Middle shutterstock 529505785

目次

杜仲茶についてまずはご紹介♪健康になるための効能

そもそも杜仲とは?

杜仲

杜仲とは中国原産の落葉高木です。杜仲の樹皮は生薬名に使われており、医薬品として扱われています。腰痛、足腰の倦怠感解消、頻尿、肝機能・腎機能の強化、高血圧に効果・効能があるとされています。

杜仲茶に含まれている栄養成分

成分
  • 普段の食事で不足しがちな
  • ・鉄
  • ・亜鉛
  • ・カリウム
  • ・カルシウム
  • ・マグネシウム といったミネラル類
  • 健康に嬉しい
  • ・ゲニポシド酸
  • ・アスペルロシド
  • ・ビタミンB1,B2,B6
  • ・ビタミンC といった栄養成分が含まれています。

ゲニポシド酸とは

メタボリックシンドロームの予防効果やコレステロール値の減少効果・効能、体内の脂肪を分解したりコレステロールの吸収を抑える働きがあるため内臓脂肪を落とす効能などの健康作用があります。

茶葉は杜仲茶葉100%のものを使用しましょう♪

茶葉

市販されている杜仲茶葉には、ほかの茶葉がブレンドされたものがあります。そうしたブレンド茶葉ですと、せっかくの杜仲茶の効能が薄れる可能性があります。そのため杜仲茶葉100%のものを選んで引用しましょう。

  • 杜仲茶の作り方の手順をご紹介♪
  • ①やかんに水を1リットル入れる
  • ②杜仲茶葉(3g)を煮出し用のパックに入れ、やかんの中に入れて火にかける。
  • ③沸騰したら火を弱めて10~15分ほど煮出す。(濃いめの杜仲茶を飲みたい場合は、煮出す時間を増やしてみましょう)
  • 以上となります。
  • ちなみに保存方法は、常温で冷してから保存容器に移して冷蔵庫に入れてください。

杜仲茶は妊婦さんも嬉しいノンカフェイン茶♪

妊娠

妊娠中「お茶」を選ぶ際に気になるのが【カフェイン】 普段は気にせず飲めるけどお腹の赤ちゃんに副作用が出たらどうしよう…と神経質になる妊婦さんも多いはず。。。

しかし、杜仲茶にはカフェインが含まれておらず、妊婦さんだけではなくアレルギー持ちの人でも安心して飲むことができるんです!

杜仲茶は生活習慣病の予防にも効果・効能あり♪

生活習慣病にも効果がある杜仲茶

お茶

大人になるほどかかりやすい様々な生活習慣病。偏った食事や運動不足などの生活態度から多くの人が自覚のないままかかっていることが多い病気です。そんな生活習慣病を予防・改善に効果・効能があるのが杜仲茶♪

血管を広げ高血圧を防ぐ

血圧

高血圧症とは生活習慣病のなかでもポピュラーな病気です。高血圧とは血液が血管の中を流れていく際の圧力が高い状態を指します。

  • 血圧が高いと血管に負担がかかり
  • ・脳梗塞
  • ・心筋梗塞
  • ・動脈硬化
  • ・狭心症 といった病気を引き起こす原因となります。

こうした高血圧を防いでくれるのが杜仲茶に含まれるゲニポシド酸!副交感神経を高める効果・効能があり、このことが血管の筋肉である【平滑筋】を緩めることにより血管を広げてくれます。血管が広がることにより血圧が下がり、高血圧を始めとする様々な生活習慣病を予防してくれます。

肝臓・腎臓の働きを促す

肝臓

杜仲茶には高い利尿作用があるといわれています。杜仲茶に含まれるカリウムはナトリウム(塩分)の排出作用があり、このことが身体中の老廃物や毒素を尿として体外に排出してくれる効果・効能を持ちます。

肝臓・腎臓と生活習慣病の関係とは?

もともと排泄行為には肝臓や腎臓が血液中の老廃物・毒素をろ過して行われます。この肝臓・腎臓の働きが弱ることが原因で腎不全などの生活習慣病が引き起こされます。

杜仲茶がもたらす高い利尿作用が肝臓や腎臓の働きを促してくれることで、生活習慣病が起きるリスクを減らすことができるといわれてます。

飲酒の習慣がある人に嬉しいお知らせ♪

飲酒の習慣がある人は肝臓や腎臓が活発になることでアルコールを分解して尿として排出する働きが高まります!

血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防

糖尿病

高血圧や肥満などの生活習慣病にかかっていると「インスリン抵抗性」と呼ばれる現象が生じていることがあります。杜仲茶には「アディポネクチン」というホルモンの分泌を促す効果・効能があり、このアディポネクチンはインスリンの働きを手助けし、血糖値の急な上昇を緩やかにする作用を持っています。

これにより高血糖から始まる糖尿病や肥満といった生活習慣病の予防に繋がります。最近では知らないうちに生活習慣病になっている、あるいは生活習慣病予備軍の人が増えているようなので予防のためにもおすすめだと思います。

「インスリン抵抗性」とは?

身体の機能が下がっている所為で血糖値の上昇を防ぐためのインスリンが上手く働かなくなっている状態のことです。 このインスリン抵抗性は、ストレスや不摂生などで気づかない間に生じていることが多くあるといわれています。

メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドローム

杜仲茶にはコレストロール値を下げてメタボリックシンドロームを予防する効果・効能もあります。杜仲茶を飲むことで分泌が促されるアディポネクチンには、コレステロールや中性脂肪の値を下げるための働き(効果・効能)があります。

メタボリックシンドロームとは?

ご存知の方も多いと思われますが肥満の度合が命の危機に関わるほど身体に悪影響を及ぼしているときに診断される名前です。 中性脂肪やコレステロールの値が著しく高い状態にあるとメタボリックシンドロームと診断されがちです。

コレステロールは善玉と悪玉に分かれており、悪玉コレステロールは身体の中に一定量必要ですが増えすぎると血液がドロドロになってしまいます。これに対して善玉コレステロールは、増えすぎて余った悪玉コレステロールを回収してくれます。

杜仲茶にはこの善玉コレステロール値を増やす効果・効能があるため、必然的に悪玉コレステロール値が減少していくようです。健康診断の数値を見て飲もうと考える人もいるみたいです♪

杜仲茶の嬉しい効能♪

中性脂肪には善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やす厄介な作用があります。ですがそこで杜仲茶を飲むことによりアディポネクチンが効果を発揮!中性脂肪を減少させることができ、結果的に中性脂肪とコレステロールの値を両方同時に減らすことができます。

脂肪を溜めずにデトックス!杜仲茶で得るダイエット、美容への効果・効能♪

胆汁酸が脂肪の消化や吸収を助ける

胆汁酸

杜仲茶は身体の様々な部分に正常で健康的にしてくれるため、いらない部分をデトックスしすっきりとした身体になるためダイエット効果・効能もあるといわれています。内側からすっきりとした身体は美容にも繋がります。

ダイエットをする上で必要不可欠になるのが、脂肪の燃焼効率だといわれています。中でも脂肪の消化や吸収機能を高める「胆汁酸」とよばれている消化液があります。杜仲茶にはこの胆汁酸の分泌を促進する働きがあります。それは健康・美容への第一歩でもありますね☆ミ

  • 胆汁酸の働きには次のとおりとなります
  • 肝臓の働きをよくする
  • 基礎代謝が上がる

デトックス作用でむくみ改善

デトックス

杜仲茶にはデトックス作用があり、身体に溜まった余分な老廃物や毒素を排出してむくみの改善効果を得られます。また、血管を広げて血の巡りを良くすることで身体に溜まっていた老廃物や毒素が流れやすくなり、それらが脚など身体の一部に留まることで生じるむくみの解消が期待できます。

また、このデトックス作用には、美肌効果も期待できます。杜仲茶を飲みデトックスすることにより肌にハリや潤いが戻るため、健康的な美肌作りへの効果・効能もあるといわれています。

このように杜仲茶の効能には、ダイエットや健康だけでなく美容・美肌にも役立ち、杜仲茶を飲むことは健康的で美しい身体作りにもおすすめです。

精神にも身体にも働きかけて便秘を解消する

便秘

便秘は健康を妨げるもの。また美容の天敵ともいえます。杜仲茶に含まれるデトックス作用によって老廃物の排出が促されることは、排便を促すことを意味しています。また、ゲニポシド酸には副交感神経を高める作用(効果・効能)があります。

  • 副交感神経の働きには
  • ・自律神経を整えてリラックスさせる
  • ・不眠や睡眠不足を解消する
  • ・腸内環境を整えて無理なく自然な便意を促す
  •                  といった作用(効果・効能)があります。

アスペルロシドによるダイエット効果

ダイエット
  • アスペルロシドが持つダイエット効果は
  • ・基礎代謝を上げてエネルギーを効率よく消費する
  • ・皮下脂肪や内臓脂肪である「白色脂肪細胞」を減少させる
  • ・胆汁酸の分泌を促す

中でも白色脂肪細胞は、人を太りやすくさせる困った存在です。日頃の食事などで摂取したカロリーが余ったとき、その余分なカロリーが脂肪として白色脂肪細胞に蓄えられていきます。つまりこの白色脂肪細胞があればあるほど、カロリーが脂肪として蓄積される上限が上がります。ぜひ減らしたいですね

杜仲茶には血液中のコレステロールや中性脂肪を抑えるため、血流を良くして代謝を上げることができます。そして代謝が上がれば消費エネルギーが増えるので、ダイエットにとても効果的なのです。

また水分を摂ることも血流を良くすることに繋がります。水分を摂ることで、血液中の水分量が増えるため、血液がサラサラになって流れがよくなります。つまり、杜仲茶の代謝を上げる効能は非常に高く、ダイエットに効果が高いと言われています。

過度な飲み過ぎにさえ注意すれば副作用は基本なし!

注意

ノンカフェインな杜仲茶は、神経の覚醒作用もないため特に副作用を気にする必要はありません。ただ、どんな食品にも言えることですが飲み過ぎは禁物です!杜仲茶にはミネラル分が豊富に含まれていますが、中でもカリウムの存在には気をつけて下さい。

また、飲みすぎによる下痢も考えられます。下痢になると腸の働きが悪くなったり、身体の水分が失われて血液の流れが悪くなるので、代謝が落ちて太りやすくなっていまいます。それではせっかくの効果・効能が台無しです。ですので、杜仲茶の飲む量は1日コップ5杯までにしましょう。

注意が必要な場合も!

人によっては腎臓が弱っているとカリウムの制限がされている場合もあります。 余程の飲み過ぎでなければ心配はいりませんが、杜仲茶の飲み過ぎによってはカリウムを過剰摂取してしますことがあります。 カリウムが多くなることで高カリウム血症を引き起こし、筋力の低下や吐き気、しびれなどが症状として現れます。

杜仲茶は食事のお供に最適!毎日飲んで健康維持に♪

健康

初めて飲んだ時には少し癖を感じる人もいるかもしれません。しかし独特の味を持つ健康茶の中では比較的飲みやすいのが杜仲茶です。しかもノンカフェインのためどんな人でも安心して飲めます。

杜仲茶の効能には脂肪を分解するものや血糖値の上昇を緩やかにするものがありますので、ダイエットにかなり期待できるといわれています。

また杜仲茶を食事のお供にすれば、食事と深い縁のある肥満や糖尿病などの生活習慣病を予防する効果・効能があります。健康管理が気になっている人は、ぜひ一度杜仲茶を試してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。