Middle shutterstock 607492355

目次

羊毛フェルトとニードルフェルトについて

羊毛フェルトは小物からバッグまで幅広く作れる

ニードルフェルトや羊毛フェルトの作り方は初心者の方でもコツをつかめば、色んなふわふわで可愛い小物を作ることができます。さらに応用すればバッグや帽子など、ファッション小物まで作ることが可能です。今回は羊毛フェルトとニードルフェルトの基礎知識から作品10選と、羊毛フェルトの作り方3選をご紹介します。

羊毛フェルトの基礎知識

羊毛フェルトは、文字通り羊の毛で作られたものです。最初綿のような形をしていて一般的にフェルトといわれる質感ではありません。この綿状の羊毛から、固く丸めたり専用の針で刺して羊毛同士を絡ませてフェルトにしていきます。針を使って作ることからニードルフェルトと呼ばれています。

他にも、石鹸や水のアルカリを利用して、手で羊毛同士を絡めて作るシート羊毛という方法があります。こちらは羊毛同士を固く平らに作れることから、バッグやコースター作りに向いています。作品によって、どのようにフェルト化するほうがいいか選んでおくと良いでしょう。

ニードルフェルトの基礎知識

ニードルフェルトは、羊毛フェルト専用のニードル針を使用し、刺しながら羊毛の繊維を絡めながら加工したフェルトです。手の摩擦熱やニードル針で刺し固めて作るので羊毛の状態よりも強固になり、形もキレイに整います。ただ刺すだけではなく繊維を絡めながら固めて作るので、刺し方にも少しコツのいるフェルトです。

ニードル針の扱いに注意

ニードル針は先が尖って、繊維と絡めやすいように引っ掛かりがあります。折れやすく誤って手に刺したら怪我しますので、取り扱いに注意してください。

羊毛のバリエーションは豊富

実は羊毛といっても、種類はたくさんあり特徴も異なります。羊毛の知識があれば、作品のクオリティーも上がっていくので、羊毛の特徴をうまく利用して素敵な作品に仕上げましょう。今回はポピュラーな羊毛についてご紹介します。

  • メリノ
  • ニットにも使われていることが多い最もポピュラーな羊毛。柔らかく線維が細いのが特徴です。光沢感もあり作品に使えば滑らかで艶感を出せます。しかし柔らかすぎるためニードルフェルトになりにくく初心者には扱いづらいです。
  • ロムニー
  • かなり太めでゴワゴワしている繊維が特徴的。ゴワついているのでニードルフェルトになりやすく、刺した個所もわかりづらいので作品の土台に使ったり、初心者におすすめの羊毛です。発色は良くないので暗い印象があります。
  • アクリル(化学繊維)
  • アクリルなど化学繊維が混じっている羊毛や、100%化学繊維の羊毛か微妙なラインのものもあります。フェルト化するにも繊維が絡まりやすく、短時間でニードルフェルト化できるのが特徴です。発色もいいので作品の幅が広がります。

簡単な羊毛フェルトの作り方付き!羊毛フェルトが買えるお店

100均でもお手頃価格で販売

手芸屋さんに行けばたくさんの羊毛を手に入れることができますが、羊毛フェルトは100均でも手に入れることができます。初心者向けに嬉しいキットで売っているので、いろんな色を揃えることなく簡単な羊毛フェルトの作り方付きで買えます。まずは、このキットで作り方の基本を覚えるのもいいですね。

100均にある羊毛フェルトキットの種類

ダイソーでは5種類以上の羊毛フェルトのキットが売っています。小さくて可愛い動物のマスコットが多く、全種類作りたくなりますね。どれも羊毛フェルトの作り方は簡単でチャレンジしやすいです。さらに、ダイソーはニードル針も数本セットで売っているので、材料はすべて100均で揃えることができますよ。

こちらは100均で手に入る材料で楽しめる羊毛フェルトについてまとめたものです。可愛いぬいぐるみタイプの羊毛フェルトの作り方やニードルフェルトを紹介しているので、初めての方や低予算で楽しみたい方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 607492355

100均でも手に入る?羊毛フェルト、ニードルフェルトで自分だけのぬいぐるみ人形を

羊毛フェルトやニードルフェルトを使って、ぬいぐるみや人形を作り、SNS

羊毛フェルトの可愛い小物10選

羊毛フェルトの可愛い小物10選【アクセサリー編】

可愛いお花のブローチになります。お花も1色だけでなく2色混ぜて使うことでよりリアルなお花を作ることができます。中心をビーズで飾ることで、華やかなブローチになりますね。

くまちゃんの顔が付いたヘアゴムです。羊毛フェルトだと柔らかくマスコットのような雰囲気があり、そのまま置いてあっても可愛いです。ウサギや猫など、お子さんのヘアゴムとしても喜びそうですね。

こちらは羊毛フェルトで作った帽子です。羊毛なのでとても暖かそうで、柔らかい質感が上品ですね。帽子など作る生地も大きいのでシート羊毛を作る方法がおすすめですよ。秋冬は手作りアクセサリーでおしゃれするのもいいですね。

こちらは羊毛フェルトで作った犬のストラップです。コロンとして可愛いですね。手のひらサイズで作ればカギやバッグにつけることができます。ストラップ紐も100均で手に入れることができるので、簡単にストラップを作ることができます。

羊毛フェルトの可愛い小物10選【インテリア編】

こちらは白を基調とした羊毛フェルトの小物入れです。カラフルな羊毛で模様を作るのもいいアイディアですね。ビーズをちりばめてあるのも華やかさが加わってとっても素敵です。

こちらは羊毛フェルトを装飾したメモスタンドです。お花もひよこも似た色なのでまとまりが良く、可愛いですね。丸い形が多いので、この羊毛フェルトの作り方は真似しやすいですね。

カラフルな丸い形を敷き詰めたコースターです。丸い羊毛フェルトの作り方を覚えるだけなので、初めての作品作りもぴったり!丸の大きさや色遣いによって雰囲気も変わるので、何枚も作りたくなっちゃいますね。

羊毛フェルトの可愛い小物10選【置き物編】

今にもお手をしそうなワンちゃんも、羊毛フェルトで作られたものです。しっかりと羊毛フェルトを固めることで完成後の質感も滑らかでまとまりがあり、本物のようですね。バンダナに違う生地を組み合わせて作るとよりハンドメイド感が出て素敵です。

ディズニーシーで売っているの?と思っちゃうほど完成度の高いダッフィーです。羊毛フェルトならではのもこもこ感がマスコットにぴったりですね。色んなキャラクターを作って飾るのも楽しいですね。

最後は、フォトフレームを活用した羊毛フェルト雛人形です。とても完成度が高く、羊毛フェルトならではの温かみがあり素敵です。フォトフレームにはお花やシールで装飾すると、より本格的な作品になりますね。イベント行事は羊毛フェルトの作品を飾るのもおしゃれですね。

羊毛フェルトの作り方【基本編】

丸い羊毛フェルトの作り方

  • 用意するもの
  • お好みの色の羊毛フェルト
  • ニードル針
  1. 丸い羊毛フェルトの作り方
  2. 1.お好みの色の羊毛フェルトを、手でなるべくきつく丸くしていきます。
  3. 2.ニードル針でまんべんなく刺し固めていきます。
  4. 3.刺し固めていくと表面が整ってくるので、キレイになったら完成です。

手で丸い形を作るときは力いっぱい固める

羊毛フェルトは摩擦や熱でも固まり、フェルト化していくのでニードル針で刺す前にできるだけしっかりと形を整えていきましょう。

表面をキレイにする方法

こちらの動画では、羊毛フェルトの作り方の基本である表面をキレイに仕上げるコツが紹介されています。マスコットや小物も表面がキレイじゃないとクオリティーも低く見えてしまいますよね。動画で分かりやすく紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

パーツをキレイにくっつける方法

こちらの動画は、羊毛フェルトの作り方の中でパーツをキレイにくっつけるコツを紹介しています。マスコットなど他の羊毛フェルトとくっつける事が多いです。コツをつかめば、たくさんのパーツを組み合わせなくてはいけない作品もスムーズに作ることができますよ。基本として覚えておくといいですね。

羊毛フェルトの作り方3選

羊毛フェルトの作り方3選①ウサギの羊毛フェルトの作り方

  • 用意するもの
  • ウサギの顔になる白色の羊毛フェルト
  • ウサギの耳の色になるピンクの羊毛フェルト
  • ウサギの口と花かざりになる赤の羊毛フェルト
  • 花の中心になる黄色の羊毛フェルト
  • ウサギの目になる目のパーツ
  • ニードル針
  1. ウサギの羊毛フェルトの作り方
  2. 1.ウサギの顔になる白の羊毛フェルトを丸く手で固めていきます。
  3. 2.丸く整ったらまんべんなくニードル針を刺してさらに固めていきます。
  4. 3.ウサギの外側の耳になる白の羊毛フェルトを耳の形に手で整えていきます。顔とくっつける下の部分はボサボサのままにしておいてください。
  5. 4.3のボサボサしている以外の場所を、ニードル針で刺して固めていきます。
  6. 5.ウサギの内側の耳になるピンクの羊毛フェルトを3と同じ状態にしてください。
  7. 6.3で作った外側の耳に5のピンクの羊毛フェルトを重ねて、周りをニードル針で刺しくっつけます。
  8. 7.耳のボサボサしている部分を、顔にくっつけてニードル針で刺し固めます。
  9. 8.目の部分を開けて、パーツを差し込みます。
  10. 9.赤のフェルトを口の形に作って、ニードル針で顔に刺し固めます。
  11. 10.花かざりは、花びら5枚と中心1枚の丸を作り、顔にニードル針で刺しながらくっつけていきます。
  12. 11.形を整えたら完成です。

パーツをくっつけるときボサボサしていないと取れやすい

パーツをくっつけるときに、ボサボサにしておかないとニードル針で刺し固めても繊維が絡まず引っ張るとすぐ取れてしまうので、あえてボサボサした状態にしておきましょう。

羊毛フェルトの作り方3選②ヘアゴム羊毛フェルトの作り方

  • 用意するもの
  • イチゴになるの赤い羊毛フェルト
  • イチゴのへたとクローバーになる緑の羊毛フェルト
  • イチゴの種になるの黒の羊毛フェルト
  • ヘアゴム2本
  • ニードル針
  1. イチゴとクローバーヘアゴムの羊毛フェルトの作り方
  2. 1.イチゴになる赤い羊毛フェルトの形を手で作って、ニードル針で刺し固めます。
  3. 2.イチゴの種になる黒い羊毛フェルトを、イチゴに並べてニードル針で刺し固めます。
  4. 3.イチゴのへたになる緑の羊毛フェルトをの形を整えて、イチゴとくっつける箇所はボサボサのままにしておいてください。
  5. 4.イチゴのへたのボサボサの場所以外は、ニードル針で刺し固めます。
  6. 5.イチゴとへたをくっつけて、ニードル針で刺し固めます。
  7. 6.イチゴの裏側を少し凹ませます。凹ませた部分に輪にしたヘアゴムの結び目を置きます。
  8. 7.結び目の上にイチゴになる赤い羊毛フェルトを重ねて、周りをニードル針で固めます。
  9. 8.形を整えたら完成になります。
  10. 9.クローバーも形を整えてニードル針で刺し固め、6~8の手順と同じやり方で完成します。

針や糸が無くてもヘアゴムは付けられる

羊毛フェルトはニードル針でしっかり繊維を絡めて刺し固められるので、ヘアゴムを止めるように針や糸を用意しなくても、しっかりくっつきます。

羊毛フェルトの作り方3選③がまぐち羊毛フェルトの作り方

発砲ボールを使ったがまぐちの作り方を紹介しています。羊毛フェルトならではの柔らかい質感と発砲ボールで作る丸い形がとても可愛いです。羊毛フェルトの作り方①②と比べると、レベルアップした作品です。

がまぐちの金具部分の説明もあるので、とても分かりやすい動画です。がまぐちだけでなく金具部分を付けるときに参考になりますね。ぜひ基本編をマスターした方はチャレンジしてみてください。

羊毛フェルトの作り方をマスターして可愛い小物作りを楽しもう

羊毛フェルトの作り方や基本を覚えれば、簡単にオリジナル小物を作ることができます。マスコットからバッグまで幅広い羊毛フェルトグッズを作って楽しむことができます。本格的に作れるようになれば、インテリアとして飾ったりプレゼントしても喜ばれますよ。ぜひ可愛いオリジナルの羊毛フェルトを楽しんでくださいね。

こちらの記事は手作りピアスの作り方を紹介しています。ピアス自体も手作り出来て羊毛フェルトで装飾すればクオリティーの高いピアスを作ることが可能ですよ。羊毛フェルトですべて作るだけでなく、装飾に羊毛フェルトでアレンジすることもできるので、ぜひアレンジしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。