INDEX

結婚相手に求める条件は時代とともに変化!?

今と昔では結婚に求める条件が変化?

あなたが結婚しようと思った時にこれだけは外せない、という条件ってありますか?昔の女性であれば『3高』と呼ばれる『高学歴・高収入・高容姿』という三拍子そろった男性を求める傾向が強かったのですが、それは一昔前の事。今の女性たちが将来の結婚相手にどんなことを求めているのか、という事を17選にまとめました。

今の世の中は、夫婦共働きで立場的にどちらかというと公平な立場にある場合が多いのも特徴です。しかしそれでも昔の名残で女性は結婚したら家を守り、男性は外で働いてお金を持ってくる、というピラミッド的な考え方が残っているのも事実です。そういう場合には結婚相手がどのような環境で育ってきたか、が関係しています。

もし、結婚相手の家庭環境がそのような環境であれば自然と男性もそのような自分の家庭が一般的な家庭なのだと思ってしまいます。しかし、旦那さんになる人の家庭が母親も働いていたり、父親も家事を手伝っているような環境であれば夫婦共働きもスムーズに受け入れる事ができるのです。

今の女性たちは優しさを求めている!?

今の女性たちというのは、一緒に一生暮らすという中でやはり家事を手伝ってくれたり、育児に協力的な男性というのを好む傾向にあります。現に、今の男性たちは『優男(やさお)』や『イクメン』という言葉ができているようにそのような言葉で指される人が増えているのも事実です。

そのような事もあり、自分の友人の旦那さんが育児に協力的であったりした場合に話を聞いていると自然とそのような結婚相手と出会いたい、と思うようになるのでしょう。いくら高収入で見た目の容姿が良くても、やはり家事や育児を女性にすべて押し付けているような男性というのは今の時代モテないのです。

結婚して幸せだと思う女性の確率って?

幸せだと感じている人は90%!

洗濯する女性

結婚して女性が良かった、と思う割合ってどのくらいだと思いますか?意外と90%もの人が幸せと答えているのです。相手が理想の結婚相手だろうと理想の結婚相手ではなかったという事でも幸せに感じている女性というのは多いのです。それは、相手が理想の相手ではなかった場合でも幸せな結婚生活が遅れている証拠なのです。

結婚して幸せな瞬間は?

カップを合わせる二人

90%もの人が幸せな結婚生活を送れているという結果でしたがでは、どんな瞬間に幸せを感じているのかという事が気になりませんか?その理由は、案外普段の生活のふとした瞬間に隠れているようです。一緒のベッドで寝て、同じ食卓を囲む。それだけでも幸せを感じる事の出来る結婚相手というのは貴重なのかもしれません。

逆に、結婚しなければよかったと思う瞬間

自分のしたい事が制限される

パーティー

結婚により制限される事も増えてきます。例えば、男友達と出かけたり友人と朝まで飲んだり。結婚によって自分が今まで普通にできていたことができなくなった、という事は当たり前ですが増えてきます。理解のある相手であれば問題ないのですが、大抵の場合には制限が増えるのは仕方のない事かもしれません。

育児のストレスが増える

眠る母と子

子どもとの時間が長いのは、自然と母親になってきます。その為、母親の負担が増え共働きであったとしても女性の負担というのは募る一方です。相手が仕事の忙しい人であればより、女性への負担は増えます。相談したい事があっても話し合う時間がない場合に、あなただけが悩みが増える恐れも。

昔の女性が結婚相手に何を求めていたか?

家の事を顧みない男性でも高収入であればモテた

一昔前の女性というのは、お金さえ持ってきてくれる男性であれば多少家事や育児を丸投げしてくる男性であってもいい、という女性が多かったようです。バブルと呼ばれる時代(1990年代)には、それだけ多くの金銭を手にする男性というのは山ほどいました。そういう理由により多くの金銭を手にした男性だモテたのです。

1000万では収入が低い、と言われていたほど金の廻りが良かった時代でもありますので女性たちはより周囲の友人たちよりも収入が多い人をこぞって奪い合いました。2、3000万の年収がある人というのは、珍しくもない世の中だったのです。それも、今のように安定収入も望め、リストラなどの心配もなかったのです。

高身長の男性もモテた

これは今の時代でも変わらないのかもしれませんが、今の時代であればどちらかと言えば身長が高い方がいいけど必ずしも高い方がいいとは限らない、ですよね。今のように別に身長は高くなくてもいい、というのではなく身長が高いからかっこいいという身長が高い=かっこいい、自慢できる、というような位置づけでした。

そうなると絶対に身長が高男性をGETしたいという構図になりますよね。その理由は、その当時人気絶頂だったトレンディドラマが流行している事もあり、それに出ている俳優さんがどの人もみなさん背が高い人ばかりでスラっとした男性に人気が集まっていたのです。トレンディドラマというと絵にかいたようなハッピーエンド。

そんなドラマの様な恋愛に憧れる女性が多かったという事も理由の一つです。ドラマの様な恋愛で相手も高身長でスラっとした男性であれば夢のような結婚生活が待っているという希望しかないですよね。

高学歴=高収入

3高の最後にくるのは、高学歴。高学歴であれば、安定収入が望め高収入である時代。学歴こそがものをいう時代でもあったので卒業した大学で安定した高収入が望める就職先が言っても過言ではなかった時代。まず、女性たちが相手に聞くのは出身大学でした。その大学次第でモテるモテないが決まったという事も。

むしろ、顔のかっこよさよりも出身大学でモテるもモテないも決まっていました。高学歴というのは、それほど重要な事だったようです。

長男はモテない

家族写真

昔は、親と同居が当たり前の時代。そして、長男がいる場合には長男が親の面倒を見るのが当たり前と思われていた時代、長男と結婚すれば同居やいずれ同居になる、というのがネックになり、長男を敢えて避ける風習がありました。今でこそお互いのために同居はしないでおこう、という暗黙の了解がありますが。

そして、結婚後もその負担は続きます。まず、長男であるが故に代々家を継いでいかなければなりません。その為には、後継者に男児を生む必要があるのです。そうなると、お嫁さんにはかなりのプレッシャーが。必ずと言っていいほど男児を生まなければ意味がない、という親までいたようです。

その為人気が高かったのは次男、三男の方を好む女性が多かったのも事実。もちろん、現在も地域によってはそのような風習が未だに残っているところもありますが、ほとんどは嫁姑関係を友好にする術としてお嫁さんにプレッシャーになる事はあえてしないお姑さんが増えてきたように思います。

現代女性が結婚相手に求める条件『3NO』に変化!

暴力をしない

パワハラ

今の時代、残念ながら女性に暴力をふるう男性というのは存在します。パワハラやマタハラなど女性に対する暴力は身体的なものだけではなく、言葉による暴力も同様のダメージを受けるため暴力の一つだと言えます。その為、優しい男性を好む女性の心理として暴力をふるう男性というのは論外です。

暴力による精神的なダメージで精神が崩壊し、自分が一番悪いから相手が暴力をふるうんだという洗脳により、家庭内暴力が日常化し、その変化に周囲も気付かないという状況が横行しています。DVと呼ばれるパートナーによる暴力によるものは男性に限るものではないのですが、大抵が力の強い男性によるものが多いのです。

そうなってしまうと、一生残る傷となってあなたはその傷を負っていかなければなりません。そうならない為にも、結婚する前から人を見極める術を身に付けなければならないのです。

浮気をしない

三角関係

浮気する男性を好きな人なんて誰もいないですよね。浮気しないというのは、大前提だと思います。浮気する男性というのは、一種の病気なので一生治らないと思った方がいいです。その為、結婚前に一度でも浮気をした事のある男性は結婚してもする可能性が否めません。

借金しない

頭を抱える女性

借金を背負う男性というのは、ギャンブラー気質と呼ばれ借金する事でその場しのぎにしかなっていない事に気付かずにしてしまう事が多いという事も言えます。その為、借金を借金で返すという悪循環に陥ってしまう可能性が高いんです。借金の原因は、ほとんどがギャンブルによるもの。

ギャンブルでお金を返せるという過信が最悪の場合、破産へと繋がってしまうのです。もし、それがあなたのパートナーだったら?自分だけの場合であればまだいいのですが、子どもがいる場合には話が変わってきます。子供を巻き添えになってしまう事も考えればそのような人を避けるべきです。

結婚相手に妥協すべきポイント17選

妥協しても問題ないポイントを押さえよう

妥協すべきポイント
  • 1、年収はある程度は妥協してもOK
  • 2、身長はある程度妥協するべき
  • 3、場合によっては仕事も辞める
  • 4、転勤族の場合には住むところ
  • 5、相手が長男である事
  • 6、タバコ
  • 7、ファッションセンス
  • 8、顔がタイプでなくても人並みであれば◎
  • 9、年齢
  • 10、相手の親
  • 11、相手の貯金額
  • 12、一番好きな相手ではない事
  • 13、あまり忙しくない仕事であれば◎
  • 14、自分の時間が減ってしまう
  • 15、相手が多趣味でなければある程度の趣味は許容範囲
  • 16、普通の生活が送れるのが一番
  • 17、居心地のいい相手が一番と考える

1、年収はある程度は妥協してもOK

年収1000万ないと結婚は無理、という女性がよくいますが、そのような男性というのは今の時代少数しかいないのが現実です。そして、そのような男性が集まる場所でないと出会える可能性というのは0に等しいほどです。年収がいくら良くても、家事や育児を全く手伝ってくれなく、孤独に感じるのが幸せな人生でしょうか?

確かに、お金がある方がないよりはいいですよね。しかしお金がいくらあっても孤独を感じている女性というのは多いものです。それより家にいる時間が人並みで子供との時間を大切にしてくれる男性の方が幸せを感じる事の出来る時間は長いのではないでしょうか?あなたが一番優先するポイントがどこか今一度再確認しましょう。

2、身長はある程度妥協するべき

身長が高い、というのは今ではそこまで結婚相手に求める条件ではなくなってきています。しかし、身長が低いよりは高い方がいいと思っている人も中にはいるでしょう。自分が背が低い事を気にしている場合、子どもへの遺伝を気にして相手は絶対に背が高い人ではないと嫌だ、という人もいると思います。

しかし、必ずしも自分が背が高い男性を好きになる、という保証はどこにもないですよね?それどころか、自分が背の高い男性を好きになるのを待っている間に婚期を逃してしまった、なんてことになったら大変です。

3、場合によっては仕事も辞める

仕事の仲間

もし、あなたが結婚したい、と思った男性に結婚したら仕事をやめてほしい、と言われてしまったらあなたならどうしますか?今の仕事が天職だと思っているのであれば辞めたくない、となりますよね。でも、結婚もしたい。そうなってしまうとそれを天秤にかけてしまい、最悪のケースとなると破談になってしまう事も。

もし、仕事を辞めてしまってもいいからこの人と結婚したい、という相手であればいいですがそこまでの気持ちがないのであれば結婚を諦めてしまうのもあなたの人生の一つの選択肢。それは、あなたの判断次第ですが、あなたの素直な気持ちを相手に伝えてから決めても遅くはないかもしれません。正直にまずは伝えてみましょう。

4、転勤族の場合には住むところ

段ボールの山

結婚相手が転勤族である場合には、自分がここにとどまりたいと思っても無理な場合も多いです。相手が転勤族である場合、定職に就く事も難しく、それが不可能であれば結婚を諦める、という選択肢もあります。それでも、相手が好きで相手についていきたい、という場合には覚悟を決めて付いていくのもいいでしょう。

5、相手が長男である事

家族写真

今の世の中であれば、そんなに長男だから必ずしも家を継がなければならない、という考えの親世代も減ってきました。地域によってはまだその考えが根強く残っているところもありますが、そこまで強く言う親もいなくなってきたのでそこまで気にする事はないでしょう。

6、タバコ

タバコというのも賛否分かれると思いますが、タバコの煙が苦手、という人も増えてきました。それだけでなく、子どもが生まれた場合の事を考えて家計を圧迫するたばこ代を減らすためにもやめてほしい、と思っている人もいると思います。子供や家族に対する健康被害を考えて辞めるべきものでもあると思います。

しかし、嗜好品というのはなかなかやめる事ができないものです。相手が辞める努力をしてくれれば辞める事ができるでしょうが、やめるつもりがない場合には辞めさせるのは困難を極めます。家族ができた時の事も考えて辞めてくれるようにまずはお願いしてみる事から始めてみましょう。

7、ファッションセンス

並ぶ男女

ファッションセンスというのは、人によっては彼のセンスを受け付けない、という人もいるかもしれません。しかし、男性にファッションセンスに興味がない、という場合にはあなたが選んだものを着てくれる可能性も高い、という事を思えば変わる可能性も0ではない、という希望は見えてきますよね。

8、顔がタイプでなくても人並みであれば◎

寄り添う二人

顔がタイプでなくても、人並みにあればいいと思えばそんなにこだわる必要もない問題だと思います。その為、顔がタイプでなければ結婚できない、という場合には婚期を逃してしまい、一生結婚できない、なんて事にもなりかねませんので、ある程度の妥協は必要と考えましょう。

9、年齢

走る男女

人によっては、付き合ってる相手が10個上というのも珍しくはなくなってきました。あまりにも離れてる場合には、子どもが生まれた時の事を考えてしまいがちですが、年齢を重ねているという事はそれだけ仕事の面や経済面でも余裕があるという事なので計画的に貯金するなどの努力をする事で穴を埋める事は可能です。

年齢が離れている事をネックに結婚を渋っているのであれば、ある程度の年齢差であれば気にしなくてもOKです。計画的にお金を貯める事をすれば子供が生まれても億劫に感じる必要はないのです。

10、相手の親

家族写真

相手の両親との関係性というのも結婚すれば深いものとなります。相手の親に会った感じがあまりいい印象でなくても、結婚後には関係性が変わってくる可能性もありますし、どうしても苦手という場合には相手に相談してある程度の距離感を保てるような場所に家を建てるなど適度な距離感を保てば解決できるかもしれません。

どうしても、この人しか結婚相手には考えれない、という場合にはより親の事で結婚を諦めるなんて事になればもったいないですよ。親との関係性というのは、切れないものですがそれを解決する方法というのは案外簡単な事から始めれば難しい事ではない事も多いのです。

11、相手の貯金額

相手の貯金額って気になりませんか?これから二人で生活していかなければならない、という時に相手の貯金額が0というと不安しかないですよね。しかし、結婚後にあなたがもし相手の貯金も管理してほしい、と頼まれる事もあると思います。

相手が貯金を苦手としている場合にあなたの方が得意であればお互いで補いあう事で上手くいく場合もあります。万が一、共働きの場合にはそれぞれの貯金はそれぞれで管理したい、となった場合には相手を信じてとりあえずはやってみるしかありません。もし、相手が貯めてなさそうならそこで話し合う必要があります。

結婚というのはお互いを思いやって生活していく事で上手くいくのです。相手の言い分も聞き入れ、自分の気持ちも素直に相手に伝える事も大切です。

12、一番好きな相手ではない事

笑い合う男女

結婚相手が必ずしもあなたが一番好きな相手とは限りません。むしろ、一番好きな相手ではない人と結婚した、という人も案外多いと思います。しかし、一番好きな相手と結婚する事があなたにとって幸せな結婚ができるとも限らないのです。惚れ負け、という言葉があるように惚れた方が相手の言いなりになりやすいのです。

そうなってしまうと、自分ばかりが我慢しなければならない、という事が増えてきます。最悪の場合、自分が反抗する事で相手に愛想尽かされてしまう事になってしまうなんて事も。一番好きな相手でない方が結婚相手としては幸せな結婚になる可能性も高いのです。

13、あまり忙しくない仕事であれば◎

スーツの男性とドレスの女性

年収が多い男性というのは、必然的にそれだけ仕事が忙しい場合がほとんどです。そうなってしまうとお金は入ってくるかもしれませんが、なかなか家族の時間を取るのも難しい場合が多いのもネックです。人並みの生活ができればいいという考え方も時には必要です。もっとお金が欲しい、時には自分も働けばいいのです。

14、自分の時間が減ってしまう

趣味

結婚により、自分の趣味や時間というのは格段に減ります。子供ができれば尚更です。しかし、相手次第では子供の面倒を見てるからと趣味の時間をくれたり、一人で出かけるのも可能になります。そのような男性を意識して選ぶという事は大事なのかもしれませんね。

15、相手が多趣味でなければOKとしよう

大工道具

相手の趣味も場合によっては家計を圧迫する事も。多趣味の人というのは、お金もそれだけ多く掛かってしまいます。しかし、1つ2つの趣味であれば多めに見てあげてください。自分の時間がほしいのであれば、相手にもその時間をあたえてあげなければいけません。

16、普通の生活が送れるのが一番

カップを持ち微笑む女性

普通の生活ほど安定して幸せな生活はないかもしれません。それ以上の事を望めば、それだけ何かを犠牲にする事にもなってしまいます。普通が一番、という考え方もアリだと思います。

17、居心地のいい相手が一番と考える

顔を見る男女

好きな相手という事はもちろんですが、一緒にいて一番居心地のいい相手という事は最重要ポイントであると思います。一緒にいても自分らしくいれたり、無理をせずにいれる相手というのは長い結婚生活を一番快適にする為にも17選の中でも重要なポイントなのかもしれませんね。

結婚相手と結婚してよかった、と思える瞬間

いざ、という時に頼りになる

お姫様抱っこ

あなたがもし、困った時にすぐにあなたの事を助けてくれるスーパーマンのような男性というのは、一番の結婚相手に選びたい相手ですよね。そういう人というのは、大抵性格も優しいと思います。やはりなんといっても優しい人というのは結婚する相手に求める条件としては最も大事な事なのかもしれません。

自分の希望と一致する人

指輪をはめる瞬間

やはり、確率としてはなかなか低いものですが結婚する人が自分の希望にぴったりハマるというのが一番の理想ですよね。同居は嫌で自分も働きたい、など自分の希望通りの人との結婚というのは一番幸せになれる可能性が高い条件だと言えます。

逆に、この結婚相手で失敗したと思う瞬間

真面目過ぎて物足りない

話し合い

真面目、というのは結婚する条件としても重要な事ですが、馬鹿がつくほどの真面目人間というのは話が変わってきます。冗談も通じない真面目人間というのは、一緒にいて面白みに欠けます。徐々に物足りなさが募り、結果この結婚は失敗だった、と思ってしまうかもしれません。

結婚生活の中でわかってくる相手の嫌なところ

喧嘩する女性

理想通りの相手と結婚した、と思ったとしても、結婚生活を続けていく中でちょっと違った、と思う事もあると思います。結婚してみないとわからないですが、もしあなたが顔だけで相手を選んだ場合には一気に冷めてしまう事もあるかもしれません。

結婚したくなりましたか?

今回は、結婚相手に女性が求める条件と妥協すべきポイントを17選としてご紹介してきましたがいかがでしたか?理想ばかりを追い求める女性というのは自然と婚期が遅れてきます。そうならない為にも、ある程度の妥協は必要です。この17選をまとめた記事があなたの理想の相手が見つかるヒントになれば幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。