーディガンや小物(鞄・時計)など羽織るものや飾るもので色付けすれば、コーデはバランスが綺麗に取れます。

さらにピアスなどのアイテムを取り入れていきましょう。黒にはゴールドなどの少し目立つ色調が合うので黒のマリンキャップにあう派手なアイテムを取り入れましょう。一緒くたコーデはそれぞれの服の色がいかに似ているか、同じ色かがポイント。あまり違いすぎると不自然に見えてしまうので色には十分気を付けて下さい!

21.黒のキャスケット&ロングベスト&ワイドパンツ

キャスケットは、大人なコーデの印象がありますね。キャスケットを被るときは黒や白といった色でコーデをすることで、普段よりも大人な女性を演出できます。なので暗い色調の服装はキャスケットにオススメ。ロングベストやワイドパンツは着こなし方でさらに大人感がアップします!

服装が少し控えめ分、アクセサリーなどのアイテムは派手にしてもいいと思いがちですが、この場合は落ち着いたアイテムを選んでいきましょう。バックなども控えめなものにすることで全体に『大人な女性』という雰囲気が出て統一感あるコーデに。少し夏っぽさを出したい場合は落ち着いた色のサンダルなどを履いてみましょう

【2018年夏】キャップの流行デートコーデ

マリンキャップは夏のデートにもオススメ!

マリンキャップとは、少し前に船乗りさんたちが身に着けていたアイテムです。トップが平らでマッシュルームっぽいボリューミーな形の帽子のことを言います。ツバが小さく丸いのが特徴です。マリンキャップはガーリーなファッションから大人なコーデまで、幅広いコーデに取り入れられる万能アイテムなので女性からも大人気。

20.ベージュのマリンキャップ&ダメージスキニー&白サンダル

夏に可愛いキャップのデートコーデですが、女子感が漂うベージュを取り入れたコーデからのご紹介。マリンキャップは春夏秋冬問わずに被れるという魅力あるキャップですが、夏にでも被りたい場合は暑苦しくない色調のものを選びましょう!ベージュは白や黒などの色とも合わせやすいので特にオススメの色です。

マリンキャップ×ダメージスキニーは抜け感を出してサンダルなどを合わせると、少し暑苦しいマリンキャップの印象も夏らしさのあるコーデへと変わります。トップスの色が何色でもバランスが取れるのが魅力です。『持っている洋服の数が少ない』という人でも、簡単に可愛く着こなせるコーデなのでオススメです!

19.黒のマリンキャップ&ロングベスト&ダメージスキニー

黒のマリンキャップは、暑い季節から寒い季節まで使える万能アイテム!このコーデでは、黒のマリンキャップに白や薄いピンクを合わせることで全体的に大人な女性のイメージになっていますね。ロングベストはマリンキャップとの相性がとてもよく、羽織るだけでファッション全体の雰囲気がガラッと変わります。

タンクトップ×ハイウエストのダメージジーンズを履くことによって、夏っぽさがさらに出ます。夏っぽさを求めないコーデであれば、ワイドパンツなどを履いてもバランスが良いですね!アイテムに悩むコーデですが、この場合は、ピアスや時計、シューズなども大人っぽいものを選んで行きましょう。

18.黒のマリンキャップ&チェックのビスチェ&チェックガウチョパンツ

先ほどご紹介した黒のマリンキャップコーデとは打って変わって、印象が全く違うコーデに。マリンキャップにはチェックやストライプなどの柄物なども合います。ビスチェとガウチョパンツをオールインワン風に着こなすことで可愛さも表現しています!もう少し大人っぽさを出したい場合は、靴をパンプスなどにしてみましょう。

【2018年夏】可愛い・ガーリーなキャップ流行コーデ

ロゴキャップは夏のガーリーなコーデにもぴったり!

ロゴ入りキャップは、夏でも冬でも被っているだけで可愛いアイテム。その名の通りキャップにロゴが入ったキャップですが、世代を問わずに被れる優れものです。ブランドのものから、ノーブランドのものまで文字やロゴも幅も広いところも人気の一つです!ブランドでなくても可愛いものが多いので値段を感じさせません。

17.ネイビーのロゴ入りキャップ&ピンクのタンクトップ

キャップの色でネイビーは少し珍しいですが、そのネイビーと相性抜群なのがピンクやベージュといった色。このコーデではピンクのタンクトップをチョイスしていますが、色に統一感がありますね。デニムのショートパンツとのバランスも良く女の子っぽい印象に。露出度の高い服なのでカーディガンを羽織るのも可愛いですね。

16.黒のロゴキャップ&ストライプのガウチョパンツ

黒のロゴキャップは、柄物を合わせるコーデもオススメ!このコーデではストライプのガウチョをチョイスしていますが、他にも花柄・ドット柄・チェック柄・なども合います。着る柄に合わせてバランスを取らなければなりませんが、黒はどんなコーデにも合う色なので悩む場合は黒のタンクトップを着てみるようにしましょう!

【2018年夏】きれいめなキャップ流行コーデ

キャスケットはきれいめなコーデに合うキャップ!

キャスケットとはハンチング帽の一種です。ざっくり言えば野球帽もキャスケットですね!キャスケットはトップにボリュームがあり、ツバのカーブが特徴。きれいめ、少し大人っぽい格好をする際などにキャスケットを取り入れますね。基本的にキャスケットはどんなファッションにも合うので、様々な着こなし方を楽しめます!

15.ベージュのキャスケット&白のスキッパーシャツ&ハイウエストパンツ

ベージュのキャスケットは、コーデしやすそうですが案外難しい部分もあります。このコーデでは、今年流行りのスキッパーシャツを合わせ、さらにハイウエストのジーンズにインすることで大人っぽさを表現。落ち着いた印象もありますがインパクトあるヒョウ柄のパンプスを履くことでエレガントさも加わり、全体的に素敵!

ヒョウ柄などの派手な柄が好みでない場合は、ベージュや黒のパンプスを履くのが良さそう。ベージュのキャスケットと同じ色調のもの方がバランスが取れます。あまり派手な色、カラフルな色のパンプスなどはバランスが悪くなってしまうのでオススメできません。

14.黒のキャスケット&プリーツスカート&コンフォートサンダル

黒のキャスケットは、柄物のコーデと相性が良いキャップです。柄物のプリーツスカートとサッシュベルトがこのコーデでのポイント!全体的に見てスカートとベルトに強調性があり、暑苦しくないようにコンフォートサンダルで夏っぽい雰囲気が出ているのでコーデ的にも落ち着いている印象を受けます。

この色調のコーデの場合は、チェックや花柄などの柄も合いますね。もう少しコーデにインパクトが欲しい場合は時計、ピアス、などで光るアイテムを取り入れましょう。

ワークキャップはどんなコーデにも抜群に合う

ワークキャップとはトップが平らなでツバがカーブしている特徴があり、レイルロードキャップとも言います。もともとは作業するときに被る帽子で働く時に被る帽子という意味も含め『ワークキャップ』というように。男女問わず人気があり、シンプルなのでカジュアルコーデタイプの人にも絶大な人気があります!

13.ベージュのワークキャップ&ボーダーのカットソー&ガウチョパンツ

ワークキャップでベージュは定番の色ですね!ボーダーとデニムのガウチョの組み合わせコーデも定番ですが、ベージュとの組み合わせも抜群!ハイウエスト風にガウチョを着こなすことで足が長く見え、スニーカーを履いてもバランスが綺麗。少し変わった雰囲気にしたい場合は、今年トレンドの赤スニーカーなど履いてみましょう

12.黒のワークキャップ&白のハイネックタンクトップ&グリーンパンツ

黒のワークキャップは、基本的に大人なイメージ。このコーデでは、黒のワークキャップにハイネックタンクトップとグリーンパンツと合わせることで大人っぽさを表現しています。さらに、その他のアイテムも大人しめなものをチョイスしているので、より大人な印象に。

大人な雰囲気の中に、ビーチサンダルを履いて大人になりすぎないような絶妙なバランスの良さを感じます。夏っぽさを漂わせるよう、あえてフラットなサンダルを履くのも素敵ですね。夏っぽさを求めないという場合は、白いスニーカーを合わせるなどしても可愛いです。

【2018年夏】その他キャップ流行コーデ

11.黒のワークキャップ&黒のビスチェ&スキニー

先ほど紹介したワークキャップですが、着こなし方で雰囲気も一変します。ビスチェなどを着ることで、より女子っぽさが増します。体のラインを強調する服(ワンピースやオールインワン)を着る場合でもガラッと雰囲気が変わるのでオススメ!靴はシンプルなものも可愛いですが、夏に合った発色の良い色でも素敵ですね

10.黒のベースボールキャップ&マスタードの膝下丈ワンピース

ベースボールキャップは場面によっても雰囲気が変わるキャップ。この場合は服が強調性あるものなのでキャップでバランスを取っていますね。厚底サンダルを履くことでよりお洒落感が出ています。黒のベースボールキャップには、シンプルな服から派手な色の服も似合います。発色良いブルーやターコイズ色などもオススメです

9.黒のブレードキャップ&フリル袖ブラウス&ピンクパンプス

ブレードキャップは少し着こなしの難しいキャップです。この場合は、フリル袖のブラウスで女子感がるフェミニンコーデに仕上がっています。パンプスやバックに装着するストールを同じ色調にすることで統一感が出ています。より夏っぽくしたい場合は、パンツを白などにしてみましょう。暗い色調より明るい色がオススメ!

キャップのおすすめブランドとコーデ

【夏編】Neweraのスナップバックキャップは毎年活躍中!

Neweraのキャップですが、毎年男女からも大人気!スナップバックは、髪を束ねても隙間から出せるようになっているので夏の暑い時期も欠かせない熱中症対策アイテムの一つにもなります。種類も柄物からシンプルなもの、派手な色のものや他のブランドとのコラボなど様々な帽子があります。

春夏秋冬季節関係なく、帽子といえばNewera!色々な世代から愛されている帽子のメーカーなので、Neweraのキャップを一つ持っていても絶対に損はありません!初めての方にも自信を持ってオススメできるアイテムです。

8.Newera花柄スナップバックキャップ&タンクトップ&ジーンズ

Neweraのキャップは柄物も豊富とご紹介しましたが、こういった花柄などの可愛いアイテムもたくさんあります!花柄のキャップに合わせる服装ですが、白やダメージジーンズはシンプルですので意外に合わせやすいです。花柄という可愛いアイテムのキャップにカジュアルな服装を着てあえて外していきましょう。

7.Newera黒キャップ&タンクトップ&ベージュのタイトスカート

Neweraキャップの黒を被る場合は、全体的に暗めの色調のものを選んでいくようにしましょう。ただ、コーデでもう少し協調性を出したい場合はアクセサリーやアイテムでゴールドなどの色を取り入れましょう!トータル的に見て黒が多いコーデですがタイトスカートをベージュにし、黒から外すことでバランスが取れています

【夏編】Deusexmachinaのメッシュキャップがオススメ!

デウスのメッシュキャップは2017年に若者のうちで大流行しましたね!今年2018年もその流行の波は続きそうです!デウスのキャップはシンプルで、何気なくお洒落ですよね。色などは多少偏りがありますが、やはり形は可愛い!形重視で帽子を購入される方にはオススメです。色々な場面で活躍すること間違いなしです!

6.Deusのメッシュキャップ&ビキニ&サンダル

海に行くときに熱中症対策として帽子をかぶる方は増えていますよね。実はデウスの帽子はビキニコーデにも使える優れもの!色の偏りが気になりますが、シンプルな色ばかりなので合わせやすいかと思います。全て黒でコーデすれば統一感があり、まとまった仕上がりに。ビキニの上に羽織るものは、派手色でも可愛いですね!

5.Deusのメッシュキャップ&白Tシャツ&黒のダメージレギンス

デウスのメッシュキャップは、黒・灰色・白色のものが多いので基本的にはクール系・派手めのコーデに合います。このコーデはそんなゼウスのキャップの魅力を前面に引き出せるモノトーンコーデをしていますね!アイテムも派手めなものを選ぶことで全体的にバランスが取れます。サンダルは発色の良いものを選んでも素敵ですね

【夏編】全ての季節に万能なRalphLaurenキャップ!

ラルフキャップは形はあまりないですが色の種類が豊富!他のブランドになかったのにラルフキャップではこの色があった!などの声も聞きます。さらに、シンプルなものでも色々なコーデに合うので持っていて損はないと言える商品です。一見、地味だなと思うラルフキャップですが色がシンプルなだけにコーデがしやすい!

派手な色のキャップもネットで探せばたくさんありますし、発色もいいので夏にはもってこいのアイテムですね!値段もそこまで高くはありませんし、高校生などでも手に入れやすくコーデしやすいといった面では最高!ただ、形が少ないのでそこは期待はせずにいましょう。

4.ベージュのラルフキャップ&白Tシャツ&カーキのストレートパンツ

ベージュのラルフキャップは、地味に見えがちですがこれが意外に使えるのです。このコーデで分かるように色のバランスを考えればシンプルなカジュアルコーデも簡単にできます。白やベージュとカーキの相性は抜群です。全体で地味な色を選ぶことでバランスが取れます。時計などのアイテムも大人しめのほうが無難でしょう。

3.ピンクのラルフキャップ&メンズTシャツ&黒のダメージスキニー

ピンクのラルフキャップは派手にも思えますが、いざ被ってみると案外可愛い!と思うかもしれません。トップスやパンツを黒一緒くたのコーデすることで帽子がメインとなり、バランスも良いので可愛い格好良いコーデに。このコーデでの靴の合わせ方は赤のスニーカーですが思い切って黒のシューズにしてみるのも可愛いですね。

【夏編】NIKEのキャップは種類も色も豊富!

ナイキのキャップは、スナップバックのものもあるので大きさもある程度気にせずに購入できるところも魅力!帽子が嫌いな人でも挑戦しやすいアイテムです。キャップの形や色もたくさん種類があるので男女問わずに人気があるのです。その中でも、やはりシンプルな白黒のキャップは人気があるので持っていても損はないです!

2.ナイキのキャップ&ショート丈タンクトップ&ショートパンツ

元々、スポーツブランドであるナイキのキャップはスポーティーな格好に合います!黒キャップは色んな場面で活躍してくれますが黒のキャップといえばやはり白のトップス!下半身に何を合わせるかで随分印象は変わってきますが、夏っぽさを前面に出したい場合はショートパンツやパステルカラーのレギンスなどがオススメ。

1.ナイキのキャップ&白Tシャツ&ハイウエストのデニムスカート

NIKEの白キャップにはデニムやジーンズなどの素材や色が合います。スポーティーなイメージが強いので、可愛い格好でもランニングシューズを履くことでコーデに違和感がなくなります!この場合はデニムタイトスカートで夏っぽさが全面に出ていますが、ジーンズなどでも可愛いでしょう。

NIKEだからといってスポーティーなコーデにする必要はありませんが、スポーティーなコーデの方がしっくりきます。どうしても可愛く着こなしたい!という場合はちょっとした小物アイテムやスカートで、全体的に印象を変えてみましょう。柄物は合わないのでシンプルなものがオススメ!

お洒落なキャップを被って可愛く夏を過ごそう!

帽子

キャップコーデ23選をご紹介していきましたがいかがでしたか?これならできそう!これが可愛い!と思うコーデはありましたか?夏は熱中症などもあるので対策としてもキャップなどの帽子は必需品です。対策としてキャップを被りつつもお洒落にコーデし、アウトドア生活を楽しむのも悪くありません。

夏にしかできないキャップの被り方などもあると思うので、少しでも良いと思ったコーデがあればぜひ一度試してみて下さいね。必需アイテムのキャップを上手に着こなし、2018年の夏も楽しい夏にしましょう!アイテムで参考になる記事もありますので是非この記事と合わせて読んでくださいね!

Small thub shutterstock 558453163
関連記事 【2018年】夏のアクセサリーレディースコーデ26選!トレンド?

夏は暑いけれど、みなさんおしゃれは楽しみたいですよね?夏のように明るく

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

/