INDEX

デニムジャケットどうやって着こなす?正統派コーデvs最旬派コーデ!

デニムジャケットは春秋レディースコーデの強い味方!

気温が穏やかになる春と秋はデニムジャケットが活躍してくれる時期ですね!カジュアルなレディーススタイルを作るのに必需とも言える定番アイテムのデニムジャケットですが、おしゃれな人はどんな風に着こなしているのでしょうか。

デニムジャケットはこんなに進化しています!

幅広い世代に人気のデニムジャケットは、ジャストサイズで着るベーシックなものや、ヴィンテージ感をプラスしたものなどの定番デザインを基本として、最近はそこにビックサイズのものや刺繍をあしらったものなど、トレンドのシルエットやテイストを織り交ぜた今っぽデニムジャケットが参戦しています。

デニムジャケットの着こなしもこんなに多様化しています!

ひとくちにデニムジャケットのコーデと言っても、ベーシック、清楚、トレンド、個性派などなど、実は幅広いテイストのスタイリングがあるんです。今回は定番人気の「正統派」スタイルと、トレンドを詰め込んだ「最旬派」スタイルに分けて、デニムジャケットコーデをご紹介していきます。

「正統派」が作るデニムジャケット春秋レディースコーデとは?

シンプルに着こなしたい!

細めボーダーカットソーとシルエットの綺麗なテーパードパンツを合わせた、デニムジャケットのコーデです。行楽シーズンである春秋の、ちょっとアクティブな日にも対応してくれる王道シンプルなコーデです。

春先に着たい、シンプルなスウェットワンピースとデニムジャケットのコーデです。デニムジャケットの袖をまくり上げて、手首と足首を露出することで、カジュアルながら女性らしい雰囲気に。

無地の白Tとブラックスキニーを合わせた、ベーシックコーデです。ジャストサイズのデニムジャケットを選ぶことで、シンプルコーデがさらにすっきり見えますね。

ジャストサイズのデニムジャケットとボリュームたっぷりのロングスカートを合わせたコーデです。前のボタンを全て閉めて着ることで、新鮮な印象に。上半身の引き締めとフレアスカートの広がりの対比でシルエットもきれいです。

清楚に着こなしたい!

春の訪れを感じさせる華やかなワンピースにデニムジャケットを合わせた、爽やかなレディースコーデです。ブルーとイエローはお互いを高めあってくれる色合わせですので、ぜひデイリーに取り入れてみてください。

大きなフラワープリントが魅力的な花柄のセットアップと、デニムジャケットを使った清楚なコーデです。差し色に春らしいイエローのパンプスを指すテクニックも真似したいですね。

爽やかなホワイトのノースリに、とろみのあるワイドパンツを合わせたデニムジャケットコーデです。子育てママにもおすすめの女性らしい清楚なスタイリングです。

大人ガーリーに着こなしたい!

こちらは、動くたびにふわふわ揺れる真っ白のワンピースが魅力的なコーデです。デニムジャケットがカジュアルダウンしてくれるので、甘くなりすぎず大人のガーリーコーデに仕上がります。

深めにスリットが入った華やかなワンピースとデニムジャケットを合わせたバカンス風コーデです。ツバの大きなハットで大人の魅力もプラス!さりげなくデニデニスタイルになっているのもおしゃれです。

甘めになりやすいピンクのスカートは、細かなプリーツとロング丈のものを選ぶことで大人っぽさがアップ。デニムジャケットとの相性も抜群で、可愛らしさを忘れない大人ガーリーコーデになっています。プリーツスカートについては、こちらでたくさんご紹介していますので、併せてご覧ください。

Small thub shutterstock 289040627
関連記事 プリーツスカートのコーデで春夏秋冬をテイストを変えて楽しむ5つのコツ

プリーツスカートは細かいひだが風に揺れるとまるで波のように揺れる可憐な

「最旬派」が作るデニムジャケット春秋レディースコーデとは?

オーバーサイズを着こなしたい!

デニムジャケットをトレンドライクに着こなしたいなら、オーバーサイズを選ぶのがおすすめ。定番のブラックワントーンコーデも、旬なシルエットのデニムジャケットで、今っぽいスタイルが完成します。

シンプルで女性らしいVネックのワンピースに、まるで彼氏に借りたデニムジャケットを羽織ったようなルーズさが加わって、こなれ感のあるコーデになっています。ショートブーツでバランスをとっているところもポイントです。

秋の始まりにトライしたい、オーバーサイズデニムジャケットを使ったコーデです。上品な雰囲気のベージュのロングスカートを大きめデニムジャケットとマニッシュな靴であえてカジュアルに着こなした、おしゃれさんならではのコーデです。

抜き襟スタイルで着こなしたい!

前開きのシャツやニットカーディガンを抜き襟でスタイリングするのがブームの今、デニムジャケットでもその着こなし方が人気なんです。シンプルなTシャツとスキニーのコーデも、デニムジャケットを抜き襟するだけで、ぐんとトレンド感のある装いになりますね。

デニムジャケットの一番下のボタンだけを止めて、大きく抜き襟した旬なコーデです。ノースリーブのトップスから肌がチラ見えすることで、ボリュームのあるロングスカートも軽やかな印象になりますね。

こちらも一番下のボタンだけを止めた抜き襟スタイルが旬のカジュアルコーデです。デニムジャケットの腕もロールアップすることで、ラフなアイテムのコーデも女性らしさがアップします!

こちらは先ほどご紹介したオーバーサイズデニムジャケットを抜き襟スタイルでコーデしています。パンツもあわせてクラッシュ加工がされていてヴィンテージ感がありますが、淡いピンクのニットの効果で、甘さを忘れないカジュアルコーデになっています。

個性派デザインを着こなしたい!

こちらは通常よりも襟元がぐっと開いたシルエットになっているデニムジャケットのコーデです。デコルテが見えることで、ラフなアイテムのデニムジャケットもレディースライクな印象に。タータンチェックのスカートとの相性も◎

大きなバックプリントが入ったデニムジャケットを使ったカジュアルコーデです。トレンドのラインパンツと合わせてエッジの効いた個性的な流行コーデになっていますね。

肩のあたりに大きな花柄刺繍の入ったデニムジャケットのコーデです。サッシュベルトやマリンキャップなどトレンドのアイテムが詰め込まれたスタイルです。小物をブラックで統一してきれいにまとめています。

デニムジャケットをさらにハイセンスに!上級者のおしゃれコーデ術とは?

デニムオンデニムで格上げ!

おしゃれ上級者さんはみんな取り入れてる、デニムオンデニムコーデ。こちらは濃紺のデニム素材で上下をそろえ、落ち着いた赤スニーカーでワンポイントを作ったおしゃれなスタイルです。キャップやトートなどとことんラフなアイテムでコーデしていてかっこいいですね。

こちらはキッズサイズのデニムジャケットを使ったデニムオンデニムスタイルです。丈が短い小さめサイズのジャケットにすることで、脚長効果を狙ったハイテクニックなコーデ。シルエットが出やすいスキニーを着るときに活躍してくれる技ですね。

こちらはゆったりしたデニムワイドパンツと合わせたデニムオンデニムスタイルです。デコルテのレースアップの抜け感や、ハットやハンドバッグの素材感で、ボリュームのあるアイテムを合わせているのに、明るく軽やかに見えますね。ワイドデニムパンツの着こなしについてもっと知りたい!という人は、こちらもご覧下さい。

Small thub shutterstock 564544348
関連記事 ワイドデニムパンツでコーデ格上げ!春夏秋冬レディース着こなし術とは?

デニムと言えば、カジュアルコーデの定番アイテム。だからこそ周りと差を付

こちらは先に紹介した抜き襟スタイルと、デニムオンデニムの合わせ技です。手首と足首どちらもロールアップして抜け感を演出しています。またトレンドのニットビスチェをチラ見せしているのもポイントです。デニムオンデニムの着こなしについてもっと知りたい!という人は、こちらもご覧下さい。

Small thub shutterstock 589683539
関連記事 デニムオンデニムの着こなしのコツって?レディースコーデおすすめ25選

デニムオンデニムのコーデは一見難しそうですが、コツを掴むだけで難なく取

レイヤードスタイルで格上げ!

気温の変化が激しい春秋には、デニムジャケットの上に軽めのアウターをレイヤードするスタイルがおすすめ。こちらは定番のボーダーカットソーと黒スキニーをベースとした定番コーデですが、デニムジャケットとトレンチを重ね着するだけで、グンと旬な印象になりますね。

こちらは、デニムジャケットの上にニットのコーディガンをプラスしたレイヤードコーデです。使用するアイテム数が多い分、ネイビーとホワイトだけにカラーを絞ってしまうことで、まとまり感のあるスタイルになっています。

こちらはネイビーのデニムジャケットやニットカーディガンに、チノパンをプラスしたメンズライクなコーデです。デニムジャケットの袖口をアウターからチラッと見せるレイヤードテクニックが、とってもおしゃれですね。

デニムジャケットで春秋レディースコーデを楽しもう!

デニムジャケット写真

いかがでしたでしょうか。デニムジャケットはサイズやデザイン、コーディネートによって、幅広いスタイルを楽しむことができます。あなたは、正統派?それとも最旬派?気分によっていろんなスタイルのデニムジャケットコーデにチャレンジすることで、おしゃれの幅もグンと広がりそうですね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。