Middle shutterstock 231045031

INDEX

良い姿勢を維持し、美しい自分を手に入れる!

どのような状態が良い姿勢?

姿勢は日常生活によって作られる事がほとんどで、児童期や思春期、大人になってからも仕事中などの立ち方や座り方で作られています。良い姿勢とは、横から見て首から腰に掛けて緩やかなS字で、正面からみると左右の高さが水平になっている状態です。見た目も心も若返り、自信に満ちた美しい自分を手に入れる事ができます。

 

チェックする簡単な方法は?

姿勢

ご自身が今どんな姿勢なのかを知る方法は、背面を壁につけ自然の状態で立つ事で確認できます。この時に、後頭部、肩甲骨、おしり、ふくらはぎ、かかとが壁につき、更に壁と腰の空間に手の平が1枚分であるかを確認します。

壁と腰の空間に手の平ではなく拳が入ったり、本来真横にある手が太ももの前に出るなどしていると反り腰や猫背の可能性が高く、姿勢を正す事が必要な判断基準として挙げられます。

姿勢を正すことで実感できる効果!

基礎代謝が簡単に高まり、ダイエットにも効果あり!

良い姿勢で私生活を送ると基礎代謝を高めてくれます。なぜなら、良い姿勢を維持するために体幹深層部にあるインナーマッスルを使うので代謝をアップさせることができるからです。

スポーツや食事制限をしても姿勢が悪いままだとダイエット効果が減少し、座っている姿勢によって代謝に20%の差が出ると言われています。背中の筋肉は硬くなりその筋肉により引き上げられていた体の肉が流れたり、お尻の筋肉が弱まることで骨盤が前傾し下っ腹が出てしまうことなど、腹部に肉がつきやすくなります。

さらに姿勢が悪いと内臓が圧迫されます。そのため消化が悪くなってしまい、便秘になりやすい体になります。せっかくダイエットをするのであれば、姿勢を正すことから始めると代謝も上がり、便秘も解消され、健康的により痩せやすい体作りができます。

体への効果:むくみや冷えが改善

溌剌とした女性

むくみや冷えに効果的です。姿勢が悪いと体の一部分にたくさんの負担をかけ血流や代謝も悪くなってしまい、むくみや冷え性の悪化に繋がる恐れもあります。姿勢を正すことで血流が改善され体に負担がかからなくなるので、代謝も上がりむくみや冷え性が改善されます。

体への効果:呼吸がしやすい

呼吸を思い切りできるイメージ

呼吸を整える事ができます。猫背になると胸が常に縮まった状態になり、酸素を十分に取り入れることができなくなり呼吸が浅くなります。呼吸が浅いと自律神経が乱れが様々な疾患を引き起こす可能性が高いので、注意が必要です。

体への効果:美肌効果

美肌

美肌への効果も絶大です。姿勢が悪いと血流が悪くなり口にした栄養が肌まで届かなくなる為、紫外線や細菌などからの抵抗力が弱まってしまい、乾燥、ニキビ、シワの原因となってしまいます。便秘になり毒素が体内に溜まると毛穴から老廃物を出そうとする事もあり、姿勢を正す事で美肌へと導かれる事になります。

体への効果:首や肩の凝り、腰痛が解消

負担がかかるイメージ

首や肩の凝りが解消され、負担がかかりづらくなります。首や肩の凝りの原因は、筋肉が緊張し続けて血流が悪くなって酸素が筋肉に行き渡らなくなり、さらに疲労が蓄積されてしまう事が考えられます。姿勢を正すことで首や肩に負担がかかりにくくなり、凝りが解消されやすくなります。

腰痛は日本の国民病と言われるほど多くの方が悩んでいます。その腰痛の大きな原因は"体の歪み"と言われています。姿勢が整っていないと背骨の歪みに影響する為、腰痛の改善にも姿勢を正す事が必要だと考えられます。

心も安定して整う!

姿勢が整っていないと内臓が圧迫され便秘になりやすい事とともに、腸内が炎症を起こします。その為、セロトニンと言われる「幸せホルモン」は腸内細菌のバランスが崩れ、量が減ります。そのセロトニンが不足するとうつ病になる事も想定できます。

姿勢を正すとセロトニンという成分の発生を促進させてくれるので、精神面の安定を得られます。また、精神面と共に、若返りの効果や前向きでポジティブな思考も定着し、集中力もアップします。

良い姿勢に正す!維持するためのポイント!

姿勢を正すためのコツ!

良い姿勢というのは、無理なく自然と維持する事ができるポーズの事を言います。姿勢を正すコツは最初は意識して行っていただくとより効果が高まり、正す意識が続くとそれが自然となり、最終的には良い姿勢でいる普段の生活を手に入れる事ができます。

糸で吊るされるイメージ

頭の上から糸でつるされているようなイメージを常に持つ事がお勧めです。自分の頭に糸がついていて天井からつるされているようなイメージを持ち、鏡の前で姿勢を正す意識を高める事が必要です。

姿勢をご自身で確認していく

仕事中の姿勢

意識する事を定期的に行います。姿勢正す事を意識していても、仕事やゲーム、スマホなどで夢中になってしまうと知らぬ間に悪い姿勢に戻ってしまう事があります。そこで、タイマーを使ったり目の止まる箇所にメモをしておくなどして、自分の姿勢をチェックしてみましょう。

また、仕事等で椅子に座る際にも注意が必要です。完全に背中を背もたれにつけるか、つけない姿勢を維持する事が正すポイントです。背もたれに背中をつけない際、姿勢を良くしようとして力を入れすぎると反り腰の状態で座ってしまう事もあるので、あくまで上から糸でつられ自然な状態で意識する事が良い状態と言えます。

背筋をつける

トレーニングのイメージ

背中に筋肉をつける事も重要です。背中には大きな筋肉があるため、トレーニングで強化すると効果が高まります。また、ヨガやピラティス、ストレッチのようなエクササイズも姿勢を正す事をサポートしてくれお勧めです。

姿勢を正すサポートをしてくれるアイテムも活用する!

自分が意識し姿勢を正す事ができますが、意識できるまでに時間がかかり大変と思う方もいらっしゃるかもしれません。そんな時はサポートアイテムを活用する事も選択肢の1つです。

そのサポートアイテムの中でも注目されているのが、「Body Make Seat Style」です。カイロプラクティックの手の型を再現したものでなめらかな流線型のデザインで、この流線型がしっかりと身体にフィットしてくれます。これをデスクチェアなどにセットし座るだけで姿勢を正す効果があります。

この商品のコンセプトは「流れるようなS字カーブをした美しい姿勢を引き出すこと」という事で、”良い姿勢”を徹底的に意識しているグッズという事がわかります。しっかりと身体にフィットしてくれて負担のない美しい姿勢に導いてくれます。口コミも評価が高く効果を感じられるユーザーも多い為、ぜひお試しください。

姿勢を意識するのはこんな時!

パソコン、ゲーム、スマホを使用している際に同じ姿勢でいる時に意識する事は前文で紹介しましたが、他にも姿勢が悪くなりやすい時があります。

テレビを寝転んで観る、暗い中で作業をする、うつぶせになって寝る、重たい荷物を背負っていた後、冬季のアウターを着ている時や後などが挙げられます。

冬季のアウターだけでなく、収縮が少ない上着を着た際に上部まで閉めると腕や胸周りを圧迫し稼働が悪くなり、更に肩甲骨周りが開いてしまい胸の大胸筋が縮みます。共に猫背や体の歪みにより姿勢が悪くなる原因となる為、注意が必要です。

良い姿勢を意識して正す!心も体も美しくしよう!

姿勢が良くハッピーな女性

良い姿勢を保つことで心と体の健康に繋がります。今までの姿勢の癖を正していく事になるので、最初は良い姿勢を保つことが辛い事と思います。しかし、良い姿勢で過ごすことで体の負担が何倍も変わっていきます。

立っている時、座っている時も良い姿勢を常に保てるように、正す意識を維持していく事で心も体も見た目も美しくなる事ができますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。