Middle shutterstock 524511448

目次

「イく瞬間」ってどういうことを指している?

男性も女性も「性的興奮」の絶頂に達した時

セクシー

セックスの時に「イく瞬間」というのは、どんな感じなのでしょうか?まず「イく」というのは、男性と女性の性的興奮が絶頂に達した時のことを指します。その瞬間にパートナーと一緒のタイミングで絶頂を迎えることができると、さらにお互いの性的快感が増すことでしょう。

「イく瞬間」は男性と女性で感じ方が違う

違う

「イく瞬間」というのは、男性と女性では体の構造が違うため感じ方が違うことが多いでしょう。それでも、同じような感覚で「イく瞬間」を迎える時には似た部分もあります。次から、男性と女性でどのような違いがあるのか、似ているところにはどんなところがあるのかということを見ていきます。参考にしてみてくださいね。

男性は「イく瞬間」の前は気持ちいいの?

男性の性感帯は体のあちこちにある

性感帯

男性も女性のように男性器の他にも、たくさんの性感帯があります。乳首、睾丸、アナル、会陰、耳、背中など男性によって違います。そこを刺激されることで、挿入だけでなく快感を得ることができます。でも、やっぱり女性器に挿入した時の気持ちよさとは各段に違います。女性が刺激して探してみてもよいかもしれません。

キスやフェラチオは快感度が高い

キス

男性が挿入前に特に気持ちいいのは、女性とのキスや女性に男性器を舐めてもらうフェラチオが多い傾向があるようです。特にフェラチオは快感のあまり、女性器への挿入前に「イく」こともあります。ただしフェラチオは男性の中にも稀に、嫌いという人もいるのでコミュニケーションしながら行う方がよいかもしれませんね。

挿入後は男性器の皮膚感覚の刺激

挿入

男性器を女性器に挿入した後は、突いたり擦ったりすることで男性器の皮膚の感覚が刺激され気持ちよくなるようです。女性が膣圧で締め付けたり、男性自身が自らスピードをあげることで快感が増し、「イく瞬間」に向け徐々に高まっていきます。視覚的にも彼女の中に挿入しているところを見ることで刺激が高まるのです。

精神的な満足によって快感にも差があり

カップル

セックスの最中に男性からの愛情を強く感じると、女性は精神的な満足感を得られることで、より深い快感を味わうことができます。男性も同様に、女性との間に精神的なつながりを強く感じたり、彼女への気持ちが愛情にあふれている時は、単に性欲を解消するためだけのオナニーや風俗などに比べると快感も強くなるようです。

男性が「イく瞬間」の様子

挿入しながらピストン運動が早くなる

セクシー

男性は「イく瞬間」が近づいてくると、女性器へのピストン運動がだんだんとスピードアップします。「イく瞬間」を迎えるために彼の体が女性の体に打ち付けられるため、激しい音が体位によってはすることもあります。激しくなってくると男性の「イく瞬間」は目前に迫っているといえます。あとは、一気に射精するだけです。

喘ぎ声や声が出る

声

ピストン運動が早くなり射精を目前にした男性からは、「喘ぎ声」が出ることもあります。発射する瞬間に「ウっ」という声が出たり、「あぁっ」といった吐息に似た感じの声が出ることもあります。男性からもれてしまう喘ぎ声には、女性側も思わず興奮してしまうものですよね。

「出る」「イく」など言葉がでる

言葉

また女性と同じように、射精の直前に言葉が出る人もいます。それは、射精するタイミングのきっかけにもなるもので、「出る」「出していい?」「イく」「イキそう」など言葉のバリエーションは色々です。言葉で射精のタイミングを教えてくれると、女性も「中イキ」できるタイプであればペースを合わせることができそうです。

自分で男性器を擦る人も

セクシー

普段オナニーで男性器を強くしごく癖がついている男性は、女性器に挿入し膣圧だけでイくことができない人もいます。そんな男性はイキそうになった時に、射精時に男性器を擦る人も中にはいるようです。強く刺激しないと女性とのセックスで射精にいたらないようで、特に若い男性にそのようなタイプが増えてきているようです。

男性が「イク瞬間」はどんな感じ?

身体に自然に力が入る

射精に向けてピストン運動が早くなる時には、だんだんと身体に力が入っていくようです。射精に向けてのエネルギーを解放するための力を、体中にため込んでいるといえるかもしれません。また、セックスの体位によっては、手をついて身体を支えて射精にいたるため、腕や男性器や下半身には自然と力が入ってくるようです。

何かが一気に解き放たれる感じ

自由

オーガズムに向けて高まってきた快感や射精する感覚がこのように感じさせるのではないでしょうか。マラソンで全力疾走したようなピストン運動の後、射精する解放感は男性にとって最高に気持ち良いものです。

おしっこが出るような感じ

精子とおしっこができる尿道は同じ道を通ります。そのためセックスで射精の時に精子が通る道もおしっこと同じなのでこのような感じがすることは多いようです。上でも述べたように「解放感」は、すごく我慢していたおしっこをようやくすることができた!という達成感と満足感が味わえるのかもしれません。

腰がビリビリする

射精というフィニッシュに向けてのピストン運動で、男性は腰をめいっぱい動かして限界に近付いたところで射精にいたります。射精で精子を解き放った後には、それまで使っていた腰も同様に緊張から解き放たれるため、腰がビリビリするという反応はよくあるようです。

男性は「イく瞬間」の後どうなる?

精子を放出した後一気に脱力

脱力

射精をした後というのは、全力疾走をしてゴールを切った後のようなものです。実際にマラソンで選手がゴールで倒れ込むように、射精をした後は一気に脱力してしまいます。それまで体中に入っていた力も抜けてしまうので、女性が下になる体位だった時には、男性が体を預けるようにに倒れ込んでしまうこともありますよね。

賢者タイムに突入

賢者

男性は射精で精子を発射してしまうと、あんなに盛り上がっていた気持ちが一気に冷めてしまいます。いわゆる「賢者タイム」と言われる時間に入ってしまうのです、それは射精をすることによって「プロラクチン」というホルモンが分泌される影響で、セックスをする気がまったくしなくなる間のことを指すのです。

男性器は敏感なのでそっとしておいて

そっと

一度射精したあとの、男性器はかなり敏感になっています。そのためできるだけ、触れずにそっとしたおいてほしいのが男性心理のようです。すぐに二回戦に突入できる猛者もいますが、多くの男性は落ち着くまで待っていてほしいようです。触り方によっては痛みを感じる場合もあるようなので注意が必要です。

目を閉じ自分だけの世界に浸る

閉じこもる

セックスでイく瞬間を迎えるためには、男性は女性が思っている以上に体力を使います。そのため、イッてしまった後には彼女にかまう余裕がない男性も中にはいます。そのため、脱力して目を閉じて自分一人の世界に浸ってしまうこともあるようです。よく言えばセックスの余韻に浸っているといえるかもしれませんね。

女性は「イく瞬間」の前は気持ちいいの?

キスだけでも気持ちいい

キス2

セックスしたい気持ちが高まっている時にするキスや、大好きな彼氏とのセックスのイントロになるキスでは、それだけでもとろけそうなぐらい気持ちよくなります。そのキスだけでイってしまうことはないですが、イく以上に気持ちが満たされるので、女性にとってはセックス前のキスは欠かせないものになります。

女性は挿入より前戯が大切

前戯

女性にとって挿入より重視するのが「前戯」でしょう。それによって挿入をともなったセックスへの期待が高まっていきます。男性が女性に前戯を十分にすることで、女性器がしっかり潤うため男性器を受け入れる準備も整います。挿入する男性も、潤いがあった方が挿入やピストン運動がしやすくなり気持ち良さもアップします。

前戯でイってしまうことも

イく

女性は「中イキ」できるタイプとできないタイプがいます。そのため、「中イキ」しない女性にとっては、セックスの中で前戯がもっとも大切になります。クリトリスを指や舌でする刺激する前戯で女性の興奮を高めて、イかせることもできます。オナニーをしている女性は、クリトリスへの刺激の方がイキやすいこともあります。

精神的に満たされていることが大事

満たされる

女性も男性もセックスで快感を得るために一番必要なのは、精神的に愛されていると感じられることです。挿入までに、キスや抱き合うこと、前戯で感じさせてくれる男性に対して、女性は安心して身を任せることができます。いざ挿入になった時には、リラックスして男性を受け入れられるためイキやすくなります。

女性が「イく瞬間」はどんな感じ?

ジェットコースターを滑り落ちるよう

ジェットコースターの頂点から滑り落ちる時には、お腹の下あたりがフワッとするスリルと同時に何とも言えない感じがすると思います。オーガズムを迎えて女性が「イく瞬間」にはジェットコースターから滑り落ちるようという声が多いようです。力を入れずにそれをそのまま受け止めた方が「イく瞬間」を迎えやすいようです。

頭の中が真っ白で何も考えられない

真っ白

セックスの時挿入でオーガズムまで上り詰めて、一度に開放された瞬間はえも言われない快感が体の中を駆け巡るため、何も考えられなくなるということがのあるようです。女性によっては、話しかけられても何も答えることができないということもあります。中には失神してしまうほどの快感を感じる人もいます。

身体が浮き上がるような感じ

自由

女性も「イく瞬間」までは、体に力が入っていることが多いです。それがイくことで開放されることによって、体の力が抜けてしまい身体がフワッと浮き上がるような感じになる場合もあるようです。宙に浮いているようなフワフワした心地よい感じがすると表現されることもあります。

子宮の中が痙攣する

子宮

女性がセックスで「イく」瞬間、子宮の中が痙攣し膣圧が増すため男性器への締め付けが強くなると言われています。それが男性側がイくきっかけにつながります。その感覚で、彼女がイッタことが体感として感じられる男性が多いため、彼女が「演技をしている」かどうか見分ける判断になります。

女性は「イク瞬間」の後どうなる?

ぐったりして力が抜ける

ぐったり

女性は男性器のピストン運動で女性器の性感帯を刺激されることで、「イく瞬間」に上りつめていきます。イって開放される時には、全身に入っていた力が一機に抜けます。そのため、ベッドに横たわりすぐに動くことができない女性が多いです。快感が大きければ大きいほど、ぐったりとしてしまう度合い高くなります。

全身が敏感になりすぎる

敏感

「イく瞬間」を迎えた女性は、全身が性感帯のようになっていることが多いため少しの刺激で身体が反応してしまいます。それ以上触られるとおかしくなると感じ、男性に「もうダメ」とお願いせずにはいられないようです。ただし性体験が多い女性は、そのまま連続でイくことができるようです。

くすぐったいような感じ

くすぐる

上に述べた、全身が「性感帯」のようになる女性もいますが、それと似た感じで「イッた」あとに体を触れられると、くすぐったくて仕方がなくなる女性もいます。このような女性も男性に触れられるのを我慢できないので、男性にお願いにして「ダメ」と言うこともあります。感じ過ぎの「ダメ」とは違う反応になりますよね。

甘えたくなる

甘える

セックスでイッたことにより体が満たされた女性は、次に気持ちも満たされたいという思いから男性に甘えたくなるのではないでしょうか。そのため、一緒のベッドにもぐりこんで腕枕してもらったり、胸に顔つけて抱きしめてもらうことが好きな女性は多いはずです。

男性と女性の「イく瞬間」の違い

男性は射精に「イく瞬間」が凝縮

射精

男性の「イく瞬間」は射精にすべてが凝縮されています。ピストン運動をして射精することですべての快感が放出されます。射精が気持ち良いと感じるのは、人間が本能としてもつ「次の世代に子孫を残す」ためなどと言われています。

男性は快感の持続が短い

短い

男性の快感は女性に比べて短いと言われており、射精が快感のピークであれば本当に気持ちいいのは一瞬と言えるかもしれません。男性が挿入から射精にいたるまでの時間は、10分程度と言われているので挿入からトータルしても快感を感じられる時間は短いようです。そう思うとセックスで頑張っている男性が愛しくなりますね。

男性は女性より快感度合いが低いと言われる

男性

都市伝説かもしれませんが、男性と女性の快感の違いはその度合いにあると言われます。実は女性がオーガズムに達した時の快感は、男性の10倍あるそうです。それがどんな感じかは経験してみないとわかりません。イくための運動量は男性の方が多いのに快感が少ないのはちょっと残念ですね。

女性は何度もイクことが可能

イク

女性と男性の「イく」ことの大きな違いは、回数にあります。男性は1度のセックスで1度射精してしまうと、次の射精の準備はすぐできない人が多いです。反対に、女性の場合は1度のセックスの最中に何度もイくことができるのです。男性とのセックスの経験値が高いほど、1度のセックスで何度もイクことができるようです。

女性の「イク」には二種類あり

二種類

男性の「イく」が射精だけであるとすれば、女性と男性の違いとして女性の「イく」には二種類あります。女性は、クリトリスを刺激されることで前戯でイくことができること、男性器の挿入によって「中イキ」できる二種類があります。イキ方の違いは、クリトリスより中イキでイク方がより深いイキ方だと言われています。

女性は男性より快感の持続が長い

長い

男性と女性の「イく瞬間の違い」として、快感の持続時間があります。繰り返しになりますが、男性の快感はのピークは一度のセックスで「射精の瞬間」がすべてになります。女性の場合は、セックスでオーガズムを感じることが何度もあるのです。さらにその快感の持続時間が男性に比べて長いと言われるのです。

女性は男性より快感の度合いが深い

女性がセックスで「中イキ」でイッた場合は、男性が射精でイク時に比べてその度合いに比べてより深く気持ちがよいとも言われています。それがどんな感じかは一言では説明しにくいですが、男性の射精が一瞬で終わるものであれば、それとは違った体の中の奥深い部分で快感を感じるようになっています。

イくなら男性も女性も同じタイミングでイケると最高!

男性と女性の「イく瞬間の違い」を見てきて、快感の長さ、度合いは男性と女性で違うことがわかりました。共通していることは、男性も女性も精神的なつながりが「イく」ことに大きく関係していることです。お互いに愛情を強く感じると、イく時の快感も増すようです。タイミング合わせて一緒にイキたいものですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。