Middle shutterstock 556495069

目次

昔ながら~変わり種まで幅広いおにぎりの世界

愛され続けるおにぎり

忙しいときにも手軽に食べられるおにぎりはみんな大好きですよね。昔おばあちゃんやお母さんが作ってくれた思い出の味やいつも食べるコンビニおにぎり、おにぎり専門店のおにぎりなど、あなたのお気に入りは何ですか?

同じ具ばかりで飽きてない?

飽きた

自分で作るとなると、いつもお気に入りの同じ味ばかりになりませんか?それも良いですが、いつもとはひと味違うおにぎりにたまには挑戦してみませんか?

この記事では定番からちょっと変わり種のおにぎりまで幅広く51選にまとめてご紹介します!簡単なレシピも載せていますので気に入ったものは作ってみてくださいね。

【おにぎりの具51選】これぞ定番な具

おにぎりの具1:梅干し

まずはシンプルに梅干しです。塩辛いもの、ハチミツ漬けのものなど梅干自体にバリエーションがたくさんあるので楽しめますね。また、梅干をいれることで殺菌作用も期待できるので、夏には積極的に使いたい食材です。

おにぎりの具2:おかか

幅広い年代に人気のおかかおにぎりです。出汁でもつかうくらいですから、旨味もたっぷりなおかかはおにぎりにすれば優しい味わいで美味しいですよね!

おにぎりの具3:明太子

これも定番な、明太子おにぎりです。辛子明太子もピリッとしていてとてもご飯に合いますね。ご飯に合うおかずランキングがあると必ずランクインしています。

おにぎりの具4:昆布

さっぱりめのおにぎりが食べたいときは昆布がおすすめです。この後紹介している昆布にチョイ足しなおにぎりも絶品ですので是非お試しください!

おにぎりの具5:鮭

これも定番中の定番ですね。鮭おにぎりは美味しいことはもちろんですが、混ぜ混めば彩りも良く、お弁当に入れても良く映えます!

おにぎりの具6:ツナ

ツナ缶を使ったおにぎりも手軽で美味しいですよね!コンビニなどでも必ず見つけますし、ツナおにぎりが一番好き!と言う人結構いますよね。

【おにぎりの具51選】定番にひと味加えてバリエーション無限大!

おにぎりの具7:酸っぱいのが苦手なら【梅+チーズ】

ここからは、定番の具にちょっと足すだけで全く違うものになったり、より旨味が増したりするレシピをご紹介していきます。新たな発見があるかもしれませんよ。

梅干が酸っぱくて苦手と言う人は試してもらいたいレシピがこちらです。トースターで焼くことで焼おにぎり風になりさらに美味しいですよ。

  1. 梅チーズおにぎりレシピ
  2. ①丸い形に塩おにぎりを作る
  3. ②片面にマヨネーズを適量塗る
  4. ③梅干をちぎってのせる
  5. ④とろけるチーズをちぎってのせる
  6. ⑤オーブンで表面がこんがりするまで焼く

おにぎりの具8:即席混ぜ込みご飯【梅+乾燥ワカメ+ゴマ】

良く混ぜ込みご飯のもとでも、この組み合わせありますよね。間違いなく美味しいです。乾燥ワカメを使って熱々のご飯で握っておけば食べる頃にはワカメが柔らかくなって食べ頃ですよ!

おにぎりの具9:王道を組み合わせた【梅+おかか】

王道同士を組み合わせてもとってもおいしいです。種を抜いてご飯と具を完全に混ぜても良いですし、種があるまま握っても食べる場所によって味に変化が出て美味しいです。

おにぎりの具10:大人の味?【おかか+クリームチーズ】

これも濃厚で美味しいです!かつお節とクリームチーズと醤油と砂糖を混ぜておにぎりに挟むだけです。簡単ですね。写真のように具が見えるようにおにぎりを握るととってもおしゃれで食べることが楽しくなりそうですね!

おにぎりの具11:新しい焼おにぎり【明太子+マヨネーズ+味噌】

明太子マヨネーズってご飯にもパンにもあって、すごく美味しいですよね?それにさらに味噌と少しの醤油を混ぜると濃厚で癖になる味になります!こんがりとトースターで焼き、焼おにぎり風にしていただきます。

おにぎりの具12:混ぜても包んでもOK!【明太子+大葉】

明太子と大葉のおにぎりです。明太子と刻んだ大葉に加えて少しめんつゆを足してもおいしいです。大葉は刻んで明太子と一緒に混ぜても、海苔のようにまわりに巻いてもいいですね。

おにぎりの具13:塩気が絶妙!【塩昆布+枝豆】

コンビニでもこの味売られていますが、簡単に作れる上にすっごく美味しいんですよね。塩昆布と枝豆を混ぜるだけです。塩加減が絶妙です!

おにぎりの具14:全部まぜるだけ【天かす+塩昆布】

天かすと塩昆布をつかって混ぜるだけの簡単なのにとってもおいしいおにぎりができあがります。こちらのレシピはヒルナンデスでも紹介され話題になりました!

  1. 天かす塩昆布おにぎりレシピ
  2. ①天かすに天かすの半分の量のめんつゆをいれしみこませる
  3. ②塩昆布・ご飯と①の天かす(お好みで白ごまも)を混ぜる
  4. ③握る

おにぎりの具15:やっぱり美味しい【鮭+マヨネーズ】

王道だけどやっぱり美味しいですよね。鮭マヨネーズおにぎりです。そこに少しのめんつゆを隠し味に混ぜるとさらに旨味が増しますよ。

おにぎりの具16:サラダのような【焼き鮭+アボカド】

鮭とアボカドの相性が良いのは何となく想像がつきますが、おにぎり?と思いますよね。洋風でサラダみたいなおしゃれなおにぎりになります!

  1. 鮭アボカドおにぎり
  2. ①鮭に醤油をかけてほぐしておく
  3. ②アボカドをカットし、レモンをかけておく
  4. ③鮭とアボカド、ガーリックソルトと黒胡椒を混ぜてご飯に包んで握る
  5. ④周りにゴマを振りかける

おにぎりの具17:ごま油が良い感じ【鮭+沢庵+大葉】

自家製鮭フレークと沢庵と大葉を混ぜたおにぎりです。鮭フレークの作り方は焼いた鮭にみりん・酒を加えて蒸し焼きにし、身をほぐしながら塩を振り最後にごま油を回しかけるだけだそうです。簡単ですがとってもおいしそうですね!

おにぎりの具18:こってりおいしい【鮭+バター】

こちらは鮭とバターと少々の醤油を混ぜたおにぎりです。ピラフみたいになってとてもおいしいです。仕上げにパセリを振りかけるとおしゃれで彩りがよくなりますね!

おにぎりの具19:ごま油をつかってオイルおにぎりに!【ツナ+塩昆布】

ご飯とごま油とお好みでゴマを混ぜたものに、塩昆布とツナを入れておにぎりにしました。ごま油の風味がとてもよく食欲をそそります。

おにぎりの具20:こんな焼きおにぎりもあり!【ツナ+味噌+大葉】

こんがりと焼けた味噌と大葉の香りとツナの旨みが最高です。以下にレシピを簡単に書いておきますので、参考にしてみてください。

  1. ツナ味噌大葉の焼きおにぎりレシピ(二個分)
  2. ①味噌(大1)、醤油(大1)、砂糖(大1/2)、みりん(大1/2)を混ぜ合わせておく
  3. ②ツナを具にしておにぎりを握っておく
  4. ③合わせた味噌をおにぎりの表面に塗る
  5. ④フライパンにごま油を熱し、おにぎりをこんがり焼く

【おにぎりの具51選】おばあちゃんの味?懐かしい気持ちになるおにぎり

おにぎりの具21:きんぴらごぼう

お母さんやおばあちゃんが作ったきんぴらごぼうっておいしいですよね。残ったきんぴらごぼうや作り置きしておいたものをおにぎりに混ぜるのもおすすめです。

おにぎりの具22:ちりめん山椒

ちりめん山椒、お土産等でたまにもらいませんか?ご飯にとっても合いますよね。もちろんおにぎりの具としてもぴったりです。ピりッとした山椒がきいて食欲がわきます。

おにぎりの具23:きゃらぶき

ふきを数日かけて煮るきゃらぶき、懐かしいですよね。手間暇かけてつくるきゃらぶきは味が濃い目なのでご飯に合いますし、保存食として日持ちもします。作り置きとして常備しておき、おにぎりの具としても活躍しますよ。

おにぎりの具24:あさり

あさりの佃煮をつかったおにぎりです。あさりのうまみがごはんに染み込みおいしいです。塩加減はあさりの味によって調整してみてくださいね。

おにぎりの具25:高菜

普通の高菜でも画像のようなピリ辛高菜でも、おにぎりの具としてよく合います。高菜の漬物をつかって、茎をご飯に混ぜ混んでおにぎりをつくり、葉っぱで巻くものも昔ながらで素敵ですね。

おにぎりの具26:ネギ味噌

ネギ味噌はご家庭の味がありますね。お好きなネギ味噌をおにぎりに塗ってトースターで焼くだけでこんがり香り豊かなおにぎりが出来上がります。

【おにぎりの具51選】食欲のないときにオススメ!

おにぎりの具27:薬味でさっぱり【きゅうり+みょうが】

みょうがときゅうりを使って夏にもぴったりなさっぱりおにぎりです。みょうがときゅうりは塩もみしておき、ご飯と混ぜるだけです。食べ過ぎた後や食欲がないときにもピッタリですね。

おにぎりの具28:まるでしらす丼【しらす+大葉】

しらすと刻んだ大葉に加えて、ごま油・醤油・みりんを混ぜたものをご飯に混ぜるとさらにおいしくなりまり。まるでしらす丼を食べているような気分になれますよ。

おにぎりの具29:山形名物【だし】

ナスやきゅうりなどの夏野菜を細かく刻んで作った山形の家庭料理。みなさんご存知ですか?一時テレビで紹介されたこともあって話題になりましたよね。最近はスーパーなどでも見かけます。本来山形のだしはなにもご飯のお供が無いときにささっとつくれる料理なんだそうです。ご飯のお供はおにぎりにも間違いなく合いますね。

おにぎりの具30:栄養満点【大根の葉っぱのふりかけ】

大根の葉っぱみなさん捨てていませんか?大根の葉っぱはカルシウムは小松菜と同等に、鉄分もホウレン草並みにはいっていて栄養満点なんです。大根の葉っぱをつかってふりかけをつくりおにぎりにするとおいしいだけでなく元気になれるかもしれませんよ。

大根の葉のふりかけのレシピはたくさんあるのでお好みの作り方を検索してつくってみてください。以下に例としてレシピのサイトを載せておきますので参考にしてみてくださいね。

大根葉のふりかけ

おにぎりの具31:ピリッとわさびが食欲そそる【わさび+大葉】

わさびってピリッとして食欲がわいてきますよね。わさび醤油を混ぜたご飯に、刻んだ大葉を混ぜたおにぎりは爽やかで何個でも食べたくなる味です。

【おにぎりの具51選】ガッツリ食べたい時に!

おにぎりの具32:からあげおにぎり

おかずも一緒におにぎりにしてしまえば、手を汚さずにお腹も一杯食べられます。おにぎりにマヨネーズと唐揚げをいれたおにぎりはみんな大好きな味ですね。

おにぎりの具33:コロッケおにぎらず

おにぎらずって流行りましたよね?海苔にご飯とおかずを乗せて包み、包丁で半分にきるものなのですが、このおにぎらずはガッツリ系のおにぎりと愛称抜群です。これはソースを少しかけたコロッケをおにぎらずにしたものです。ボリューム満点で男の子も喜びそうですね!

おにぎらず!基本の作り方

おにぎりの具34:焼肉おにぎらず

豚こま等のお肉を焼肉のたれで味をつけて焼き、おにぎらずにしたものです。たれがご飯に染み込んでとってもおいしいです。味付けも簡単でおすすめです。

おにぎりの具35:カツカレー

前日のカレーをピラフにしてカツをなかに挟むのも良いですし、画像のように上にカツを乗せるのもおしゃれでかわいいですね。ちなみにこの画像のカレーは市販の「おにぎり丸」の甘口ポークカレー味を使用したものだそうです。こういった便利商品を使えばより簡単にできますね。

おにぎりの具36:絶対ごはんに合う!豚キムチ

ボリュームいっぱいなおかずを入れたいときはやっぱりおにぎらずですね!豚キムチでスタミナをつけちゃいましょう。ただ臭いが気になる人は注意が必要です。キムチを先に炒めて火を通してしまうと少し臭いが減りますよ。この画像は豚キムチに両面焼きの目玉焼きを入れています。

おにぎりの具37:デパ地下風?半熟卵おにぎり

デパ地下やカフェで出てきそうなおにぎりです。煮卵を半熟で作り、鰹節と醤油を混ぜたごはんで包んでいます。煮卵の作り方は、冷蔵庫から出したての卵を沸騰したお湯で7分ゆでで調味液に一晩~二晩漬け込みます。夏場やお弁当には半熟卵は心配なので、ランチなどすぐに食べれるときに食べたいですね。

おにぎりの具38:お肉サンチュで巻いて焼肉気分!プルコギ

プルコギは牛肉をコチジャンなどのタレで甘辛く炒めたものです、人参などの野菜もいれると野菜も取れていいですね。サンチュに巻いてからおにぎりにすると焼肉気分を味わえます。

プルコギレシピ

おにぎりの具39:ちょこんと見えるのがかわいい!ウインナーおにぎり

ウインナーはお弁当の定番ですよね。おにぎりの具にもボリューム満点な上ご飯とも相性抜群でもってこいです。タコさんウインナーのようにしておにぎりの上から見えるようにするとかわいいです。ウインナーはしっかりめに塩胡椒をするのがお勧めです。

おにぎりの具40:もはや定番!スパムおにぎり

スパムおにぎりは有名ですね。スパムを厚めにきって焼き、ご飯の上に乗せて海苔でお寿司のように巻きます。画像のように真ん中に薄焼き卵を挟むと綺麗ですね。

おにぎりの具41:冷凍でも手作りでも!炒飯おにぎり

炒飯をおにぎりにするのも定番ですね。具材も好きなものを入れられますし、野菜たっぷりにして栄養も考えられるのでお勧めです。昨日の残りの炒飯をおにぎりにしたり、冷凍のものを使えば時短にもなります。ただ、ボロボロと崩れやすいので注意です。

おにぎりの具42:炊き込みご飯をそのままおにぎりに

炊き込みご飯ってとってもおいしいですし栄養満点ですよね。でもついつい作りすぎて余ってしまうこと多くないですか?そんな時はおにぎりにしてしまいましょう。

おにぎりの具43:ランチメニューをを持ち運び!オムライスおにぎり

コンビニでもよく見かけるオムライスおにぎりです。チキンライスを卵で包んで、ケチャップかデミグラスソースを中もしくは外に少し垂らします。持ち歩くときはしっかりと火を通した卵にしてくださいね。

【おにぎりの具51選】この発想はなかった!気になる変わり種※レシピ付き

おにぎりの具44:桜えび+天かすでなんちゃって天むす!

天むすっておいしいですよね!でも、天ぷらなんて作るのが面倒くさい…。そんな時におすすめなのがこのメニューです。天かすと桜えびとめんつゆをご飯と混ぜることでまるでえび天むすを食べているような気分になれます。是非試してみてください。

  1. なんちゃって天むす
  2. ①ご飯茶碗一杯のご飯に天かすと桜えび適量とめんつゆ(大2程度)を混ぜ合わせます
  3. ②お好みの形に握ります
  4. ③海苔で巻いたら完成です

おにぎりの具45:おにぎりに納豆?

おにぎりに納豆てあまり想像つきませんよね?でも納豆ごはんがおいしいのだから絶対おいしいです!納豆は少ししっかり目に味をつけて、ネギなども一緒に乗せるとより美味しく食べられます。

  1. 納豆おにぎり
  2. ①丸い形に塩むすびをつくります
  3. ②納豆に備え付けのタレとからしを軽く混ぜます
  4. ③おにぎりの中央を少し窪ませ納豆を盛り付けます
  5. ④納豆の上に刻みネギを載せて完成です

おにぎりの具46:まるでビビンバ!韓国風おにぎり

レシピアプリで最近話題の、韓国風おにぎりです。この形のおにぎり、「チュモッパ」と呼ばれ、じゃんけんのグーの意味なんだそうです。かわいらしい形ですね。豚ひき肉や細切りにした人参をコチジャンなどで炒めて作ります。海苔は韓国のりを使うのがポイントです。

ごま油の風味とピリッとするコチジャンの味がまるでビビンバを食べているような気分になります。おにぎりにしては少し手間はかかりますが、その分とってもおいしいですよ。レシピは外部サイトをご参照ください。

韓国風おにぎり!チュモッパ

おにぎりの具47:ゴーヤ+ツナ

ゴーヤは夏バテ予防にも良いですよね。苦くて苦手という人もこのレシピなら蜂蜜の甘味やツナの旨みがあるのでパクパク食べられます。そうめんやお茶漬けにもお勧めだそうです。どれも食べてみたいですね。

  1. ゴーヤのツナ味噌(3~4人分)
  2. ①綿を抜いて、食べやすい大きさにカットしたゴーヤ(2本)とツナ缶(1缶)をオイルも一緒に炒める。
  3. ②①に酒を大4加えアルコール分をとばす
  4. ③さらに塩昆布(2掴み)、蜂蜜(大2)、合わせ味噌(大2)を混ぜて水分がなくなるまで炒める
  5. ④最後にごま油を回しかける

おにぎりの具48:洋風おにぎり【ベーコン+チーズ】

焼いたベーコンとチーズを混ぜたおにぎりです。ブラックペッパーをかけて味を調えます。素材の塩分が丁度良いので塩は加えなくても充分です。ご飯をバター醤油味にしたり、ごま油を混ぜてオイルおにぎりにするなど変化をつけても楽しめます。

  1. ベーコンチーズおにぎり
  2. ①ベーコンをフライパンで焼く
  3. ②チーズをサイコロ状に切っておく
  4. ③あつあつのご飯にごま油もしくはバター醤油を適量混ぜて味付けしておく
  5. ④①~③を混ぜ合わせて、最後にブラックペッパーを上からかけて完成です

おにぎりの具49:海苔の代わりに卵【たまごのみ】

数年前にケンミンshow!で取り上げられ、おいしそう!と話題になったおにぎりです。卵をシンプルに塩で味をつけて薄焼きにして、海苔の代わりに巻くだけです。ご飯に卵の味が染みてとてもおいしいそうですよ。徳之島の人は皆これが大好きなんだそうです!

おにぎりには何も入れなくてももちろんおいしいですし、おにぎりの中に豚味噌などの具を入れたりしても良いですね。ぜひ試してみたいです!

  1. たまごおにぎり(一個分)
  2. ①塩むすびをつくります
  3. ②たまご1個~1個半を割りほぐし、塩を少々混ぜておきます
  4. ③たまごをフライパンで丸い形に薄焼きにします
  5. ④塩結びを薄焼き卵で包んで完成です

【おにぎりの具51選】おにぎり専門店のおにぎりはやはり凄かった

おにぎりの具50:大人気店ぼんごの【すじこ】

東京にある、創業56年のおにぎりの老舗『ぼんご』を知っていますか?ここでは具材の種類が55種類もあるうえに、更に具材を二つ組み合わせられるトッピングもできます。おにぎりは三角に握るのが当たり前だと思っていたのですが、なんと『ぼんご』のおにぎりは握っていないんだそうです!

プロにしかできないその握り加減はふっくらとしたお米一粒一粒が感じられるようなおにぎりになります。メニューがたくさんある中でおすすめしたい具材が筋子です。いくらの生まれて間もない状態で連なったものを筋子と言います。ふっくらごはんとの相性は抜群です。足を運んででも食べてみたいですね。

おにぎり『ぼんご』HP

おにぎりの具51:かにやの【塩さば】

こちらも老舗のおにぎり専門店『かにや』です。長崎県長崎市に店舗を構えて平成27年で50周年を迎えました。ここ『かにや』で一番人気は塩さばです。先代のシェフが一番おにぎりにあう魚を試行錯誤して塩さばを選んだんだそうです。

あまりおにぎりのイメージがなかった塩さばですが、確かにおいしそうです!自宅でも試してみたい具材ですね。長崎まで旅行をした際や近くにお住まいの方は足を運んでみてください!

おにぎり専門店『かにや』HP

【番外編】おにぎりで簡単キャラ弁作り

簡単!海苔をつけるだけのスヌーピーおにぎり

保育園や幼稚園のお楽しみ弁当や遠足や運動会、お弁当を作る機会ってたくさんありますよね。子供がふと、「かわいいお弁当がいい。」なんて言い出すことがあるかもしれません。そんなときのおすすめをご紹介します。

スヌーピーのおにぎりは、お好みの具をいれたおにぎりをスヌーピーの形に整えた後に海苔をつけるだけで完成です。今は100円均一などにも目や鼻を簡単に作れる海苔カッターもありますのでうまく活用するとより簡単にできますね。

海苔で巻いて目をつけるだけ!まっくろくろすけおにぎり

こちらはのりを巻いて、目をチーズと海苔で作るだけです。大きめのおにぎりも作れるのでおにぎりの具材も自由に入れられますね。

不器用さんでも楽々!ラップに書くだけで可愛いおにぎり

CMでも最近良く見るこのペンは簡単におにぎりをかわいくできるのでおすすめです!キャラ弁なんてつくれないよーとお悩みのお母さんも、これを使えば解決ですよ。

それでも絵心ないし、とお悩みの方は「頑張ってね!」などのメッセージをカラフルに書くだけでもかわいいですね!試してみてください。

おにぎりは簡単で手軽!

簡単に誰でも作れて手軽に食べれる!

料理

わたしもこの記事を書くにあたって、「こんな具材もありなのか!」と目からうろこな発見がたくさんありました。毎日忙しくてもしっかりと栄養はとりたいという人におすすめのメニューがたくさんあります。

時間がない時のお助けご飯

おいしい

忙しくてご飯を食べる時間がない!そんな時はおにぎりを作っておいて片手でさっと食べられるようにしておくと良いですね。作り方も簡単なものばかりなので、朝の時間の余裕によって、混ぜるだけのものにしたり、少し余裕があれば少し手間のかかるものにチャレンジしたりと色々と試してみてください。

おにぎりの具を工夫して美味しく食べましょう

おにぎりの具51選をお届けしましたがいかがでしたでしょうか?皆が大好きなおにぎりは、食べると思わず笑顔になりますよね。ここで紹介した具材はほんの一部で、組合せ次第では無限大です。

毎日でも食べたいおにぎりだからこそ、具を工夫して美味しく食べたいですね。この記事が皆さんの毎日のおにぎり作りのヒントになれば幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。