INDEX

京都の3月の天気や気温は?

京都の3月の天気と降水率

天気

3月後半になると京都の一部地域では桜も開花し始め、観光客も一気に増えてきます。京都で桜見をする人で、市営の電車やバスも観光客でいっぱいになります。予定していた桜見が雨降りでは盛り上がりも半減されてしまいそうです。京都の3月の天気と降水率を参考にして旅行などを計画していきましょう。

京都の3月の最高/最低気温と平均気温

気温

3月に入れば春の訪れを感じる事もあり、気持ちの良い日も多いでしょう。でも、まだ冬の寒さが残っていますし、朝晩は一段と冷え込みます。気温の変化が激しいので体調管理には気を付けたい所です。京都の冬は「京の底冷え」と言われ、特に足元が冷えてきます。3月に入ると日中は寒さも和らぎますが寒さ対策は必要です。

京都市内の中でも気温の変化がありますので、イベントのある場所に出掛ける方面が北なら気温がグッと下がると思っておきましょう。南は雨だったのに北に向かっていくと雪が降っていたなんて事はよくある話しです。3月ですから雪はまあ降る事はないでしょうが、それほど気温が違うと言う事です。

京都の3月気温・平均確率
2015年3月 2016年3月 2017年3月
平均気温 9.4 9.9 8.2
降水量 159.0 69.0 56.0
最高気温 24.5 22.3 20.8
最低気温 -1.2 -0.7 0.1

京都の3月の服装選びポイント

京都3月の服装ポイント①:気温の変化に対応できる服装選び

気温の変化

上記の表を見ても分かるように3月の京都は気温の変化が15度以上の差があります。その日の気温で全く異なり4月頃の気温の15度以上になる日もあれば冬のように寒い日もあります。日によってはカーディガンを羽織るだけで過ごせる日もありますが、夕方以降からはグッと気温が下がりやすく体調管理に注意したい気候です。

観光地巡りで歩き回り暑くなって上着を脱いでいる人をよく見掛けます。上着を脱ぐと手荷物になってしまうので暖かい日に観光する場合、持っていくか悩み所です。夕方からのライトアップ、イベント等に出掛けるなら必ずアウターは羽織って出掛けた方がいいでしょう。

京都3月の服装ポイント②:歩きやすい服装で!

散策

京都は世界遺産が17箇所もあり見どころがたくさんあります。また、春に向かってイベントも盛りだくさんとなります。気候が暖かくなり外にどんどん出掛けたくなる気持ちも強くなりますね。観光地巡りやイベントに参加する事で歩き疲れてしまう可能性が大きいです。

また、京都は特に3月頃から一段と観光客が増えて混み始めます。バスで目的の観光場所に移動する事が多いと思います。市バスに乗れればいいですが常に満員状態ですので、歩いて回る方が早い場合が考えられます。このような事から歩いても疲れない靴選びや服装が重要です。

京都の3月の服装コーデ

京都3月の服装①:3月上旬のアウターはダウンコート

Amazonで詳細を見る

3月に入り春ももうそこまでですが、上旬はまだまだ寒いです。最低気温もマイナスになる事も考えられますので重めのアウターでお出かけする事をおすすめします。万が一、上旬で気温が上がってしまう日に訪れたとしても、また歩き回って暑くなったとしても、ダウンコートなら軽めです。手荷物の負担は少ないでしょう。

京都3月の服装②:3月中旬からは少し軽めのアウター選び

Amazonで詳細を見る

3月の中旬にもなると少しは寒さも緩みますが寒暖の差が激しいので春コートはまだ早いです。一足早くトレンチコートを羽織っている方もちらほらと見掛けますが、夕方以降からは見ていても寒そうに感じます。朝出掛ける時は春コートでも間に合うかと思ったのに15時以降になると少しずつ気温が下がり風も冷たく感じます。

つい先日の夕方、京都のある地域で3月中旬を差し掛かった日に何だか寒いなと思ったら、あられが一瞬ですが降ってきました。その翌日以降は4月並みの気温となったようです。季節の変わり目は特に体調を崩しやすいので、出掛けるその日の最低気温と最高気温をチェックしておきましょう。

京都3月の服装③:3月下旬からはトレンチコート等の軽めの装いで!

Amazonで詳細を見る

3月下旬になると春らしく暖かい日が続きます。トレンチコートのような軽めのコートでも対応できる気温になってきますので、春らしい装いで京都のイベントにお出掛けしましょう。しかし、まだ夕方の気温が下がる事も考えられます。お出掛けする際は、一日の気温の変化がないかチェックする事を心掛けましょう。

京都3月の服装④:気温の変化に対応できるようストールを持参する

Amazonで詳細を見る

3月全般として気温の変動が激しいです。日中の観光やイベントなどで歩き回ると暑く感じる事もありますが、夕方になるとグッと気温が下がります。下旬であっても肌寒く感じる日もありますので、気温の変動に対応出来るよう大判のストールなどを鞄に入れておけば、大変助かるアイテムになります。

京都3月の服装⑤:観光地巡りやイベントには疲れにくい靴がおすすめ

Amazonで詳細を見る

1年を通して観光客がたくさんいますが、春と秋は特に観光客でいっぱいになります。市バスに乗って移動しようとしても乗れない事もあります。また、市バスに乗れたとしても車も多く渋滞にはまりなかなか動かない状態になる事も多々あります。こんな状態に遭遇してしまいバスを降りてしまう人達もいるほどです。

旅行の限られた日数で幾つかの観光地をがっつり回る事を考えるなら、ヒールのある靴は避けた方が無難です。足が疲れるとせっかくの旅行も台無しです。楽しい旅にしましょう。

京都3月の服装⑥:明るめのニットで春らしく

Amazonで詳細を見る

3月はまだまだ寒いのでブラウスではなく、ニットの着用をおすすめします。春らしいカラーやデザインでピンクや白をチョイスすると良いでしょう。コートを羽織って中は春ニットを着ていれば、観光地を歩き回って暑くなりコートを脱いでも春らしい服装となります。パンツ・スカートにも合わせられコーデも楽しめそうです。

京都3月の服装⑦:裏起毛パンツで寒さ対策

Amazonで詳細を見る

京都の底冷えは足元からひしひしと伝わってきます。寒さ対策はしておいた方が無難です。アクティブに観光するならパンツスタイルで軽やかに歩いて回ると良いでしょう。裏起毛のパンツなら下にタイツを履く必要は無くモコモコにならず下半身もスッキリとした印象になります。何よりも暖かく冷える心配も無しです。

京都3月の服装⑧:底冷え対策にブーツ

Amazonで詳細を見る

京都の底冷え対策には足元が重要です。厚めの靴下も履いても大丈夫なブーツを選ぶ事でダブルで足元を暖かく出来ます。ブーツならパンツスタイルにもスカートにも合わせやすいですし、歩き疲れる心配もないでしょう。デザインもムートンブーツ・ロングブーツ・レースアップブーツ等、種類も豊富でおしゃれを楽しめます。

京都3月の服装⑨:3月下旬は春らしいフラットパンプスで軽快に

Amazonで詳細を見る



3月下旬にもなると暖かくなり春らしい服装もしたくなる陽気です。しかし、何度も言いますが歩きやすい靴がおすすめです。フラットパンプスなら歩きやすく女性らしさもアップします。念の為、下には寒さ対策でレギンスを履いてもいいでしょう。朝晩に気温が0度という事もまだ考えられますので注意して下さいね。

京都3月の服装⑩:スカーチョで女性らしさもアップ

Amazonで詳細を見る

歩きやすい服装となるとズボンですが、毎日パンツスタイルだけでは飽きてしまいそうです。そこでスカーチョをおすすめします。一見スカートに見えるズボン、突然の強風が吹いても大丈夫です。ブラックなら何でも合わせられやすいですし明るめを選ぶと春らしい服装になります。コートやカーディガンを羽織っても合います。

京都3月の服装⑪カーディガンやパーカーで着脱しやすいアイテムを!

Amazonで詳細を見る

3月の京都は気温の差が激しいです。アウターはもちろんですが日によっては4月並みの暖かい日もあります。そんな時の為にカーディガンやジップアップのパーカーを1枚持って行くと便利です。旅行中にも寒い日・暖かい日と日によって気温の変化があるでしょうし、どちらの気温でも対応できる1着となります。

京都3月の服装⑫:旅行で京都に来るなら着物レンタルで散策

着物

京都では着物レンタルのお店がたくさんあります。観光客が着物を着て歩いている光景をよく見掛けます。ただ、冬はほかの季節と比べると着物を着ている人は少なく感じます。寒い季節に着物を着ると言う事に抵抗があるのかも知れません。防寒すれば冬でも大丈夫ですし、冬ならではの着物コーデがあるので楽しめるはずです。

京都の3月のおすすめ観光スポットは?

京都のおすすめ観光スポット①:晴明神社

オリンピックも終わり選手達の活躍を見て私たちも元気や勇気をもらいました。小説や映画「陰陽師」でも話題になりましたがオリンピックで大活躍をした羽生選手の効果もあり京都で今話題になっている晴明神社。ご利益は「魔除け」「厄除け」。さまざまなお守りやお札がありますので今の自分に合ったお守りを見極めて下さい。

清明公の像に日々の生活でため込んでしまいがちな悩みを打ち明け「厄」を取り除きましょう。また井戸はパワースポットとしても有名です。スマホの待ち受けにする為に写真を撮る人もいます。ゆっくりとお参りして良いパワーをチャージしましょう。

京都のおすすめ観光スポット②:長岡天満宮の梅花祭

京都市外になりますが阪急京都線の長岡天神駅から徒歩10分程、特急停車駅でもあり便利です。特急に乗れば四条河原町から長岡天神駅まで13分程で到着です。京都市内ではないので観光客でいっぱいになる事もなく、ゆっくりと参拝できます。長岡天満宮は菅原道真公であり学問の神様です。

キリシマツツジで有名ですが、長岡天満宮の梅林には200本の梅の木が植えられています。庭も広くて八条池も大きくゆっくりとお花見が出来るでしょう。また、境内にはカフェがありフルーツパフェやフルーツサンドも人気となっています。ベンチやレジャーシートを敷いてお弁当を食べたりしている観光客もいらっしゃいます。

京都のおすすめ観光スポット③:下賀茂神社の3月イベント/流し雛

京都市左京区にある下賀神社。3月3日に子供の無病息災を願い、紙で作った雛人形を編んだ藁に乗せて川に流します。京都のひな祭りイベントの1つになります。3月の上旬に訪れるなら下賀茂神社のこちらのイベントに参加されてはいかかがでしょうか。縁結びの神様が祀られており、お守りもたくさん揃っています。

ユネスコの世界遺産にもなっている「京都の文化財」をゆっくり見て回るのもおすすめです。下賀茂神社の南にある糺の森。東京ドームの3倍もあり、その存在感なるものに圧倒されると共に神聖な気持ちになれます。また、みたらし団子の発祥の地としても有名な場所です。近くには有名で人気のあるお団子屋さんもあります。

京都のおすすめ観光スポット④:京都御苑

京都市上京区にある京都御所を囲む国民公園。いつ行っても綺麗な色んな花を楽しめます。暖かい日が続くと色とりどりの花が咲き始めます。3月上旬には約200本の梅も開花し始めます。3月下旬にはしだれ桜も満開の状態になり桃の花も楽しめます。街の中で自然の景色をゆっくりと散策できる場所です。

とても広大なお庭なので歩き回ると疲れる可能性あり。訪れるならスニーカーがいいでしょう。なお、御所の参観を考えているなら宮内庁へ受付連絡をして確認する必要があります。

京都の3月のおすすめイベントは?

京都のおすすめイベント①:高台寺の春のライトアップ

京都市東山区にある高台寺。3月9日~春の特別拝観と夜間特別拝観が行われます。豊臣秀吉の妻ねねが愛した庭は本当に美しく時間を忘れて眺めてしまいます。夜になると境内が照明でライトアップされて幻想的な世界を見せてくれます。時期によっては期間限定でプロジェクションマッピングも行っています。

最近では音楽コンサートも開催されたりと色んなイベントが催されています。美しい空間で音楽を聴ける幸せな時間となります。機会があれば是非行っていただきたいです。なお近くに清水寺や建仁寺など祇園もあり大変人気のある地となります。歩き回れる場所が多くありますので長時間外で過ごしても良い服装で楽しみましょう。

京都のおすすめイベント②:清水寺のライトアップ

清水寺の夜の特別拝観は3月9日~3月18日の期間ライトアップされます。染井吉野などの桜がおよそ1500本植えられています。清水寺から放たれる一筋の青い光りは観音様の慈悲を表しているそうです。幻想的な景色となり大変人気のあるイベントです。3月後半から4月8日までのライトアップと2期間催しされます。

京都東山花灯路が開催されますので高台寺・祇園・二年坂・三年坂などの風情を感じながらゆっくり歩いていただきたいです。夜に長時間外を回ると冷える可能性が高いですので防寒対策を考えた服装で幻想的な世界を楽しんで下さいね。時間は18時~21時、受付終了となります。

京都のおすすめイベント③:東寺のライトアップ

京都市南区にある東寺のライトアップは3月17~4月15日まで開催されます。染井吉野や枝垂桜など200本の桜を楽しめます。また、国宝に指定されている五重塔や御影堂、金堂と桜の共演が何とも言えない美しさで見惚れてしまいます。その中でも不二桜の圧倒的な存在感に魅了されるはずです。

日中も圧巻なる空間が広がっていますが、夜はライトアップされ桜とともに更に幻想的な表情を見せてくれるでしょう。また、五重塔と同じくらいに有名なのが「立体曼荼羅」、パワーをいただけると思います。見どころたくさんありますのでゆったりと回って目に焼き付けて下さい。時間は午後5時30分~午後9時30分です。

京都のおすすめイベント④:木屋町通りのライトアップ

四条河原町すぐにある木屋町高瀬川のイベント、夜桜ライトアップが3月下旬から4月上旬の期間頃、18時30分~23時まで行われます。二条から五条までの間には染井吉野等の桜の木が320本植えられています。ライトアップされるのは高瀬川沿い200本の桜です。神社やお寺とはまた違う幻想的な景色となります。

京都の3月はイベントも盛りだくさん!防寒対策して楽しもう

3月に入り出掛けたくなるようなイベントが盛りだくさんです。春の気配を感じウキウキしてきます。しかし、「京の底冷え」と言われるように特に足元から冷えてきます。3月でも寒さが残りますので、この点に注意して服装選びをしましょう。特に春は梅・桜目当ての観光客でどこに行ってもいっぱいになります。

人がたくさんいる場所は体感温度もあがりますし、観光地巡りで歩き回って暑くなりますが、必ず羽織るアイテムは必要です。体調を崩しやすい気候ですので朝、出掛ける前は最低気温と最高気温を調べてから出掛けましょう。3月でしか見られない京都イベントを思う存分楽しんでいただきたいです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。