Middle shutterstock 323107886

目次

カレーは日々の献立の救世主

大人も子どもも大好きなカレー!

おうちへの帰り道、どこかからカレーの匂いが漂ってくると、お腹がぐう~と鳴いちゃった経験はありませんか?匂いを嗅いだだけでも、食欲がそそられるカレー。子どもの好きな食べ物ランキングに常に上位にランクインするだけじゃなく、大人も大好きな味ですよね。

いつものカレーをもっと美味しくしたい!

夕食の献立に困ってしまった時、味方をしてくれるのもカレーだったりします。何度か助けられた……という方も多いのでは?そんな食卓に上がる機会の多いカレーですが、いつものカレーを更に美味しくできるポイントがあったら、是非試してみたいですよね。「美味しい!」の声がもっと聞けるようになるかもしれません。

カレーに欠かせない玉ねぎの美味しさ

もともと玉ねぎには、甘み成分である糖分が豊富に含まれています。生のままですと辛みの成分の方が強くなってしまうのですが、加熱することによって辛みを飛ばし、玉ねぎの甘みを強めることができるのです。炒めた玉ねぎって、それだけでも甘くて美味しいですよね。

あめ色玉ねぎは旨味の宝庫

ただ炒めただけでも美味しい玉ねぎですが、もっと玉ねぎの旨みを引き出すには、あめ色玉ねぎがうってつけなんです。あめ色になるまで炒めることで、玉ねぎの甘みがぎゅうっと更に凝縮され、風味が増し、香ばしさもアップしていきます。洋食には「あめ色玉ねぎ」とは、よく言ったものですよね。

だから、あめ色玉ねぎで格段にカレーが美味しくなる!

びっくり

あめ色に炒めることで、玉ねぎの旨みが凝縮されることが分かりました。あめ色玉ねぎを入れたカレーには、玉ねぎの旨みや風味、香ばしさが溶け出します。今まで、どうせ煮るんだからとあまり玉ねぎを炒めていなかった方も多いかも知れませんが、どうでしょう?あめ色玉ねぎが入ったカレーを、食べてみたくなりませんか?

あめ色玉ねぎは、実は簡単に作れる!

「あめ色玉ねぎは時間がかかるイメージがあってちょっと……」そう思っている方も多いはず。ですが、意外と簡単にあめ色玉ねぎは作れちゃうんです。基本のあめ色玉ねぎの作り方をおさらいしつつ、簡単な作り方もご紹介していきます。

基本のあめ色玉ねぎの作り方

まずは材料のおさらい!

キッチン

あめ色玉ねぎの材料は、とっても簡単です。まず、忘れてはいけない玉ねぎ。そしてバターを塩の三個だけ!ここまでシンプルだと、レシピを忘れることもありませんね。また、バターがなければオリーブオイルやサラダ油でも代用が可能です。

ステップ1:玉ねぎを薄切りにする

玉ねぎの筋にそって、薄く切っていきます。薄ければ薄いほど火の通りがよくなります。薄く切ることが難しい時は、スライサーを使って切ってしまうと厚さも均一になり、簡単です。

玉ねぎがしみて目が痛い!

玉ねぎを冷蔵庫で冷やしてから切ると、目にしみにくくなります!

ステップ2:フライパンで炒める

バター(またはオリーブオイルORサラダ油)を熱して溶かしたフライパンに、玉ねぎを入れます。塩をさっと一振りし、そのまま火加減は弱火で、かき混ぜながらじっくりを炒めていきましょう。

玉ねぎが焦げちゃう?

テフロン加工がきいたフライパンであれば大丈夫だとは思いますが、もし焦げ付いて炒めにくい場合は、少量の水を加えながら炒めていくといいです。

ステップ3:あめ色になったら出来上がり!

少量であれば40分程度、量が多ければ約一時間程度で美味しそうなあめ色の玉ねぎになってきます。画像のようなあめ色になったら晴れて完成です!

もっと簡単に作れるあめ色玉ねぎで、カレーを美味しく!

もう少し手間をかけずに作りたい…そんな時は

叫び

時間がある時ならじっくり玉ねぎを炒めて、色が変わっていくのを見るのもいいけど、普段は玉ねぎの下ごしらえにかかりっきりになんてなれない!他にもやらなきゃいけない家事はいっぱいあるのに……そんな時に便利なのが、他の料理の片手間や家事の合間にも作れてしまう簡単レシピのあめ色玉ねぎです。

ほったらかしで出来ちゃう、あめ色玉ねぎの作り方

材料は基本のあめ色玉ねぎの作り方と同じですが、今回は蓋が閉められるフライパンを使用してあめ色玉ねぎを作っていきます。また、基本的に放置して作るレシピとなりますので、こまめにかき混ぜられない分、焦げついてしまわないようテフロン加工がしっかりときいたフライパンを使うこともポイントです。

ステップ1:玉ねぎを薄切りにして、フライパンへ

基本のあめ色玉ねぎと同じように、バターを熱したフライパンに、玉ねぎを入れて塩を一振りします。その後、ぴったりと蓋を閉めて、弱火で炒めたまま放置していきます。

ピッタリ蓋が閉められるフライパンが良し!

放置している間、玉ねぎの水分が逃げて熱が冷めてしまわないよう、しっかりと蓋が閉まるフライパンを使いましょう!

ステップ2:時々、様子を見ながら水分を飛ばしていく

ある程度放置しておいたら、蓋をあけ、かき混ぜながら強火で水分を飛ばします。溜まった玉ねぎの水分が飛んだら、また弱火に戻し、蓋を閉めて放置します。これを何度か繰り返していきましょう。

ステップ3:最後は丁寧に仕上げ炒め

ステップ2の工程を繰り返して、たま葱があめ色になってきたら、丁寧にかき混ぜながら仕上げ炒めをしていきます。完全に水分がなくなったら、あめ色玉ねぎの完成です!

更に時間がない時の技!レンジでも出来るあめ色玉ねぎ

時間のない主婦の味方!レンジを有効活用!

悩み

家事の合間に作れるのは嬉しいけど、もっと時間をかけずに作りたい!毎日のレシピに、もっと気軽にあめ色玉ねぎを使いたい!そんな声に応えるのが、これからご紹介する時短あめ色玉ねぎの作り方になります。こちらの作り方はレンジを活用していくので、とっても簡単、且つ時間をかけずに作ることが可能です。

とっても簡単!レンジであめ色玉ねぎの作り方

今回、使っていくものも、基本のあめ色玉ねぎの作り方と同じ材料に加えて、多めの水だけ!その他に、レンジ加熱する際に使う、電子レンジ使用可のバットなどを使っていきます。こちらのレシピも準備するものは簡単になりますので、迷うことはありませんね。

ステップ1:玉ねぎをレンジでチン

薄く切った玉ねぎを、レンジで加熱ができる容器にいれます。玉ねぎがひたひたになるまで水を入れたら、ラップをして電子レンジで温めていきましょう。800wで約20分が目安。途中、吹きこぼれがおきてないかを確認し、かき混ぜておくと加熱ムラも防げます。

ステップ2:水分がなくなってきたら、フライパンにIN

ほとんど水がなくなったら、レンジでの加熱は終わりです。フライパンに玉ねぎを残った水分ごと移し、中火でかき混ぜながら炒めていきます。水分がなくなったら、蓋をしめて弱火で放置。

テフロン加工のフライパンがオススメ!

こちらのレシピでも放置する工程がありますので、焦げ付きにくいようにテフロン加工が施されたフライパンがオススメです。

ステップ3:放置しながらかき混ぜよう

時々、焦げていないか様子を見ながらかき混ぜて、あめ色の玉ねぎにしていきましょう。あめ色になってきたら、最後はこまめにかき混ぜて、水分をなくなったら完成です!

あめ色は底からやってくる

玉ねぎは底の方から徐々にあめ色になってくるので、ひっくり返すようにかき混ぜるといいですよ。

あめ色玉ねぎができたら、どんどんカレーに活用しよう!

いつものカレーに入れるだけ!これからの定番、あめ色玉ねぎカレー

あめ色玉ねぎができあがったら、あとは生の玉ねぎをあめ色玉ねぎに変えて、いつも通りにカレーを作るだけでOK!それだけで、洋食屋さん顔負けの絶品カレーを作ることができます。いつものカレーとは違う美味しさに、家族の笑顔も増えちゃうかもしれません。

キーマカレーやスープカレーにも使える

玉ねぎを薄切りにして作るあめ色玉ねぎをご紹介してきましたが、もちろん薄切りだけではなく、みじん切りやすりおろした玉ねぎでもあめ色玉ねぎを作ることができます!みじんぎりのあめ色玉ねぎを使ったキーマカレーや、すりおろしたあめ色玉ねぎを使ったスープカレーなど、色々なカレーに応用ができそうですよね。

あめ色玉ねぎは冷凍もできる!

炒める前はたくさんあった玉ねぎも、あめ色になるまで炒めると、暈が4/1程度になってしまいます。なので、時間がある時に大量に作っておいて、冷凍保存しておくこともできるんです!冷凍しておけば、使いたい時にさっと取り出すことができるので、とても便利ですよね。

あめ色玉ねぎの出番はカレーだけじゃない!

カレー以外にも使える、あめ色玉ねぎは万能調味料!

笑顔

あめ色玉ねぎの作り方について、ご紹介させていただきました。カレーの他にも、色々な料理に使うことができるあめ色玉ねぎ。ビーフシチューやオニオンスープ、ハンバーグの付け合せなど、使う場所はたくさん!あめ色玉ねぎを加えるだけで、いつもの料理がワンランクアップしますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。