INDEX

ハイライトは何のため?

ハイライトって何?

ハイライトとは顔の凹凸を強調したいところや、広さを出したいところ、また明るさをアップさせたいところに使用するメイクの仕上げで立体感を出したり、肌を綺麗に見せてくれます。海外セレブの間では欠かせないメイク方法として知られており、同じメイクでもハイライトを入れれば印象をかなり変えることができます。

Q web

海外では陰影をくっきり描くコントゥアリングや、ハイライトを最大限活用するストロビングなど、光と影を意識したメイクが流行しています。

引用元:Lier - 光を操る?!ハイライトの効果と使い方を徹底解説!

憧れのハーフ顔のような立体感が出る

ハーフ顔

欧米人の顔と比べると一般的にアジア人の顔の作りというのは凹凸が少なくのっぺりとした印象です。しかし、ハイライトを取り入れたメイクに変えれば光の力で顔に立体感を生み出すことができます。上手に陰影を作れば、憧れのハーフ顔のようなはっきりした目鼻立ちを手に入れることも可能なのです。

スッキリ小顔効果が出る

小顔

入れ方次第でハイライトは顔の印象を引き締めてくれるので、今よりも小顔に見せる効果があります。ハイライトは立体感と同時に顔にシャープな印象をプラスしてくれるので、きゅっと引き締まった小顔を手に入れることもできちゃうんです。

つや感アップで美肌に見える

美肌

陰影を出す以外に、ハイライトには肌に光を集めて明るく見せる効果があって、透明感のあるみずみずしい肌を演出することができます。また同時にシミやクマ、くすみを隠してくれる効果もあるので、美肌を手に入れたい人には使わない手はありません。

ハイライトメイクってどこに入れるの!?

鼻を高く見せるTゾーン

おでこから鼻筋にかけたTゾーンにハイライトを入れることで、鼻が高く見えるようになります。また、おでこの部分に入れることで額を広く見せたり顔により立体感を出すことも可能です。Tゾーンのハイライトの入れ方次第で、面長の顔の人でも小顔に見せることもできるんです。

\ POINT /

鼻を高く見せるにはノーズシャドウも使うべき?

陰影をつけることでより立体感が出るのでハイライトとノーズシャドウは一緒に入れるのがおすすめです。どちらも色味がわからない程度に入れるのがポイントです。

クマ隠しにもなるCゾーン

Cゾーンとは両目の外側のこめかみから頬骨のゾーンを指します。この部分に光を上手に足して頬骨を高く見せることで、目の周りに立体感が出て、外国人のような彫りの深さを出すこともできますし、光を操ることによって目の下にできてしまったクマを隠すこともできます。

アゴに乗せれば小顔感アップ!

アゴ

意外かもしれませんが、ハイライトを乗せるうえで欠かせないのがアゴです。アゴにハイライトを入れることで、顔の下半分の印象を引き締めることができます。アゴがないことがコンプレックスの人でも、ここに光を集めるとシャープな印象を作ることができるのです。

鼻と目頭の間は女神スポット!

鼻と目頭の間は女神スポットと呼ばれ、モデルの多くが必ずハイライトを入れている場所です。ここにハイライトを入れることで、瞳が輝いて見えますし、鼻筋を際立たせてくれますので、立体感がさらに生まれます。パーティーメイクの時はここにしっかりハイライトを入れれば華やかな印象になります。

ハイライトの入れ方をマスターしよう

種類によってメイクの順番が変わる

ハイライトコスメ

ハイライトコスメとしてはパウダー・クリーム・リキッド・スティックタイプが一般的です。パウダーはファンデーションの後、クリーム・スティックタイプはどう仕上げたいかによってファンデーションの前に塗ることもできますし、後に塗ることもできます。リキッドタイプは下地やファンデーションに混ぜて使用します。

\ POINT /

ハイライト初心者はどれを選べばいい?

ブラシでの調整が可能なので、つけすぎることもなく初心者でも簡単にハイライトメイクができるのはパウダータイプです。ハイライト専用のブラシがあればより簡単にできます。

質感で印象が大きく変わる

ハイライト

ハイライトにはマット・シマー・パール・グリッターなどの質感があります。マットタイプはツヤもパール感も全くないので、色味を足すだけの役割です。シマーには極細のラメが入っていて、パールはそれよりも少し大きめのラメとツヤ感をプラスすることができます。グリッターは大粒のラメ入りでデイリー使いには向きません。

手の甲で量を調整する

ハイライト

ハイライトはたくさん乗せればいいというものではありません。上手に乗せるためには、まずは手の甲を使って量を調整する必要があります。パウダーの場合は容器を使用して調節してもいいでしょう。クリームやリキッドは手の甲に乗せながら少しずつ足していきます。スティックの場合はそのまま使用して大丈夫です。

Tゾーンは細く入れるのが決め手!

「もうちょっと鼻が高かったらなぁ」と思う人にとってTゾーンの鼻筋へのハイライトは必須です。ただ、鼻筋全体に乗せると逆効果になってしまいます。コツは鼻の一番高い部分の眉間から鼻の真ん中にスッとハイライトを乗せることです。おでこは自分のおでこの広さによって広くいれるのか、細く入れるのかを調整しましょう。

Q web

眉間から鼻筋に沿ってすっと幅を狭く細くハイライトを入れると、鼻が長く、高く見えます。鼻の先まで入れるとテカりに見えやすいので、鼻の真ん中あたりでブラシを離すイメージです。

引用元:All About Beauty - 小顔メイクの鉄板!Tゾーンハイライトで立体的な顔に

Cゾーンは内側に乗せないのがポイント

Cゾーン

Cゾーンに乗せるときは頬骨からこめかみの方に向かってハイライトを乗せていきます。この時、目とこめかみの間よりも外側に向かって乗せましょう。内側に乗せすぎるとただのテカリのように見えてしまいます。頬骨の部分は乗せすぎるとあまりに強調してしまうので、上手に調整することが大切です。

アゴにはつけているかわからない程度に!

アゴにハイライトを乗せることで、しゅっと尖ったシャープなアゴを演出できるのですが、あまりにも量を乗せてしまうと強調されすぎて不自然になります。また広範囲に乗せてしまうとシャープな印象が出ません。自分でも乗せているかいないかわからない程度に乗せるのがコツです。

\ POINT /

どんな顔型でもアゴにハイライトを入れてOK?

アゴにハイライトを入れることで高さが出ますが、面長の人は唇の下くらいにちょこんと乗せる程度でいいでしょう。丸顔や卵型の顔の人は唇とアゴの間に乗せましょう。

鼻と目頭の間パール系がおすすめ

目と目頭の間の女神スポットは、瞳をキラキラに見せるためにもパール入りのハイライトを使うのがオススメです。ここは指の腹にハイライトを直接取って、トントンと乗せていきましょう。目頭に沿ってくっきり入れてしまうと昔のギャルメイクみたいになってしまうので、しっかり肌となじませるようにしましょう。

ただ入れるだけじゃだめ!ハイライトの失敗例

入れすぎるのはNG

海外ではがっつりハイライトを乗せるメイクも流行っているのですが、日本でそれを真似するとケバい印象になってしまいます。たくさん入れれば立体感がより出たり、ツヤ感がよりアップするということはなく、逆効果になってしまうこともあるので、少量を取ってふんわり乗せるイメージで入れていきましょう。

鼻筋は一番高いところにON

日本人の多くが憧れるしゅっとしたノーズラインを作るためのハイライトの入れ方ですが、間違うと逆に低く見えてしまいます。自分の鼻の一番高いところに線を描くように入れましょう。大きめのブラシでコツがつかめないのであれば、アイシャドウ用のブラシを応用するのも一つの方法です。

乗せすぎたらどうしたらいい?

最初の頃はちょうどいい量がわからなくてハイライトを入れすぎてしまうこともあるでしょう。そんな時パウダータイプなら、何もつけていないブラシでしばらくなじませるように撫でましょう。ブラシがハイライトを少しずつ取り除いてくれます。クリームやスティック場合はコットンで優しく撫でると量が調整できます。

印象に変化が!ハイライトの色の使い分け

肌を明るく見せるピンク系

ピンク系のハイライトは肌を明るくさせてくれるので、血色が悪い人におすすめのカラーです。色白の人もふんわり赤みをプラスできるので似合う色です。また、チークの上からピンク系のハイライトを少しだけ重ねるとツヤ感がアップして可愛く見えます。

日本人の肌に合うベージュ・イエロー系

日本人の肌に一番似合うハイライトはベージュやイエロー系です。肌にかなり馴染むので、デイリー使いにおすすめです。会社や学校などやりすぎないハイライトメイクをするのにもピッタリのカラーです。またつけすぎても目立ちにくいので初心者さんにもおすすめのカラーです。

透明感がアップするブルー・パープル系

肌のくすみが気になるという人にお勧めしたいのがブルー系やパープル系のハイライトです。乗せすぎると浮いてしまいやすいカラーですが、上手に乗せることができれば肌の透明感がアップします。入れ方にコツが必要なので、初めての場合はまずは練習してみるといいでしょう。

メリハリフェイスで今までと違う自分になろう

日本人の顔にメリハリをつけるためにはハイライトを使わない手はありません。正しい入れ方を覚えれば、今までとは違う引き締まった小顔や立体感を手に入れることができます。一見難しく思えるかもしれませんがコツさえ掴めば簡単です。ハイライトを使っていつもより素敵な自分になりましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。