INDEX

働く主婦の実情!家事と仕事の両立での苦痛は?

ー時間がないー

1

・家事ってこれをすませば次はあれをしないと、というように、次から次へと出てきて仕事が終わってから寝るまで何かしらしないといけないことがたくさんあって、結局時間が足りず寝る時間を削ってしまうハメに・・・そのせいで万年睡眠不足です(35歳・フルタイム勤務)

・朝は子供や主人の出かける用意や掃除、仕事が終わると夕食の買い物、夕食づくり、洗濯ととにかくやることが多くて大変です。何だかいつも時間に追われてて息つかない日々でとても疲れています。(31歳・パート勤務)

上記のご意見のように、兼業主婦は朝起きてから夜眠るまで何かしらしないといけない仕事があり時間に終われている方が多いと思います。外に仕事に出ている時間は家のことはできないし、時間がないことで焦ったりイライラすることが多く息つく暇もなく1日がすぎていきますよね。

ー家族の協力が乏しいー

2

・私も働いているのですが夫の方が収入が多いことで私が家事をするのは当たり前。ちょっと夕飯が遅れたり家事ができていないと「こんなこともできないの?そんな大変なことじゃないのに。」と愚痴られる始末です。(28歳・パート勤務)

・うちは姑と同居しています。姑は「女が働きにでるなんて。家を守ることが一番の仕事なのに」と思っているようで、仕事で遅くなるとその日は顔をあわせると仕事に対する嫌味を言われます。夫は知らん顔でストレスがたまる一方です。(38歳・フルタイム勤務)

これは兼業主婦にとって、とても辛いことですよね。収入面の不安からパートに出たり、結婚しても続けていきたい仕事であったりと理由は様々ですが一緒に生活する家族の理解がないと精神的な疲労は避けることができませんよね。

ー心身の疲労がとれないー

3.

・同じように兼業主婦の方でもうまくこなせている方がいるのに、私は忙しくて自分に余裕がなく、できていないところを目の当たりにすると凹んでしまいます。(28歳・パート勤務)

・時間がないし、自分のことを気遣う時間なんてほぼありません。体の疲れからイライラし子供にあたってしまうこともあり、その度に自己嫌悪に陥り悩んでしまいます。(42歳・フルタイム勤務)

先にも言っているように、兼業主婦はとにかく忙しくて時間がないことから自分に気を遣う余裕がなかなか持てません。あわせて仕事でのストレスも大なり小なりあると思います。そんな環境の中、気持ちも心も疲れ切ってしまいますよね。

時間の有効活用!すぐに実践できる家事時短術

家事時短術を取り入れて負担を軽くしよう

2

これらは、家事と仕事を両立しようと日々頑張る主婦の方ならどなたも思い当たる節があると思います。何十年とこの生活を続けることは無理でしょう。次の項からはそんな生活が少しでも改善させるコツを紹介させて頂きます。

1.買い物はまとめ買いやネットスーパーを利用する!

4

家事と一口に言ってもいろいろとありますが、買い物って家事の中でも時間をとり意外と負担に感じている方も多いと思います。そんな買い物の負担を減らす方法を2つ紹介します。

一つ目は休日のまとめ買いです。休日にまとめて次の休みまでの買い物をしておくと、平日仕事が終わってからの忙しい時間に買い物に行かなくてよくなり時短になります。また、焦っている状況で献立を考えても浮かびませんが、仕事中の隙間時間等を利用して献立を考えておいて休日まとめ買いすることで無駄も省けます。

休日、買い物に行く時間も惜しいという方はネットスーパーの利用をお勧めします。ネットスーパーは決められた時間までにインターネットから買いたいものを注文しておけば、帰宅時にはお家に食材が届くサービスです。即日であっても配達してくれるお店もあります。大手ではイオン等がサービスを提供しています。

2.洗濯は予約機能を活用し部屋干しでOK!

5

洗濯は洗濯機の予約機能を使用して自分が干せる時間に出来上がるようにしてください。洗濯は朝しないといけないという決まりはありません。予約機能を使って帰宅時間にあわせて部屋干しでもいいんです。部屋干しには天気や取り込み時間に焦る必要がないというメリットもあります。

3.掃除は平日はながら掃除!休日はきちんと掃除!

7

汚れって数日でめちゃくちゃたまるものではありません。だから、平日はちょっとホコリや汚れが気になったところだけを拭くとか物を片付ける程度で十分です。がっつりとした拭き掃除や掃除機がけは休日にまとめてやっちゃうようにしましょう。

4.いろいろな時短グッズを活用しちゃおう!

6

炊飯は炊飯器の予約機能と米砥ぎシェーカーの利用や無洗米の使用をしたり、風呂場はカビ予防剤で汚れをつきにくくする等、いろいろな便利グッズを家事に取り入れて時短を図りましょう。どんなものがあるのかわからない!という方もネット等で様々な便利グッズが紹介されているので、是非検索してみてください。

5.家族も家事に巻き込んじゃう!

8

子供がいる方は、子供の好奇心や競争心をあおって「ママがこれするのとどっちが早いかなぁ。」なんてことを言いながら夕食づくりを手伝ってもらうと時短にもなりますし、子供とのコミュニケーションを図る時間にもなりますよね。

ご主人が家事分担に非協力的な場合は、お願いモードでお願いし、自分の洗濯物を洗濯機にいれてもらう等の些細なことから手伝ってもらいましょう。ほかには外出したついでに買い物を手伝ってもらう等ついでの機会を利用して家事を手伝ってもらうよう仕向けましょう。

大切なのはご主人にしても、子供ちゃんにしても、手伝ってもらったときは大げさなくらい褒めて感謝の意を伝えましょう。そうすることで相手は頼りにされている、感謝されていると気を良くして次も手伝ってくれる可能性がグンとあがるでしょう。

心にゆとりを持つためのストレス対処法

6.完璧にしなければ!とういう気持ちは捨てる

8

仕事と家事を両立しようと頑張る方はどうしても家事もおろそかにしてはいけない!とついつい肩に力が入りがちになります。仕事はお給料が発生している以上、手を抜くことは許されません。

でも、家事は毎日の生活のことです。ですから、完璧にこなそうとがむしゃらに頑張り続けているとバテてしまいます。調子が出ない日はその日に無理なくできる程度にして、調子のいい日や休日を利用して、普段できないところをすればいいのです。

7.自分の時間をもつ

9

誰でも自分の時間がないと心の余裕がなくなりますよね。たとえ10分でもいいから、1日のうちで自分のために時間を作りましょう。ホッと一息をついたりストレス発散のために趣味に没頭したり・・・。自分でしたいことを決める自由な時間を作ってください。

毎日の中で、そんな時間を作るのは忙しい私には無理!という方も、せめて休日に時間を作って、普段頑張っている自分を労ってください。自分にご褒美をあげることで普段の家事や仕事のストレスも軽減し、また笑顔になれるでしょう。

8.話してすっきりする

10

特に解決策が出てこなくても、一人で思い悩んだりストレスをため込むのはNGです。誰かに話すと案外スッと気持ちの重荷が軽くなるものです。普段思い通りにいかなくイライラすることや辛く感じることも誰かに話してため込まないようにしましょう。

できれば、あなたの環境を理解してくれている人や同じ環境に置かれている人に話すのがベストです。そういう人達はあなたの気持ちをきっと理解してくれます。

9.周りに甘えてみる

11

一人で頑張ろうとせず、誰かに甘えることも大切です。人は一人でできることは限られているのです。一緒に生活する家族に甘えてもいいと思います。できないことがイライラとなり爆発して家族に当たり散らしてしまったりしないよう、その前に些細なことでも家族に甘えてみてください。

家族も甘えられて不快な思いをすることはきっとないです。自分ができるあなたの手伝いをすることで家族も自分は頼りにされているんだ!と自覚し、一緒に頑張ってくれることでしょう。そこで、あなたがやってもらって当たり前ではなく感謝の気持ちをもっていれば、相手もきっとそう思ってくれます。

10.たまには家事も完全オフ日をつくる

12

家事と仕事に支配された生活ばかりでは何のために生きているんだと心を病んでしまうことも考えられます。そんな風になってしまては、元も子もないです。だからこそ、たまには家事も仕事も完全オフにして友人や家族と出かけたり、一人で好きなように過ごす1日を作りましょう。

その分、家事や仕事がたまってもいいんです。ご主人や姑さんのお小言があっても受け流しましょう。リフレッシュの時間は絶対に無駄ではありません。全部、おいといてリフレッシュすることでパワーが充電されて次の日からまた頑張れるのです。

家事だけじゃなく仕事についても見つめ直そう!

11.ほかの人の技を取り入れて効率アップを図る

13

どんな仕事でも効率よく仕事をこなすためのコツは自分以外のスタッフの技を取り入れることです。周囲のスタッフの動きにアンテナを張ってみてください。自分では思いつかないような効率よく仕事をできるアイデアや技を駆使していることでしょう。

そんなアイデアや技を取り入れることで残業が短くなったり、隙間時間を作り献立を考える時間ができたり、と時間の有効活用ができることでしょう。

12.1日のタイムスケジュールをたてておく

14

大まかでいいのですが、自分の仕事の1日のタイムスケジュールと仕事内容の優先順位を立てておくと良いでしょう。そうすることで、仕事を始める前に自分が1日にしなければならない仕事の全体像が見え、次にしないといけないことを考える時間が省かれます。

ここでのポイントは仕事は思うようにいかないことも多いです。予定してた仕事以外の仕事が入ったり、トラブルで大幅に遅れたりすることもあります。スケジュール通りにいかないことがあってもそれを悩まず、あくまでも自分の動きを効率的にするために頭の中を整理するためであると認識しておいてください。

13.デスクや自分の動線に無駄なものはおかない

15

14.職場のスタッフの理解を得る

14

職場に対して自分は家庭がある主婦という顔をもつことを理解してもらうことも大切です。実情はそんな簡単にスタッフ全員に理解してもらうことは不可能に近いと思われる方も多いと思います。

でも、家事や育児があるから残業ができないのであればその分、勤務時間内にミスのない完璧な仕事をできるようにしたり、細やかな気遣いや心遣いをもってスタッフに接することで周囲の評価は上がります。あなたが会社に必要な人材になれば、そのぶん周囲のスタッフも家事と仕事の両立に理解を示してくれるでしょう。

15.勤務体系や勤務時間等、働き方を考える

16

周囲の今日も得られない、今の生活がどうしても無理だ!となった時には働き方を見つめ直すのも大切なことです。例えばフルタイムで家事・育児をこなしていて無理ならば子供にが手がかからなくなるまでパートにしてもらう等、今の自分の生活環境と仕事とのバランスを考えましょう。

勤務先がそういった勤務体系の変更に対応してくれない場合は思い切って転職を考えることも一つの方法です。スタッフの生活環境を無視して会社の都合ばかり押し付けてくるような勤務先なら早く辞めましょう。そして、理解のある企業へと転職する方が長い目で見て自分にとってプラスになるでしょう。

最後に・・・

仕事と家事を両立しようとする貴女の頑張りをきっと家族や周囲の人たちはわかっていると思います。素直にその頑張りを評価してくれる人ばかりではないかもしれませんが、それでもめげないでください。でも、頑張り続けて息切れしてしまわないよう、無理をせず甘えられるところは甘えてそれを励みにまた頑張ってください。

貴女はきっと自分の大切な家族との生活を守るために頑張っているのだと思います。だからこそ、貴女が笑って毎日を過ごせるようにすることが大切です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

/