INDEX

SEX48手における体位「達磨返し」とは?

達磨返しの概要

女性

達磨返しの歴史は古く江戸時代に出来た体位と言われています。しかし当時は体位をきちんと表すことはなく、相撲をまねて代表的な体位を集めて四十八手として名つけられたと言われています。女性は体が動かしにくい体位でもあるのでちょっとした拘束プレイのように楽しまれることも多いです。

達磨返しの意味・由来

女性

達磨返しの体勢は、女性があおむけになりながら太ももを丸める状態の事を指します。言葉の通り達磨がひっくり返ったような体勢になりますね。正常位に少々似ている部分もありますから達磨返しだと意識しないで行為を行っているカップルも少なくないようです。

達磨返しのやり方

達磨返しのやり方①:まずは「達磨返し」を知ろう

エッチ

達磨返し(だるまがえし)とはセックスにおける体位の一つです。基本的に女性は足を組んだまま、女性の太ももなどを持ったり縛ったりして男性が抱え込むようにします。必ずしも太ももを縛る必要はないようですのでパートナーと相談しつつ行ってもいいかもしれませんね。

達磨返しと言う体位は江戸時代に記されている書籍の中で初めて登場したことにより知られるようになりました。ちなみにSMプレイの中に取り入れる方もいるくらい愛好家が多いようですよ。江戸時代から続いている体位ですから長きにわたって愛されている体位なのでしょう。

達磨返しのやり方②:抱え込むのが基本!

セクシー

達磨返しとはその名の通り女性の足を抱え込むような形をとるためまるで達磨のようにまるまって見える体位です。正常位で抱きかかえるようにして挿入します。この時足を縛ってもいいですし女性がきゅっと足を閉じれるようでしたらそのままでもいいでしょう。

ちなみに達磨返しは江戸時代から存在している体位であるとともに縛りプレイの元祖とも言われているのです!太ももを縛って男性が抱え込み、お尻が床から浮き上がるようなイメージだとやりやすいかもしれません。

達磨返しのやり方③:お尻よりも足を抱えるように意識する

エッチ

お尻ごと抱えるよりも男性が女性の足を抱えるようにして持つと挿入しやすく、ペニスとの結合角度も調節できて負担になりにくいですよ。またこれによってより深く挿入考えられるので女性にとってもより一層快楽を得る事ができるでしょう。なるべく男性は前かがみになるよりも平行になることを意識しましょう。

達磨返しのポイント

達磨返しのポイント①:腰の動かし方

エッチ

達磨返しを行う上での最大のポイントは「腰の動かし方」です。なるべく前かがみにならないように平行に保って出し入れすることを意識してください。また男性は腰をテコの様に動かせるので負担もあまり大きくありません。

ただし達磨返しを行う前にきちんと前戯を行うのも大切なポイントです。この体位の場合女性は丸まった状態ですから膣が閉まりやす状態なので膣が十分に濡れていない場合には挿入しづらく、また挿入できたとしても痛みを伴うことがあります。そして何より十分に濡れていないと男性もスムーズに動かしにくいでしょう。

達磨返しのポイント②:膣に深く挿入する

えっち

なるべく平行になるように挿入するのがポイントとなります、そのため女通常の体位よりも女性器に深く挿入することが可能となるのです。ただし女性の足を持ち上げる際はきちんと角度を調節しないと逆に挿入感が浅く感じられてしまうこともありますから気を付けたいですね。

達磨返しのポイント③:下半身をしっかり縛る

エッチ

達磨返しをセックスで行う際には必ずしも縛らなくてはいけないわけではない、と述べましたが可能であれば縛ることをおすすめします。しっかりと下半身を縛ることで女性は身動きが取れなくなりますから男性の思うとおりに動かすことが可能となるのです。

女性は膝を深く曲げた状態ですから、男性の意思によって挿入が可能ですし正常位などの体位よりも深う感じられますね。また縛るのは足だけでいいので女性は手を自由に動かすことが可能です。なので一見縛りプレイやSMプレイのように感じますが、ソフトなものになりますよね。

達磨返しの長所

達磨返しの長所①:女性器の締め付け感が増す

えっち

男性にとって達磨返しは快楽を得やすい体位とも言われています。その理由は、達磨返しによって女性の太ももがしまって、女性の膣圧が上がるのです。男性器をいつも以上に締め付けてくれるので男性が気持ちいいと感じやすいのが最大の長所と言えるでしょう。

女性にとっても快楽を得やすい体位でもあります。女性の足を持ち上げて角度を調節する体位なので、女性にとって最も気持ちいいと感じる所を探し当てやすいのです。また「縛る」と言う行為から女性も男性も思わぬ興奮を得られるかもしれませんね。

達磨返しの長所②:密着感でより一層興奮する

えっち

達磨返しのメリットの一つとしてその密着度にあります。お互いがとても密着しやすく一体感を感じられます、またいつも以上に感じている女性の声を耳元で聞いた男性はより興奮できるかもしれませんね。また女性はかなり恥ずかしいと思える体位ですのでよりお互いに興奮度が増しますね。

達磨返しの長所③:女性の性感帯ポルチオを刺激しやすい

えっち

達磨返しでは女性が最大の快楽を得るとも言われる「ポルチオ性感帯」を刺激しやすい体位なのです。角度を調節しながら最奥に届く位置を探ることが可能です。女性の反応や様子をうかがいながら、ポルチオを刺激してあげることで女性はもっと気持ち良くなれるはずですよ。

ポルチオ性感帯は子宮の性感帯で、女性の最も最奥にある性感帯です。通常のセックスではなかなかポ土尾を刺激することは難しいのですが達磨返しによってポルチオに届きやすくなります。

達磨返しの短所

達磨返しの短所①:女性の角度に気を使おう

えっち

達磨返しはとても興奮する体位の一つではありますが、やり方には注意する必要もあるのです。男性は女性の角度を意のままに調節することが可能な体位ですがきちんとした角度を心がけないと挿入しにくかったり途中で抜けてしまうことも少なくありません。

また角度によっては女性にとって苦痛であったり痛みを感じてしまうことがあります。自分本位に動くのではなく女性の反応などきちんと伺いながら動くべきですね。

達磨返しの短所②:足をきちんと持ってあげよう

えっち

また挿入できたとしてもなかなか奥まで挿入しきれない!なんてことにもなりかねません。きちんと男性が女性の足を支えてあげることが大切になってきます。快楽を感じやすいのが達磨返しですが、きちんと支えていないとバランスを崩しやすい体位でもあるのです。

途中、女性の胸など愛撫することも悪くはないのですが、うっかりバランスを崩してしまいかねませんので、両手でしっかりと女性の足を持って支えてあげることをおすすめします。

達磨返しの短所③:無理に縛らないように!

えっち

達磨返しをするにあたって縛ることもおすすめしましたが、この場合注意しなければならない点があります。縛ると言う行為は実はなかなか難しいものでもあるのです。初心者がいきなり縄を使おうとすると思わぬ怪我につながりかねないのです。

加減がわからず、強く縛ってしまうことで跡が残ってしまったり、血流が止まってしまった!なんて事故にもつながってしまいます。はじめは布などを使用して加減を確認するようにしてください。目安としては人差し指が軽くはる程度で十分とされています。きちんと短所を理解して行うのをおすすめします。

達磨返しの短所④:激しくし過ぎないように

NO

達磨返しでは女性器にペニスが奥まで入りやすい体位であると述べましたが、逆にこれが痛みにつながることもあるので注意が必要です。女性にとって最奥の性感帯であるポルチオ性感帯はとても大きな快楽を得られる反面、初めから気持ちいいと感じられる場所ではないと言う欠点があるのです。

そのためいきなり奥まで挿入されてしまうと女性はかえって痛いと感じる事があるようです。また普段から性交痛を感じやすい女性の場合は達磨返しでは余計に痛みを感じる事もあるようですので、様子を見つつゆっくりと焦らず達磨返しに挑むといいでしょう。それでも痛みがある場合には無理に行わない方がいいですね。

密着度の高い体位で最高のラブタイムを!

笑顔

いかがでしたか?達磨返しの魅力に迫ってきました。やり方をきちんと理解すれば最高に気持ちよくなれる体位であることがわかりましたね。注意しなければならない点もいくつかありますが、高度な技術が試されるものではありません。もしパートナーとマンネリになりそう…と感じていたのなら一度試してみても良いですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。