Middle shutterstock 318211328

目次

ブーケの基本について

由来は男性から女性へのプレゼント

結婚式で花嫁が持つブーケは華やかでおしゃれで、女性の憧れの象徴でもありますよね。そんなブーケは元は婚約した男性が、毎日女性へと贈る花が由来とされています。それがいつしか結婚式で使うブーケへと進化しました。

実は由来を紐解いていくと、ウエディングブーケは花嫁の象徴というよりも、花婿のプロポーズとして捉えられているんです。しかし現代では華やかなブーケは女性の憧れの的。花嫁の象徴として扱われるのも当然ですね。

一般的な花束との違い

ブーケって花束と似ているので、どう違うの?と思うでしょう。一般的な花束は主に縦長で、幅を利かせたものが多いのが特徴です。反対にブーケは丸みが目立つものが多く、花をぎゅっと真ん中に寄せてまとめているのが特徴です。

主に結婚式で使うブーケはウエディングブーケと呼ばれています。花束はイベントや誕生日に贈るもの、ブーケは結婚式で使うものと区別しておきましょう。ブーケの方が小ぶりなものが多く、持ち運びも便利なので女性に好まれています。また自作する場合には以下の記事を参考にしてくださいね。

Small thub shutterstock 519735568

結婚式に使いたい!手作りブーケの簡単な作り方を教えます!

結婚式に生花の手作りブーケはいかがでしょうか?買うとかなりの値段がしま

ブーケの種類

オーバルブーケ(ディアドロップブーケ)

楕円形で少し長さのあるブーケをオーバルブーケ(ディアドロップブーケ)といいます。大きな花を使い、葉っぱやツルなど長さのあるもので全体のバランスをとっていて、ボリューム感のあるブーケとして好まれています。

逆さまのしずくのような形が特徴で、大きな花を中心に華やかなイメージがあります。主にプリンセスドレスやベルラインドレスとの相性が良いので、ゴージャスなドレスと合わせられることが多いです。

キャスケードブーケ

オーバルブーケよりも縦長で、白いドレスに濃い色の花を合わせるとインパクトが大きく華やかさをアップさせることができます。ドレスは細身のものか、逆にボリューム感たっぷりのプリンセスドレスが合います。

キャスケードブーケは「小さな滝」という別名もあるように、下へと流れるイメージで作られています。長さもピンキリで、短いものもあれば、足下に届くくらい長いものまであり、それぞれの長さで見た目もガラリと変わります。

ラウンドブーケ

基本的なブーケの形で、どんなドレスにも合わせることができるスタンダードブーケです。丸みを帯びたブーケで、比較的どんな花でも作ることができます。大きい花をふんだんに使えば華やかさもよりアップします。

イメージとしてはエレガントというよりも可愛らしいがぴったりと当てはまります。色を揃えるか色とりどりにするか、大きさはどうするかなどカスタマイズ次第でイメージが異なる面白いブーケです。

クレッセントブーケ

カーブを描くように作られているブーケのことで、三日月型とも呼ばれることがあります。キャスケードブーケのように下に伸びるように作られていますが、異なる点はカーブを描いているかいないかです。

主にAラインドレスと合わされることが多く、他にはマーメイドやエンパイアドレスとも相性が良いです。可愛さよりも大人っぽさを演出したいときに向いていて、上品な印象が好まれるブーケです。

アームブーケ

ブーケの中では異色で、茎の長い花をまとめて作ることが多いので手や腕で抱えて持つブーケになります。多くの花を使うよりも、1種類のみの花で作られることが多いようです。主に落ち着いた演出をしたいときに用いられます。

ドレスとの相性は、体のラインを強調するマーメイドやスレンダードレスが抜群です。花の色を工夫するだけでもイメージが異なるので、アームブーケにするときは異なる色を見比べて結婚式の印象に合うように作ってもらいましょう。

クラッチブーケ

茎を活かして作るブーケのことで、野に咲いている花を摘んで、そのまま作るようなイメージを与えます。ナチュラルに仕上がることが多く、自然な形が好まれています。エレガントというよりも、自然を感じさせることが多いので使う花も小ぶりなものが多いです。

格式ある結婚式よりも、自然スタイルを好むガーデンウエディングにぴったりのブーケです。野花をイメージして作ってもらうとよりカジュアルさが増すので、ナチュラル・カジュアルが好みならクラッチブーケがおすすめです。

他にも個性的なブーケも!

ブーケには他にも個性的な形をしたものがあります。周りとは違った、個性的な結婚式を目指したいのであれば以下のようなブーケも検討してみましょう。また使う花もこだわることで周りとは一味違ったブーケを作ることができますよ。

  • 個性的なブーケ
  • ボールブーケ・・・ボールのように丸いブーケ
  • バッグ型ブーケ・・・バッグのような形をしているブーケ
  • リースブーケ・・・リング型のブーケ

特にリースブーケは永遠を意味するといわれているので、ロマンティックな演出をしたいときに向いています。縁起担ぎにも最適なので、途切れることのない愛を誓いたいと強く願うならリースブーケがおすすめです。

素敵な結婚式にするためのブーケの選び方

①ドレスとの相性を考える

基本的にブーケは新郎新婦の好みによって選ぶことができます。しかしあまりにもドレスに似合わないブーケを選んでしまうと、ちょっと恥ずかしくなりますよね。そんな思いをしないためにも、ドレスとの相性を考えて選ぶようにしましょう。

先に紹介したブーケの種類で、相性の良いドレスを説明しています。花嫁が着るドレスに合わせてブーケの形を選んでみましょう。またブーケを選ぶときはドレスの写真を持参するとよりイメージが固まりますよ。

②どんな雰囲気のブーケがいいのか考える

ブーケの選び方はブーケの雰囲気も重視しましょう。ナチュラルな感じにしたいのか、カジュアルがいいのか、それともエレガントにしたいのか…など。ドレスと合わせてブーケの印象も決めておきましょう。

また結婚式のイメージに合わせるのも一つの方法です。ブーケの選び方では形や花、イメージから入ることが多いですが、予め大まかな印象・雰囲気だけでも決めておくとブーケ選びがスムーズに進みますよ。

③使う花との相性を考える

先にブーケに使いたい花が決まっている場合には、その花のイメージを損なわないブーケの選び方が大切になります。エレガントさが似合う花なのに、あまりにもキュートすぎるブーケにしてしまうと花のイメージが損なわれます。

使いたい花がある場合にはブーケとの相性も考える必要があるので、この花ならこのブーケ!と事前にいくつか調べておくのもいいですね。またブーケの形から似合う花を検索すると自分のニーズに合うブーケを作ることができますよ。

ブーケにおすすめ!幸せの花言葉を持つ植物たち

①バラ

愛の花言葉が似合うバラはブーケに良く使われます。ただし本数や色によって花言葉が異なるので、結婚式に使うなら赤、白、青がおすすめです。必ず棘を抜いたものを使用し、黄色のバラは使用しないようにしましょう。

  • 本数で変わるバラの花言葉
  • 1本・・・あなたしかいない
  • 2本・・・世界に2人だけ
  • 3本・・・愛しています
  • 4本・・・死ぬまで愛の気持ちは変わらない
  • 5本・・・あなたに出会えて本当によかった
  • 99本・・・ずっといっしょにいよう
  • 100本・・・100%の愛

バラ単体でブーケを作るなら99本や100本の方が花言葉の意味を強調することができますが、全体的に他の花とのバランスを考えるなら5本あたりが良いかもしれませんね。花言葉によって本数を変えてみるのもいいと思いますよ。また色別のバラの花言葉は以下の記事を参考にしてくださいね。

Small thub shutterstock 548486665

紫のバラの花言葉は?水色、オレンジ、ピンク、赤の花言葉は?

花にはひとつずつ花言葉があります。中でもバラは色によって花言葉が全く変

②コチョウラン

エレガントな花といったらコチョウランですね。コチョウランには「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」などの花言葉がついているので結婚式にぴったりです。大人っぽくて落ち着いたブーケに最適な花です。

ブーケに使うならピンクか白がおすすめです。ピンクは「あなたを愛しています」、白は「清純」という花言葉がついています。白のコチョウランはウエディングブーケによく使われています。

③アイビー

アイビーはツルを良く伸ばす植物で、ブーケのグリーンアクセントとしてよく用いられています。しかしこのアイビーにも素敵な花言葉があり「永遠の愛」「不滅」「結婚」「誠実」など結婚式向けとなっています。

葉とツルが使われるので単体使いには向きませんが、アクセントとして使うとブーケが華やかになります。またナチュラル系のブーケに良く使われているので、ナチュラル・カジュアル系のブーケを作るならアイビーがおすすめです。

④タンポポ

野道に咲くタンポポも実は結婚式に向いている植物です。花言葉は「愛の信託」「真心の愛」です。ナチュラル・カジュアル系ブーケのアクセントとして使うとさり気ない可愛さとして光ってくれます。

タンポポは春の植物になるので、使うには春の結婚式と限られてしまいます。しかしタンポポについている花言葉は結婚式にぴったりなので、春に行うのであれば、タンポポも視野に入れておくといいですよ。

⑤向日葵

大きな花が目印の向日葵は「あなただけを見つめている」という素敵な花言葉がついています。夏の植物なので使う季節が限られますが、こちらもナチュラル・カジュアル系に向いている植物です。

花言葉は太陽に向かって咲くことからつけられているので、互いに相手だけを見つめているという意味でブーケに用いるといいですね。夏にガーデンウエディングを予定しているならおすすめしたい植物です。

結婚式の感動を色あせないためのブーケの保存法

ドライフラワーとして飾る

ブーケは選び方も大切ですが、結婚式が終わったあとの保存も重要です。せっかく自分たちの好みに合わせて選んだのだから、なるべく保存しておきたいですよね。そんなときにおすすめなのがドライフラワーとして飾る方法です。

自分でドライフラワーにすることもできますが、プロに頼んだ方がより確実にきれいな状態で保存することができます。そのままの立体感を残したいのであれば、プロに任せることをおすすめします。自作する場合には以下の記事を参考にしてくださいね。

Small thub shutterstock 318242033

ドライフラワーの簡単な作り方・吊るし方は?ユーカリの生花で作る方法も

ドライフラワーの作り方は、初心者でも簡単な方法なのでコツさえ覚えれば綺

1本1本を押し花に

ブーケに使った花を1本1本丁寧に押し花にするという方法もあります。また方法によっては立体感ある作品としても残すことができるので、こちらもプロに任せてみるのも良いでしょう。ただし自分で行った方が思い出はより強くなりますよ。

ドライフラワー同様、押し花にすることで花の色が変わることがありますが、そのまま枯らしてしまうよりかは押し花やドライフラワーにして飾ってあげた方がより結婚生活も彩られるでしょう。愛の証として自宅に飾ると良い思い出として元気づけてくれますよ。また押し花については以下の記事を参考にしてくださいね。

Small thub shutterstock 360382934

ブーケを保存したい!簡単な押し花の作り方と保存方法は?

結婚式やイベントで貰ったブーケを保存したいとき、押し花にしてみるのはど

まとめ

ブーケの選び方って本当に迷いますよね。予めデザインが決められているものでも、種類が豊富なので「あれもいい、これもいい」と優柔不断になってしまいます。しかし自分がどんな結婚式にしたいのか、どんなブーケが良いのかをきちんと決めておけばすんなりと決めることができます。

ウエディングブーケは一生で一度(人によっては数回)手にするものです。適当なもので良いわけではないので、ブーケに想いを乗せて、素敵なブーケを新郎新婦で選んでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。