INDEX

簡単ヘアアクセサリー!ヘアゴムの作り方!初級者編

ヘアゴムの作り方①ボンボンヘアゴム

ボンボンともポンポンとも呼ぶ、まあるいあの子。ヘアゴムにぴったりなんです。毛糸でふんわり暖かみがある、ヘアアクセサリーになりますよ。使用する毛糸の色によっては、大人っぽくもかわいらしくもなるので、色違いでお子様とお揃いで作ってみるのも楽しいですね!

ボンボンの作り方は、お好きな毛糸を用意して、束ねていってカットするだけという簡単さです。きれいな丸にするのがポイント。詳しいやり方は、次の動画を参考にしてみて下さい。

また、100均のセリアやダイソーには、ボンボンメーカーなるものが売っているんです。これはとても便利そうですね!毛糸をセットして、くるくる回して使います。楽しくてたくさん作ってしまいそうですね。

ヘアゴムの作り方②フェルトのお花のヘアゴム

フェルトのお花のヘアゴムです。フェルトは100均にもあり、安価で手に入りやすい素材なので嬉しいですね。微妙な色合いのフェルトが欲しい場合は手芸店へ。ニュアンスカラーからビビッドカラーまで多くのフェルトに出会えます。次の動画で作り方を説明していますので、参考にしてみて下さいね。

ヘアゴムの作り方③コンチョヘアゴム

コンチョは金属の飾りボタンです。いたってシンプルにヘアゴムに使うだけで、簡単にフォークロア調の雰囲気が漂う、素敵なヘアアクセサリーになりますよ。次のリンク先や動画で、わかりやすく説明していますのでぜひご覧になってみて下さい。

ヘアゴムの作り方④リボンヘアゴム

シンプルなリボンは、女の子の定番!憧れです。どんなリボンを使うかで、がらっと印象が変わりますので、イメージに合ったお好きなリボンで作ってみて下さい。

スエードやベロアのリボンを使うと、大人女子にもぴったり。シンプルかつ、ファッションのポイントにもなり、こなれた雰囲気がおしゃれです。次のリンク先には、簡単なリボンゴムの作り方が掲載されていますので、参考にして下さい。リボンの長さなどは選んだ素材によって、アレンジしてみて下さいね。

またこちらの記事でもリボンゴムの作り方について、たくさんご紹介していますよ。リボンのヘアゴムが気になった方はチェックしてみて下さい!

Small thub shutterstock 559598881
関連記事 手作りリボンゴムの簡単な作り方3つ!おしゃれでステキ!

リボンゴムは簡単に手作りできるんです。材料費だけでたくさん作れるのが手

簡単ヘアアクセサリー!ヘアゴムの作り方!上級者編

ヘアゴムの作り方①天然石(パワーストーン)のヘアゴム

天然石(パワーストーン)を使ったヘアゴムが素敵です。お好きなパワーストーンをセレクトして、恋や学業、仕事などに効果があるヘアゴムが自分で作れます。大切なお友達に、パワーストーンを選び、手作りしてプレゼントするのもとても喜ばれそうですね。

下の動画やリンク先に、天然石やビーズを使ったヘアゴムの作り方を紹介しています。Tピンを使ったり、丸ペンチを使ったり、道具も必要なのですが、いちど覚えたら簡単です。ぜひ参考にしてチャレンジしてみて下さい!

ヘアゴムの作り方②かぎ編みのヘアゴム

かぎ編みでリボンを作ってヘアゴムにするのも素敵ですね。かぎ針と毛糸があればいつでもどこでも編めてしまうので、慣れるとスイスイ進められますよ。リボン型以外にも、お花や丸型など、いろいろな形に編む方法があります。次の動画では、かわいいリボン型を説明していますので、ご参考にして下さい。

ヘアゴムの作り方③変形リボンのヘアゴム

こちらはブーメランのような形で、ちょっと大人っぽいリボンゴムです。これなら、気軽につけられそうですね。簡単な型紙を作って、布を切り、縫うだけなので簡単です。手縫いでもミシンでも大丈夫ですよ。次の動画でとてもわかりやすく作り方を紹介しています。

簡単ヘアアクセサリー!ヘアゴムの土台を生かした作り方

ヘアゴムの作り方①レジンを流すだけ!ミール皿付きヘアゴム

これは、ミール皿という丸型とハート型のお皿が付いていて、ヘアゴムの土台となります。お皿の中に、レジンやキラキラしたラメなどを流し込んで硬化させると、次のような素敵なヘアゴムが作れます。

レジンでキラキララメや、かわいい柄を閉じ込めて。カラフルでつやつやしていて、とてもかわいいヘアゴムになりますね。次の動画では、レジンの扱い方などがよくわかりますので、参考にして下さい。



ヘアゴムの作り方②カボションをくっつけるだけ!皿付きヘアゴム

こちらの皿付きヘアゴムを使います。ちょうどお皿のような台座がついていますよ。そこに同じ大きさのカボションを乗せて、グルーガンやボンドで止めるだけ。お手軽にカボションヘアゴムが作れちゃいます!

\ POINT /

カボションとは?

宝石のカット方法で、カボションカットといいます。石をつるんと丸い山のかたちに研磨し、底は平らです。

こちらがカボションを乗せて作ったカボションヘアゴムです。つるんとした丸い形が美しいですね。素材は、ガラスや樹脂などいろいろなカボションパーツが出ていますので、100均や手芸店などで探してみましょう。

こちらもカボションヘアゴムです。丸だけではなく、四角いパーツも個性的ですね!カボションはドーム型なので、中の模様が浮かび上がって見えますね。カボションを手作りすることもできるので、そこから凝って作ればたったひとつのヘアゴムになります。

ヘアゴムの作り方③くるみボタンヘアゴム

100均で買える、くるみボタンキットです。様々な大きさがあります。好きな布を使い、丸く切って、くるみボタンを作ります。それをゴムに通したらくるみボタンのヘアゴムができあがり!

子供にもぴったりです。小さめサイズのくるみボタンなら、2個使いでもうまくまとまりますね。大きいサイズはひとつでも十分存在感があります。刺繍をしたりビジューをつけたり、くるみボタンでくるむ生地には自由に飾りをつけてみて下さい!

ヘアゴムの作り方④カン付きヘアゴム

カン付きのヘアゴムに、ビーズやスワロフスキーのパーツなどを丸カンで繋げていくだけです。カン付きとは、丸い輪っかのパーツの事です。ヘアゴムにあらかじめカンが付いているので、そこに色々な素材を繋げるだけで素敵なヘアゴムが出来上がります。

次の動画では、カン付きのヘアゴムに、レジンのパーツを繋げるやり方を紹介しています。繋げるものはアイデア次第なので、素敵なパーツをみつけてみて下さい!

簡単ヘアアクセサリー!古くなったあれを再利用?リメイクヘアゴムの作り方

ヘアゴムの作り方①思い出のベビー服でリメイク!

赤ちゃんの頃着ていたベビー服やスタイ、おくるみ。かわいくて気に入っていたものがあれば、ぜひヘアゴムにリメイクしちゃいましょう。捨てられないでいた思い出のベビー服。子供が大きくなっても、ヘアゴムならずっと使えますね。時に赤ちゃんの頃を思い出して、ほっこりすること間違いなしです!

ヘアゴムの作り方②ブランドロゴでリメイク!

ポロシャツなど、サイズアウトしてしまったものも、かっこいいロゴやワンポイントがあれば再利用してみましょう!くるみボタンの生地として使えば、お気に入りブランドのヘアゴムみたい!とても面白いアイデアですね。楽しくリメイクしてみましょう!

こちらはなんと、ブランドのリボンを再利用しています。ラッピングで使われていたリボン、どこかに眠っていませんか?リメイクのアイデアは本当にたくさんありますね!

ヘアゴムの作り方③デニムリメイク!

デニム生地のジーパンなどをリメイクしたヘアゴムです。デニム地と、アクセントにもなる柄や模様が明るめ生地を使っています。もう着ないデニムがあれば、ぜひリメイクしちゃいましょう!デニム地は少し硬いので、よく切れる裁ちばさみを使い、くれぐれも怪我をしないようにカットして下さい。

お下がりやお古の洋服など、気に入ったかわいい柄があればなんでもリメイクできそうですね!生地代がかからないのは嬉しいし助かります。たとえ失敗しても痛くないので、練習用としても使えますね!

簡単ヘアアクセサリー!子供に人気なヘアゴムの作り方

女の子に大人気!グログランリボンのヘアゴム

グログランリボンは、ほつれないのでとても扱いやすく、子供のヘアゴムに最適なんです。プリントされている柄もとても細かい部分までくっきり鮮やか。大好きなキャラクターのリボンを使ってみてはいかがでしょうか。次のリンク先に、わかりやすい作り方が掲載されていますので参考にしてみて下さい。

ふわふわが素敵!チュールリボンヘアゴム

リボンの素材をチュールに変えるだけで、がらっとラブリーな雰囲気に。まあるくふんわりさせてもいいし、たたんでリボン型として使っても素敵です。チュールはなんと100均の水切りネットも使えますよ!次の動画ではチュールボンボンの作り方を紹介しています。

羊毛フェルトの動物さんヘアゴム

ちくちくと針で形を作っていく羊毛フェルト。かわいい動物を作ったら、ヘアゴムにつけるだけ。今では100均でも羊毛フェルトキットがあります。好きなものを作って上手にできたらヘアゴムにするとかわいいですね!次の動画では、ダイソーの羊毛フェルトキットを紹介しています。とてもかわいいヘアゴムになりそうです。

自分だけのヘアゴムを手作りしてオシャレに目立っちゃおう!

ヘアゴムは小物なので、大きな材料は必要ありません。省スペースで、思い立った時にすぐ作れるのがヘアゴムのいいところ。ちょっとした気分転換にもなりますね!髪の長い人なら誰でも必要なヘアゴム。購入するよりも安くたくさん作れるのが手作りの良いところなので、ぜひ挑戦してみて下さい。

たくさんのヘアゴムの作り方をご紹介しましたが、気に入ったものはみつかりましたか?手作りのアイデアは無限です。ぜひ、自分流にやり方を変えて楽しんでみて下さい。世界でひとつだけのおしゃれなヘアゴムが作れたら、みんなの注目を集めてしまいそうですね。楽しみながらヘアゴム作り。ぜひ試してみて下さい!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。