INDEX

女性の足が臭い原因って?

雑菌

におい

足の臭いが発生している原因の1つが、雑菌です。足の皮膚、爪、皮脂の汚れを餌としている雑菌。その雑菌から出る排泄物の腐敗が臭いの原因になっています。雑菌が増殖することで、臭いがどんどん拡大していきます。雑菌の放置は臭いの放置と言えます。うっとなる程の臭いであれば、雑菌はもう大繁殖しているでしょう。

靴

女性がよく履くブーツなど通気性の悪い靴を履くと、靴の中が蒸れて臭い原因になってしまいます。足の裏には、エクリン腺など汗をかく腺が沢山あるため、汗をかきやすいです。実は、汗は無臭なのです。ですが、細菌が古い角質の成分を分解することで嫌な臭いが発生してしまいます。

「足の裏は一日にコップ約一杯の汗をかく」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。毎日同じ靴を履くと、汗が靴に染み込んでどんどん細菌が増えていきます。靴は何足か常備しておき、時々替えて履く方が良いでしょう。

角質

角質

足の裏は体全体を支える役割があります。そのため足の裏がもっとも角質層が厚くなっています。角質層は剥がれ落ちるのですが、汗と同じように常在菌によって分解されるため、臭いの原因になります。

男性、女性、子供別の臭いの原因

性別や年齢別に違う!足の臭いの理由や原因とは?

臭い

足が臭くなる原因は、汗、角質などが主な原因とされています。汗や角質が皮膚常在菌に分解されて臭いにつながるということは、男性・女性・子供も同じです。ですが、履く靴の種類だったり、環境や体質によっても臭いのパターンがそれぞれ変わっていきます。

環境やパターン以外では、常時臭っていたりするなどの場合は、病気が原因になることも考えられるでしょう。自分には分かりにくい口臭ではなく、すぐ分かる足の臭いは、体の異変にも気付き易く健康のバロメーターにもなると言えます。

男性の場合

男

基本的に、女性より男性の方が新陳代謝が高いため、汗をかく量が多く蒸れやすい事実があります。仕事をしている時の靴が革靴が多く、しかも1日中使用している原因も関係しており、男性の方が臭いやすいという傾向があります。

女性の場合

女性

女性は、お洒落に素足で靴を履いたり、ストッキングやタイツなどで密着したアイテムを足にまとっていることが多いものです。素足で靴を履くと靴の中に汗が蒸れてしまい、臭いの発生の元を作ってしまいます。ストッキングなどは、密着性が高いため蒸れやすく、臭いがこもる原因になります。

女性が大好きなお洒落アイテムのブーツは、実は最も蒸れて臭いやすい靴の1つです。必ず保管する時は消臭スプレーをして、その後乾燥させてシューズキーパーを入れると良いでしょう。また、ピンヒールなど高い靴は踵に負担がかかり角質をごつくしてしまい、お洒落なペディキュアも爪の清潔を保てないため臭い元になります。

子供の場合

子供

子供は新陳代謝が活発なため、汗もよくかきます。そのため、学校へ行くようになると活動量も多くよく汗をかき、運動靴やシューズなどがとにかくよく臭うようになります。靴は蒸れや汚れで真っ黒になり、頻繁に洗う必要が出てくるでしょう。

足の臭いを消す対策

専用の石鹸で臭いを除去!

石鹸

足の臭いを消す対策の一つが、足を清潔にすることが大事!殺菌作用のある石鹸で綺麗に洗うことが大事になります。ボディーソープで洗ってる方が多いかと思いますが、保湿効果があると足の臭いを消すどころか逆に悪化させてしまいます。殺菌作用のある石鹸で、菌がたまりやすい指と指の間をしっかり洗ってあげましょう!

\ POINT /

臭いに効く殺菌成分とは?

イソプロピルメチルフェノール…ニキビケアに使用されたりする殺菌成分、トリクロロカルバリニド…グラム陽性菌などの雑菌に対してよく働く殺菌成分などがある。

丁寧に角質を落とそう!

洗う

頑固な足の臭いを消すことができない場合の対策は、垢や古い角質が落ちるように洗ってあげます。ピーリングをして足の角質を除去もおすすめです。爪を切って、爪の間を洗ってあげると少し臭いを消すことができます。



足浴をしてみる

お風呂

温かいお湯につけると、汚れが落ち易くなります。足浴をすると洗って落ちていない汚れもじっくりと溶け出し、より汚れを落とすことができ、臭いの元も少なくすることが出来ます。

お湯で落とし易くなった汚れを取り除くように、足の指の間も1つずつ開いて丁寧にこすって洗っていくと綺麗になります。足用ブラシを使ってあらうとなお良いでしょう。

足の臭いの原因を突き止める

靴

ただ臭いからその場しのぎでにおいを抑えても、度々臭うようなら困ってしまいますよね。根本的な原因を突き止めて、原因に合った対処法を取ることが大切になってきます。足の臭いの原因が靴、靴下、足なのか、人それぞれ原因が違うはずです。何で臭っているのか思い当たる点を思い浮かべてみましょう。

靴をしっかり洗おう

洗う

靴が汚ければ、靴下や足に臭いがついて臭います。ですから、靴をしっかりと洗うことが大切です。靴の種類や素材によって洗い方もさまざまです。それぞれに合った洗い方をしていきましょう。洗った後、湿っていると生乾きで臭いが発生します。干す時はしっかりと乾燥するまで乾かすことがポイントです。

革靴は洗えないため、布で優しくよく拭き、紫外線で傷まないように日陰干しをしましょう。革靴以外の洗えない飾りが付いた靴、フワフワのファーなどが付いた靴は、太陽に当ててしっかりと乾燥させると湿気が飛んでさっぱりします。

生活習慣を見直す

生活

忙しく過ごしていると、足のケアを怠りがちですよね。一日中仕事で靴を履いている状況であると、靴の中が蒸れて大変な状態になっているでしょう。変えられない状況はしょうがないですが、替えの靴下や靴を用意しておく、消臭スプレーを常備しておくなど対策をしておくと少しでも快適な足になるでしょう。

味の濃い食べ物、香辛料などが好きな人は、食生活にも注意すべきです。美味しく食べた後、うっと臭う口臭に気付くと思いますが、きつい臭いは体の中にも取りこまれているんです。味の濃いものばかり食べていると体臭も少なからず影響してしまうので、味も栄養もバランスの取れた食生活を習慣付けると良いでしょう。

即効で足の臭いをどうにかするには?

足用対策をしよう

対策

足が汗をかいたら、汗ふきシートや足用ウェットシートで拭き、新しい靴下に履き替えると臭いが軽減します。足のデオドラント商品は、臭いを作る菌を消す対策になるのでおすすめです。足用シートの他に、臭い消しスプレーも効果的です。

手作り足用スプレー
ミョウバン水 ミョウバン(水の10分の1程度~30)と水を混ぜる
重曹水 重曹(水の10分の1程度)と水を混ぜる

\ POINT /

手作りスプレー

簡単な材料で、臭い対策になるスプレーを作ることが出来ます。粉を多くすれば、乾くと白く浮き出ることもあるので適量を守ることが大切です。

靴の中敷きを取り替えよう

靴

靴の中敷きがずっと前からそのままで使っていませんか?靴の中敷きは、密閉された靴の中で雑菌を増やし臭いを強くする原因になります。度々洗うのも大変ですが、こまめに洗い替えすることが必要です。洗うのが難しければ替えの中敷きをいくつか持っていれば、臭い出したと思った時にさっと出せ、快適を保てるでしょう。

\ POINT /

手作りシューズキーパーを作ろう!

もう使わなくなったストッキングや靴下、ペットボトル用カバーなどを靴の大きさに合うようにアレンジしましょう。靴に入る大きさに調整したら、端っこをしばり、留めます。100~200cc程度の重曹の粉を入れて、最後にこぼれないようぎゅっと袋のようにして閉じます。靴に入れておくと、臭い消しの効果を発揮してくれます!

靴用対策もしよう

歩く

市販の靴用消臭スプレーを吹き付けて臭いを押さえることが出来ます。臭うと思ったら、一旦靴を脱いで蒸れを飛ばして靴を換気させましょう。ブーツなど密閉性の高い靴は、もともと蒸れやすいので臭いがこもりがちですから、保存状態が臭い対策のカギになります。

\ POINT /

シューズキーパーを使おう!

100均などでも市販されている、靴用シューズキーパーを、靴箱に閉まっておいたり特に臭いを押さえたい靴の中に入れたりして臭いを予防、消臭することが出来ます。

足の臭いを爽やかに保ち、快適に過ごそう!

足の臭いにはさまざまな原因が存在します。原因を突き止めて、臭いの元を出来るだけなくせるよう対策をしてみましょう。靴が臭うのなら、保存に消臭剤を使ったり、毎日履かない、度々洗うなどを試すと効果的です。靴下は洗い方1つで変わります。基本的な足のケアは、入浴時に気を付けてしっかり洗うことでしょう。

出先で臭う時は、常備している便利グッズでいつでも爽やかな足を保てるようにケアしていくと快適に過ごすことが出来ます。自分も周りもいい気分で過ごせることは、ささやかなエチケットと言えます。こまめに足のケアをして、毎日を快適に過ごせるようにしてきましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。