Middle shutterstock 687340048

INDEX

SEX48手における体位「窓の月」とは?

窓の月の概要

お

まず、窓の月とは、SEX48手もしくは体位48手と呼ばれる性行為における体位の1つです。横向きに寝転んでいる女性に、男性が後ろから包み込むように挿入し、そのとき女性の足の間に男性側が片足を差し込みます。これを窓の月といいます。

 

窓の月の意味・由来

お

窓の月という名前の由来ですが、この体位で性行為を行うと、2人が同じ方向を向き、窓の月を眺めながら性行為を行う様子からその名前が付けられました。とてもロマンチックで風情を感じますね。

窓の月のやり方

窓の月のやり方①~体位について~

お

まず、横向きに寝転んでいる女性に、男性が後ろから包み込むように挿入し、そのとき女性の足の間に男性側が片足を差し込みます。女性が足をやや開き気味にすることで、男性側が足を差し込みやすくなり、スムーズにセックスを行えるでしょう。

窓の月のやり方②~両手が使えるという利点~

お

窓の月は男性側の両手が空いています。両手が使えるということは大きな利点です。例えば、空いている両手で女性の胸やクリトリスを刺激してあげると、女性側を喜ばせることができるでしょう。

窓の月のやり方③~刺激や角度~

あ

また、女性の片足を持ち上げることで、刺激や角度をコントロールすることもできます。無理のない体位なので、様々な角度から女性を責めることができます。

窓の月のポイント

窓の月のポイント①~腰の位置~

お

まず第一に、横からの挿入になるので抜けやすいということを覚えておきましょう。お互いの腰の位置をしっかりと合わせ、ゆっくり動かしていくのがポイントとなります。

窓の月のポイント②~まったり楽しむ~

p

次のポイントは、窓の月はガツガツとした激しいセックスではないということを意識しておきましょう。ゆっくりまったりとした挿入感を楽しみ、普段動きながらするのが難しい愛撫なども楽しんでいくことが大切です。

窓の月のポイント③~中間地点とする~

お

最後のポイントは、窓の月をあくまでも中間地点と考えることが大事になってきます。窓の月は、どうしても挿入感が浅くなりがちです。なのでお互いに満足しにくいということを自覚し、2人の興奮度合いが高まってきたら別の体位に移ることも大事です。

窓の月の長所

窓の月の長所①~セックスの幅が広がる~

お

まず、窓の月の最大の長所は、上記でも書きましたが何といっても両手が使えるということでしょう。男性は、女性の胸やクリトリスを愛撫してあげながら動くことで、女性の快感を高めてあげることが可能です。また、足を持ち上げたりすることで違う角度から攻めることも可能になり、セックスの幅が広がるでしょう。

窓の月の長所②~密着から得る興奮~

p

窓の月は、お互いに密着していることも大きな長所です。女性は、男性に包み込まれることによって、快感とは違った安心感を得ることができます。愛情を感じながらセックスしたい女性には、特にオススメです。また、顔を見られるのが恥ずかしいという女性も少なくはないでしょう。

窓の月は名前の由来にもあるように、景色を楽しみながら行うセックスなので、顔を見られずにセックスしたい女性にもオススメです。男性は、女性と密着することで、正常位やバックなどからでは感じることのできない髪の匂いなど、嗅覚からも楽しむことができます。

女性の匂い、特に髪の匂いなどは、男性の性的興奮を高めることもあるので、普段とは違う性的興奮を感じることができるのも大きな長所と言えるでしょう。

窓の月の長所③~2人のペースで~

p

また、窓の月は早漏の男性にとってもオススメの体位です。窓の月は、他の体位に比べて挿入感が浅めなので、早漏の男性にとってすぐにはイキにくい、ほどよい快感になるでしょう。2人のペースで、ゆったりとしたセックスを楽しみましょう。

窓の月の短所

窓の月の短所①~男性器の大きさ~

p

まず窓の月における短所とは、男性器が短いとかなり抜けやすいというところにあります。セックスの最中に抜けてしまうのは、お互いに気持ちの萎えに繫がってしまうので、十分に注意をしながら動いていきましょう。

窓の月の短所②~顔が見えない~

p

次に、窓の月における短所とは、お互いの顔が見えないというとこにあるでしょう。これは長所にも挙げており、顔が見えないほうが良い人には長所に当たりますが、逆に顔が見たい・見えないと不安に感じるという人にとっては、短所に変わってしまうでしょう。

また、キスなどもしにくいですので、キスが好き・パートナーの顔が見たいというの方にはあまりオススメできない体位かもしれません。

窓の月の短所③~場合によっては疲れやすい~

p

最後の、窓の月における短所として、男性側が疲れやすいというところにあります。しっかり腰を動かせていこうとなると、肘を下につけるなどして上半身を少し浮かせなければいけません。その姿勢が少しきつくて疲れやすく、長時間続けるのが難しくなってきます。

完全に横になるのではなく、女性側に少し斜めになってもらったり、愛撫を織り交ぜたりして、無理をせずに行うことが大事になってきます。

窓の月から派生しやすいオススメの体位

オススメの体位①~燕返し~

p

まず派生にオススメなのが、燕返しと呼ばれる体位です。これもSEX48手の1つです。やり方はまず、四つん這いになった女性の後ろに、男性が膝立ちの状態でスタンバイします。そして男性が女性器に男性器を挿入し、同時に女性の片足を男性が持ち上げながら、深く挿入していくという体位になります。

横向きの姿勢だった窓の月から、うつ伏せに移行するだけなので派生もしやすく、深く挿入できるので男女ともに快感や満足感をとても大きく感じることができます。

オススメの体位②~浮き橋~

p

次にオススメするのが、浮き橋と呼ばれる体位です。これもSEX48手の1つです。こちらのやり方は、まず女性を横向きに寝かせて少し足を丸めてもらいましょう。そして男性が膝立ちになり、女性の腰を下から支える様に手をそえて男性器を挿入し、お互いに腰を動かしていきます。

様々な腰の動かし方で、お互いにいつもと違った快感を得ることができます。窓の月から浮き橋への派生は横向きから横向きなので、かなり楽に派生させることが可能でしょう。

オススメの体位③~鵯越え(ひよどりごえ)~

p

次にオススメするのが、鵯越えと呼ばれる体位です。こちらもSEX48手の1つですが、もっともスタンダードな体位で、一般的にバックと呼ばれている体位になります。一応やり方を説明すると、四つん這いになった女性の後ろから、男性が男性器を挿入するだけというシンプルな体位になっています。

しかしシンプルだからこその安定感が、この体位の魅力です。腰を振りやすいので、強く深く打ちつけることができます。特に疲れやすいということもなく、窓の月からの派生も楽で、なおかつ鵯越えから次の体位への派生も楽なので、他の体位に迷ったり飽きたらとりあえずこの体位にするという選択肢もありでしょう。

窓の月で景色とセックスを楽しもう

SEX48手の1つ「窓の月」、いかがだったでしょうか?窓の月は、2人の心も身体も密着させながらセックスすることのできる、魅力ある体位です。まだまだラブラブな人も、マンネリ化してしまった人も、誰でもパートナーとの距離を縮めてくれること間違いなし!ぜひ、窓の月を体験してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。