Middle shutterstock 297700607

INDEX

バージンロードに込められた意味とは?

バージンロードという名前

バージンロードという名前は和製英語なため、海外では通じません。この和製英語には花嫁は純粋無垢であるべきだという思いが込められているそうです。海外では花嫁のための通路、という意味の「wedding aisle(ウェディングアイル)」や「wedding road(ウェディングロード)」と呼ばれます。

 

バージンロードがあらわすもの

バージンロードは、花嫁の過去から現在、そして未来というように人生をあらわしています。そのため、結婚式場によっては新郎の入場の時にバージンロードを歩かないように言われることもあります。参列者の方にバージンロードを歩かないように言われるのも、花嫁の人生という神聖な場所であるためです。

また、昔は教会の下に悪魔がいると考えられていたため、花嫁を守るために床に布や絨毯を敷いています。白い布はプロテスタント、赤い絨毯はカトリックという違いがあります。

バージンロードは進行の順番にも意味がある!

チャペルの扉はこの世に産まれたという意味

感動的な入場のシーンですが、チャペルの扉を開くことは、花嫁の人生の始まりである「誕生」を表します。つまり、扉を開ける前は母親のお腹の中にいて、チャペルの扉が開くことにより誕生したということを表します。

ベールダウンは母からの気持ち

母親からの「いってらっしゃい、これからの人生頑張ってね、幸せになってね」という気持ちを込めたベールダウン。お腹を痛めて産み、育ててきた母親としての最後の支度でもあるベールダウンは、0歳に戻ることを意味します。そして、ここから花嫁の人生が始まっていきます。

一歩一歩踏み出すことにも意味がある

誕生をした花嫁は、母親からの行ってらっしゃいの後に父親と一歩一歩進んでいきます。一歩一歩を進んでいくことにも意味があり、産まれてまだ歩くこともままならなかった花嫁が、一歳ずつ成長していく過程を表しています。

この時の歩き方にも意味があります。片足を出した後に両足を揃え、またもう一方の足を出してと歩くことも、ドレスの裾を踏まない為だけではなく、赤ちゃんの頃のよちよち歩きを表しているのです。父親の腕につかまりながら、よちよち歩きをしていた娘が成長していくというのは色々な思いが溢れていきそうです。

また、バージンロードを一緒に歩く…というと父親のイメージがあるかもしれません。しかし、バージンロードを歩くのは、近しい人であれば誰でも構いません。母子家庭なら母親、両親ともに不在の場合は、祖父母や友達などにお願いする人もいます。父親と、ではなく人生を今まで共にした人と歩くバージンロードなのです。

新郎に引き渡して未来がやってくる

新郎のところに引き渡すところが「現在」を表します。父親から「これからは花嫁の事をお願いします」という気持ちを込めて新郎へのバトンタッチです。親元を離れて新郎と一緒になり、そして現在から未来が始まっていきます。

また、祭壇に階段がありますが、その階段にも意味があります。階段を一歩ずつ二人で登っていくことは、これから結婚をして二人に訪れるであろう困難を、二人の力で乗り越えていくということを表しています。

誓いのキスにもこんな意味が込められています

誓いのキス

誓いのキスは、誓った言葉が逃げてしまわないようにという意味が込められています。また、誓いのキスは唇以外の頬や額にしても大丈夫ですが、額は友情、頬は厚意、唇は愛情というように意味合いも変わってきます。

バージンロードで感動的な演出をしよう!

バージンロードの絨毯の色を好きな色に

正式な色も素敵ですが、バージンロードの色を好きな色で選ぶというのもありです。また、バージンロードの色にも意味があります。その意味合いを含めて色を決めるのも良いでしょう。この色でやりたいと決めた場合は、式場の下見の時にその色であるか、また違う色であった場合は変更可能かを確認しましょう。

  • バージンロードの色に込められた意味
  • 赤色…精霊の祝福、命を共に歩んでいく深い愛情
  • 緑色…希望
  • 白色…輝きと命、永遠の命への希望、純潔
  • 青色…果てしなく続く空のように永遠に続く愛

可愛い花を飾ってみても

バージンロード脇の装花は、白い花が多いです。かすみ草もよく見かけます。そこで、ピンク色の花など違う色を持ってくると一気に華やかになります。可愛い雰囲気が好きな花嫁であれば、こういった色を選択するのも良いでしょう。好みの花があれば、その花にしてしまうのもありです。

通路に花を飾るのも素敵ですが、最近ではバージンロードがガラス張りになっているところもあります。ガラス張りのバージンロードの下に好きな花を飾るのも素敵です。

バージンロードに花を敷き詰めるというのも、素敵に見えます。好きな花の花びらを使用したり、好きな色の花びらを敷き詰めても雰囲気が変わります。一色だけではなく何色か混ぜても綺麗です。

ガーデン挙式ならカジュアルにも

ガーデン挙式ならではですが、手作りしたものを持ち込んで飾り付けるというのも素敵です。緑が沢山のところで行う挙式は、教会とはまた違った感動がありそうです。自分で用意した布をバージンロードに敷くのも素敵な演出になりそうです。

アイルランナーを、手作りしてしまうというアイデアもあります。写真のようなデザインであれば一歩一歩人生を歩んでいくという意味が、見るだけで分かりますね。だいぶ限られますが、場所によってはこういった画像をマッピングしてくれるところもあります。

自然に囲まれて緑一面、というだけではなく花びらを撒いてバージンロードを作るという手もあります。緑の中にある花はとても映えて見えます。花びらを撒くだけで華やかさがプラスされていきます。

羽を使うのも可愛い

フェザーシャワーという演出です。出来る式場と出来ない式場があるので、事前に聞いた方が良いでしょう。ふわふわと舞うフェザーが幻想的で感動します。ゆっくりと落ちてくるので、綺麗なだけではなく写真にも撮りやすいです。フェザーだけではなく、リボンやフラワーを混ぜても綺麗です。

フラワーボーイやフラワーガールという演出も

とても可愛くて和む演出になります。フラワーガールやフラワーボーイは花びらが入ったかごを持ち、花びらを撒いていきます。この演出にも意味があり、祝福や、バージンロードを清めるといった意味があります。

基本は先にフラワーガールやフラワーボーイが入場し、花びらを撒いたあとのバージンロードを花嫁が進んでいくという形になります。

他には、先に入ってきたフラワーガールとフラワーボーイが花を一輪ずつ参列者に渡していったり、花嫁と花婿の二人が退場する際にフラワーガールやフラワーボーイに花びらを撒いてもらうという形もあります。

込められた意味を大事にしていこう

今後

実は、退場するときにも意味が込められています。それは、新しい人生の第一歩を、二人で踏み出していくという意味です。このように、挙式中のバージンロードには全て意味が込められているのです。

感動的な挙式が、バージンロードの意味を知るとさらに深いものに変わっていきますね。親への感謝の気持ちをこっそりと言葉にして伝えたり、また、バージンロードを歩く際には、思い出を振り返りながら歩くのも良さそうです。ひとつひとつの込められた意味を大事にして、素敵な未来を作っていきたいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。