Middle shutterstock 552164044

目次

手水舎とはどういうもの?

手水舎がある理由

手水舎(てみずしゃ)とは、神社の境内に設置されている流水施設のこと。綺麗な水と柄杓が置いてあります。手水舎が置いてある理由は、人間が神様の世界に入る前に俗世の穢れや邪気を払うため。言わば、禊が簡略化されたものなのです。

手水舎の起源や歴史

元々、人々は神社で参拝する際は事前に川で体を清めていました。しかし、時が経つにつれて川の水が汚れてしまい、川では穢れを清められなくなってしまいます。そこで、神社に手水舎が用意されるようになり、人々が境内で体を清められるようになったのです。

手水舎にはきちんとした作法がある!

作法があやふやなまま使ってしまうのはNG

疑問

手水舎の作法は参拝の「二礼二拍手一礼」のように有名ではないため、あまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。ですが、先ほどもお伝えした通り、手水舎は神様に会う前に体を清めるという大事な役割があります。

正しい作法で使わないと、きちんと穢れを落とせないまま神様の前に立ってしまうことになりますよね。それを避けるためにも、ぜひ手水舎の正しい作法やマナーを勉強しましょう!

手水舎での正しい作法やマナーとは?

手水舎での作法その1.柄杓で水をすくい、左手→右手の順で洗う

では、ここから手水舎の作法について具体的にご紹介していきます。手水舎の前に立ったら、まず軽く一礼をします。そのあと右手に柄杓を持ち、水をたっぷりとすくいましょう。そしたら、その水を使って左手を洗います。左手が洗い終わったら、柄杓を左手に持ち替えて今度は右手を洗います。水を使いすぎないように注意です。

使う水は一杯分だけ!

たまに、何回も何回も水をすくって清めている方がいますが、あれはマナー違反。手水舎の水は、柄杓一杯分しか使ってはいけません。そのため、最初に水をすくう時はたっぷりとすくいましょう。

手水舎での作法その2.口をすすぐ

手を清め終わったら、今度は口を清めていきます。まず、柄杓を右に持ち替え、左手に水を溜めてその水を口に含みます。音を立てずに口をゆすいだ後は、左手で口元を隠しつつ水を静かに吐き出します。これで口が清められました。

柄杓から直接水を含まない!

たまに柄杓から直接水を口に含む方がいますが、あれも立派なマナー違反です。参拝客の皆さんが共有して使うものですから、衛生的にもあまり良くありません。必ず自分の手に水を貯めて口をゆすぎましょう。

手水舎での作法その3.再び左手を洗い、最後に柄杓の柄を洗う

口が清められたら、再び左手を洗います。左手に口をつけたことで、また左手が穢れてしまったからですね。最後に、柄杓を縦にして、残った水を柄に伝わせます。柄杓を手水舎に戻して、軽く一礼したら終了です。文章だと分かりづらいという方は、ぜひ動画でも確認してみましょう。

手水舎の作法だけじゃない!参拝の作法も大丈夫?

鳥居をくぐる時の注意点

手水舎だけでなく、神社での参拝作法もしっかりと覚えていますか?手水舎での作法が完璧でも、その他の作法があやふやだと意味がありません。自信がないという方は、ここで神社での参拝の作法やマナーも学んでいきましょう!

まず、鳥居をくぐる時の作法についてです。鳥居はただのオブジェではなく、人間界と神の世界をわける結界です。鳥居から一歩先は神様の世界であり、鳥居は言わば玄関のようなもの。挨拶もなしに玄関に乗り込むなんて失礼ですよね。鳥居をくぐる前は衣服をただし、しっかりと一礼してからくぐりましょう。

また、鳥居をくぐる時は真ん中でくぐったりしていませんか?実は、鳥居や参道の真ん中は「正中」と呼ばれる神様の通り道。そのため、鳥居をくぐる時は真ん中は避けましょう。最初に踏み出す足は正中から遠い方と決まっているのでこちらも忘れずに。

参道の真ん中は歩かない!

先ほども言った通り参道の真ん中は神様の通り道なので、参道を歩く際は右側か左側に寄りましょう。神職の方や巫女さんなどがいたら一礼するのもマナーです。参道を横切りたいときも、一礼して神様にお伺いを立ててから横切りましょう。

神社での参拝は二礼二拍手一礼

神社での参拝の作法は「二礼二拍手一礼」です。まず、お賽銭を入れたら腰を90°に曲げたお礼を二回繰り返します。そのあと、手を合わせてパンパンと二回拍手をして、神様にお願いします。お願いが終わったら、もう一度深いお辞儀をします。これで参拝は終了です。

拍手をするときは右手を下にずらす!

参拝作法においても気をつけなければいけないポイントがあります。拍手をする際は右手を少しだけ下にずらしましょう。なぜ右手をずらすのかというと、陰陽道では右手を人、左手を神とするからです。神様への敬意を表しているわけですね。

お賽銭はいくらが良いの?

お賽銭の金額は5円がいいとか100円がいいとか、いろいろと言われていますよね。一体いくらにすればいいのでしょうか。実は、お賽銭の金額に決まりはありません。「ご縁がありますように」という語呂合わせから5円を使うと縁起がいいと言われていますが、個人の自由で大丈夫です。入れたいと思った金額を入れましょう。

お賽銭は投げて入れない!

お賽銭は投げて入れる方が多いですが、あれは神様に失礼に当たるため良くないと言われています。入れる時は丁寧に入れましょう。

お願いを伝える時は氏名と住所を

参拝するとき、「幸せになれますように」とか「恋人ができますように」などといったお願いごとを神様に伝えていませんか?私たちが神様にまず伝えなくてはいけないのは、日頃私たちを見守ってくれている神様への感謝の言葉です。感謝もせずに神様に私利私欲のためのお願い事をするのは、神様に失礼に当たります。

氏名と住所も伝えよう

参拝する時は、最初に氏名と住所を伝えて神様に自分が何者なのかはっきり分かってもらえるようにしましょう。名乗りもせずにお願い事だけ言って帰るなんて、神様の視点から見たら無礼者です。「神様なんだからそれくらいわかるでしょ」という考えは捨てるべし!

おみくじはどんな結果でも持ち帰ること

良い結果のおみくじは持ち帰り、悪い結果のおみくじは結んで帰るというのが一般的ですよね。しかし、それは間違った風習だと言われています。おみくじは、神様からのメッセージ。普段からきちんと見直せるように、どんな結果でもきちんと持ち帰りましょう。

神社で参拝する時のマナー

大声でしゃべらない

神社は神聖な場所なので、あまり大きな声でおしゃべりをするのは控えましょう。境内の澄んだ空気を味わったり、景観を楽しんだりして静かな時間を楽しむのが大事です。

神木を傷つけたり、境内を汚したりしない

まれに、ご利益があるからと言ってご神木の幹をはがして持ち帰る人などを見かけます。しかし、これはご法度!ご神木は神聖なものなので、決して傷つけてはいけません。境内に屋台のゴミなどをポイ捨てするのもアウト。神聖な場所を穢したバチが当たりますよ。

犬は連れていってもいいの?

ペットの犬を神社に連れてきていいのかという疑問ですが、これは神社ごとに違います。犬を連れてもOKだという神社もあれば、犬の連れ込みを禁止している神社もあります。事前に確認しましょう。連れ込みOKだとしても、マーキングしたりして境内を汚すのは神様に無礼です。なるべく連れ込むのはやめた方がよさそうです。

写真撮影する時は神様に報告を

神社はやはり写真映えするので、カメラで神社の写真を撮る方も多いと思います。しかし、断りもなしに撮られると嫌な思いをするのは人間も神様も同じ。写真を撮る前にきちんと神様に「写真を撮らせてください」と伝えましょう。

正しい作法で参拝を

今回は、手水舎での正しい作法やマナーのほか、神社の参拝での作法やマナーについてご紹介しました。日本人に生まれたからには、正しい作法で美しく参拝したいところですよね。ここでしっかりと確認していけば、神様に無礼になることもないはず。神様に感謝の気持ちを持って参拝しましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。