INDEX

アロマキャンドルの効果

①香りの効果(消臭・タバコの煙消し)

タバコの煙が気になったら、さりげなく、キャンドルを灯すといいですよ。なんと、タバコの煙が消えるのです!キャンドルの炎には煙の微粒子成分を燃焼させる作用があります。また、お部屋の生活臭や嫌な臭いも、アロマキャンドルに火を灯すと、部屋いっぱにアロマの香りが広がります。

②微量ながら・・・マイナスイオン効果

Q web

燃焼中のキャンドルから放出されるマイナスイオンの数は20000個/cmといわれており、森林や滝から放出される3500?5000個/cmを上回ります。

引用元:kameyama candle house

キャンドルが燃える時に発生する微量の水分からマイナスイオンが放出されます。1㎤あたりのマイナスイオンの数は、森林の1㎤あたりのマイナスイオンの数の4倍と言われています。そして、マイナスイオンの代表的な効果として、ストレス軽減効果・リラックス効果が挙げられます。

③『1/fゆらぎ』効果

ゆらぎ

キャンドルをぼーっと見ていると、気持ちが落ち着きますよね。これは、キャンドルの炎が『1/fゆらぎ』のリズムで、ゆらゆら揺れているからです。小川のせせらぎやそよ風など、自然現象に見られるリズムが『1/fゆらぎ』。部屋の照明を落として、キャンドルの光を見つめるだけでも、癒されるのです。

【基本編】簡単!アロマキャンドルの作り方

①手作りアロマキャンドルの材料

材料
アロマキャンドルの材料
  • ろうそく
  • アロマオイル
  • クレヨン

②手作りアロマキャンドルに必要な道具

道具
必要な道具
  • 紙コップ(牛乳パック)など
  • 大きな鍋と小さな手つき鍋
  • 割り箸
  • カッター
  • ハサミ
  • コンロ

③手作りアロマキャンドルの作り方

作り方
作り方
  1. ①ろうそくを割って小さい方の鍋に入れます。ろうそくの芯は使うので綺麗にとっておきます。
  2. ②大きい方のお鍋に水を入れ、火にかけます。小さい方の鍋に入れたろうそくをこの湯煎で溶かしていきます。
  3. ③クレヨンをカッターで削って、小さい方の鍋に入れ色付けをします。クレヨンは少量でOKです。
  4. ④溶かしたろうそくに付いていた芯を再利用します。芯の先端を割り箸で挟み、耐熱容器の真ん中に来るように、芯を垂らし、固定します。
  5. ⑤完全に溶けたロウを、この耐熱容器にそっと流し込み、お好みのアロマオイルを垂らして固めれば、基本のアロマキャンドルの出来上がりです。

これで、基本の可愛いアロマキャンドルの完成です!作り方は簡単ですよね。アロマキャンドルを作る時は新聞紙などを敷くと、後片付けも楽になります。また、ガラスなどの耐熱容器ではなく、紙コップや、牛乳パックにキャンドルを流し込んだときは、ロウがある程度冷めてから、ゆっくりと取り外しましょう。

\ POINT /

お鍋は古くなったものを!

アロマキャンドルを作る時、小さな方のお鍋には、ロウがべったり、外側にもついてしまうかもしれません。こうなると綺麗にするのは厄介です・・・。小さい方の鍋はキャンドル専用のものを準備することをおすススメします。

【アレンジ編】グラデーションキャンドルの作り方

①グラデーションキャンドルの材料

グラデーションキャンドルの材料
  • ろうそく
  • クレヨン

②グラデーションキャンドルの作り方

グラデーションキャンドルの作り方
  1. ①〜④は基本のアロマキャンドルの作り方と同じ♪これも、作り方は簡単です!
  2. ⑤クレヨンで色付けしたロウで色の層を作ります。何層にするかをお好みで決めて、適量を容器に注いでください。
  3. ⑥表面に1ミリほどの幕ができたら、次の色のロウを注いでください。い感じに混ざり合って、可愛いグラデーションキャンドルに仕上がります。
  4. ある程度固まって注ぐと、層のラインが出来ます。どちらも可愛いので、お好みで!
  5. アロマオイルは、角層で同じものを使ってくださいね。簡単で可愛いグラデーションのアロマキャンドルの出来上がり!

\ POINT /

小さな鍋の代わりに空き缶でもOK!

可愛いグラデーションを作るために、何種類かの色が必要です、一色のロウの量は少なくてOKなので、小鍋の代わりに、缶詰の空き缶などを幾つか用意しておくと、片付けが楽です!

【アレンジ編】可愛いボタニカルキャンドルの作り方

①ボタニカルキャンドルの材料

最近急上昇のボタニカルキャンドル。その作り方は、少しだけ難しいかもしれません。そのままでも華やかで可愛いですよね♡見ているだけで癒されます。そこに、アロマをプラスすると更に癒しの効果も。アロマキャンドルとしては、とても贅沢です。そして、作り方は様々あります。

ボタニカルキャンドルの材料
  • ベースキャンドル1個
  • 耐熱性ガラス容器
  • ドライフラワー、プリザーブドフラワー
  • キャンドル用ワックス
  • アロマオイル

\ POINT /

ボタニカルキャンドルって火を灯せるの?

灯せます。中央のロウが溶けて、お花の部分は残ります。火を灯した時が、一番美しいんですよ。

②ボタニカルキャンドルの作り方

ボタニカルキャンドルの作り方は、上記の簡単にできるアロマキャンドルの作り方と違い、少し難しかもしれません。耐熱容器の中央にベースキャンドルをおき、周囲に溶かしたロウをゆっくり注ぎ、固まる前にドライフラワーやプリザーブドフラワーをレイアウトしていきます。

あらかじめ、耐熱容器の内側に花びらを貼り付け、ロウを注ぐ作り方もあります。使う材料とデザイン次第で、色々な作り方を工夫してみましょう。

ボタニカルキャンドルに火を灯すと、こんな風に真ん中のロウだけが溶けて、周囲のお花が照らされます。とても美しいですよね。贅沢なアロマキャンドルですね。

Small thub shutterstock 675754264
関連記事 意外と簡単!見た目も香りも魅力的なボタニカルキャンドルの作り方

花や緑を気軽に部屋に置いて楽しみたいなら、ボタニカルキャンドルを作って

可愛いキャンドルゼリーの作り方(アレンジ編)

①キャンドルゼリーの材料

材料
キャンドルセリーの材料
  • ジェルキャンドル
  • 耐熱ガラス容器(キャンドルを入れる容器)
  • キャンドル芯
  • カラーサンド
  • 貝殻やガラス細工やビー玉など
  • (アロマオイル)

材料は100均でも揃うし、作り方も簡単です。海水浴に行った時に拾った貝殻などで、お子さんと一緒に作るのも楽しいですよ。夏休みの思い出作りにオススメです。好きな香りをプラスすると、可愛いゼリーのアロマキャンドルになります。

②キャンドルゼリーの作り方

キャンドルゼリーの作り方は、とても簡単です。専用のゼリーキャンドルを容器のまま湯煎で溶かし、カラーサンドでレイアウトしたグラスに注いでいきます。貝殻を入れたり、ガラスのお魚を泳がせたり、いろんなアイディアが浮かんできますね。とても可愛いキャンドルが出来ますよ。

耐熱容器にジェルキャンドルを注いだ後、アロマオイルを数滴、ランダムに垂らすと、アロマオイルの泡の様になり、可愛いアロマキャンドルの出来上がりです。

手作りアロマキャンドルにおすすめの精油

①家族でリラックスタイム

家族

家族でアロマキャンドルを楽しむならば、ラベンダー、ネロリ、マンダリンがおすすめです。特にラベンダーは小さなお子様がいるご家庭にも適しています。他の香りとの相性のいいと言われています。

②恋人とのリラックスタイム

恋人

彼氏、彼女二人でソファーに座って、好きな音楽を聴き、語り合いたい時は、ヒバ、ラベンダー、オレンジスイートがおすすめです。ヒバは、ストレス軽減や不眠に効果ががあり、男性にも人気があります。オレンジスイートは穏やかな気分にする効果があります。

③女子力を高めたい時

女子力

ゼラニウム、ローズオットー、ネロリ、イランイランがおすすめです。ゼラニウムは、気持ちを高揚させながら、心のバランスをとってくれる効果があります。ローズオットーは女性ホルモンのバランスを整えてくれます。ネロリは、女性をセクシャルに演出してくれる効果があると言われています。

③なんとなく憂鬱で、元気ななりたい時

元気

柑橘系のグレープフルーツ、レモン、ベルガモットがおすすめです。グレープフルーツは、気分を明るくさせ、幸福感をもたらす効果があると言われています。ベルガモットは、鎮静作用と高揚作用の両方を持ち合わせており、ストレスなどを鎮めて、心を明るくさせる効果あると言われています。

④イライラしていて、穏やかな気持ちになりたい時

リラックス

サイプレス、ローマンカモマイル、ジャーマンカモマイル、コリアンダー、ネロリ、 イランイラン、メリッサ、ラベンダーがあげられます。サイプレスは、森林のなかに居るような、ヒノキに似た香りで、高ぶった感情を沈めて、冷静な判断ができるように導いてくれます。

ジャーマンカモマイルは、鎮静作用があるので、ストレスや不安、緊張、怒りなどの負の感情を和らげてくれます。また、同様にコリアンダーも鎮静作用があると言われています。

⑤集中して勉強したい時

勉強

ペパーミント、レモン、ローズマリー、ユーカリがおすすめです。ペパーミントは、精神的な疲れをやわらげます。ユーカリは、意識をはっきりさせ、集中力を高めまると言われています。レモンは、意識をはっきりさせ、リフレッシュします。

⑥ベッドルームで眠りたい時

睡眠

ラベンダーとカモミールローマンがおすすめです。カモミールローマンは、中枢神経を鎮静する作用が強く、深くリラックスさせてくれる精油です。ぐっすり、眠ることができそうですね。

⑦官能的な気分になりたい時

官能的

官能的な気分にさせるアロマとして、有名なものにイランイランがあります。また、サンダルウッド、ジャスミンもおすすめです。サンダルウッドは、深い甘さを感じさせる木の香りは、この香りの成分の中に、男性の汗に含まれる成分(アンドロスタノール)に似た物質が含まれており、催淫作用を持つと言われています。

ジャスミンは、「シャネル N°5」など、多くの香水で使われている香りです。恐れや不安、悩みを和らげ、感情のバランスをとってくれと言われています。

アロマキャンドルの上手な使い方(灯し方、消し方)

①アロマキャンドルの灯し方、消し方

キャンドルに火を灯す時には、芯の根元に向けて、上から火をつけること。そして、消す時は、ピンセットを使うといいそうです。ピンセットで挟んで、すっと持ち上げるまたは、日が付いている芯先を、溶けたロウにつけると、黒煙も出ません。

②最後まできれいに使うには

ろうそく

最後まできれいに使うには、表面が溶けるまで、1時間程度は火を消さないようにしましよう。そして、容器に残ったキャンドルは、湯煎で溶かして、水に入れて固めるといいそうです。

アロマキャンドル作り方まとめ

いかがでしたか?手作りアロマキャンドルの作り方。意外に簡単にできますね。ちょっとした、空き時間に、簡単な手作りアロマキャンドルを楽しんではいかがですか?作り方の最後に、必ずあなたの思いを込めて。癒し効果UPすること間違いなしです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。