INDEX

なぜ別れたいときに修羅場を回避したいのか?

修羅場になると面倒だから

喧嘩

別れたいと思ってもなかなか言い出しにくいという経験ありませんか。多くの方が、別れたいけど修羅場になるのは回避したい。回避する方法はないかなと悩むことが多いようです。少しずつ別れたいサインを出したいがその方法がわからない。ではなぜ、みなさん修羅場を回避したいのか。ひとつは面倒だからです。

特に女性は、「もう別れるんだから会わなくていいじゃない。」と思う一方、男性はきちんと話し合って別れたい生き物だそうです。その不一致で言い合いになり、修羅場を回避する方法を取ることもあります。

エネルギーを使うため疲れる

疲れる

別れ話=喧嘩になると大半の方がイメージしますよね。修羅場になると二人とも興奮し、売り言葉に買い言葉状態。また、相手の嫌だったことをここぞとばかりに並べてお互い攻撃をしてきます。しかし、どんなに言い合ったところで話は一方通行ののまま。

エネルギーを使い疲れるだけでなく、ストレスが溜まります。だんだん時間が経つにつれ、「明日も朝早いのに。」と違うことが気になりこの拘束時間が無駄だとより感じるでしょう。考えただけでも修羅場を回避する方法を選びたいものです。

いい思い出のまま残したい

いい思い出

今は別れたいと思っていても一度は好きになった人。今は、別れたいと思っていても付き合っているときの楽しかった思い出はいい思い出として残しておきたい。しかし、別れる方法が修羅場であればいい思い出も全て嫌な思い出に変わります。別れたいサインを出し、それは回避したいものですね。

相手を嫌いになりたくない

好き

修羅場になり、今までと違った相手の一面を見てガッカリなんてことありませんか。暴言を吐き、自分を責めてくる相手を見て嫌いになりたくない。そんな彼の姿を見ていい思い出が嫌な思い出になってしまう。多くの女性が別れたいけど、嫌いにはなりたくないと考え、嫌いにならない方法を選択します。

別れたいときに修羅場が起きる原因は?

突然別れたいと切り出すため

別れ

自分は別れたいとずっと思っていても、相手が別れたいと思っていない場合、彼からしたら突然別れたいと言われたと驚きます。うまくいってるはずなのになんで?そう思っていたのは自分だけ?と彼の頭の中は?だらけ。それと同時に、別れたいと思っているのに、付き合っていたなんて、馬鹿にしやがってと怒りに変わります。

男性はプライドの高い生き物。馬鹿にされたと感じると、豹変。修羅場になりかねません。突然別れを切り出すのではなく、少しずつ別れたいサインを出して修羅場を回避しましょう。

別れたいと言うタイミングが大事

タイミング

前述にもお伝えしましたが、彼がうまくいっていると思っているのに、突然別れたいと切り出すと相手は驚きます。特に女性は、最後は楽しく笑顔で別れたいと考える人が多いようです。楽しくデートをしていた帰りに別れを切り出す。

彼にとっては、今までなんか様子がおかしいと思っていても、その日彼女が楽しそうにしている姿を見て「自分の勘違いだったんだ」と安心します。その安心した束の間、彼女からの突然の別れたいという言葉にカッとなり、修羅場になりかねません。修羅場を回避する方法として別れたいというサインのタイミングは必須ですね。

別れたいという言い方が重要

タイミング

別れたいときに別れたいという言い方も修羅場を回避するために大切な方法です。「別れ話」は双方の意見が違うと言い合いになりやすく、特に「別れたい」と言われたほうは、傷つきます。その上、最初から喧嘩ごしでいうと相手を怒らせ修羅場になります。また、相手の欠点ばかり言うのも怒らせてしまいます。

その結果、修羅場になってしまいます。別れたいと思ったときは、修羅場を回避するために、少しずつ別れたいサインをで出していき、彼を怒らせない方法で言い出しましょう。

別れたい理由

理由

別れたいというタイミング・言い方と並び別れたい理由も大切ですね。別れたい理由に納得しないと、相手は怒りを覚えます。「もう好きじゃなくなった。」「ほかに好きな人が出来た」など、どんなに別れたいという意思表示をしていても、彼にとっては、「今までと態度変わってないのに」なんで?と納得いきません。

彼を怒らせないように別れるには、少しずつ別れたいサインを出す方法で修羅場を回避することが大切です。修羅場を回避する方法は、後で詳しく述べます。

相手が別れたいと思っていない

別れたくない

一番修羅場の原因であるといっても過言ではないひとつ。自分は別れたいと思っていても彼が別れたいと思っていない場合が多いですね。彼が別れたくない場合は意見が合わず修羅場になることが多いですね。

浮気がばれた

浮気

これこそまさに修羅場を回避する方法は難しいでしょう。例えば、浮気相手と一緒にいるところを見られる、メールを見られるなど浮気の証拠がばれると修羅場を回避できないことが多いです。なぜなら、彼は浮気相手にあなたを盗られたと思い、怒りの感情が湧き出てきます。これは男性だけでなく、女性もそうですね。

修羅場を回避したいのであれば、絶対に浮気がバレないようにすること。しかし、浮気をしないことが一番の修羅場を回避する方法ですね。バレない自信がない人は始めから浮気はせずに別れる方法を考えましょう。

別れたい・・修羅場にならずに別れる方法とサインの出し方とは?

常に冷静にいる

納得

どんなに別れたい理由をなれべても相手は納得できないもの。まだ気持ちがあるならなおさらです。別れたい人と別れたくない人。お互い意見が違うため、もちろんぶつかります。彼は、別れたくないので必死であなたの気持ちを取り戻そうとします。時には自分の思いが届かなく、怒り出すこともあるでしょう。

同じように言い返していると、話は一向に前に進まず、早く別れたいのになかなか帰してくれません。だって彼は別れたくないので、今日この日にバイバイすると会えないことはわかっているからです。何を言われても平常心を忘れず、冷静にいることが大切です。

相手を責めない

喧嘩

「お前のそういうところが!」などと、自分のことを責められると「あんただって!」と、ついつい言い返してしまいますよね。ひとつ言ってしまうと、もうお口は止まりません。彼のことを責めたい気持ちはわかりますが、ここは修羅場を回避する方法として、ぐっと我慢しましょう。

直接言わない

電話

会ってしまうと、必ず修羅場になると思う方は会わないことをおすすめします。メールなど間接的に別れたいと伝えるのもひとつの方法です。しかし、メールだと一方的なので彼は納得しません。おそらく電話がかかってきたり、「一度会って話そう」と言われるでしょう。今はLINEで連絡を取る方法が大半だと思います。

自分の別れたい理由だけ送ってそのまま相手をブロックする方法や連絡来ても既読スルーする方法があり修羅場を回避出来ますが一時的に過ぎない場合もあります。一方的に別れを告げられた彼は納得せず、自宅まで来る可能性があります。自宅に来た時には怒りも頂点に達しているので、修羅場を回避することは難しいでしょう。

彼の怒りが頂点に達する前に別れるサインを少しずつ出し、修羅場にならない方法をみつけましょう。一方的に伝えるのではなく、最後は誠実に会って別れ話をする方法をおすすめします。

感謝の気持ちを伝える

感謝

今は別れたいと思っている相手でも一度は好きになった人。「終わり良ければ総て良し」という言葉があるように、別れる方法が修羅場であれば楽しかったことも全て思いだしたくない思い出に。彼と過ごしたこと、自分を好きになってくれてありがとうという気持ちを込めて感謝の気持ちを伝えてみましょう。

そうすると、彼の怒る気持ちも静まり修羅場を回避できるでしょう。ありがとうと言われて嫌な気持ちになる人はいないですよね。相手を責めずに感謝を伝える方法。ぜひ挑戦してみて下さい。

別れたいときのサインで修羅場を防ぐために必要な4つの方法

少しずつ態度を変えていく

態度

好きだった頃は「さっき会ったばかりなのにもう寂しい、今度会うまで長いなぁ。」なんてこと…今では懐かしい。自分勝手、思っていた感じと違う、ケチ…など相手の嫌なところが少しずつ見えてきてその積み重ねで「大好き」が「別れたい」と変わっていく人が多いようです。

女性は一度、別れたいと思うとなかなか気持ちは戻りにくいもの。しかし、別れたいと思ってもなかなか言い出しにくいですよね。それと同時に、別れたいと思っても「おひとりさま」になるのも寂しい。とりあえず、いいなと思う人が出来るまで別れないでおこうと考え、いい感じの人が出来てから別れを告げる。

自分の中でほぼ別れているつもりでも、彼はそうでありません。男性は上手くいっていると思っていた矢先、「別れたい」と告げられたため、なんで?という疑問から怒りに変わり、そのため修羅場になるケースが多いようです。修羅場を回避したいのであれば、別れたいと思った瞬間から、徐々に別れたいサインを出すことが大切。

連絡する回数を減らす

喧嘩

少しずつ別れるサインを出す一歩として、まず一つ目は「連絡する回数を減らす」というサインを出す方法です。付き合い当初は連絡とるのが楽しかったが気持ちが冷めるとともにメールも面倒くさくなり、単語のみ。まずは毎日していた連絡を3日、1週間と少しずつ減らしていきながら別れたいサインを出しましょう。

今まで絵文字を使用していた人は絵文字を使わない方法もおすすめです。しかし、彼が異変に気付き、「どうした?」と聞いてきてもすぐには別れたいと切り出さないこと。そこで言ってしまうと、修羅場になる可能性大。

今すぐにでも別れたいと思うかもしれませんが、先を急ぐ結果、修羅場を回避出来ない上、彼も意地になり別れることが出来なくなることがあります。ですので別れたいサインを出し始めて彼が気づいてから最低1か月は続けてみましょう。

会う回数を減らす

携帯

続いて別れたいサインとして、連絡する回数を減らしたあとは必然的に会う回数も減りますね。会うことに乗り気にならないという方は無理に会わなくてもいいとは思いますが、別れるまでに一度会ってメールの文章だけでなく、うかない自分をみせておくのも別れたいサインのひとつです。

いつもと違うあなたの様子を見て彼も、自分のことを好きではなくなったのかなとサインに気付くでしょう。その数日後に「別れたい」と言っても「やっぱり」と思い、修羅場は回避できることが多いでしょう。会ったときの別れたい方法として、彼の眼を見て喋らない。「うん。」「ううん。」などとサインを出して話す。

しんどそうな態度を取る。そして、時折溜息をつくとより効果的なサインです。しかし、あからさまにやりすぎると、これも彼の怒りに触れてしまうのでやりすぎ注意です。彼が異変に気付いたり怒ってきた場合、「なんか色々考えることがありすぎて…」などと意味深な返事をしましょう。

感謝を伝えながら別れを言う

感謝

少しずつ連絡回数を減らし、会う回数も減らし彼も異変に気付いた時に、始めて「別れたい」と言う方法をおススメします。そうすると、彼は「やっぱり」と思うでしょう。そして、「なんで?」と。このときに、彼の嫌だったことなど言いたいところですがそこはグッとこらえて。

注意したいことはほかに好きな人が出来たとはもしそれが本当でも言わないこと。ほかの男の影は一切出さないようにしましょう。なぜかというと、男性は特にジェラシーを感じるもの。自分がおりながら、他の男と連絡取っていたと思うと、怒りがこみあげてきます。

どこで出会ったのか、どこまでの関係なのかと色々と知りたがります。知りたがるのに素直に答えると、怒鳴られる。修羅場は回避出来ない状況になります。ですので、もし理由を聞かれたら「あなたは悪くない」ということを前提において話しましょう。そして、最後に「今までありがとう。」と必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

別れたいサインでパッピーエンドに向けて

恋愛

参考になりましたか?別れたいと思ってもなかなか言い出しにくいものですよね。いきなり別れ話をする方法ではなく、少しずつ別れたいサインを出していき、修羅場を回避する方法を選択しましょう。別れるには時間と体力を使いますが次の恋愛に向かって少しの辛抱。きれいさっぱりして新たな恋愛に進んでいきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。