INDEX

今流行りのDIYやリメイクで欠かせないアイテムの1つにカッティングシートがあります。カッティングシートとは、一般的には裏がシール状になった塩化ビニール製のフィルムシートです。リメイクシートとも呼ばれ、ホームセンターなどではもちろん、100均でも手軽に買うことができるようになり、ますます人気です。

壁や家具、雑貨と様々な物に使える便利アイテム

カッティングシートがリメイクに便利なアイテムです。では、使い方や活用術21選をご説明する前に、カッティングシートにはどのような柄があるのか一部ご紹介します。100均では、カッティングシートはリメイクシートと呼ばれ販売されています。

ヘリンボーンは加工に手間がかかるため、床板などでも高級な板の柄になります。100均のカッティングシートはもちろん柄がプリントされているのですが、その柄から貼るだけでも高級感あふれる仕上がりになりますよ!

高級感漂う仕上がりに!大理石柄

100均のカッティングシートにはタイル調のカッティングシートも種類豊富です。大きめのタイル柄もありますが、小さなタイル柄なら貼るだけで、あっという間にレトロ感のある雰囲気になります。キッチンやお風呂などの水回りにおすすめです。

100均のカッティングシートの中でも珍しいのが、この鉄板風のカッティングシートです。マット感、鉄板ならではの凸凹なども再現されているので、まるで本物の鉄板のような仕上がりになります。カッティングシートの中でもかなり個性的な柄で面白いのではないでしょうか。

カッティングシートを貼る時に必要な物
  • はさみ
  • カッター
  • 定規や下敷き
  • マスキングテープ

2.オシャレなキッチンに!ポイントレンガを使って

リビングの壁も部屋の中では面積が広いため、壁紙で部屋の雰囲気がガラッと変わりますよね。ポイントレンガは少し部屋の雰囲気を変えたいという時におすすめです。100均のカッティングシートなら、コストを抑えながらも部屋の模様替えが簡単にできちゃいます。

9.狭い空間なのであえて軽く!キッチンの壁リメイク

11.簡単に「和」が「洋」に!ふすまをリメイク

この素敵なボックス、何だと思いますか?これ、実はゴミ箱なんです。ゴミ箱はできるだけ見せなくないものですが、こんなオシャレなゴミ箱なら、リビングなどに置いてあっても気になりませんよね。

そんな時にも100均のカッティングシートが活躍します。シンプルなデザインのカラーボックスもカッティングシートを貼るだけで、オシャレな収納棚になります。DIYなどで使う時にも便利ですよ。

また、100均のカッティングシートは柄などの種類が豊富なので、お部屋の雰囲気などに合わせて柄を選ぶことができます。100円という金額ですが、高級感のあるデザインもあり、コストを抑えながらも満足いく仕上がりになります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。