INDEX

永遠の愛の意味を持つキキョウの花言葉

基本的なキキョウの花言葉は「永遠の愛」「変わらぬ愛」

キキョウは、花の形が風船のようにふくらんでいるため英語では「バルーンフラワー」と呼ばれています。根っこが漢方として使われており、「キチコウ」という名前で処方されているようです。それが変化して「キキョウ」と呼ばれるようになったと思われます。

秋の七草でもあり、秋の季語としても使われています。秋の花の印象がありますが、開花は6月頃だそうです。梅雨の時期から咲くので、ジューンブライド(6月の花嫁)と言われている時期とも合いますね。永遠の愛を誓う二人を見守ってくれそうです。

【永遠の愛の花言葉】キキョウの品種別の花言葉(BELCYオリジナル)

キキョウの主要な品種は「アポイキキョウ」と言って、普通のキキョウの半分以下のミニサイズです。「五月雨」という少し早めに花が咲き始める品種や、「小町」という花が開き切らずに袋のように見えるものがあります。シェル・ピンクは名前の通りピンク色の綺麗な花びらが特徴です。それぞれ品種別に花言葉をご紹介します。

キキョウの品種別の花言葉
  • アポイキキョウ:「密かな愛」
  • 五月雨:「愛の高まり」
  • 小町:「あなただけ」
  • シェル・ピンク:「色褪せない愛情」

キキョウによる永遠の愛の花言葉は、落ち着いた愛情である印象を受けます。あなただけを想い続けていますという奥ゆかしさを感じますね。

【永遠の愛の花言葉】キキョウの色別の花言葉

キキョウと言えば紫色の花を想像する人も多いと思います。ですが、キキョウは色とりどりの種類があり、どの色も清純な花言葉がついています。

キキョウの色別の花言葉
  • 紫:「気品」
  • 白:「清楚」
  • 桃:「あなたを愛します」

着物の刺繍にもされるような品のあるキキョウにぴったりの花言葉です。大ぶりの花なので、2〜3本花瓶に入れて飾っておくだけでも華やかに見えそうです。

【永遠の愛の花言葉】キキョウの本数別の花言葉(BELCYオリジナル)

和風で趣があるキキョウは、おしとやかで優雅な印象を受けます。静かな雰囲気のキキョウも花束にすると華やかに感じます。本数別の花言葉も参考にしてみて下さい。

キキョウの本数別の花言葉
  • 1〜10本:「あなたは美しい」
  • 11〜20本:「ふくらむ愛」
  • 21〜50本:「順応」
  • 51〜100本:「止まらぬ想い」
  • 100本以上:「ずっと一緒にいよう」

100本以上のキキョウが集まった所を見ることは少ないと思います。もしもそんな非日常的なシーンをプレゼントされたら、きっとこの花言葉のような想いが胸にじんわりと広がっていくことでしょう。

永遠の愛の意味を持つ薔薇の花言葉

基本的な薔薇の花言葉は「愛してる」「美しさ」

永遠の愛を誓う花言葉と言えば薔薇の花を思い浮かべる人も多いでしょう。そんな薔薇の花言葉は「愛してる」「美しさ」です。永遠の愛を誓う場面に、必ず登場していると言っても過言ではないですね。

薔薇の名前の由来は、古代ギリシャ語で薔薇を意味する「ロドン」と赤を意味する「ロッド」が語源となり、「ローズ」と呼ばれるようになったようです。日本語の「薔薇」は棘のある低い木の総称であるイバラが由来です。

【永遠の愛の花言葉】薔薇の品種別の花言葉(BELCYオリジナル)

薔薇は歴史の長い花なので品種改良されているものも多く、4万種以上存在しているようです。今回は人気の品種も含めていくつかピックアップしました。

薔薇の品種別の花言葉
  • ロサ・ムルティフローラ:「変わらない想い」
  • レイニーブルー:「誠実」
  • オールドローズ:「寄り添い」
  • マシックキャローセル:「可憐な君」
  • マリアカラス:「見惚れる」
  • アイスバーグ:「純白」
  • ダマスクローズ:「あなたは世界一」

薔薇の原種と言われている「ロサ・ムルティフローラ」、綺麗なふじ色で花びらの多い「レイニーブルー」、香りの良いの「オールドローズ」、小さく可愛らしい印象の「マシックキャローセル」というミニバラの品種など、薔薇は本当にたくさんの種類がありますね。

中でもダマスクローズは、薔薇の女王と言われており薔薇の中で最も香りの良い品種です。高級ブランドの香水にも使用されているようで、世界中で愛されている香りです。薔薇自体の歴史もとても長く、親しまれ続けています。まさに永遠の愛を意味する花です。

Small thub shutterstock 526532299
関連記事 薔薇の香りがもたらす5大効果!ローズの香りは嗅ぐだけで美容にいい?

漂ってきた薔薇の香りにうっとりしたことはないでしょうか。薔薇のリッチで

【永遠の愛の花言葉】薔薇の色別の花言葉

薔薇は、記念日のお祝いやプロポーズの時にプレゼントされる事が最も多い花なので、ほかの花に比べて花言葉の意味がたくさんあります。色別で全てに花言葉がついており、どの花もロマンチックな意味があります。

薔薇の色別の花言葉
  • 赤:「情熱」「あなたを愛します」
  • 白:「尊敬」「純潔」
  • ピンク:「上品」「幸福」
  • 黄色:「友情」「平和」
  • 青:「神の祝福」「奇跡」
  • 紫:「気品」

赤い薔薇は深紅で妖艶な雰囲気があり、花言葉通り情熱的な印象です。そんな赤と反対に白やピンクは少しあどけない雰囲気になり、可愛らしい印象ですね。同じ花の種類でも色によって印象が変わります。イメージに合わせて選ぶと良いでしょう。

【永遠の愛の花言葉】薔薇の本数別の花言葉

薔薇の花が本数別で花言葉があることは有名ですよね。皆さん、全ての本数別の花言葉を知っていますか?数が多くなるほどロマンチックな印象になるかと思いきや、少なくても薔薇の花はとてもロマンチックな花言葉がついています。

薔薇の本数別の花言葉
  • 1本:「一目惚れ」
  • 2本:「この世界で二人だけ」
  • 3本:「愛しています」
  • 4本:「死ぬまで愛の気持ちは変わらない」
  • 5本:「あなたに出逢えた事の心からの喜び」
  • 6本:「あなたに夢中」
  • 7本:「ひそかな愛」
  • 8本:「感謝しています」
  • 9本:「いつも想っています」
  • 10本:「あなたは完璧」
  • 11本:「最愛」
  • 12本:「付き合って下さい」
  • 13本:「永遠の友情」
  • 21本:「あなただけに尽くしたい」
  • 50本:「恒久」
  • 99本:「永遠の愛」
  • 100本:「100%の愛」
  • 108本:「結婚して下さい」
  • 365本:「あなたの毎日が欲しい」
  • 999本:「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

薔薇は一本ずつに細かく花言葉があり、どれも熱烈的な愛を表現していてロマンチックですね。変わらぬ愛の気持ちを伝える不動の花だと思います。色も種類も豊富なので、お気に入りの薔薇が見つかりそうです。ディズニー映画の美女と野獣のように、薔薇を真実の愛の象徴としてお部屋に飾ると恋愛運もアップしそうです。

永遠の愛の意味を持つ胡蝶蘭の花言葉

基本的な胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「清純」

花の形が蛾に似ている事から、ギリシャ語で「蛾に似ている」を意味する「フォレノプンス」と呼ばれています。日本では蝶が舞っているように見える蘭ということで、「胡蝶蘭」となったようです。

花を舞っている蝶に見立てた名前の由来から「幸福が飛んでくる」という花言葉なのですね。胡蝶蘭は、高級な花で、開店祝いなどに贈られることが多いです。お祝いの場にふさわしい「清純」な印象のお花ですね。

【永遠の愛の花言葉】胡蝶蘭の品種別の花言葉(BELCYオリジナル)

胡蝶蘭の品種は、花の中央が赤や桃色に染まっている色彩豊かなものが多いです。「満天紅」は濃いピンク色で梅の花ようにも見えます。「なごり雪」という雪のように白い花びらのミニサイズのもの、「ウェディングプロムナード」というピンク色の花びらで人気の品種などがあります。品種別の花言葉も参考にしてみて下さい。

胡蝶蘭の品種別の花言葉
  • 満天紅:「見守っています」
  • なごり雪:「無垢な心」
  • ウェディングプロムナード:「永遠の愛」
  • キャンディー:「甘い生活」

舞っている蝶のような美しさをもつ胡蝶蘭は、永遠の愛の美しさの象徴ですね。高価なイメージがありますが、ミニ系のものは安価で売られていることもあります。

【永遠の愛の花言葉】胡蝶蘭の色別の花言葉

白い胡蝶蘭は花嫁さんがブーケにする花で、ウエディングシーンを連想させます。ブーケトスで純白の胡蝶蘭を受け取ると幸せになれるそうです。花嫁さんからプレゼントされたブーケは、素敵なパートナーと結ばれる幸せを届けてくれると思います。永遠の愛にふさわしい花です。色別に以下のような花言葉があります。

胡蝶蘭の色別の花言葉
  • 白:「清純」
  • ピンク:「あなたを愛してる」
  • 黄色:「活発」
  • 紫:「高貴」

花嫁さんのブーケとして使われている理由が分かる花言葉ですね。愛を誓う場面を彩ってくれそうです。清く、品がある胡蝶蘭の印象とよく合っています。

【永遠の愛の花言葉】胡蝶蘭の本数別の花言葉(BELCYオリジナル)

胡蝶蘭は根腐れなどしない限りは何度でも花が咲きます。1ヶ月以上も花が咲き続け、手入れをしっかりするとかなり長く花が保つようです。

そのため、たくさんの胡蝶蘭の花束をプレゼントする機会は少ないように思えます。高価な花でもあるのでたくさん合わさると、とても品位の高い雰囲気を醸し出してくれることでしょう。本数別の花言葉も参考にしてみて下さい。

胡蝶蘭の本数別の花言葉
  • 1〜10本:「温かさ」
  • 11〜20本:「幸せな結婚」
  • 21本〜50本:「家族愛」
  • 51〜100本:「思い出」
  • 100本以上:「抑えきれない想い」

ブーケトスの花束にも使われる胡蝶蘭は、あたたかい家族や幸せな結婚の印象を受けます。家族の変わらぬ愛をあらわしているようです。

永遠の愛の意味を持つ向日葵の花言葉

基本的な向日葵の花言葉は「あなただけを見つめてる」「憧れ」

向日葵は、太陽を追いかけるように花が回ることから「ひまわり」と呼ばれています。英語では「サンフラワー(太陽の花)」というようです。夏の日差しの下で向日葵がみんな同じ方向を向いている向日葵畑は、心穏やかになれる夏の観光スポットです。

「あなただけを見つめている」とは、真っ直ぐに太陽を見つめ続ける向日葵のひたむきさが表現されている花言葉ですね。ひたすらに太陽を追い続ける姿は、まるで「憧れ」の存在を見つめているような印象も受けます。

【永遠の愛の花言葉】向日葵の品種別の花言葉

向日葵は意外にも品種の数が豊富で、イタリアンホワイトという花びらが白いものや、ココアという花びらが黒いものもあるようです。品種別に以下のような花言葉があります。

向日葵の品種別の花言葉
  • イタリアンホワイト:「あなたを想い続ける」
  • ココア:「冷静な判断」
  • サンリッチオレンジ:「未来を見つめて」
  • サンリッチレモン:「願望」
  • のぞみ:「自由な愛」
  • ソニア:「太陽の恵み」

爽やかな印象を受ける花言葉が多く、夏の季語にもなっている向日葵のイメージによく合っています。太陽と切っても切れない関係の向日葵は、永遠の愛を象徴してくれているようにも思えますね。

【永遠の愛の花言葉】向日葵の色別の花言葉

向日葵と言えば、明るい黄色の印象が強いですが、白や紫の向日葵もあります。また、同じ色でも大輪と小輪で意味が違うようです。色別に以下のような花言葉があります。

向日葵の色別の花言葉
  • 白:「程よき恋」
  • 紫:「悲哀」
  • 黄色:「あなたは素晴らしい」「愛慕」
  • 大輪の黄色:「にせ金持ち」
  • 小輪の黄色:「元気な子供」

紫の向日葵の花言葉は、ギリシャ神話に基づいているように感じます。太陽の神アポロンに叶わない恋をしたクリュティエという水の女神がおり、クリュティエは空をかけるアポロンを眺めて、いつも泣いていました。やがてクリュティエは地面に根を張り、向日葵となってしまったというものです。

クリュティエの報われない悲しさが、紫の向日葵の花言葉となったのかもしれません。紫の向日葵は、珍しくて綺麗な花ですが、プレゼントする際は気を付ける必要がありますね。

【永遠の愛の花言葉】向日葵の本数別の花言葉

向日葵の本数別の花言葉は、薔薇と似ています。薔薇は燃え上がる熱い想いの印象ですが、向日葵はひたむきに一途に想っていく気持ちが伝わることでしょう。本数別に以下のような花言葉があります。

向日葵の本数別の花言葉
  • 1本:「一目惚れ」
  • 21本:「あなただけを愛する」
  • 99本:「永遠の愛」
  • 101本:「これ以上にないほど愛してる」
  • 108本:「結婚して下さい」

向日葵の花には、明るい未来が見えてくるようなエネルギーと暖かさを感じます。1本だけでも生命力を感じる向日葵は、花束になるとより一層私達の心を元気づけてくれる事でしょう。

永遠の愛の意味を持つマーガレットの花言葉

基本的なマーガレットの花言葉は「誠実」「恋占い」

ウサギやリスのような愛らしい小動物が駆けずり回っているガーデンを連想させてくれるマーガレット。可憐で優しい印象を受けます。

マーガレットは英語読みであり、ギリシャ語で「真珠」を意味する「マージリー」からマーガレットの名前の由来は来ているようです。恋占いに使われる花ということで、一度は名前を聞いたことのある花だと思います。

【永遠の愛の花言葉】品種別の花言葉(BELCYオリジナル)

明治時代に日本にやってきたマーガレット。品種改良される前は日本の高温多湿の環境が合わず、温室で育てられていたようで、大切にしたいという想いが伝わってきますね。可憐なマーガレットの、品種別の花言葉も参考にしてみて下さい。

マーガレットの品種別の花言葉
  • ウォーターメロン:「幸せな時」
  • コンパクトホワイト:「誠実」
  • モンローローズ:「愛の囁き」
  • カナリアクイーン:「高まる想い」

ウォーターメロンはだんだん色が変わっていくようで、愛が増していく印象です。永遠の愛は時と共に愛が増していくように思います。白い定番のマーガレットの品種コンパクトホワイトは、まさに誠実な心をあらわした永遠の愛を誓うにぴったりの純白さです。

【永遠の愛の花言葉】マーガレットの色別の花言葉

マーガレットは外国では、女性の名前にも使われています。女性の名前に使っている花は、女性自身をイメージしているようです。可憐なマーガレットが女性らしさを象徴しているようです。色別には以下のような花言葉があります。

マーガレットの色別の花言葉
  • 白:「秘めた愛」
  • ピンク:「真実の愛」
  • 黄色:「美しい容姿」

ピンク色の花言葉の真実の愛は、変わらぬ永遠の愛を意味しています。白より力強い印象の黄色やピンクは、強い愛の気持ちを伝えてくれそうです。

【永遠の愛の花言葉】本数別の花言葉(BELCYオリジナル)

マーガレットは草花なので、1、2本だと健気な印象となり、50本以上となると、エネルギッシュな印象となります。100本以上のマーガレットが集まると幻想的な空間となることでしょう。本数別の花言葉も参考にしてみて下さい。

マーガレットの本数別の花言葉
  • 1〜10本:「好きです」
  • 11〜20本:「恋の行方」
  • 21〜50本:「そばにいたい」
  • 51〜100本:「守りたい」
  • 100本以上:「永遠の愛」

少ない本数だと、恋心をそっと伝えているように感じます。小さく可愛らしいマーガレットの花が、心の中にある愛しい気持ちを届けてくれそうです。数が多くなると、可憐なマーガレットが寄り添い合い、守りたいと言っているように感じます。相手を守りたいという気持ちは、永遠の愛の形の一つなのかもしれません。

Small thub shutterstock 521498527
関連記事 マーガレットの花言葉は『恋占い/真実の愛/信頼』!色・本数・品種別で異なる?

マーガレットはちょっと小柄で可愛らしい印象の花。そんなマーガレットの花

永遠の愛の意味の花言葉で気持ちを伝えよう!

以上、永遠の愛の意味を持つ花言葉をご紹介いたしました。直接的に永遠の愛を意味していなくても、花に気持ちを込める事で愛を伝えてくれるはずです。薔薇のような妖艶な印象の花から向日葵のような天真爛漫な印象の花、清純で可憐な印象の花まで色々とあるので、あなたの気持ちにふさわしい花を選んでみて下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。