INDEX

マスク依存症となる様々な理由などはどういうことなのか?

マスク依存症になる原因とは?

今、男女共にマスクを使用してる人が多いのですが特に女性の方に多く見られます。時間がなくメイクが出来なかった時など「すっぴんを隠すため」といった理由もあります。その他には、「あまり人と関わりたくない」「表情が分からないから」などコミュニケーションに置いての問題が多くなってきている事も考えられるのです。

SNSの利用が増えた現代の問題とも言えます。SNSで匿名発信することが当たり前となり、会わなくてもネット上だけの関係で人と繋がれる時代です。このようなコミュニケーション形態の変化が、自分をさらけ出す事への不安や恐怖の要因となり、マスク依存症も増加しているのではないでしょうか。

美容目的

一方、ファッションの一部としてマスクが利用されている事も多く、小顔に見えるマスクや色のついたものなどマスクとしての機能以上にファッション性を重視したアイテムも販売されています。マスクで口元を隠すことにより、目元を際立たせるテクニックでもあるのです。

美容の側面として、唇の乾燥を防ぐリップクリームもマスクをすることでさらに保湿効果が高まるという美容効果も広く知られています。

社会とのコミュニケーション

ファッション、美容目的以外のマスクの利用者は、「人と関わりたくない」「顔が隠れている分安心できる」といったネガティブな心理から利用者が増えていると言えます。マスクで顔の半分を隠すことで生まれる安心感を求めマスクを利用する若者が増えているのです。

街を歩けばマスクをしている沢山の人達を目にします。電車でもマスクしている人ばかり。本当にここ最近の光景です。周りからの印象は、コミュニケーションの遮断に捉えられます。マスクをし、イヤフォンをし携帯を弄っている人を良く目にするとその人たちの心理は周りと関わりたくないと感じ取られてしまうでしょう。

うつ病

マスクをすることで安心感を得られる一方、社会との壁を作ってしまう原因の1つになってしまいます。どんどんマスクをしていないと不安になっていったり、人と話せなくなってしますからです。

意図せず作ってしまった壁により開いた社会との距離。またその距離が心地よくなり、知らぬ間に引きこもりになってしまったりうつ病を患ってしまう事も。マスク依存症からうつ病など精神的な病気に発展してしまうこともあるのです。マスク依存症は深刻な現代病と言えます。

女性の伊達マスクとマスク依存症に関しての疑問

女性の伊達マスクとマスク依存症って?

伊達マスクの増加

マスク依存症は、近年風邪でも花粉症でもないのに年中マスクをしている人のことを言い、その人たちが付けているマスクのことを伊達マスクと言います。マスク依存症や伊達マスクにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

伊達マスクという言葉はもう伊達メガネと変わらない位有名な言葉になってきています。女性のメリットはコンプレックスを隠せる、表情が隠れる、小顔効果があり目を強調することが出来るので可愛く見えます。

デメリット

美容目的として利用するケースがある反面、長時間マスクを身に着けることで蒸れやすくなりマスクに雑菌が繁殖しやすく、吹き出物やニキビの原因になることもあります。また、周囲を遮断する雰囲気を作ることはコミュニケーションにおけるデメリットです。

マスク詐欺

伊達マスクが流行っている中「マスク詐欺」という言葉をよく聞くようになりました。食事に行った時にマスクを外した姿を見て驚く方も多い様。それは男性ももちろん同性同士でも驚く方も多いそうです。

今流行りのモノマネメイクもマスク詐欺と言えるでしょう。眉やアイメイクで芸能人に似せることが出来るのです。口や鼻、輪郭は難しくてもアイメイクならとマスクをして目から下は隠し、モノマネメイクで好きな芸能人に似せている人たちも多くなってきています。

女性の伊達マスク依存症の心理とは?

四六時中マスクをしてないと不安

伊達マスク依存症とは、ずっと四六時中マスクをしていないと不安な人。マスクを取る事が怖い、不安、落ち着かないといった人たちの事を言い、そのようなマスク依存症の方の心理はどうなのでしょうか。

マスク依存症になりやすい人

マスク依存症になりやすい人の心理とは、顔や心にコンプレックスを持っている人、自分に自信がない、自分の意見を言えない、人と話すのが苦手など様々な人たちがなりやすく特に10代、20代の若い女性にが多いのが特徴です。

制服を着ている通学している女の子の多くがマスクをしている。今や当たり前ともいえるその光景に違和感を覚えたことのある方も多いのではないでしょうか。団体みんながマスクをしているのです。不思議な光景です。

克服するためには?

顔を隠し社会を遮断するマスク依存症。自分にとって、周りにとって決して良いものではありません。もし自覚がるのであれば、勇気をもって見直してみてはいかがでしょうか。少ない時間から始めて、それを週に1回、2回と増やしていく。無理せず少しづつマスクをつけていないことに慣れていきましょう。

常にマスクが必要という方は、家族や友達の協力も大切と言えます。家族や友達といる時間にマスクを取っている時間が増えると自然とマスクをする回数が減ってくると思うので、マスクをつけることが煩わしく感じるようになるかもしれません。

マナーや印象についてどう感じているのか?

人と会話するときはマスクを外す

マスクのマナー

伊達マスクのマナーについてです。人と会話をするときなど人としてのマナーで取るべきだと思っています。きちんとTPOに合わせて使いわけられるのでしょうか。

印象やイメージが変わる

本当に風邪を引いている時などは別として人としてのマナーを守れているのかが重要だと感じます。初めて会う時、会話をする時は、礼儀としてマスクを取るべきだと思います。相手からすると相手の表情が全く分かりません。声も小さく聞こえるので印象が悪く感じられやすいです。TPOに合わせて使い分けられるかが大切です。

例えば初対面の人が帽子を取らずに挨拶するのはどうでしょうか?マスクもそれと変わらないと思うのです。必要最低限のマナーだと思います。マスク依存症であってもマナーは大切です。

マスク詐欺やマスク依存症を辞めるために自分で出来ることは?

自分に出来る事とは?

なぜマスクをするようになったのか。マスク依存症になった原因とは?コンプレックスを隠すのも自分を守る1つの手段かもしれません。でも他にも方法はあるのではないかと思うのです。マスク詐欺やマスク依存症から抜け出す方法を紹介します。

メイクや美容の勉強

マスク依存症の原因の一つは自分に自信がないことが挙げられるでしょう。自信を付けるためにメイクがおすすめです。リップ1つで、眉の書き方1つで全く印象を変えることが出来ます。なりたい自分になるには?どのようなメイクが合うのか沢山研究することで楽しさも生まれてくるのではないかと思います。

好きな芸能人のメイクをマネてみる。でもいいのです。メイク雑誌や好きななりたい顔の画像などみて研究するのは楽しいです。自然と楽しくなり笑顔になっていきます。また自分に自信もついてくるのです。分からない時は雑誌に書いてあるものを買ってみる、試してみる、それだけで変化があるのではないかと思います。

メイクもファッションも分からなければマネから入るのも1つの手段だと思います。店頭に行ってみたり、雑誌を読んでみたり、自分でコーディネートするのが苦手だとしたら店員さんに聞いてみるたり、マネキンコーデをそのまま購入してみる、それだけでも女性は全然世界が変わり毎日が楽しくなると思うのです。

マスクはTPOを守って使いましょう!

今回マスクに依存症について色々と考えるところがありましたが、何かお役に立てていたらいいなと思います。毎日の生活で欠かせないマスクになっている方も多いとは思いますが、今後、マスクをTPOに合わせて楽しんで利用していけたらいいですね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。